ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  2

「2台目」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「2台目」に関する情報が集まったページです。

macOS Catalina、「Sidecar」の必要条件が明らかに あなたのiPadは使える?
全てのiPadが使えるわけではない。(2019/10/8)

Apple、「macOS Catalina 10.15」を提供開始 iPadが液タブに
iPadを液タブとして使えるSidecar機能がmacOS新バージョンで使えるようになった。(2019/10/8)

たたんで、開いて、使ってみた 折りたたみスマホ「Galaxy Fold」ファーストインプレッション
IFA2019で、Samsungの折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」に触れる機会を得た。実際の手触り、使い心地、ワクワク感など、ファーストインプレッションをお伝えしよう。Galaxy Foldは、9月6日に韓国で発売され、2000〜3000台の初回出荷分は半日で完売したそうだ。(2019/10/5)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
Xiaomiがカメラに力を入れるAndroid Oneの最新モデル「A3」
Xiaomiのスマートフォンも、今やずいぶんメジャーな存在になり、欧州の先進国でも家電量販店で見かけることが増えてきました。同社のスマホには独自の「MIUI」を標準搭載していますが、2017年からAndroid Oneスマートフォンの投入も開始。2019年には3世代目となる「A3」が発売されました。(2019/10/2)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
「HomePod」の音楽再生機能はどうだ? 試して分かったライバル機との違い
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はApple「HomePod」について、セットアップから音楽再生回りの機能をチェックする。(2019/10/2)

PR:「仕事のせいで私のギガが減る!」 そんな社員の不満を解決するサービスとは?
(提供:楽天コミュニケーションズ株式会社)(2019/10/2)

国内シェア1位はiPhoneで変わらず ドコモ「ケータイ社会白書2019年版」
iPhoneのシェアは依然1位だが、ガラケーからの移行はAndroidが優位に立った。(2019/8/29)

70代以上のスマホ保有率がケータイを上回る――ドコモの「ケータイ社会白書 2019年版」が無償公開
NTTドコモの企業内研究所「モバイル社会研究所」が、2010年〜2019年の10年分のモバイルICT利用動向をまとめた「ケータイ社会白書 2019年版」を無償公開した。調査結果を各章のポイントごとにまとめた要約版も合わせて公開している。(2019/8/27)

「HomePod」を試す Apple Musicの楽しみ方と自宅での音楽体験が変わる
Appleのスマートスピーカー「HomePod」が、いよいよ日本でも発売される。Apple Musicユーザーとしては、HomePodの登場を心待ちにしていた。そんなHomePodを試用する機会を得たので、短期間ではあるが、使ってみて感じたことをまとめたい。(2019/8/13)

「粒子加速器」を自作した猛者現る 「リビングの片隅で組み立てた」──工学素人の“理論屋”が一から試行錯誤
電子や陽子などの荷電粒子を加速する「加速器」を自作した高梨さんに話を聞いた。工学系の出身ではないため、さまざまな試行錯誤を繰り返しながら加速器を作ったという。(2019/8/9)

Google、「Pixel 4」のトップベゼルの中身を紹介 「Soli」による顔認証など
Googleが次期フラグシップ「Pixel 4」の顔認証とジェスチャー操作について発表。トップベゼルに埋め込まれた多数のセンサーの画像も公開した。(2019/7/30)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
“スマホルーター”も開発中 MAYA SYSTEMが1万円台のクラウドSIMスマホを投入する狙い
MAYA SYSTEMが新たに投入したクラウドSIM対応スマートフォンが、「jetfon P6/FREETEL P6」だ。1万6800円(税別)という安さを生かし、2台目の海外用スマホとして販売する方針。この夏には、スマートフォンをベースにしたルーターも販売するという。(2019/7/3)

PR:他に類を見ないドッキングモニター「E243d」で生産性を劇的に改善しよう!
働き方改革によってノートPCの導入が進んでいるが、やはり小さい画面だけでは作業効率が上がらない。生産性アップをスマートにこなす特効薬となるのが、日本HPの液晶ディスプレイ「E243d」だ。そのユニークな機能をチェックした。(2019/7/17)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
「分離」なのに「セット」が前提? ドコモの新プラン「データプラス」のマイナス面
NTTドコモの新料金プランが始まりました。スマートフォンを使っている人は良いのですが、タブレットやルーターといったデータ通信専用端末を使っている人は、どんなプランを選べばいいのでしょうか。今回は、データ通信専用端末向けのプラン「データプラス」について考察してみます。(2019/6/14)

Google、「Pixel 4」のティーザーを自らツイート アウトカメラはデュアル
Googleが、次期フラグシップスマートフォン「Pixel 4」のものとするレンダリングを公式Twitterアカウントで公開した。アウトカメラが2台で、背面に指紋センサーがないことが分かる。(2019/6/13)

プラごみの“元凶”ペットボトル リサイクルや削減でしのぎ
国内飲料メーカー各社が、ペットボトル容器による環境負荷低減に、しのぎを削っている。(2019/6/12)

シンプルなSIMフリーケータイ「un.mode phone01」を試す “価値の分かる人”にオススメ
通話とSMSに特化した、シンプルなSIMロックフリーケータイ「un.mode.phone01」が発売された。ストレート形状のボディーに2.4型QVGA液晶を搭載。アドレス帳のデータ移行は、vCard形式のインポートとエクスポートに対応する。(2019/5/28)

モバイルバッテリーおすすめ5選 大容量からコンパクトまで(2019年版)
外出先でスマートフォンの充電が切れそうになったとき、「モバイルバッテリー」を持っていると安心です。この記事では選ぶ上で重要なポイントと、それを踏まえたオススメのモバイルバッテリーをご紹介します。(2019/5/26)

Amazon、「最安Alexa端末」新Fire 7タブレット発売 Echo Dotと同額
Echo Dotと同じ価格でディスプレイも付いてくる。(2019/5/17)

ITはみ出しコラム:
「Pixel 3a」は日本で人気スマホになれる? Pixel 3ユーザーから見た“違い”
うわさ通り「Pixel 3」の下位モデルとなる「Pixel 3a」が登場。Pixel 3ユーザーの筆者が比較してみました。(2019/5/12)

石野純也のMobile Eye:
分離プランでキャリアの戦略はどう変わる? ドコモとソフトバンクの決算で見えたもの
NTTドコモとソフトバンク、それぞれの通期決算が発表された。業績はどちらも好調で、売上高、営業利益とも前年度と比べて増収増益を記録した。ドコモは6月1日に導入する新料金プランで、最大4000億円の減収が見込む。反転に向けては、非通信領域を強化していく構えだが、これはソフトバンクも同様だ。(2019/5/11)

「意地悪な条件は付けていない」 NTTドコモに聞く、新料金プランの疑問点
ドコモは6月1日に導入する新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を発表した。シンプル化と同時に、料金水準を最大で4割値下げし、競争力を強化するのがプラン改定の狙いだ。一方で値下げが実感できないという声もある。ドコモ担当者に疑問をぶつけた。(2019/5/10)

製品分解で探るアジアの新トレンド(38):
日本が捨てたお家芸、「軽薄短小」で半導体技術を磨く中国
かつて、「軽い、薄い、短い、小さい」と言えば、日本の機器メーカーの得意技だった。この「軽薄短小」は、半導体技術によって実現されるものであり、また、半導体技術をさらに進化させるカギでもあった。日本がほとんど捨て去った「軽薄短小」は今、中国の半導体技術が磨かれる要素となっている。(2019/5/7)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」GW特別編:
懐かしい音と匂いを楽しむ「SL」ハシゴ旅 「もおか号」「SL大樹」を巡る1日
真岡鐵道が機関車1台を売却し、東武鉄道が落札したと報じられた。2社は現在、それぞれSLを運行している。真岡鐵道は「もおか号」、東武鉄道鬼怒川線は「SL大樹」だ。2つのSL列車を1日で乗り比べてみよう。(2019/5/3)

ハノーバーメッセ2019:
量子コンピューティングを製造現場へ、組み合わせ最適化の価値を訴えた富士通
富士通は、ハノーバーメッセ2019(2019年4月1〜5日、ドイツ・ハノーバーメッセ)において、量子コンピューティング関連技術の1つで組み合わせ最適化問題に力を発揮する量子アニーリングを製造現場に適用する提案を行った。量子アニーリングの専用チップなども紹介し、先進の量子コンピューティング技術により、製造現場を最適化することを訴えた。(2019/4/24)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
通話とSMSに特化 シンプルケータイ「un.mode phone01」が生まれた理由
通話とSMSに特化したシンプルケータイ「un.mode.phone01」が、クラウドファンディングで話題を集めた。7480円(税別)という価格の安さにも注目が集まり、Makuakeでは、最終的に1300万円以上の資金を集めた。なぜあえて、シンプルなケータイを開発したのか? 販売元に聞いた。(2019/4/23)

iPhoneの最新おすすめ機種は? 目的と価格で選ぶ(2019年版)
日本で大きなシェアを占めるスマートフォンといえば「iPhone」。最新モデルに加えて廉価な旧モデルも併売されていることが特徴です。何を基準に選べばいいのか、ポイントを示しつつオススメ機種をご紹介します。(2019/4/23)

約7割が中古端末に「抵抗がある」 フリマアプリ「ラクマ」の調査
楽天が運営するフリマアプリ「ラクマ」は、4月22日に携帯端末の購入に関するアンケートの結果を発表。重要視する項目の1位は「安さ」で、「機能の充実」「デザイン」と続く。購入する用途は「買い替え」が最も多かった。(2019/4/22)

スマホ×バッテリー快適ライフ:
「携帯性」「実用性」「大容量」 目的別で選ぶ、おすすめモバイルバッテリー9選
モバイルバッテリーは多数の製品があり、選ぶだけで一苦労。今回は「Anker」「Cheero」「RAVPower」の製品をピックアップ。出力2A以上、残量インジケーターありという実用的な商品に絞り、用途ごとに適した製品を紹介する。(2019/3/30)

吉本芸人がエアコンクリーニング会社を創業!? 「ラフ・コントロール」重岡が“社長芸人”になった理由
“エアコンを長持ちさせる方法”も聞いてみました!(2019/3/21)

Tesla、小型SUV「Model Y」を披露 2020年に発売で価格は3万9000ドルから
Teslaが「Model 3」に続く量産車で小型SUVの「Model Y」を披露した。北米、欧州の一部、中国で予約受け付けを開始。価格は3万9000ドル〜6万ドルで、2020年秋に発売の予定だ。(2019/3/16)

デザインの力:
パナソニックのクルマの作り方、デザイナーとエンジニアで一緒に企画すると……
現時点では無人運転車は市場に出ておらず、使ったことがある人もいない。そういったモノについて、どのように使い方や在り方を考えたのか。パナソニックに話を聞いた。(2019/3/12)

石野純也のMobile Eye:
「5Gに対応させただけ」では物足りない 新たな提案も必要な5Gスマホ
「5G」一色だったといえるMWC19 Barcelona。Samsung、Huawei、LGエレクトロニクス、Xiaomi、OPPO、ZTEなど、Android端末を手掛ける主要メーカーが5Gスマホを発表した。いずれのスマートフォンも、4G版とサイズ感が大きく変わらないのが印象的だったが……。(2019/3/10)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(43):
目に見えるようになったWindows 10の「配信の最適化」の効果
Windows 10は、ストアアプリやWindows Updateのダウンロードを効率化するP2P配信技術「配信の最適化」機能を備えています。多数のWindows 10クライアントを導入している場合は、この機能が有効に働いているかどうか、どの程度の効果があるのか気になるところでしょう。(2019/2/21)

国内に現存なし 歴史的価値のある旧日本軍「九五式軽戦車」里帰り計画が本格始動、クラウドファンディングで支援募集
かつて2300台以上が生産された国産戦車を日本に。(2019/2/8)

パナソニック モバイルコミュニケーションズ:
Android 8.1搭載の7型タブレット「TOUGHBOOK FZ-L1」、頑丈設計ながら薄型軽量
パナソニック モバイルコミュニケーションズは、7型頑丈タブレット「TOUGHBOOK FZ-L1」を国内法人向けに2019年2月14日から順次販売開始することを発表した。(2019/2/4)

自動運転技術:
レベル4の自動運転を見据えたデンソーの開発体制、シミュレーションを活用中
デンソーは2019年1月24日、東京都内で記者向けに説明会を開き、研究開発拠点「Global R&D Tokyo」の取り組みを紹介した。(2019/1/25)

DSDV対応:
Wikoのエントリースマホ「Tommy3 Plus」が日本上陸 1月末に1万円台半ばで発売
フランスのWiko(ウイコウ)が、日本において約1年ぶりに新型スマートフォンを発売する。2017年2月に発売された「Tommy(トミー)」の事実上の後継機種で、国内3キャリアのVoLTE通話にも対応する。(2019/1/18)

女性客などに“おしゃれさ”訴求:
新型プルーム・テックに早くも「限定デザイン」登場 渋いメタリック・鮮やかマットでファン獲得へ
JTが新型プルーム・テック向けの限定デザインを発表。「Ploom TECH +」にはメタリック系塗装の「URBAN CHIC COLORS」と「RELAX MODE COLORS」、「Ploom S」には上下で配色が異なる「NUANCE OF LIFE」と呼ぶ配色パターンを設ける予定。おしゃれなたばこを持ちたい女性など、多様なユーザーの取り込みを図る。(2019/1/17)

タイヤでかすぎ、ベンツに和室にレンジローバー 「魔改造ジムニー」オートサロンに集結
ジムニーの改造ベース車っぷりは日本一ぃぃぃ。(2019/1/16)

カード型から個性派ストレート、子機まで 現行“ケータイ”14機種を総まとめ
スマートフォン全盛の今、ケータイの新機種は徐々に数を減らしつつあったが、そんなケータイが再び脚光を浴びている。特に2018年はドコモの「カードケータイ」やauの「INFOBAR xv」など個性的なケータイが登場した。各キャリア+SIMロックフリーの現行ケータイを紹介する。(2019/1/15)

CES2019:
音声認識に視線や感情、眠気検知を組み合わせ、より柔軟なエージェントに
Nuance Communications(ニュアンス)は、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2019」(2019年1月8〜11日、米国ネバダ州ラスベガス)において、カメラによる視線検知と音声認識技術を組み合わせた開発中の新機能を披露した。開発技術は、POI(Point of Interest)検索やストリーミングサービス、リアルタイムな情報を得る場合にはクラウド連携が必要だが、それ以外については車載情報機器側で処理が終えられるという。(2019/1/15)

PayPayボーナス取り消し報告相次ぐ 複数アカウントは「利用停止」の場合も
1月8日から10日にかけて付与されたPayPayボーナスが取り消しになったという報告が相次いでいる。不正利用での取り消しは当然だが、複数アカウントの利用は注意したい。そもそも、アカウント自体が削除される恐れがある。(2019/1/11)

立ちどまるよふりむくよ:
復活! 初代ウォークマン 動かないカセットプレーヤーで音楽を聴く方法
カセットテープって知ってます?(2018/12/21)

2018年に買って使ってグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト5
連載「山口真弘のスマートスピーカー暮らし」でおなじみの山口さんが、2018年に購入したデジタル製品の中から、仕事に役立つものベスト5をピックアップ。あなたのベスト5は何ですか?(2018/12/21)

携帯市場の2018年中古ガラケー販売ランキング、年間販売1位は11カ月連続TOPの「202SH」
携帯市場が2018年1月1日から11月30日までの中古フィーチャーフォンの販売・買取ランキングトップ10を発表。年間販売1位は11カ月連続トップの「202SH」で、トップ10にソフトバンクの機種が4機種ランクイン。キャリア別でみると売上・買取ともにNTTドコモが約半数のシェアを獲得している。(2018/12/12)

Wired, Weird:
代替部品が見つからない減圧ポンプコントローラの修理 (スイッチ編)
今回は、代替品がないスイッチの交換方法と2台目の修理経過を報告する。(2018/12/12)

「INFOBAR xv」レビュー ファンは購入必至、ストレート4Gケータイの完成形だ
au「INFOBAR」シリーズの15周年モデル「INFOBAR xv」が2018年11月29日に発売された。デザインはこれまでと同じく深澤直人氏が手掛けており、INFOBAR 2の面影を残すフレームレスタイルキーが特徴だ。デザインや使い勝手などをレビューする。(2018/11/29)

electronicaで「e-AI」に注力:
組み込みAIをけん引する、ルネサスの意気込み
ルネサス エレクトロニクスは「electronica 2018」(2018年11月13〜16日、ドイツ・ミュンヘン)で、同社が提唱する、組み込み機器にAI(人工知能)を搭載する「e-AI」の訴求に力を入れた。(2018/11/29)

知っトクWindowsツール:
1つのキーボード/マウスで複数のPCが制御できる便利ツール「Input Director」
複数のPCを使っていると、机の上にも台数分のキーボードとマウスが並ぶことになる。違うPCのキーボードで入力してしまうミスも起こりがちだ。そこで、1つのキーボード/マウスで複数のPCが制御できるツール「Input Director」を紹介しよう。(2018/11/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。