ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「富豪」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「富豪」に関する情報が集まったページです。

中国富裕層が狙う日本旅館 コロナ禍で割安
中国の富裕層が、日本の観光地にある旅館を買収しようとする動きを活発化させている。新型コロナウイルスの感染拡大で客足が途絶えた旅館を割安な価格で手に入れる狙いだ。渡(2020/6/8)

新型コロナで「貧富の差」浮き彫り 貧困地区の地下鉄は大混雑 富裕層は別荘地へ
新型コロナウイルスの感染拡大防止に国を挙げて取り組む米国で、貧富の格差が浮き彫りとなっている。(2020/4/9)

ラグジュアリーカード、エントリー向け金属カードを準備中
金属製カードで発行を伸ばすラグジュアリーカードは、女性富裕層や若手経営者といったターゲットを開拓するために、20年は新カードも投入する。年会費5万円以下のエントリーレベルカードと、20万円以上のさらに上位グレードのカードだ。(2020/2/13)

製品動向:
積水ハウスの都市型戸建て住宅「REGNUM COURT」がモデルの滝沢眞規子氏とコラボ
億邸(上物だけで1億円以上の戸建て住宅)がブームの兆しをみせている。これまで、富裕層は、セキュリティ面などを考慮し、億ションに住むケースが多かったが、管理組合の煩(わず)わしさや間取りに制約が生じることから、億邸へと趣向が移り変わってきている。こういった市場の変化を受け、富裕層向けに都市型戸建て住宅ブランド「REGNUM COURT」を提案する。(2020/1/9)

ForbesのYouTube長者番付、トップは8歳、3位は5歳のおもちゃ紹介チャンネル
Forbesが2015年から続けているYouTubeチャンネルの世界での年収ランキングで、2019年のトップは8歳の男の子がおもちゃをレビューする「Ryan's World」だった。年収は2600万ドル(約28億円)。3位には「Like Nastya Vlog」などの複数のチャンネルを持つ5歳の女の子がランクインした。(2019/12/23)

海外不動産投資による節税を認めず〜安直な改正であるそのワケ
富裕層に対しての課税は世界的に議論されている。(2019/11/29)

もらえるポイント上限は1億! メルペイが友達招待キャンペーン「すすメルペイ」第2弾を開始
めざせポイント長者。(2019/11/6)

Wealthnaviが掲げる「資産運用3.0」とは何か?
ロボアドバイザーサービスで預かり資産トップのウェルスナビ(東京都渋谷区)が、新たな資産運用のあり方として「資産運用3.0」を打ち出した。ポイントは、パーソナル化。富裕層が受けているプライベートバンクのようなサービスを、普通の人に提供したいという狙いの第一歩だ。(2019/10/16)

会員でなくても味わえる:
ホリエモンが立ち食い高級焼き肉店をオープン 会員制「WAGYUMAFIA」の新業態
ホリエモンが立ち食い高級焼き肉店をオープン。会員制「WAGYUMAFIA」でしか食べられない高級和牛を提供する。インバウンド客や富裕層を狙う店舗に行ってみた。(2019/10/3)

A-Style フォーラム:
感性価値に重点を置く独自のブランディング手法、工務店の常識を変える富裕層の顧客の増やし方
阿部建設は、HP製作への多額の投資やユニークなモデルハウスの建設、顧客の感性に訴える価値の提供などを強みにして、企業ブランドの価値を高めている。(2019/9/20)

世界を読み解くニュース・サロン:
MITメディアラボの失態に見る、スポンサーと研究資金の闇
米マサチューセッツ工科大学のメディアラボ所長が、性犯罪で起訴された富豪から資金を受け取り、隠蔽しようとしたことが暴露された。世界的な研究機関が“怪しい人物”からカネを受け取ってしまったのはなぜか。背景には、研究機関とスポンサーの関係がある。(2019/9/12)

伊藤穣一氏、MITメディアラボ所長を辞任 エプスタイン氏からの寄付を巡り
伊藤穣一氏が、2011年から務めてきたマサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボの所長を辞任した。性的虐待疑惑で起訴され、先月獄中で自殺した米富豪のジェフリー・エプスタイン氏からの寄付を受け取ったことで批判されていた。(2019/9/8)

ネットキャッシュが潤沢な“金持ち企業”、1位は東芝 2位は任天堂 上位のIT企業は……?
現預金と有価証券の合計額から有利子負債を差し引いた「ネットキャッシュ」が潤沢な企業は? 与信管理を手掛けるリスクモンスターの調査によると、1位は東芝の9777億円、2位は任天堂の8445億円だった。上位のIT企業は……?(2019/7/24)

「金持ち企業ランキング」1位は「東芝」 前年の「2813位」から大幅アップ
経営危機の結果ですが……。(2019/7/23)

製造業が好調:
金持ち企業ランキング、2位は任天堂 1位は?
与信管理サービスを提供するリスクモンスターが「金持ち企業ランキング」を発表。ネットキャッシュが潤沢な企業はどこか調査した。(2019/7/23)

離婚で富豪になったマッケンジー・ベゾス氏、資産の半分以上を寄付する「Giving Pledge」に参加
Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOと離婚し、約37億ドルを獲得したマッケンジー・ベゾス氏が、資産の半分以上を何らかの慈善事業に寄付する取り組み「Giving Pledge」への参加を表明した。元夫もTwitterでエールを送った。(2019/5/29)

目指せLINEスタンプ長者 上位10人は平均7億7357万円販売 クリエイター育成プログラムがスタート
みんなに使ってもらえてお金も入る。(2019/5/8)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ボルボV60クロスカントリーとプロジェクトE.V.A.
ボルボの出来が素晴らしい。黄金期と言っていい。だからちょっとしたお金持ちにクルマの購入相談をされたならボルボを勧める。ただし敢えて気になるところを挙げるとしたら、燃費だ。企業平均燃費規制(CAFE)のクリアには課題が残る。また安全に関するボルボの60年間に及ぶ論文などを公開するプロジェクトE.V.A.には、自動車産業がこれまで占有してきた技術を競合社に供与する新しい動きが始まっているのではないか?(2019/5/6)

天海祐希「緊急取調室」仙道敦子の演技が光った3話 「お年寄りからじゃない! 食うに困らない金持ちからよ!!」叫ぶ詐欺師に危うく共感しそうで焦る
カリスマトレーダーが裕福な高齢者を詐欺にハメたのは――仙道敦子怪演。(2019/5/2)

「日本長者番付」、ZOZO前澤氏の順位が下がる トップは柳井氏
株価次第というところはあります。(2019/4/11)

ルーツは軍用車 富裕層に人気「ベンツ・Gクラス」に直6クリーンディーゼル搭載の新モデル
価格は1170万円から。(2019/4/4)

渋谷豊の投資の教室:
日本の人口は減り始めているのに不動産を買って大丈夫?
お金持ちの投資の定番「不動産投資」。しかし日本ではついに人口がピークを超え、これから人口減少の時代に突入します。ここ数年上がり続けてきた印象のある不動産ですが、このタイミングで買ってもいいのでしょうか?(2019/2/25)

渋谷豊の投資の教室:
不動産を買ったらお金持ちになったのか、お金持ちだから不動産を買ったのか
不景気に強いのは、金や不動産などの実物資産だといわれる。株や債券と並んで、資産運用を考える上で避けて通れないのが不動産。では不動産にはどんな特徴があって、どういう考え方で投資を考えるべきなのでしょう。(2019/2/21)

渋谷豊の投資の教室:
海外の富裕層はなぜゴールド(金)を持つ? 金を買う3つの方法
海外の富裕層はゴールド(金)を資産として持つ人が多くいます。それはなぜなのでしょうか? また自分でも金を買いたいと思ったら、どんな方法で買えるのでしょうか?(2019/2/18)

長者番付首位のAmazon創業者、ベゾス夫妻が離婚 「これからもよい友人」
Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが、25年間連れ添った妻のマッケンジーさんと離婚するとツイートした。2人で立ち上げた慈善ファンドの運営などは続け、これからも大切な友人、ビジネスパートナーとしての関係を続けるとしている。(2019/1/10)

小売・流通アナリストの視点:
庶民と金持ちの格差広がる 消費税増税のポイントは景気対策ではない!
2019年10月に消費税が10%に引き上げされる。これがなぜ景気の落ち込みにつながるか? 増税すれば消費者の財布から消費の原資を奪うのは当然だが、最大の理由は消費税の所得逆進性にあるのだ。(2018/12/20)

NRIが調査:
日本の富裕層が増加中 資産1億円以上は126万世帯超え
野村総合研究所が日本の富裕層に関する調査結果を発表。これによると、2017年に「富裕層」は118万3000世帯、「超富裕層」は8万4000世帯に上ることが分かった。(2018/12/18)

いつ回復基調に戻るのか:
なぜ“ビリオネア投資家”は仮想通貨に対していまだにポジティブなのか?
ビットコインを含むその他主要仮想通貨が弱気相場からなかなか抜け出せないでいる中、資産家でもある著名投資家たちは仮想通貨に対して、長期的な視点からいまだにポジティブであるという。(2018/12/10)

渋谷豊の投資の教室:
投資する人としない人で、資産に「年3.5%」の差がつくのはなぜか?
皆さんは資産運用をしていますか? 投資とか資産運用なんてお金持ちだけの話……というのは今は昔。自分で資産運用を行って老後の資金を貯めていくよう、社会も変わってきています。でも、資産運用なんて考えたこともない。そんな人に向けて、どう考えて資産運用に取り組んだらいいかの連載がスタートしました。(2018/11/29)

ロボアドバイザーが目指すのは富裕層サービスの民主化:
富裕層と同じ金融サービスを受けるには? WealthNavi柴山CEOに聞く
人間に代わってアルゴリズムで運用を行ってくれるロボアドバイザー。そんなWealthNaviを提供するウェルスナビの目指すのは、富裕層が受けているようなサービスを一般の人たちに提供することだった。(2018/11/16)

プロモツイートで拡散狙う:
イーロン・マスクの「偽アカウント」がビットコイン詐欺 「認証済みマーク」を悪用
11月5日、米テスラのCEOで資産家でもあるイーロン・マスク氏の公式Twitterアカウントを装う“偽アカウント”を通じたビットコイン詐欺が発生した。英BBCなどが報じた。(2018/11/6)

伝説の豪華客船「タイタニック号」が復活 豪資産家が第2号を建造へ、処女航海は2022年
資産家、クライブ・パーマー氏によるプロジェクトが再開。(2018/11/4)

世界を読み解くニュース・サロン:
「才能ある貧乏」と「無能な金持ち」はどちらが成功する? 浮かび上がった不都合な事実
遺伝子から子供の才能を調査し、育つ家庭の裕福度によって学歴がどう変わるかを明らかにした研究が話題になっている。「才能」と「環境」のどちらが将来を決めるのか。その結果から、現代社会の問題も浮き彫りになった。(2018/10/25)

お金持ちの思考法を知る:
あなたの知らない富裕層の世界
日本に100万人以上いるという富裕層は、どんなことを考え、どんな生活をしているのか。外資系金融機関で長年プライベートバンキング業務を務め、多くの富裕層を知る、ファイナンシャルアカデミーの渋谷豊氏の話を聞いた。(2018/10/18)

批判の的になっていた:
「もうブロックチェーンやICOに投資しない」 中国仮想通貨業界の大物が突然の宣言
中国のベンチャーキャピタル企業BitFund創設者で“仮想通貨長者”として知られるリ・シャオライ氏は9月30日、今後はブロックチェーンやICO関連のプロジェクトに投資することはないと発表。現地の仮想通貨コミュニティーでは波紋が広がっているという。(2018/10/1)

「テスラキラー」続々:
高級SUVにもEV化の波「V8 SC並みの加速」「運河も渡れる」 ジャガー初のEV「I-PACE」日本でも発売
悪路走行・タフ性能+富裕層も狙うSUV型EV。日本のキャッチコピーは「シビれる電気ジャガー」。(2018/9/27)

小学生時代は足が速い子、中学生はヤンキーがモテる? “モテる男子”の移り変わりの図「男子のモテ属性遷移」に反響
足が速い、不良、ウェイ、リーダー、イケメン、金持ちのうち、最強モテ男子はだれだ?(2018/9/9)

「ススッー」と後部座席が一瞬で個室に!! ロールス・ロイスの富裕層向け機能「Privacy Suite」が何ともぜいたくの極み
ロールス・ロイス ファントム用のオプションとして選択できます。(2018/9/7)

失ってもいい金額から始めるといい:
“ビットコイン長者”が仮想通貨初心者に指南 「5年間は持っておけ」
「ボラティリティの高さに惑わされることなく、5年間は仮想通貨を保有するべきだ」――。米仮想通貨取引所BitInstantの創設者で、数百万ドル相当のビットコインを持つとうわさされるチャーリー・シュリム氏は、8月に米国内で行われた講演会で、仮想通貨投資初心者に向けてこんなアドバイスをした。(2018/9/4)

なんだこりゃぁぁ プライベートジェットを魔改造したぶっ飛びリムジン「Limo-Jet」爆誕 やばすぎるこの存在感
億万長者「プライベートジェットとリムジンが欲しい」 Limo-Jet「よっしゃ任せろ!!」……で、こうなった。(2018/8/29)

一体全部でいくらすんだよぉぉぉ? 水色のロールス・ロイス軍団がペブルビーチに登場
ペブルビーチの富裕層の皆さん、ハンパない。(2018/8/27)

キャリアニュース:
信越化学工業が金持ち企業ランキング1位――上位20社中、製造業が15社
リスクモンスターが第6回「金持ち企業ランキング」を発表した。2年連続で1位「信越化学工業」、2位「任天堂」となり、上位20社のうち製造業が15社を占めた。(2018/8/24)

2度目の拒否:
SEC、ウィンクルボス兄弟のビットコインETF申請を拒否 ビットコイン価格は7900ドルを下回る
米証券取引委員会(SEC)は7月26日、双子の仮想通貨長者であるタイラー・ウィンクルボス氏とキャメロン・ウィンクルボス氏が創設した米仮想通貨取引所Geminiが提案していたビットコインETF(上場投資信託)申請を拒否した。(2018/7/27)

製造業が好調、ソニーが大幅ランクアップ:
「金持ち企業」ランキング、2位は任天堂 1位は2年連続の……
「ネットキャッシュ」が潤沢な企業は?――リスクモンスター調べ。(2018/7/20)

あのウィンクルボス兄弟:
NYDFSが認可、Geminiでジーキャッシュの取り扱いが始まる
仮想通貨長者として知られる双子、タイラー・ウィンクルボス氏とキャメロン・ウィンクルボス氏が創設した米仮想通貨取引所Geminiが5月14日、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)の認可の下、仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash、ZEC)の取り扱いを開始すると発表した。(2018/5/16)

ファストリ柳井社長らも:
「日本長者番付」、孫正義氏が2連覇 その資産額は?
「Forbes JAPAN」が「日本長者番付 2018」を発表。トップはソフトバンクグループの孫正義社長で、2年連続の首位。ファーストリテイリングの柳井正社長らもランクインしていた。(2018/4/5)

もっとエグいハイパワー版登場 マセラティの高級SUV「レヴァンテ・トロフェオ」、存在感ありすぎ
時速100キロ加速3.9秒。全世界で需要が高まっている富裕層向け高級SUVの一角。(写真30枚)(2018/4/4)

「NOREL」が5万円の年会費を撤廃、月額制クルマ乗り放題サービスをより使いやすく
利用料は月額1万9800円から。経費で使う富裕層需要も増加傾向に。(2018/3/14)

ジェフ・ベゾス氏、3300万ドル(約37億円)をDACA学生支援組織に寄付
世界一の資産家になった米Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが、子どものころ親に連れられて米国に不法入国した若者(DREAMers)の大学進学を支援するために非営利育英事業団体に3300万ドル(約37億円)寄付した。(2018/1/13)

世界を読み解くニュース・サロン:
「パラダイス文書」がまったく盛り上がらない、残念な理由
最近、「パラダイス文書」という情報暴露がニュースになった。世界中の企業や富裕層などがタックスヘイブン(租税回避地)にかかわっている、といった内容だが、いまひとつ盛り上がっていない。なぜかというと……。(2017/11/16)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。