ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「GT-R」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GT-R」に関する情報が集まったページです。

デコトラ風ガルパン痛車からかわいい痛カブも 「エビス痛車祭り2020」で見かけた痛車まとめ第2弾
スポーティな痛バイクもサーキットに集結!(2020/8/9)

「かっこよすぎ」「これは映える」 夏の北海道で撮影した初代フェアレディZ(240Z)の写真が素敵すぎる
これはドライブしたくなるわ……!(2020/8/3)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ダイハツ・タフトのターボが選ばれそうな理由
スズキのヒットモデル、ハスラーのライバルと受け止められるであろう、ダイハツのタフト。キャラクター面で見ても、デザインコンシャスなスタイルでどちらも道具性を押し出したデザインだ。最終的な印象ではタフトはかなり良いクルマだと思う。ただし、ターボモデルに限る。(2020/8/3)

見た目はあのクラシックミニ、でも実は……!! 「オートモビルカウンシル 2020」で見つけたビックリ新型車
すごいクラシックミニが販売されていました!(2020/8/1)

昔はこんなガチなマシンが結構安く買えた メーカー直系のぶっ飛びコンプリートカー5選
みんな知ってる伝説のクルマから、知る人ぞ知るやりすぎマシンまで、「あの」5台を振り返ります。(2020/7/30)

ディスカバリーのDplayで「トップギア」“ほぼ”全エピソードを配信
うぉぉー! あの伝説番組ですよぉぉ。(2020/7/29)

「絶対止まる」 鈴鹿サーキットの「検温ピットストップ」がめっちゃいいと話題に
よろこんでピットインします!(2020/7/20)

SUVスタイル+航続距離610キロのツインモーター四駆! 日産本気の新型EV「アリア」、気になるスペックは?
「日産」のブランドロゴも一緒に変更です。(2020/7/15)

怪獣王の名は伊達じゃない GT-Rをオフロード仕様にカスタムした「Godzilla 2.0」発表
高めの車高と太いタイヤがゴツくてカッケぇ!(2020/7/13)

さすがにレアすぎ!? 50年前の名車オブ名車「トヨタ 2000GT」の純正部品が復刻再生産
何台残ってるんでしょうか……。でも取り組み自体が熱いです。(2020/7/8)

旧車、ピカピカに再生します ホンダ、伝説バイク「VFR750R」のリフレッシュサービスを開始
うぉぉー! VFR750R、プロアームがかっこよすぎ〜。(2020/7/2)

ついに出るぞぉぉ! 日産、“本気"の新型EV「アリア」チラ見せ 7月15日発表
「GT-R譲り」のツインモーター四駆なEVですよぉぉ。(2020/7/1)

つまみはハコスカ、日産が「新型柿の種」マジ開発 先端加工技術で「種の抜型」製作
フィガロもいいよね。(2020/6/25)

ついにe-POWER搭載SUVが出るぞぉぉ 日産の小型SUV「キックス」が日本上陸
安い? 高い? 価格は約276万円から。モデルチェンジ以外では10年ぶりとなる待望の新型車です。(2020/6/24)

2020年F1日本グランプリ、開催中止
残念……。(2020/6/12)

雑誌で見たアイツがなぜ!? 魔改造爆速ワゴン「GT-R R33 スピードワゴン」が海外で発見される
最新GT-Rより安く買えちゃう。(2020/6/8)

あぁぁかっこよすぎ 古き良き70年代風デザインを再現した新型車「ケータハム・スーパーセブン1600」登場
雨が降ったらどうするの? 「……、フッ」。【写真25枚】(2020/6/5)

愛車をお仕事部屋にしちゃえばいいさ! 日産、気分一新「在車勤務」に役立つテクニックを紹介
ひとりになりたいときにも。(2020/5/12)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ターボの時代  いまさら聞けない自動車の動力源 ICE編 4
排ガス規制で動力性能を失った反動で、パワー競争の時代が始まる。昭和53年は西暦では1978年。そのたった2年後の80年に、日産は一気にターボ攻勢に入る。セドリック/グロリアにブルーバードが続き、本命のスカイラインにもターボモデルが追加された。その後、200馬力級がゴロゴロ登場するとともに、コンパクトモデルにもターボモデルが追加されて、馬力がインフレを起こしていく。(2020/5/11)

1400馬力のブッ飛び鬼加速!! EV「マスタング」のドラッグレース仕様が速ぇぇぇ
きゅぃぃぃぃん。で、ゼロヨン8秒以下ですって。(2020/5/2)

元F1王者も参戦 国際GTレースをゲームで代替イベント「SRO E-Sport GTシリーズ」開幕 ランボルギーニやメルセデスなど参戦
あのジェンソン・バトンも出場します。(2020/4/26)

すごい力作! 日産公式「塗り絵」無料公開、PDFで全23ページ GT-RやZ、フィガロなどの名車ズラリ
みんなで塗って遊んで投稿しましょう。(2020/4/21)

「近接を周りのクルマにナビでお知らせ」する機能も ハイテクな新型「トヨタ救急車」発売、ハイエースも刷新
ハイメディックの最上位モデルは1198万円から。(2020/4/17)

ほぉぉ太っ腹! チューニングカー雑誌「OPTION」、電子版バックナンバー全冊を期間限定で無料公開
自宅にいるクルマ好きの皆さーん、いかが? 公開は5月7日まで。(2020/4/15)

横からみるとめちゃ薄 イタルデザイン創業者のEVメーカーがかっ飛んで行きそうなスーパーEV「Bandini Dora」発表
運転席周辺はF1マシンをイメージしているそうです。(2020/3/19)

ハチロク最後の特別仕様車をオマージュ トヨタ「86」特別仕様車「GT BLACK LIMITED」限定発売
ATとMT、あわせて86台限定で販売します。(2020/3/12)

マジか!! あのモーガンが「70年ぶり」のモデルチェンジ、オープンスポーツの新型「PLUS FOUR」登場【画像28枚】
新型になってもこってこてに渋いクラシックスタイルは不変です。(2020/3/5)

驚異の500馬力オーバー! 海外の魔改造「マーチ」がヤバイ V6ターボでミッドシップ4WD仕様
ゴツいリアウイングまで付けたハイパワーなマーチです。(2020/2/22)

GT-Rに撮影機材を山盛り 「GT-R NISMO」撮影のために作られた最強の撮影車両が公開
GT-Rの撮影にはGT-Rをぶつけんだよ!(2020/2/11)

うほほーすごい、GT-Rがホンモノの「郵便切手」に! 日本郵便と日産が共同制作、ハコスカミニカー付き
本当に使えるけれど、やっぱり使えないやつ。(2020/2/4)

「トミカ」誕生50周年 トヨタ、日産、ホンダのデザイナーがマジ参加した「特別記念トミカ」がすごそうだぞ
ぼくらの正しい教育玩具ですからね。(2020/1/17)

うそ、だろ!? 「EVスープラ」すげぇ 東京オートサロンでキラリと光っていた「ブッ飛び学生カスタム」大集合【写真37枚】
分かりやすく「本気」なのがすごくいい〜。(2020/1/14)

これがあのプリウスなの!? TRDとモデリスタがタッグを組んでカスタムした「プリウスPHVコンセプト」がめちゃくちゃカッコいい
TRDとモデリスタが共同制作したカスタムプリウスに注目。(2020/1/13)

「うぉぉ何だこりゃ!?」「マジで意味分からん」 東京オートサロンでド目立ち「魔改造&すげークルマ」まとめ
みんな気合い入りまくり。(2020/1/12)

おぉぉ!! アレは幻のあの旧車……え、違うんかぁぁ? 再現度高すぎ「ケンメリGT-R」「2000GT」スーパーレプリカのオーラがすごすぎる
デザインは古き良きあの時代のまま、中見は安心の現代仕様。ってのがいい。(2020/1/11)

ワックワク魔改造ときれいなお姉さんたくさん カスタムカーの祭典「東京オートサロン2020」開幕
2020年もやってきました! 開催は1月12日まで。(2020/1/10)

旧車の純正廃盤部品を復刻、再生産 トヨタが「GRヘリテージパーツプロジェクト」開始
「旧スープラ乗り」うぉぉぉ! 「ハチロク乗り」俺のも頼むぅぅぅ!(2020/1/9)

心臓部がバケモノすぎんか!? 日産「シルビア S14」を海外のドリフトチームが魔改造、トヨタ製V12エンジンを搭載する暴挙
あれ、シルビアなのにTOYOTAのステッカー?(2020/1/6)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
2019年読まれた記事ランキング
クルマ好きの間でよくいわれることのひとつに、「1989年は日本車のビンテージイヤー」という言葉がある。トヨタ・セルシオ、日産スカイラインGT-R、ユーノス・ロードスター、一年遅れだがホンダNSXがデビューした。ちょっとツブが落ちてもいいなら発売順に、スバル・レガシィ(BC/BF)、日産フェアレディZ(Z32)、トヨタMR2(SW22)、こちらも一年遅れなら日産プリメーラ(P10)もあった。後年評価されるとき、19年は89年に続く第2のビンテージイヤーとして記憶されるかもしれない。(2019/12/30)

最高速度412キロ、驚異の1900馬力オーバー! ハイパーEV「Rimac C_Two」市販モデルが2020年のジュネーブモーターショーで世界初披露へ
リマックといえば、元「トップ・ギア」司会者がクラッシュしたじゃじゃ馬マシンでもあります。(2019/12/23)

2種類の新型「スカイライン」コンセプトがやってくる! 日産自動車、東京オートサロンの展示車両ラインアップ公開
話題の世界50台限定「Nissan GT-R50 by Italdesign」も展示されます(2019/12/19)

日産「残りわずかです」 GT-Rの超絶限定車「GT-R50 by イタルデザイン」発売へ、お値段たったの1億円くらい
おい、ホントに発売するんかぁぁぁ。お申し込み連絡はお早めに。(2019/12/10)

こんなのありかよォ!? ルックスからして異次元すぎるハイパーSUV「GFG Style 2030」爆誕、「GT-R50」手がけたItaldesign創業者の新設メーカーが発表
サウジアラビア限定で販売されます。(2019/12/9)

「控えめに言って今世紀最高」 ファミコンのコントローラで操作するサイバーパンクなカスタム「R32」がドチャクソかっこいいと俺の中で話題に
ウッ!!!!!!!!(2019/12/7)

初代NSXのイエローが復活 ホンダ「NSX」2020年モデルが発表、価格は2420万円から
東京オートサロン2020では実車を展示する予定です。(2019/12/5)

世界最強パトカー軍団に仲間入り ドバイ警察、テスラ新型EV「Cybertruck」をパトカーに採用、2020年導入を発表
スーパーカーだらけのドバイ警察に、またとんでもないクルマが登場。(2019/12/2)

かわいいはずのMINIが、怖いくらいの迫力……! 306馬力のMINI史上最速モデル「John Cooper Works GP」がウルトラ速そう
速そうだな〜、速いだろうな〜、こりゃ。(2019/11/25)

トヨタやホンダなど国内外のクルマがずらり 2年ぶりの「名古屋モーターショー」が開幕
11月24日まで開催されます。(2019/11/23)

電車の帰宅ラッシュを避けて新型「スカイライン」で家に帰ろう 日産自動車がユニークな試乗体験会を限定開催
高速道路に乗れば、手放し運転も体験できます。(2019/11/12)

「本田のおやっさん、ありがとう」 昔、日本では「赤いクルマ」が禁止だった
そのままだったら、真っ赤なポルシェ様やフェラーリ様はどうなっていたのでしょうね。(2019/11/8)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。