ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NSX」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NSX」に関する情報が集まったページです。

Ignite 2020:
Microsoftが構築したVMware環境「Azure VMware Solution」、正式サービス開始
米Microsoftが「Ignite 2020」で、「Azure VMware Solution」の正式サービス開始を発表。Microsoftが設計、構築、運用、サポートを行い、VMwareによる認定と推奨を受けた、Microsoft Azure上のVMware環境。顧客は、既存のオンプレミスやデータセンター上に構築されたVMware環境のシステムなどを容易にMicrosoft Azureへ移行できる。(2020/9/23)

「Oracle Cloud VMware Solution」正式リリース 他社との違いは、オンプレミスと同様にユーザーが管理できること
米Oracleが新サービス「Oracle Cloud VMware Solution」をリリース。ベアメタルサーバ上で、仮想化ハイパーバイザーのvSphere ESXi、ネットワーク仮想化のNSX-T、ストレージ仮想化のvSANによる仮想化基盤を提供する。フルマネージドなサービスではなく、ユーザーが管理できるのが特徴。(2020/8/18)

昔はこんなガチなマシンが結構安く買えた メーカー直系のぶっ飛びコンプリートカー5選
みんな知ってる伝説のクルマから、知る人ぞ知るやりすぎマシンまで、「あの」5台を振り返ります。(2020/7/30)

さすがにレアすぎ!? 50年前の名車オブ名車「トヨタ 2000GT」の純正部品が復刻再生産
何台残ってるんでしょうか……。でも取り組み自体が熱いです。(2020/7/8)

旧車、ピカピカに再生します ホンダ、伝説バイク「VFR750R」のリフレッシュサービスを開始
うぉぉー! VFR750R、プロアームがかっこよすぎ〜。(2020/7/2)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ターボの時代  いまさら聞けない自動車の動力源 ICE編 4
排ガス規制で動力性能を失った反動で、パワー競争の時代が始まる。昭和53年は西暦では1978年。そのたった2年後の80年に、日産は一気にターボ攻勢に入る。セドリック/グロリアにブルーバードが続き、本命のスカイラインにもターボモデルが追加された。その後、200馬力級がゴロゴロ登場するとともに、コンパクトモデルにもターボモデルが追加されて、馬力がインフレを起こしていく。(2020/5/11)

連載:詳説VMware Cloud on AWS(9):
VMware Cloud on AWSとネイティブAWSサービスの連携(2) ENI接続の詳細と連携の具体例
前回から、VMware Cloud on AWSとネイティブAWSサービスとの連携を解説している。後半となる今回は、Elastic Network Interface(ENI)によるConnected VPCとの接続、そしてVMware Cloud on AWSとネイティブAWSサービスの連携に関する具体例を紹介する。(2020/3/26)

連載:詳説VMware Cloud on AWS(8):
VMware Cloud on AWSとネイティブAWSサービスの連携(1) AWSサービスによる違いと接続経路
VMware Cloud on AWSはネイティブAWSサービスとの連携に適している。ただし、連携するAWSサービスにより、接続形態は異なる。特定のAWSサービスが利用できるかできないかを判断する考え方、VMware Cloud on AWSからAWSサービスへの接続経路とその詳細を説明する。(2020/3/24)

旧車の純正廃盤部品を復刻、再生産 トヨタが「GRヘリテージパーツプロジェクト」開始
「旧スープラ乗り」うぉぉぉ! 「ハチロク乗り」俺のも頼むぅぅぅ!(2020/1/9)

キリッとした顔に大変身 ホンダ「新型FIT」の熱いコンプリートモデル「Modulo X」デビュー、オートサロンで披露
「いいなこれ」! 間もなく新型発売のFITに、早くも「メーカー純正カスタム」が出ちゃう。(2020/1/9)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
2019年読まれた記事ランキング
クルマ好きの間でよくいわれることのひとつに、「1989年は日本車のビンテージイヤー」という言葉がある。トヨタ・セルシオ、日産スカイラインGT-R、ユーノス・ロードスター、一年遅れだがホンダNSXがデビューした。ちょっとツブが落ちてもいいなら発売順に、スバル・レガシィ(BC/BF)、日産フェアレディZ(Z32)、トヨタMR2(SW22)、こちらも一年遅れなら日産プリメーラ(P10)もあった。後年評価されるとき、19年は89年に続く第2のビンテージイヤーとして記憶されるかもしれない。(2019/12/30)

初代NSXのイエローが復活 ホンダ「NSX」2020年モデルが発表、価格は2420万円から
東京オートサロン2020では実車を展示する予定です。(2019/12/5)

価格は2420万円:
ホンダ、スポーツカー「NSX」2020年モデルを投入 初代カラーを進化させた新色イエロー追加
ホンダは、スーパースポーツモデル「NSX」の2020年モデルの受注を開始。外装色に新開発のイエローを追加。20年4月に発売する。(2019/12/5)

「本田のおやっさん、ありがとう」 昔、日本では「赤いクルマ」が禁止だった
そのままだったら、真っ赤なポルシェ様やフェラーリ様はどうなっていたのでしょうね。(2019/11/8)

ドイツでは金色のクルマは違法!? ド派手な金箔仕様「ポルシェ・パナメーラ」を警察が検挙、過去には金色のランボルギーニも
「まぶしいから他のドライバーに迷惑」だとか……。(2019/10/20)

高コストパフォーマンス制御部品:
PR:「FA・金型部品販売のミスミ」が始めたFA用タッチパネルが面白いワケ
ミスミは、豊富な製品群を短納期で届けてくれることから「困ったときのミスミ頼み」といわれている。今でこそミスミはメーカーブランド品のEC販売が有名となっているが、元々はオリジナルブランドのFA・金型部品販売から歴史が始まっている。ここ最近は製品分野も拡大しており、産業用タッチパネルなどはヒット製品となっているという。ミスミのオリジナルブランド製品の動向を紹介する。(2019/10/23)

日産GT-R、トヨタGRスープラ、ホンダNSXが並ぶ 「Super GT」2020年シーズンを戦う新型マシンを揃って発表
オイオイオイ……たまんねぇな!(2019/9/12)

このマシンはGT500? GT300? 詳しくなくてもSUPER GTマシンを見分けられる豆知識
この見分け方なら一発。(2019/9/6)

転換期のハイブリッドクラウド【第3回】
Azure StackやAWS Outpostsなどの「クラウドアプライアンス」が必要な理由
クラウドベンダーが提供するアプライアンスは、PaaSなどパブリッククラウドと同様の機能を利用してハイブリッドクラウドの運用環境に一貫性を持たせることに有効だ。(2019/8/30)

レースフォトグラファー奥川浩彦の「サーキットへ行こう」(3):
撮れたら「カ・イ・カ・ン」 誰でも撮れるの!? プロ直伝「サーキット流し撮り」テクニック
SUPER GT を例に「サーキット流し撮りのはじめの一歩」を超〜簡単に説明します。(2019/5/18)

白木智幸のITフィットネス:
高級路線のノートPC、アルミが使われるのはなぜ?
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。今回はノートPCの本体に使われる素材についてお話します。(2019/3/11)

日本の軽はいろいろ世界一ィィィ 楽しくて脳汁出る「スポーツ軽自動車」6選
黄色いナンバーと甘く見ているとヤケドしますわよ。(2019/2/27)

東京の公道をF1マシンが走る! レッドブルが明治神宮外苑で新マシンを使ったショーラン開催
2019年シーズンの新マシンが近くで見られる。(2019/2/22)

NSXから芝刈り機までみんな金ピカ! ホンダ・オーストラリアの50周年祝いがド派手ですごい
市販化……はさすがにしないみたい。(2019/2/6)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2018(2):
「速いマシンは美しい!」と何度でも言おう
お待たせ! 恒例企画。車とバイクが大好きなモノづくりコンサルタントから見た「全日本学生フォーミュラ大会」。2018年も楽しくレポートします! さて第2回はどの大学が登場するでしょうか。(2018/12/28)

ちょい悪「インサイト」、ホンダがオートサロンで披露 無限チューンでドレスアップ
チャンピオンマシン「RC213V」もやって来るよ。(2018/12/26)

これは上質でかっこいい! 新型「インサイト」発売、燃費はリッター28.4キロ
価格は326万円から。(2018/12/14)

「ロードスター」「GT-R」「シーマ現象」……時代を席巻した名車で平成を感じてきた
メジャーからマイナーまで、往年のファンを歓喜させる車種続々、熱かった!(2018/11/20)

初代NSXのオレンジを復刻 「NSX」2019年モデルで胸熱な本格改良、価格は2370万円から
剛性アップや装備追加で現行モデル初の大きな改良。2019年5月発売。(2018/11/1)

19年5月に発売:
ホンダ、「NSX」一部改良 市街地からサーキットまで、操作性向上
ホンダは、スーパースポーツモデル「NSX」の改良モデルを発表し、予約受け付けを開始した。2019年5月に発売する。(2018/10/25)

トヨタ博物館のイベントに「GT-R」が バブル期日本の名車集合
トヨタ博物館は、クラシックカーが集まるイベントを11月17日に東京・明示神宮外苑で開く。(2018/10/18)

「黒カーボンのまま」もかっこいい レース専用NSXに進化版、2019年モデル「NSX GT3 Evo」が登場
そのままレースに出られる本物のレーシングカー。(2018/10/17)

ホンダNSXをデザインしたミニカー型ワイヤレスマウス
リンクスインターナショナルは、「HONDA NSX」をデザインしたワイヤレスマウスを発売する。(2018/9/10)

ホンダ「NSX」マイナーチェンジを予告、佐藤琢磨による新型インプレッション映像も公開
2018年秋に正式発表。(2018/8/28)

このボタンを押したらどうなるの? レーシングカー「NSX-GT」の運転方法をSUPER GT現役ドライバーが教えちゃうぞ
SUPER GT参戦中のチームクニミツ・山本尚貴選手が解説。(2018/8/12)

トミカ48年目の進化 実車の音と振動でリアリティを追求したハイエンドモデル「トミカ4D」誕生
音と振動でリアリティのあるトミカに。(2018/6/7)

東京おもちゃショー2018:
「GT-R」のエンジン音、実際に鳴る「トミカ4D」 「テストコースを貸し切り、音を収録」日産が太鼓判
タカラトミーが、エンジン音と振動を再現した「トミカ4D」を10月に発売する。日産「GT-R」のミニカーは、実際のエンジン音、走行音を収録した。(2018/6/7)

「パパへ いつもありがと はい、ランボルギーニあげる」 トミカやるな……「トミカプレミアム 父の日キャンペーン」実施
6月9日から。父の日のプレゼントはもう決まり。(2018/6/1)

「ストラトス」「2000GT」!! マクドナルドのハッピーセットが渋すぎるトミカチョイス GWのオトーサン狙い撃ち♪
ストラトスと2000GTだとぉ。「ハッピーセット トミカ」スポーツカーシリーズは4月27日から。(2018/4/12)

このメカメカしくて速そう感といったら…… 「ホンダ NSX」コラボの限定ウォッチ、セイコーから
これを着ければ運転うまくなりそう。3月9日発売、1000本限定。(2018/2/9)

東京オートサロン2018:
6000万円越え!? NSXのスペシャル車両「NSX GT3」が公開、黒カーボンボディで見るからに速そう
佐藤琢磨選手のトークショー、「CIVIC TYPE R」のカスタムコンセプトモデルなど見どころたくさん。(2018/1/10)

880台が並ぶ:
本格スポーツカーから楽しいクルマまで 東京オートサロン開幕迫る
カスタムカーの祭典「東京オートサロン2018」が1月12〜14日に開催される。今年も最新車種のカスタマイズモデルやモータースポーツ車両などが会場を彩る。(2018/1/9)

アイネット VIDAAS by Horizon:
NVIDIAの仮想GPUソリューションを採用したVDIクラウドサービス
アイネットは、企業向けデスクトップ仮想化サービス「VIDAAS by Horizon」において、米NVIDIAの仮想GPUソリューションを採用した「vGPU-VDIクラウドサービス」の提供を2017年11月から開始した。(2017/12/11)

「R32 GT-R」の絶版パーツを再生産 日産が「NISMOヘリテージ」開始、その意味は?
ホンダ、マツダに続いて日産も開始。R33/R34 GT-Rへの拡大も計画されています。(2017/11/28)

CADニュース:
3D CAD・CGも利用できるVDIクラウドサービス、月額2万3000円から
アイネットは、米NVIDIAの仮想GPUソリューションを採用した「vGPU-VDIクラウドサービス」の提供を開始する。CADや3Dコンピュータグラフィックスといったアプリケーションの実行環境を提供するクラウドサービスだ。(2017/11/28)

AUTOMOBILE COUNCIL 2017:
【写真で見る】コスモスポーツ、アウディクアトロ──現代に通ずる名車たち
往年の名車が集まるイベント「AUTOMOBILE COUCIL 2017」が開幕。大手メーカーも自社の歴史を彩った車を出展している。(2017/8/4)

日本人初のタイトル:
【写真特集】佐藤琢磨選手「インディ500」優勝会見
「No Attack, No Chance」――。座右の銘とも言えるこの言葉通り、プロドライバーの佐藤琢磨選手は日本人として前人未到の大記録を達成した。世界3大レースの1つ、「インディ500」の優勝である。その凱旋会見がホンダの青山本社で開催。写真で振り返る。(2017/6/19)

人テク展2017 開催直前情報:
人テク展は562社出展で過去最大規模、自技会70周年の特別企画も
自動車技術会は「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2017 横浜」の開催概要を発表した。期間は5月24〜26日で、562社が1175ブースで出展する過去最大規模となる。(2017/5/11)

32万人が来場:
多彩なカスタムカーを写真で振り返る 東京オートサロン
カスタムカーの祭典「東京オートサロン2017」(1月13〜15日)を写真で振り返る。(2017/1/16)

池田直渡「週刊モータージャーナル」2016総集編:
10速オートマの登場、まだまだ消えないMT車
2016年も間もなく終わる。そこでこの1年を締めくくるべく、「週刊モータージャーナル」の連載記事で好評だったものをピックアップしたい。(2016/12/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。