ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「羽生善治」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「羽生善治」に関する情報が集まったページです。

川崎希&アレク、東京オリンピック“113万円分”のチケット抽選に「これは大変だ!!」 指原莉乃、ベッキーらも結果報告
芸能界からも歓喜と悲鳴。(2019/6/20)

新連載「動画の世紀」:
「金」を手にしたYouTubeマン 「知識の高速道路」を加速するもの
YouTubeで学び、金メダルを獲得する。そんなことが現実に起きている時代。この動画の世紀はどのように動こうとしているのか。(2019/3/12)

平成30年間を振り返るスイーツ「平成ヒストリー」が発売 パッケージには当時の流行語が現れる小窓も
イラストやめくれる小窓、そしてスイーツを楽しみながら平成を振り返ろう。(2019/3/9)

羽生前竜王、本人の意向により肩書は「九段」に 日本将棋連盟が発表
本人の意向を踏まえたものとのこと(2018/12/25)

「天才とはイっちゃってる人」「プロは思考を言語化しない」 『アオアシ』小林有吾×棋士・広瀬章人が語る、自分の世界を広げる方法
将棋とサッカーと漫画、ジャンルを飛び越えて「世界を広げる方法」を探る。(2018/11/30)

藤井聡太七段が叡王戦ニコ生の解説者として初登場 「羽生善治竜王 vs 菅井竜也七段」の対局で
藤井聡太七段は11月23日に斎藤慎太郎王座と対局予定です。(2018/11/13)

漫画家が婚活で出会った数学者の価値観が異星人すぎる エッセイ漫画に「笑った」「必要以上に誠実」の声
未知との遭遇。恋ってこうやって始まるのか。(2018/10/27)

将棋・王座戦で東西イケメン対決が実現! 指せなくても楽しめる「観る将」で“将棋沼”においでよ
東の中村、西の斎藤。(2018/10/15)

「え、まさか私が羽布名人に勝ったの!?」 「CLASSY.」着回し企画に“女性初のプロ棋士”が登場 自由すぎるタイトル戦コーデに将棋クラスタ騒然
「詰将棋解いてたら彼氏に怒られる」というおちゃめな1シーンも。(2018/9/4)

将棋を指せない棋士が残したもの 書評『うつ病九段』
将棋界の狂騒の影で、一人の棋士に起こっていたこと。(2018/7/29)

「天才殺し」の井上一門――史上最速の七段昇段がかかる藤井聡太に立ちはだかる男・船江恒平
稀代の天才の前に立つ、覚醒した男。(2018/5/18)

江戸時代、二人の天才少年の命を懸けた対局があった――現代によみがえる300年前の「棋譜」
続くものと残るもの。(2018/5/9)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(4):
図書館「蔵書分類」のバグ
今回は図書館でおなじみ「本の分類」を取り上げます。情報処理系の本は007(情報学、情報科学)に547(通信工学・電気通信)、548(情報工学)とバラバラに分類されていますが、この分類を「仕様書」と考え、その問題解決に取り組んでみましょう。(2018/5/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」【番外編】:
現場から見たTNGA改革 トヨタ副社長インタビュー(2)
トヨタは「変化に対応し続ける強いモノづくり集団の育成」を目指して改革プログラムを実行中だ。その中心にいる河合副社長が語るTNGAとは?(2018/3/26)

PR:老舗旅館「陣屋」は週3日休業なのになぜ収益を伸ばしているのか?
無休が当たり前のホテル・旅館業界では画期的と言える週3日休業を実施する老舗旅館「元湯 陣屋」。その上、毎年事業収益を着実に伸ばすなど、名実ともに働き方改革、生産性改革を体現しているのだ。その取り組みに迫る。(2018/3/5)

藤井聡太五段、羽生竜王に朝日杯将棋オープン戦で勝利 佐藤名人を破って実現した公式戦初対局
(2018/2/17)

藤井聡太五段を見たときに感じる「口の奥の苦み」――プロ棋士を目指した“元奨”作家が振り返る「機会の窓」
かつて、同じ夢を見ていた。(2018/2/9)

将棋の駒をチョコで再現した「将棋 デ ショコラ」に2018年版 羽生竜王のコメント入りリーフレット付き
対局できる40駒入りの「将棋 デ ショコラ 数量限定全駒セット」も登場。(2018/1/19)

竜王戦28年ぶりの公開対局を特別観戦! トップ棋士とふれあえる「竜王戦プレミアム」がすごい
東京での開幕局は16年ぶり。渡辺竜王と羽生二冠による頂上決戦です。(2017/10/9)

アニメ化まだですか? 藤井四段を「ヒカルの碁」風に描いた妄想イラスト「ソウタの棋」が秀逸
全将棋ファンが待ってたイラスト……!(2017/7/8)

参りました! 将棋上手な猫ちゃんが賢くてかわいい
王手ニャ!(2017/7/5)

将棋界のレジェンド・加藤一二三のドキュメンタリー、Eテレで放送 プロ棋士最後の半年間を描く
羽生三冠らの証言から「ひふみん伝説」の真相に迫る内容も。(2017/6/30)

“デジタル棋譜”に人気が出る?:
将棋・藤井4段の記録更新で株価急騰……その銘柄は
藤井4段の快進撃が報じられると、ある企業の株価が急騰した。(2017/6/27)

ニコニコ超会議2017:
羽生三冠「もしも神様から一手だけ指し直す権利をもらえたら」──振り返るのは“あの対局あの一手”
「ニコニコ超会議2017」で羽生善治三冠が語った、「指し直したいあの一手」とは──。(2017/5/3)

指す、走る、走る! 神木隆之介、加藤一二三九段とガチ対局に挑む「勉強させていただきました」
猛ダッシュを見せる神木くん。(2017/3/27)

羽生三冠と神木隆之介の対局なるか? 映画「3月のライオン」×電王戦で作中の「獅子王戦」実現
羽生善治三冠、加藤一二三九段、先崎学九段、藤井聡太四段が対局。神木隆之介、染谷将太、尾上寛之がゲスト参戦する。(2017/3/24)

加藤一二三九段のドキュメンタリーを“全編ナレーションなし”で放送 「ひふみん伝説」や引退の裏側に迫る
3月27日NHK総合「ノーナレ」で放送。(2017/3/22)

プロ棋士とコンピュータソフトが戦う「電王戦」は今年で最後 ドワンゴと将棋連盟が発表
単純に将棋プログラムと人間の優劣を競うタイプは佐藤名人対PONANZAの対局を持って終了。(2017/2/22)

三浦九段の復帰戦を前に誤解を解きたい――羽生三冠の妻・理恵さんがTwitterで冤罪事件についてコメント
メディア、ネットでの情報拡散の恐ろしさと、イメージ先行の怖さについて計19の投稿をした。(2017/1/30)

将棋のスマホ不正疑惑に「証拠なし」の判断 第三者委「不正認定の根拠とすることはできない」
調査の結果、「不正行為に及んでいたと認めるに足る証拠はない」と判断。(2016/12/26)

将棋叡王戦、佐藤天彦名人が優勝 将棋ソフト「PONANZA」と来春対局へ
将棋の第2期叡王戦で、佐藤天彦名人が優勝。2017年春の第2期電王戦に“人間代表”として出場し、コンピュータ将棋ソフト代表の「PONANZA」と対局する。(2016/12/12)

将棋・佐藤名人と「タイトル戦体験」ができるオークション、100万円で出品 移動・宿泊・対局をまるっと再現
既に入札者もあらわれています。(2016/11/21)

羽生三冠、将棋ソフトと対局ならず 「叡王戦」準決勝で敗退
「叡王戦」準決勝で羽生三冠が敗退。羽生三冠とソフトとの初対局はおあずけに。(2016/11/15)

特集:「人工知能」入門(6):
人間を超えた人工知能と共生し、日本が主導権を握るための最終戦略とは
NECが2016年11月1〜2日、東京国際フォーラムで「C&Cユーザーフォーラム&iEXSPO 2016」を開催。多くの講演の中から将棋棋士 羽生善治氏、東京大学大学院 工学系研究科 技術経営戦略学専攻 特任准教授 松尾豊氏らが登壇した特別講演「人工知能は人を超えるか?」の内容を紹介する。(2016/11/15)

東京工科大学 創立30周年記念公開講座:
AI研究の第一人者、松原教授が語る「人工知能は未来をどう変えるのか」
「人工知能は近く人間を超える」といった論もあるが、そもそも人工知能とは何であり、どのように発展し、どのような課題に直面しているのか。人間社会は人工知能とどのように付き合っていくべきか。AI研究の第一人者、松原教授が語る。(2016/11/15)

羽生善治三冠が叡王戦敗退 来春の人工知能との対戦は実現せず
準決勝で佐藤天彦名人に破れました。(2016/11/14)

渡辺竜王が将棋の“スマホ不正疑惑”についてブログで言及 「報道を介すことで自分の本意ではない形で世に出た」
騒動について初めて直接説明。(2016/11/2)

羽生三冠「疑わしきは罰せずが大原則」 将棋棋士の“スマホ不正疑惑”についてTwitterで見解を表明
妻・羽生理恵さんのTwitterを通じて発表しました。(2016/10/20)

将棋棋士の「スマホ不正」疑惑と「出場停止処分」について思うこと
将棋界で起きてはならないことが起きた。棋士の不正疑惑とその影響を考える。(2016/10/13)

将棋竜王戦の挑戦者が突然変更 将棋連盟が異例の発表 
元々の挑戦者だった三浦弘行九段は2016年12月31日まで出場停止に。(2016/10/12)

ねっと用語知ったかぶり:
将棋を指さない将棋ファン「観る将」の楽しさってどんなとこ?
将棋が強くなくてもいろいろな楽しみ方があるんです。(2016/10/9)

アヒル、時々夫 羽生3冠の妻・理恵さんのTwitterがほぼ動物画像BOT状態で話題に
羽生3冠情報目当てにフォローするとアヒル爆撃の餌食。(2016/9/5)

1日3時間で10年間:
「為せば成る、為さねば成らぬ」とは、どういうことか
「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」とは、上杉鷹山が家臣に与えた家訓である。この言葉は「できそうにないこともその気になってやり通せばできる」と解釈される。本当に、できるようになるのだろうか。(2016/7/13)

そっくり過ぎる! 映画「聖の青春」、羽生善治役は東出昌大 七冠達成時のメガネを実際に着用
東の羽生、西の村山と並び称されながらも29歳で亡くなった棋士・村山聖の一生を描く映画。村山役の松山ケンイチさんに対し、ライバルの羽生は東出昌大さんに。(2016/6/17)

羽生名人、コンピュータと対局か 「電王戦」予選に出場
「電王戦」に出場する棋士を決める予選会「叡王戦」に、羽生善治名人が出場する。(2016/5/23)

羽生善治名人と人工知能が対戦か 来年5月に「第2期電王戦」開催
歴史的対局がついに……!?(2016/5/22)

将棋棋士・羽生善治名人出演のNHKスペシャル「天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る」 語りは林原めぐみさん
羽生さんが人工知能技術の最前線を取材、ペッパーとの対面も。(2016/5/14)

井山裕太六冠が十段戦に勝利し囲碁界初の七冠を達成 26歳での快挙
七大タイトルの独占は囲碁界史上初の快挙。(2016/4/20)

IT Leaders xChange サミット 2016 Springレポート:
PR:企業のエグゼクティブは「デジタル化によるビジネス変革」をどうリードしていくべきか?
2016年3月3日、「IT Leaders xChange サミット 2016 Spring」(日本マイクロソフト主催)が開催された。企業のCIOや情報システム部門の責任者など、ITでビジネスをリードするエグゼクティブが多数の参加し、もはや止めようがないビジネスのデジタル化について、パネルやセッションを通して活発な討議を行った。(2016/4/19)

羽生名人が人工知能開発の最前線を取材! NHKスペシャル「天使か悪魔か 羽生善治・人工知能を探る(仮)」5月15日放送
羽生さんが番組リポーターに!(2016/4/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。