ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GT-R」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GT-R」に関する情報が集まったページです。

日産「GT-R」2022年モデル発表 合計100台限定生産の特別仕様「T-spec」を設定
新色は「ミッドナイトパープル」「ミレニアムジェイド」。(2021/9/14)

10月下旬より販売:
日産、「NISSAN GT-R」2022年モデルを発表
日産自動車は「NISSAN GT-R」2022年モデルを発表した。販売は10月下旬から。また、特別仕様車も発表。販売台数は100台限定だという。(2021/9/14)

とにかく「見た目のクセが強すぎる」魔改造メルセデスが海外で話題に ガルウイング・ドアにV8ミッドシップ採用の超個性派カスタムカー
メルセデスのレーシングカーをモチーフにしたデザイン。(2021/9/12)

ディーフ、スカイラインGT-R(BNR32型)ロゴをプリントした薄型ワイヤレス充電トレイ発売
ディーフは、9月9日にスカイラインGT-R(BNR32型)ロゴをプリントした薄型ワイヤレス充電トレイを発売した。最大出力15Wをサポートし、Deffダイレクトショップの販売価格は3980円(税込み)。(2021/9/9)

「マジで乗ってる」「度胸すごすぎ」 マギー、ガチなレースカー・F4マシンに挑戦 いきなりマジ攻めのドラテク見せつける
怖かったですか? 「いえ、家のシミュレーターで慣れていたので、全然」。す、すげー。(2021/9/4)

ホンダ、NSXの最終モデル「NSX Type S」発表 究極の性能と美しさを追求、日本30台限定・2794万円から【写真で見る】
シビれるかっこよさ……! 新デザインで迫力マシマシ、出力向上も。(2021/8/30)

ニコイチってそういうことじゃねぇから! ロシアで2台のクルマを横につなげた魔改造カー爆誕
ちょっと運転してみたいかも。(2021/8/28)

「フェラーリの便座」も出品 ヤフオク!で激レア希少車オークション「第4回コレクションカーオークション」開催、8月30日から
真っ赤でド派手な「フェラーリの便座」! これかっけぇぇ!!(2021/8/25)

7代目:
日産、新型「Z」世界初公開 日本仕様は今冬発表
日産自動車が、米ニューヨークで開催された特別イベントで米国市場向けモデルの新型「Z」を初公開した。(2021/8/18)

キター!! 日産、新型「Z」正式発表 じっくり写真で見る「手の届く夢のスポーツカー」
発売は米国で2022年春、日本モデルは車名「フェアレディZ」として登場〜。(2021/8/18)

電気自動車:
日産ノート オーラにNISMOモデル、ドライビングシミュレーターで作り込み
日産自動車は2021年8月17日、同年秋に発売する「ノート オーラ NISMO」を発表した。「ノート」には現在NISMOモデルを設定していないが、ノート オーラはノートよりも全幅が大きくスポーツモデルに向くことから、シリーズとして最高性能を求められるNISMOモデルを開発した。税込み希望小売価格は286万9900円。(2021/8/18)

ヒロミ、MAX織戸監修のプロ向けレーシングシミュレーターで富士スピードウェイを攻める 「究極の大人のオモチャ」「これ欲しい」の声
これはウルトラ楽しそう!(2021/8/11)

見た目は初代フェアレディZ、中身はS15 シルビア、心臓はスカイライン GT-R 広島県にあるショップが手がけた夢のようなカスタムカーがすごい
日産のスポーツカー好きにはたまらない欲張りセット。(2021/8/14)

またすごいのが来たー! ドバイ警察、スピード違反も自動で取り締まる「自動移動式交番2号機」を採用 開発は日本の三笠製作所
近くに交番がないなら交番を動かしちまえばいいじゃないか、という近未来感ある力業。(2021/8/6)

「悪いな〜これ(笑)」 バッドボーイズ佐田、あのハイエースもイジりまくる 唯一無二のFUJITSUBO特注マフラーにご満悦
このサウンドでもちろん車検対応。的確なプロの技もすごい。(2021/8/6)

たくましさに惚れそう 大自然の中を走るオフロード仕様に仕立てたマツダ「ロードスター」がカッコイイ
後輪のタイヤがかっけぇ……!(2021/8/6)

あのロータス・ヨーロッパだぁぁ! 京商が「サーキットの狼」忠実再現 1/64ミニカームック、ファミマで販売
スーパーカーブーム世代狙い撃ち♪(2021/8/6)

ついに、まさか生産終了? ホンダ、2代目NSXの「最終」モデル「NSX Type S」チラ見せ ネットでは早速「3代目期待」「なくさんといてや」の声
NSX、終わりませんよね……? 終わっちゃうの……?(2021/8/5)

高根英幸 「クルマのミライ」:
高速道路の最高速度が120キロなのに、それ以上にクルマのスピードが出る理由
国産車は取り決めで時速180キロでスピードリミッターが働くようになっている。しかし最近引き上げられたとはいえ、それでも日本の高速道路の最高速度は時速120キロが上限だ。どうしてスピードリミッターの作動は180キロなのだろうか? そう思うドライバーは少なくないようだ。(2021/8/2)

中尾明慶、最上級のカーコーティングで50年モノの愛車がツルピカに 「ヤバイ」「超うれしい」とテンション爆上げ
“50年前にタイムスリップ”というテーマが実現。(2021/7/11)

「カーグラTVっぽい」ってどんな写真だ……!? 長寿クルマ番組「カーグラフィックTV」がフォトコン開催
皆さんはどんな構図を思いつきましたかー?(2021/7/5)

きたぁぁ! 「70/80スープラ」の純正パーツ復刻再生産、対象パーツを拡充
「これからも走り続けることを願って……」。バンパーも復刻!(2021/6/29)

モータースポーツ超入門(7):
トヨタの水素エンジン車が走った「スーパー耐久」ってどんなレース?
S耐(エスタイ)と呼ばれるレースカテゴリーが日本に存在する。正式名称は「スーパー耐久シリーズ」。「スーパーGT」「スーパーフォーミュラ」と比べるとマイナー感は否めないが、市販車をベースにしたレースマシンで戦う国内最高峰の耐久レースシリーズとなっている。(2021/6/24)

「泡で消す」モリタの消防車「Miracle CAFS Car」、納入2000台突破 国内74%以上の消防本部で活躍
Miracle CAFS搭載車両の無料巡回・点検サービスを開始。はたらくクルマの機能美・信頼です。(2021/6/15)

「GT-Rの検査です、久しぶりに乗ったけどいいですね」 間寛平、愛車「R34」をTwitterで公開 「渋い」「かっこいい」と好評
ガチのカスタムR34!(2021/6/1)

ついにきたぁぁ! 鬼滅の刃×SLプラレール「プラレール 鬼滅の刃 無限列車」が発売、キャラ5体のプラキッズ付き
「鬼滅の刃トミカ 第二弾」も登場〜。悲鳴嶼行冥イメージのランクルなど。(2021/5/11)

「鬼滅の刃トミカ」に第2弾 義勇は「スープラ」、煉獄「GT-R」、しのぶはテントウ虫こと「スバル360」
タカラトミーは、「鬼滅の刃」に登場する5人の“柱”をイメージしたトミカを7月中旬に発売する。価格は各880円(税込)。(2021/5/10)

ハコスカGT-RとS30Zのアレだぁぁ! 旧車ファン涙の渋すぎる「椅子」がすごい、しかも日産公認
ガレージにあったら渋く決まりすぎちゃうるやつ〜。(2021/4/30)

「NFC」内蔵だと!?!? トミカがハイテク超進化「スーパースピードトミカ」登場 何かSUGEEEE!
スマホ連動の新世代トミカですよぉぉ。昭和世代涙の「ドライビングターボ」も!(2021/4/20)

電子ブックレット(メカ設計):
食品3Dプリンタ/2ステップ金属造形/旧車パーツ復刻生産
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2021年1〜3月に公開した3Dプリンタ関連のニュースをまとめた「3Dプリンタニュースまとめ――2021年1〜3月」をお送りします。(2021/4/19)

日産「GT-R NISMO」22年モデル、トミカになってハッピーセットへ 実は「ひみつのおもちゃ」
日本マクドナルドは、日産自動車の「GT-R NISMO」(22年モデル)のトミカが「ハッピーセット」のおまけになると発表した。4月30日から販売する。(2021/4/14)

日産、「GT-R NISMO」2022年モデルを公開 さらに本気モードの“ワークスチューン”エンジンを搭載
やっぱりハンパない徹底っぷり。気になるお値段は……?(2021/4/14)

特別仕様も:
日産、「NISSAN GT-R NISMO」2022年モデル先行公開 マックとのコラボも発表
日産自動車が「NISSAN GT-R NISMO」と「NISSAN GT-R NISMO Special edition」の2022年モデルを先行公開した。(2021/4/14)

やっちゃえ! 今年は「GT-R」コラボ マクドナルドのハッピーセットが“また”GWのオトーサン狙い撃ち♪
毎年恒例。また買い集めちゃうやつです。(2021/4/14)

“ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
コンディションは「フルオリジナル」のバリ極上。(2021/4/9)

旧車・歴史的名車の祭典「オートモビルカウンシル 2021」が開幕
幕張メッセで4月11日まで、旧車好きの人はぜひ〜。(2021/4/9)

「FR」にピクンと反応クルマ好き トラックやハイエースも「FR」、路線バスは「RR」、そのワケは?
どの駆動方式が好きですか?(2021/4/8)

軽自動車にあって高級セダンにない…… 不思議な装備「リアワイパー」って必要?
使っていますか? リアワイパー。(2021/4/6)

自動車業界の1週間を振り返る:
素材メーカーが指摘する「ナイロン不足で慌てない会社」の特徴
土曜日です。1週間、おつかれさまでした。週末でものびのびするどころではないという人もいらっしゃるかもしれません。年初から車載半導体の供給不足、航空便や船便といった物流網の逼迫(ひっぱく)、2月の米国テキサス州での大寒波の影響を受けた素材メーカーのフォース・マジュール宣言といったイレギュラーな出来事が続いていました。(2021/3/27)

モータースポーツ超入門(5):
GRスープラやNSX、GT-Rが競うスーパーGT、共通化と競争領域を使い分け
最高峰のGTレースにして、世界でも類を見ないコンペティティブな環境が整うレースカテゴリーが日本に存在する。それがスーパーGTだ。上位クラスのGT500ではトヨタ自動車、ホンダ、日産自動車が三つどもえの戦いを展開し、下位のGT300ではポルシェやランボルギーニ、フェラーリといった世界の名だたるスーパースポーツカーが参戦する。(2021/3/23)

自動車業界の1週間を振り返る:
“避けられない不可抗力”が増えていく時代にどう備えるべきなのか
これまでMONOistでは「いまさら聞けない」というタイトルで、製造業にかかわるさまざまな物事を解説してきました。つい最近、私自身にも「いまさら聞けないけど常識っぽいぞ……」という言葉との出会いがありました。その言葉は「フォース・マジュール(Force Majeure)」です。(2021/3/20)

「シーマ一筋30年」伊藤かずえさんのシーマ、日産がガチレストア 「新車時と同じ状態に戻す」
「やっちゃえ、日産!」でやっちゃいます。(2021/3/17)

3Dプリンタニュース:
3DプリンタでR32型スカイラインGT-R用の補修部品を復刻生産
SOLIZEと日本HPは、日産自動車の生産終了となったヘリテージ車両の補修部品の共同開発とオンデマンドによる製造を開始する。3Dプリンティング技術「HP Multi Jet Fusionプラットフォーム」を用いて、R32型スカイラインGT-Rのハーネス用プロテクター(樹脂部品)を3Dプリンタで生産可能にした。(2021/3/17)

「たんと積めるからタント、ではない」 ダイハツが公式Twitterで明かした「車名の由来」が面白い
岩石って。(2021/3/16)

金ピカ&彫刻のド派手仕様 日本生まれの激ヤバカスタム「GT-R」がドバイで売りに出される 価格は約6000万円
派手オブ派手。(2021/3/12)

香港警察、迷惑スーパーカー軍団を一斉検挙 フェラーリ、ポルシェ、ランボルギーニなど45台を一網打尽に 違法改造されたGT-Rの姿も
騒音で現地住民を悩ませていました。(2021/3/9)

シーマ一筋30年の伊藤かずえ、日産の“新車”に興味? ファンからは初代シーマとの2台持ちを勧める声も
手入れをしながらシーマに30年以上乗っている伊藤さん。(2021/3/8)

メカメカしいルックスがイイ感じ レクサス「IS350 スポーツセダン」をモチーフにしたオリジナルスニーカーがかっこいい
レクサスのロゴもしっかり配置されています。(2021/3/2)

「GTOをEVのドリ車仕様に鬼改造……本気ですか?」 バーチャルオートサロンでド目立ち「魔改造&すげークルマ」
2021年もSUGEEEやつたくさん……でも、ほんの一部です。(2021/1/28)

はたらくクルマと大人の皆さん「カックイ〜!」 乗りもの大好きキッズの日常に「こちらこそありがとう」「がんばるよ」の声あふれる
キッズのキラッキラなお目々を見たらもう。(2021/1/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。