ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ホルモン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ホルモン」に関する情報が集まったページです。

橋本環奈、アプリを使った結果“山田孝之”になる 幼児化した姿も20万いいねの大反響
トゥンク……。(2019/5/22)

「一人焼肉最の高」 一人焼肉に初挑戦した体験レポ漫画に「やってみたい」の声集まる
ハードルを乗り越えた先にある最高!(2019/5/22)

「音楽以外の要素もロックの一部!」復活発表前にマキシマムザ亮君が語っていた、ホルモンを紐解くインタビューを解禁!
コッテリ=生き様です!(2019/5/22)

「ONE OK ROCK」Takaのインスタに“北川景子似”の美女? →実は女装したTakaでした
どうやらアプリで女性になりきっているもよう。(2019/5/13)

マシーナリーともコラム:
ホスピタリティが完璧なのかよ マシーナリーとも子、輝夜月のライブを見に行ってきたの巻
バーチャルYouTuberがバーチャルYouTuberのライブを取材する時代。(2019/5/10)

「何もしないという激務をこなす上司のワンコがいます」 幸せな寝顔で部下(人間)を癒やすワンコ
熱烈にこちらへの就職を希望いたします。(2019/4/8)

「マキシマム ザ ホルモン」2号店のオーディション番組がスタート!  “ガチンコ”すぎる展開が混沌を呼ぶ
カオスの宝石箱や〜。(2019/3/21)

大手チェーンなのに:
本当に同じ店? 外装をどんどん変える「焼肉きんぐ」の狙い
一般的に、大手チェーンの看板や外装は劇的に短期間で変わらない。しかし、業界大手の「焼肉きんぐ」は20年の間に、外装計画を何度も変えている。「同じ店なの?」と思ってしまうほど変化させる理由とは?(2019/3/18)

日清×輝夜月のコラボ動画再び……! 「日清焼そばU.F.O.」の新テレビCMがカオス&濃厚すぎてヤバい
マキシマム ザ ホルモンの楽曲を替え歌した結果が「ソース!!旨旨旨」「ホース!!馬馬馬」。(2019/3/16)

「薬物なんて必要ありません! 筋トレしましょう!」 西川貴教が唱えた“筋トレ万能説”が大反響を呼ぶ
説得力しかない。(2019/3/14)

体張りすぎ! マキシマムザ亮君、CMのために日清本社前で“野宿”を決行してしまう
でもそういうところが好き。(2019/3/6)

医療技術ニュース:
不安や恐怖に関わる神経核に性差を発見
東北大学が、不安や恐怖の神経情報を処理する神経核にメス優位な性差があることを発見した。女性に多い不安障害のメカニズム解明につながることが期待される。(2019/3/5)

妊娠中のイライラMAX状態から救ってくれたのは…… 実話漫画に「まっすぐな好意は人の心を救う」と共感集まる
こんなパワースポットを見つけたい。(2019/3/3)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
緊張するから、いいプレゼンができる
緊張を生かすことで、プレゼンで伝えたいことが伝わり、聞き手の心を動かすことができる。(2019/2/28)

「名前しか知らないあの街」に自転車で行ってみる 終点でよく見る【籠原】には優しさがあふれていた
知らない街を歩いてみたい。(2019/2/3)

「泣いてる時間を努力に変えよう」:
余命1年を宣告され単身渡米 がんを乗り越え「2度の世界女王」に輝いたバックギャモン選手
世界の競技人口3億人ともいわれている人気ゲーム「バックギャモン」で2度の世界チャンピオンに輝いた矢澤亜希子さん(38歳)。子宮体がんで余命1年と宣告されてから「世界」を獲るまでのサクセスストーリー。(2019/1/28)

守れる命を守るため:
ホリエモンが政治家に頭を下げてまで「子宮頸がんワクチン」を推進する理由
ホリエモンはなぜ「子宮頸がんワクチン」を推進しているのだろうか。その裏には、政治に翻弄された「守れるはずの命」があった。(2019/1/18)

すっぱいけど気になるワン レモンの香りに驚くワンコのリアクションがほほえましい
クセになってしまうかも?(2019/1/2)

「かわいい」だけじゃなかった! ペットロボットの可能性を感じた2018年
2018年は、ソニーの「aibo」やバンダイの「ガンシェルジュ ハロ」など、家庭用ロボットが続々と登場。AIを搭載し、所有者の言動を学習して成長するのが特徴だ。(2018/12/28)

水曜インタビュー劇場(45年以上前公演):
ソ連で生まれた1100代目の「ハエ」が、なぜ注目されているのか
旧ソ連で生まれたハエが、世界を救うかもしれない――。このような話を聞いても「はあ? バカじゃないの?」と思われたかもしれないが、日本でひそかに選別交配を続けたことで、飼料と肥料を大量生産できる話があるのだ。どういった話かというと……。(2018/12/5)

「入院は痛いことばかり」「頑張れって言わないで」 aiboは“子どもの心”癒やせるか 初の検証へ
ソニーと国立成育医療研究センターが、犬型ロボット「aibo」によって長期入院中の子どもを癒やせるかを検証する。(2018/11/29)

「姉の妹押し大好き」「目元似てる」 Perfumeあ〜ちゃん、妹ちゃあぽんと“西脇姉妹”で2ショット
あ〜ちゃんのシスコンっぷりがすごい。(2018/11/19)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ガンダムの「姫」、セイラ・マスはなぜ投資で成功できたのか?
「機動戦士ガンダム」に登場するセイラ・マスは、かつて医学の道を目指していたが、後に投資で活躍していることが明らかになる。彼女はなぜ投資で成功できたのだろうか? さまざまな視点から分析しよう。(2018/10/30)

睡眠に満足できない人多数:
寝る前の「お酒・牛乳・運動」でホントに熟睡できる? 医師に聞いた結果は……
睡眠の質に満足できない人が多いことがドコモ・ヘルスケアの調査で判明。よく眠るための工夫は「晩酌」「運動」などが挙がった。本当に効果的なのか、同社が内科医の見解を発表した。(2018/10/15)

強面だけど優しさの塊 見た目ヤンキーのお兄ちゃんが“生活の知恵”を授ける漫画にギャップ萌えが止まらない
ギャップがありすぎて天然人たらしなヤンキー。(2018/10/13)

PR:ネットで知り合った異性とリアルで会うのはもう常識! 「“視線耐性”座談会」でわかった若者世代の本音
女性が初対面で見ているのは○○だった! スマホ世代の実態と、低下する「視線耐性」を強くする方法とは?(2018/9/21)

「マキシマム ザ ホルモン」活動休止の理由は、ダイスケはんの“椎間板ヘルニア” 9月18日には“デス声&ヘドバン自粛”の新曲を発表
ただでは転ばないホルモン。(2018/9/17)

生体リズムを崩さないLED照明「ライトサイクル」、ダイソンが発売
ダイソンは、新しい家庭用LED照明「Dyson Lightcycle」(ダイソン ライトサイクル)を発売する。「その場所、その時間の自然光」に合わせて色温度と明るさを常時自動調節。人のサーカディアンリズムに影響しない明かりを目指した。(2018/9/14)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「オリンピックのため」が合言葉のサマータイム、代償は精神疾患と心臓病?
東京五輪の暑さ対策として、サマータイム導入が検討されることになった。欧州では存廃が検討されているのに、「オリンピックのため」を合言葉に議論を進めようとしている。生活と健康に与える影響とは……?(2018/8/24)

「最近、目の下のクマが悩み」そのクマ、何色ですか? 色ごとに違う“クマの原因”をチェック
そんなクマに悩まされるかクマー。(2018/8/22)

「生理は病気じゃない」けれど……病気でもないのに地獄が毎月やってくるつらさを描く漫画に共感集まる
同性にも伝わらないことが……。(2018/8/22)

7色のビール「レインボーやる気ビール」が京都の焼肉バルに登場 カラフルに残暑を乗り切れそう
フレーバーも、もちろん7種類!(2018/8/21)

きゃりー、ホルモン・ナヲの誘いでゲイバーへ ゲス極・川谷ら“モンバス”出演バンドと大盛り上がり
ナヲさん「四星球とPANとセクマシからは別料金取りたい」。(2018/8/20)

「本家に負けてない」「あ〜ちゃんの拡大コピー」 ガリットチュウ福島、Perfumeとものまねコラボしファン絶賛
さらに攻めてきた福島さん。(2018/8/15)

「マキシマム ザ ホルモン」ナヲ、MCで「いすゞのトラック」を歌った結果、本家から“棚ぼたオファー”が来てしまう
企画担当者にファンが紛れ込んでるやつだ。(2018/7/1)

ロースやハラミを組み合わせて黒豚を完成 立体パズルでいろんな部位が覚えられそう
遊びながら学べそう。(2018/6/28)

“見た目”が大事:
鳥でも「肉食系男子」が人気? “モテるオス”の特徴が研究で判明
メスはどのようにして、交尾するオスを選ぶのか。ウズラを対象にした実験で、血中の男性ホルモン濃度が高いオスが好まれることが分かった。(2018/6/27)

医療技術ニュース:
バストサイズや月経痛の強弱と関連の強い遺伝子領域を発見
東京大学は、バストサイズや月経痛など、女性特有の体質と関連の強い遺伝子領域を発見した。さらに研究を進めれば、女性特有の疾患や月経中の痛み、発熱などについて、個人に合わせた改善法や予防法の選択が可能になる。(2018/6/22)

めっちゃ青い 「青い焼肉」が京都の焼肉バルに出現
「日本代表ががんばってる期間中ずっと」の期間限定メニュー。(2018/6/15)

「ラブホテル」観光も?:
東京五輪で活気付く「ラブ」業界 認知度アップ狙う
2019年のラグビーワールドカップ(W杯)と翌年の東京五輪に向けた準備が進む中、さまざまな企業が、日本を訪問する大勢の観光客やメディア、選手たちをビジネスチャンスにつなげようと画策している。(2018/6/12)

男性ホルモン減少の原因は……:
「会社に行きたくない」 その不調、“男性更年期障害”かもしれない
「毎朝、元気がない」「やる気が出ない」「会社に行きたくない」――。それは、男性ホルモンの減少による「更年期障害」かもしれない。男性社員がホルモンマネジメントに取り組む「ホルモン部」を立ち上げたアンファーの活動から、男性ホルモンを減少させないためのポイントを探った。(2018/6/8)

ホルモンと同化してる! きゃりー、“囲み目death”メイクでデスボが出そうなヘビメタ系女子と化す
メタルのソウル感じさせるきゃりー。(2018/6/1)

プロ使って何やってるんですか! 生誕60周年のシーチキン、豪華ミュージシャンを集結させた本気すぎる記念ソングが爆誕
シーシーシーシーシーチキン♪(2018/5/24)

“日本が知らない”海外のIT:
乳がん見つける“IoTブラジャー” メキシコの19歳青年が開発 日本にも進出か
乳がんの早期発見を助けるIoTブラジャー「EVA」。乳がんで苦しむ多くの女性を救うための画期的な製品を開発するのは、メキシコの19歳男子学生という。(2018/5/24)

医療技術ニュース:
“若返りホルモン”の市販サプリメント、時差ボケ短縮にも効果
名古屋大学は、ドラッグリポジショニングのアプローチから、ヒトの細胞に存在する体内時計を制御できる薬を発見した。さらに、その薬がマウスの活動リズムを早回しし、時差ぼけを軽減することも発見した。(2018/5/21)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
バカボンのパパは41歳、波平さんは54歳!――未来の身体作りのために知っておくべきポイント
確実にやってくる人生100年時代を、イキイキと生きられる身体作りにいかに取り組むか……。(2018/5/16)

山田孝之にバストサイズを測定してもらえる企画が大反響 うっかり胸を触ってしまう可能性も
斜め上をいくイベントが開催されてしまうもよう。(2018/5/13)

同じズボンなの? GENKING、短期間で6キロ減したビフォーアフターに「お腹が別人」の声
1カ月もたたずに6キロ減。(2018/4/21)

【食べたら更新】朝井麻由美の「ウニ日記」
幸せのオレンジ色を記録していく場所です。(2018/4/15)

「腐れ縁だな」 バービー、元相方イモトとの花見で“東京ホルモン娘”思い出す2ショット
かつてコンビだった2人。(2018/3/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。