ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ホルモン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ホルモン」に関する情報が集まったページです。

第1子妊娠の時東ぁみ、妊婦トラブルによる長期入院で「毎日泣いてます。。。」「病んでる」
2021年10月に不妊治療の末、妊娠したことを報告していた時東さん。(2022/1/18)

「ワクワク働けるお店」目指す:
ファミマが「がっつきメシ」を発売 全国11地域で異なる商品を店舗スタッフと開発
ファミリーマートは1月18日〜2月7日、各地域限定の「がっつきメシ」を販売する。店舗で働くスタッフが商品開発に参加する「ワクワク働けるお店」を目指した取り組みを推進しており、その一環となる。(2022/1/14)

「昨日食べられたものが今日は無理」「食べても空腹でも吐く」――つわりのつらさを描いた実録漫画に「まじでこれ」と共感殺到
夫に泣いて不満をぶつけたことも……。(2022/1/2)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(17)STEM教育(5):
課題満載のSTEM教育でも、コロナ下で起きていた教育現場のパラダイムシフト
本シリーズでは、STEM教育の中でも特にプログラミング教育を取り上げてきましたが、やはり課題(ツッコミどころ)は満載です。それでも、いろいろと調べていくうちに、いくつかの光明も見えてきました。(2021/12/27)

ふとんでのスマホいじりはもっての外! SNSの「イイネ」が「いい眠り」を阻害
日本人はおそらく世界一、眠っていない。寝不足は個人の健康や幸福感を下げるばかりか、日本経済にまで悪影響を及ぼす。「眠りたいのに眠れない悩み」を解消するにはどうすればよいのか。岩本麻奈先生に、今日から実践できるノウハウを聞いた。(2021/12/6)

2030年には187万人の労働力が不足:
月経による労働損失は4911億円 経営者が実践すべき「女性の離職を減らすための健康経営」とは?
人材確保のためには女性特有の疾患を理解した「健康経営」を進めることが重要だと語るのは川島労働衛生コンサルタント事務所代表、産業医の川島恵美氏だ。月経による労働損失は4911億円とも試算される中、経営者が女性の離職を減らすための要諦とは?(2021/11/30)

1年に2回出産した2児のママ 光上せあら、産後3カ月で“生理”再開に「おかしいだろ、、と思ったよ」
個人差があるといいます。(2021/11/29)

第1子誕生から3カ月のたんぽぽ白鳥、激しい抜け毛にショック隠しきれず 10円ハゲに体形変化の追い打ちで「落ち込む」
「出産後脱毛症」あるいは「分娩後脱毛症」といわれます。(2021/11/25)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
寝る子は育つ?――リーダーこそストレス回復効果が圧倒的に高い「睡眠」を改善すべきだ
自身の睡眠をよいものにすることに関心があるかと聞くと約9割が「関心がある」と答える。睡眠を通じてメンタルを改善することで、生産性の向上も期待できる。(2021/11/24)

ハリポタ作者、トランスジェンダー活動家に住所をさらされ脅迫 前年の発言が“差別的”と炎上しターゲットに
トランスフォビアな発言を批判されてきたJ.K.ローリング。(2021/11/23)

Salesforce日本法人、性転換手術の費用を補助する制度導入 LGBTQ+向け福利厚生で 上限400万円
セールスフォース・ドットコムが、LGBTQ+向けの福利厚生制度を導入した。性転換手術や、国・自治体に同性パートナーとして認められるために必要な書類の作成費用などを補助する。(2021/11/16)

「人のふんどしで心配してご苦労様」 だいたひかる、高齢出産への偏見に反論 “子供が可哀想”の声へ「自分の物差しは正しいと決めつけないで」
妊娠中は、ホルモンバランスの乱れで気持ちが落ち込んだりすることも。(2021/11/12)

「欲しいっていうから産んでやったのに…!」 ワンオペ育児で限界、「産後クライシス」の体験を描いた漫画に「泣いた」と共感の声
解決策は意外とシンプル、でも難しい。(2021/11/12)

「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
肺がんの手術を受けるよりも前から痛みが生じていたとのこと。(2021/11/10)

10%〜20%還元が目白押し 「超PayPay祭」主な割引内容まとめ
PayPayが加盟店とECサイトでポイントを付与する「PayPayクーポン」を配布する「超PayPay祭」を11月28日まで開催している。加盟店はキャンペーンの期間中に変わり、ポイントの還元率もさまざま。10月24日時点での実施状況を大きくまとめた。(2021/10/26)

篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
もう3人ともママ!(2021/10/20)

「お母さん食堂」改名は「批判があったからではない」―― ファミリーマートの新プライベートブランド「ファミマル」が生まれた理由
ネットで物議を醸した件は無関係だそうです。(2021/10/18)

ともさかりえ、42歳となり「更年期」について言及「ふきでる汗にビビってます」と悩みを吐露 
きれいすぎて、42歳に見えません。(2021/10/15)

板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
かっわええ。(2021/10/12)

益若つばさ、“ミレーナ”装着から約4カ月「日常に溶け込みすぎて何にも違和感がない」 理解へ手応えも一部から“心ないコメント”
快適に過ごせているもよう。(2021/10/3)

ラノベみたいな生協の惣菜「小さめな鶏の半身は塩だれに漬けてから焼いている。」が話題 ネーミングの意図を聞いてみた
取り扱っているコープさっぽろに話を聞きました。(2021/9/29)

葉月里緒奈「とうとう更年期がきてしまった」「日中ボーっとしてしまう」 46歳を迎えてから約2カ月半
不調を伝えています。(2021/9/27)

元モー娘。福田明日香、顔色悪化や手の震えで人生初の精密検査 脳だけでなく甲状腺にも疑い「バセドウかも」
不眠に苦しめられているようです。(2021/9/21)

ステージ4の西郷輝彦、最先端治療で“前立腺がん消滅”を確認 「やったなぁ!」と喜ぶもPSA数値は謎の上昇
PSA下がらないのなんで……。(2021/8/30)

ROLAND、鍛え上げられた筋肉美を放つ背中をバスガイド風に披露 「全ホスト達が追い掛ける背中でございます」
範馬勇次郎や戸愚呂弟のようだという声も。(2021/8/28)

【がんに気付くまで】いつもよりツラい生理「気が付くと床に倒れていました」 “生理中の失神”で子宮体がんが発覚した……というお話
3年前にがんが見つかって治療→現在は普通に仕事、生活しているという方の体験談。(2021/9/21)

田中美保、“0歳&イヤイヤ期”の2人育児にメンタル崩壊「もう一生仕事復帰できないかも」 ファンのエールで心が復活
田中さん「完璧にメンタルが崩壊」(2021/8/25)

「不妊・流産」「遺伝子組み換え」ワクチンデマの拡散、わずか数十人の投稿が基に 誤情報に惑わされないための対策は
新型コロナウイルスの感染者が国内で2万人を初めて超える中、ワクチン接種を巡り、SNSなどで「若くして不妊になる」「遺伝子を組み換える」といったデマや間違った情報が広がっている。専門家の分析では、不妊デマはわずか数十人の投稿が基になって拡散されているというが、誤情報に惑わされないために取るべき行動とは。(2021/8/18)

「愛する誰かがいなきゃ救われないなんて、そんな残酷な話がありますか」 セクハラ事件からジェンダーの揺らぎに向き合う漫画『女の体をゆるすまで』作者インタビュー
作者の内面に迫る1万字インタビュー。(2021/8/19)

飼い主「ニルバーナみたいな写真撮れた」 ワンコがプールを泳ぐ姿が「Nevermind」のジャケットのようだと話題に
いぬばーな。(2021/8/8)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
「睡眠8時間+8時間の断食」で、体重60キロが53キロ、体脂肪率17%が6.6%に
間歇的断食により、集中力の増加や認知機能の改善、肥満者における体重減少などの効果が期待できる。断食と聞くと難しく考えがちだが、大事なのは無理せず長く続けること。(2021/8/4)

前立腺がんの西郷輝彦、最先端治療の結果に激しく落胆 渡豪前よりPSA数値が200上昇し「動揺しています」
325から510へと推移。(2021/7/30)

「高橋になってる!」「名字が変わってる感動」 板野友美、資格取得認定書の“新しい名前”に注目集まる
結婚を実感する。(2021/7/10)

魚民ほかモンテローザの居酒屋チェーンで「PayPayピックアップ」導入 10%還元も
「魚民」「目利きの銀次」「白木屋」などモンテローザが運営する居酒屋チェーン全国1378店舗で、事前注文サービス「PayPayピックアップ」が利用可能に。最大10%のPayPayボーナス還元キャンペーンも行う。(2021/7/7)

キャンプ飯の冷凍自販機が登場 ジンギスカン、ぶたまんなど
アイビック食品は、釣り具とアウトドアの専門店「コルソ札幌」前に冷凍自動販売機2台を7月10日に設置する。キャンプやBBQに合う商品を多く取り扱う。(2021/7/7)

マシーナリーともコラムSPECIAL:
『三体』三部作が完結したのでマシーナリーとも子と「三体面白かったよね会」をやりました
1ページ目はネタバレなし、2ページ目以降はネタバレありでお送りします。(2021/7/9)

【漫画】ママが勇気を出して、子どもたちに体調不良を打ち明けてみると…… ママの代わりに弟を見てくれた兄の優しさに涙
やさしい子に育っています。(2021/7/2)

「モツの自販機」福岡に登場 ミノや腸が手軽に買える「ちょいもつ!」のねらいを聞いた
塩かタレかも選べます。(2021/7/2)

米陸上選手「ドーピングに引っ掛かったのはブリトーのせい」 4年の出場禁止処分に反論、東京オリンピックの有力候補
髪の毛からは検出されず。(2021/6/16)

育児中ママ「また明日から頑張れる」 16年間推してきたバンドのライブレポ漫画に“好きなもの”の大切さを感じる
これはうらやましい。(2021/6/15)

だいたひかる「受精卵をお迎えに!」 乳がん治療中断して臨む不妊治療も“最終章”へ「一番サポートしてくれた夫に感謝」
最後の不妊治療に臨む心境をつづっています。(2021/5/14)

西郷輝彦、ステージ4の前立腺がん治療で豪へ 放射線&抗がん剤11回も「なんとかもう少しだけ仕事をさせて」
すでに日本を出発し、現在はシドニーで生活。(2021/5/13)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
急増する「焼肉の和民」が「牛角」の脅威に!? コロナ禍の“有望市場”を制するのはどこか
ワタミが展開する「焼肉の和民」が好調だ。2020年10月に1号店をオープンしてから、3大都市圏で23店にまで拡大。同じ立地の「牛角」を脅かす存在になりつつある。(2021/4/27)

がんになっても前を向くためには、どの荷物をおろせばいいか エッセイ漫画「がんの記事を書いてきた私が乳がんに!?」原作者インタビュー
「“病気のしんどさ”に向き合っていくなかで、“自分が抱え込んでいたしんどさ”が分かってきた」(2021/4/2)

がん患者への「かわいそう」「初期でよかったね」は傷つけてしまう言葉かも? 乳がんエッセイ漫画・原作者インタビュー
読者から反響があったという「がん患者を傷つける(可能性がある)NG言葉」。(2021/4/2)

正解が分からない“がんになったとき周囲に伝えるべきかどうか”問題 エッセイ漫画「がんの記事を書いてきた私が乳がんに!?」原作者インタビュー
仕事先、母親、子ども……相手が誰でも悩ましい問題。(2021/4/2)

知識だけでは割り切れない“がん治療のリアル” エッセイ漫画「がんの記事を書いてきた私が乳がんに!?」原作者インタビュー
家族とともに、乳がんと向き合った5年間の体験を描いたエッセイ漫画。(2021/4/2)

「私本当辛かった」 RIKACO、更年期障害で苦悩の日々 「自分が女でいれるのか?」の不安に恐怖
ようやく立ち直ってきたそうです。(2021/3/16)

Innovative Tech:
学生のうつ症状を85%の精度で検出 スマホと活動量計でAI監視 カーネギーメロン大学など開発
(2021/2/16)

経営者からオリンピック選手まで行っている「すぐやる」習慣の極意:
「10秒アクション」こそ目標達成の第一歩
先延ばしせずに行動する人は、最初の「行動」を軽いものにしている。(2021/1/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。