ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ホルモン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ホルモン」に関する情報が集まったページです。

経営者からオリンピック選手まで行っている「すぐやる」習慣の極意:
「10秒アクション」こそ目標達成の第一歩
先延ばしせずに行動する人は、最初の「行動」を軽いものにしている。(2021/1/20)

神vs人類の『終末のワルキューレ』アニメ化! キャストやスタッフも解禁
熱きラグナロクが繰り広げられる……。(2020/12/19)

ミスチル桜井&TERU&奥田民生、「ホルモン」新曲を歌ってみた レジェンドの登場に会場のざわつきが止まらない
大乱闘スマッシュブラザーズみたいな夢がある。(2020/12/17)

「伝説のすた丼屋」からホルモン好きにはたまらん「すたみな“極”ホルモン丼」発売! 肉量1.7倍の「ギャラクシーすたみなホルモン丼」も
唐揚げ3個プラスの「唐揚げ合盛り“極”ホルモン丼」も!(2020/12/1)

医療技術ニュース:
人工植物ホルモンによる動物細胞の高感受性タンパク質分解系を確立
名古屋大学は、タンパク質の機能解析に重要となる、人工オーキシンを用いた高感受性タンパク質分解系を確立した。従来の手法より1000倍高い感受性を示し、低毒性の分解系として、タンパク質の機能解析や創薬での利用が期待できる。(2020/11/12)

筋トレなのに「息をとめるだけ」だと……!? Twitterで話題『力尽き筋トレ』著者インタビュー
心肺機能の強化が期待できるそうです。(2020/11/7)

「アクロバティックな技を見てニャ!」 回転しながら階段を降りる猫ちゃんのドヤ顔にじわじわくる
体操選手みたい。(2020/11/4)

婦人科を受診したら、意外な結果が待っていた 更年期か子宮ガンを疑った女性の漫画が参考になる
ちょっとでも不調を感じたら、病院に行こう。(2020/10/16)

「コロナ太り」も話題:
ライザップに聞く、テレワークしている従業員の健康にコミットする方法
テレワークが普及する一方で、従業員の「健康」をどう管理するかも課題となっている。テレワークと健康に関する調査を実施するとともに、オンラインで受講できるセミナーを提供しているライザップに話を聞いた。(2020/9/25)

メッシ選手がアンバサダーに:
イスラエルのユニコーン企業オーカム、障害者の“目”になるウェアラブル機器がもたらす未来
視覚障害を持つ人々ができる限り健常者と同じ自立した生活ができるよう、印刷物の文字を読み上げたり、服の色や紙幣の額を識別することができる小さなウェアラブルデバイス、オーカムマイアイ。衝突回避システムの先駆者であるモービルアイの創業者が立ち上げた、イスラエルのユニコーン企業オーカムが作り上げた。(2020/9/17)

“1日10リットル尿が出る病気”にかかった実録漫画が壮絶 「体が砂漠」「水分とトイレしか考えられない廃人化」
病院でも追い打ちをかけられ続ける恐怖……。(2020/9/16)

スピン経済の歩き方:
マジか!? コロナ禍で「薄毛ビジネス」が盛り上がっている理由
「薄毛の人は、新型コロナで重症化する確率が高い」――。少し前、このようなニュースが流れた。「薄毛」に関係するビジネスは好調のようで、新型コロナとの関係性は……。(2020/9/15)

感染防止:
牛角が食べ放題の「早割」を1980円で提供 来店時間の分散を狙う
牛角が平日限定で「早割食べ放題」をスタート。平日の午後6時までに来店すると食べ放題が1人1980円(税別)になる。感染防止のため、来店時間の分散を狙う。(2020/9/3)

牛角がおひとり様向け「焼肉定食」開始 飲み放題付きで980円から
手軽に1人焼肉が楽しめる!(2020/9/3)

生理のある体の“変化”に着目 生理周期に合わせた飲み分けサプリメント「チケットサプリ」登場
生理期間中に飲む「3days」、低体温期に飲む「11days」、毎日飲む「31days」。(2020/8/26)

全世界平等の「バーチャル・ディスコ」 テーマごとにDJがイベント開催、客はオンライン課金システムで参加
コロナ禍で、ライブなどをネットで有料配信し、ビジネスにつなげる動きが活発になっている。VRを使ってオンライン上で行う「バーチャル・ディスコ」ができれば、住む場所や年齢などに関わらず、全世界から平等に同じ感動体験が可能になるだろう。(2020/8/4)

石田ひかり、ホルモン剤投与の開始を報告 48歳迎え体調の変化に「いよいよきましたね」と告げられる
同じ不調を抱えるファンから励ましやアドバイスも。(2020/6/16)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「ごはんおかわりロボ」「八百屋併設」 コロナ対策に知恵を絞る外食チェーンの取り組み続々
大手外食チェーンが本格的に営業を再開した。一方で、新型コロナの対策にも知恵を絞っている。各社はどんな取り組みをしているのか。(2020/6/16)

奈良県立医科大学が協力:
人に優しいウェルネス照明の実証実験を開始
京セラは、「人に優しいウェルネス照明」の開発を目的に、奈良県立医科大学の協力を得て、独自開発のLED照明「CERAPHIC(セラフィック)」を活用したシステムの実証実験を始めた。(2020/6/16)

八田亜矢子、長男が黄疸で入院延長 「離れてしまうことがとても心配」
「あぁ…これが産後のメンタルか…」。(2020/6/15)

“食事”のニーズ拡大を想定:
「塚田農場」の一部を転換 エー・ピーカンパニーが展開する“アフターコロナの新業態”
「塚田農場」などの居酒屋を展開するエー・ピーカンパニーは、食堂の新業態「つかだ食堂」の出店を始めた。アフターコロナの“新たな生活様式”を見据え、まずは居酒屋から転換する形で食堂を展開する。(2020/6/5)

組み込み開発ニュース:
野菜や果物が放出するエチレンを常時モニタリングできる小型センサーを開発
物質・材料研究機構と産業技術総合研究所は、植物ホルモンのエチレンを常時モニタリングできる小型センサーを開発した。エチレンの活用により、熟成や保存の管理など食物に関わるシステムを最適化できるため、フードロスの削減につながる。(2020/6/3)

【うっかりおうちで死にかけた体験談】小2のころ、アメ玉で窒息しかけたのが「人生で一番キツいのどの詰まり方だった」
「アメを飲み込んでしまう」は“あるある”ですが、気を付けたいところ。(2020/6/19)

性も恋愛も気になりだしたらそういう目でしか見られない!「かぐや様は告らせたい?」7話 少女漫画脳シンドローム発動
「気になる」のは立派な恋の成長過程。(2020/5/24)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
“コロナ後”に焼き肉店が過去最高の売り上げ 中国で奮闘した日本人社長、汗と涙の全記録
中国では営業を再開する飲食店が増えてきた。深セン市などで複数の焼き肉店を展開する日本人経営者は倒産を覚悟していた。しかし、再開後、過去最高の売り上げを記録するほどまでに復活した。(2020/5/22)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
コショウみたいな名前の某ロボットには話しかけられないかもしれない
ロボットが「ペット代わり」となる時代もそう遠くなさそう。(2020/5/18)

アナログ回路設計講座(34):
PR:液体測定 ―― 水から血液まで
液体測定の対象は水だけではありません。血液、唾液、排泄物といった医療関連の液体は健康に直接関係することから、疾病の可能性を判断するために検査可能であることが必要です。これらの測定すべてに共通するのが、基盤となる測定原理であるインピーダンス測定です。本稿では、医療用途の液体測定に的を絞って、個々のアプリケーションとインピーダンス測定の汎用性について論じます。(2020/5/11)

子犬「あれれ、足が動いちゃうよ」 胸毛をさすると後ろ足をパタパタ動かす柴犬の動画が癒やされる
後ろ足の運動スイッチが胸に?(2020/5/8)

人が猫を吸うと……? “猫吸い”がもたらす幸せのループのイラストに「わかりすぎる」「うちもやってます」
猫さまのスメルは宇宙。(2020/4/14)

彼女には他に好きな人がいて…… 女友達への届かない思いを描いた漫画に「切ない」と反響
友達のラインを超えられない切なさ。(2020/3/23)

「とりあえず、いろいろ強そう」 “第1回八王子会”に高橋みなみ、ヒロミ、ROLAND、ホルモンら豪華メンバーが集結
高橋みなみさん、ROLANDさん、ファンキー加藤さんなどバラエティーに富んだメンツ。(2020/3/12)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
埋没気味だった「喜多方ラーメン坂内」が逆襲を開始 あっさり味が国内外で支持されそうな理由
1990年のピーク時には89店を展開していた「喜多方ラーメン坂内」。最近は埋没気味だったが、米国に進出したり、国内の店舗数を増やしたりしている。「あっさり味」が武器になる理由とは。(2020/2/12)

はじめまして! 上野動物園で37年ぶりにキリンの赤ちゃんが誕生
元気に育ってね。(2020/2/10)

りんごちゃん、映画「クレヨンしんちゃん」最新作にゲスト声優で出演 クレしん史上初の一人三役
ナイスキャスティング。(2020/2/7)

『ONE PIECE』×カップヌードルCM最終回 頂上戦争を騎馬戦で表現
HUNGRY DAYS版ルフィの素顔が明らかに。(2020/2/7)

それ別のゲームのぶっ壊れカードじゃねーか! 「デュエル・マスターズ」新パックで「ブラックロータス」を収録する暴挙
人生ゲームをカードにする暴挙。(2020/1/24)

無重力状態で女性のバストはどうなるのか?
ワコールの「重力からバストを守る」研究。(2020/1/15)

子どもたちからのファンレターにホルモン・ナヲ感涙 「りょうくんへ 早くげんきになってね」「ぼくもドラムをならいたい」
病気療養中の亮君へのスーパーマリオ自作消しゴムのプレゼントも。(2020/1/9)

「見るしかねぇ!」 マキシマム ザ ホルモンの上ちゃん、紅白出場決定!(ただしけん玉で)
紅白でのけん玉ギネス記録チャレンジに参加。(2019/12/27)

蒼井そら、帝王切開の傷口がケロイド化し読者の勧めで形成外科へ 「こんなんで病院行って良いのかなとか思ったけど」
お大事に。(2019/12/19)

PR:「弟だけDクリニックでAGA治療を受けた」 瓜二つの双子が50代で見分けがつくようになった理由がまさかの「毛髪の量」
こんなに変わることあるの!?(2019/12/13)

猫好きのためのスタンプラリー「ねこまつりat中野」 カフェや雑貨店を回って保護猫たちのことを考えよう
期間限定メニューやワークショップの開催も。(2019/12/2)

堀江貴文が語る「予防医療」【前編】:
元カノが子宮頸がんになった過去……ホリエモンがハヤカワ五味と語る「予防医療と検診の必要性」
ホリエモンこと堀江貴文氏と、女性ファッションデザイナーで実業家のウツワ社長ハヤカワ五味氏が対談。見えないニーズを掘り起こし革新的なビジネスモデルを築いてきた異端の起業家2人が今、最も注目しているのが「予防医療」の分野だ。社会課題を解決し、将来的な顧客をどのように育てていく術があるのか、2人の起業家の対談からヒントを得たい。前編は防げる病である子宮頸がんや大腸がんの現状について思うところを語ってもらった。(2019/11/27)

「ダイちゃんあんた最高だよ」 マキシマム ザ ホルモンのダイスケはん、八王子市に台風19号被災者への電化製品・生活必需品を寄贈
面会した副市長は自費でCDを買い、ホルモンにハマったそうです。(2019/11/21)

連載「病と仕事」:
「がん離職」を防ぐために100万円支給――「社員の病気=経営課題」に会社はどう向き合ったか
2017年にがんにより死亡した人は37万3334人に上る。働き盛りの年齢でがんを発症する可能性もゼロではない。精神面、経済面、仕事面のケアが求められる従業員の病に対して、職場はどういったサポートができるのだろうか。がんに罹患した社員に対する基金を創設したガデリウスグループの経営統括本部本部長に創設の経緯などを取材した。(2019/11/11)

マキシマムザ亮君、“治療が難しい病気”の可能性で年内全公演キャンセル 「腹ペコのことは気にせず身体を大事に!!!!」とファン激励
心配だ。(2019/11/10)

首里城火災にりゅうちぇる、島袋寛子らも悲痛な声「ショックが大きすぎるよ」「今日だけは、かなしもう」
首里城公園(有料施設を含む園内施設)は31日から臨時休園・休場するとのことです。(2019/10/31)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「焼肉ポリス」がお客にダメ出し!? 安楽亭と牛角を脅かす「焼肉きんぐ」の戦略に迫る
大手焼き肉チェーンの「焼肉きんぐ」が快進撃を続けている。サービスの要となるのは「焼肉ポリス」の存在だ。豊富なメニュー開発力も強さを支える。(2019/10/29)

目と目で通じ合うと、「幸せホルモン」が湧出! 犬と人は強い信頼関係で結ばれる
ワンちゃんが人に忠実なのは理由がありました。(2019/10/27)

医療技術ニュース:
夢はなぜ忘れる? レム睡眠中に記憶が消去される仕組みを発見
名古屋大学は、レム睡眠中に、脳のメラニン凝集ホルモン産生神経(MCH神経)が記憶を消去していることを明らかにした。マウスを使った実験では、MCH神経の活動が活性化すると記憶が消され、抑制すると記憶が定着することが分かった。(2019/10/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。