ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ホットプレート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ホットプレート」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

圧倒的不審者の工房:
ひたすら豆腐を固くして砥石で研ぎまくる → 簡単に野菜を切断する鋭利な「豆腐包丁」が完成
豆腐も煮れば締まる → 豆腐も圧倒的不審者にかかれば包丁になる。(2019/10/12)

水曜インタビュー劇場(コーヒー公演):
えっ、家が喫茶店になる? 自宅焙煎ができる「ホームロースター」が面白い
調理家電で、またひとつユニークな商品が登場した。コーヒーの焙煎機だ。大阪の家電メーカー「ライソン」がクラウドファンディングで公開したところ、3200台以上が売れた。家電量販店などであまり目にしない商品は、どのようにして開発されたのか。同社の社長に聞いたところ……。(2019/7/10)

水曜インタビュー劇場(ふわふわ公演):
えっ、炊飯器じゃないの? 三菱電機の高級トースターが面白い
三菱電機が高級トースターを投入する。この市場を見ると、バルミューダ、アラジン、シャープなどたくさんの商品が並んでいるが、三菱のトースターはどのような特徴があるのか? パッと見たところ、小さな炊飯器のように……。(2019/4/17)

目覚める時間に合わせて自動調理してくれる 東大生が作った朝食ロボットが米イベントに出展
アーム型のロボットがいろいろ動いて朝食を用意します。(2019/3/10)

冷めたピザを親の仇より憎むあなたに 最後まで熱々で食べられる神のプレートが登場
冷めた食べ物。それは人類の発展に貢献してきた「火」に対する冒涜である。(2019/2/26)

あの会社のこの商品:
ちょっとした工夫で“ホクホク”! 家庭用「焼き芋メーカー」の開発秘話
特定の料理づくりに特化した調理家電は便利な半面、汎用性に乏しく、買っても次第に使われなくなる恐れがある。しかし、工夫すれば日常使いできる汎用性を持たせることができ、ヒットにつなげることが可能だ。そのことを示したのがドウシシャの「焼き芋メーカー Bake Free」である。(2019/1/25)

カップ焼きそばを焼くホットプレート「焼きペヤングメーカー」誕生 ペヤングのまるか食品が監修
ペヤング焼きそばに最適化された温度調整、水の計量器などこだわり満載。(2018/11/27)

「焼きペヤング」作るホットプレートでクラウドファンディング まるか食品監修
カップ焼きそばの「ペヤングソースやきそば」を焼くためのホットプレートが登場。クラウドファンディングで商品化を進める。(2018/11/27)

焼いた「銅」の酸化膜による美しい色変化に反響 「知らなかった」「こんなに綺麗なのか」
銅のイメージが変わりそう。(2018/11/11)

一人焼肉勢「うおおおおおおおおお!!」 アツアツをいただけるお1人様サイズの「卓上ひとり焼肉プレート」
小さいので仕舞うのも出すのも楽そうです。(2018/10/28)

ポップでかわいい 気軽に持ち出せるカセットボンベ対応のガスストーブがアラジンより登場
冬でもキャンプしたい人に朗報。(2018/9/22)

太陽光:
ペロブスカイト太陽電池、スズ系で効率7%と「再現性」を両立
京都大学と大阪大学の研究グループは、高品質で再現性に優れるスズ系ペロブスカイト半導体膜の成膜法を開発。この手法により、光電変換効率が7%を上回るペロブスカイト太陽電池の作製が可能となるという。(2018/9/14)

再現性良く高品質の成膜法を開発:
ペロブスカイト太陽電池、スズ系で変換効率7%以上に
京都大学と大阪大学の研究グループは、高品質で再現性に優れるスズ系ペロブスカイト半導体膜の成膜法を開発した。光電変換効率が7%を上回るペロブスカイト太陽電池の作製が可能となる。(2018/9/12)

“凄腕”スタッフは40倍売る:
メーカーから依頼殺到 お客が思わず引き寄せられる試食販売の世界
試食販売というと「商品を持ってただ立っている人」をイメージする読者も多いかもしれない。しかし、売り方を工夫して普通のスタッフの40倍売る“凄腕”がおり、試食販売の高い効果に注目する企業が増えているという。知られざる試食販売の世界とは?(2018/7/13)

「不審者感が凄い」「頭隠すと山田孝之みたい」 あばれる君、びっしり伸びた無精ひげ姿に賛否の声
ほとばしる怪しい人感。(2018/5/11)

衣服へ熱で貼り付け、薄型の太陽電池 理研と東レが開発
理研と東レが、耐熱性と高いエネルギー変換効率を両立した超薄型の有機太陽電池を開発した。耐熱性を生かし、熱を加えながら衣服へ貼り付けできる。(2018/4/17)

ソフトロボット実現へ:
ゆっくり歩き、速く走る「ロボット結晶」を開発
早稲田大学の研究グループらは、歩いたり走ったりして移動することができる「ロボット結晶」を開発した。その推進力を発生させるメカニズムも明らかにした。(2018/2/13)

あの会社のこの商品:
人気の「コンパクトホットプレート」、開発の舞台裏に迫る
家電は高性能・高機能だけでは売れない。特に女性がメインで使う調理家電は、その傾向が強いといえる。BRUNOの「コンパクトホットプレート」は、ユーザーの多くが女性。一体、何が女性を引きつけているのだろか? 女性人気の高いホットプレート誕生の裏側に迫った。(2017/11/23)

工場は自宅マンション 「2人だけのIoTメーカー」始動
商品企画から生産まで2人で行うIoTメーカーが始動した。オフィスも工場も、「自宅」だ。(2017/11/15)

人間との暮らしで“寿命風船”が割れるとき…… インコの事故死についての漫画「インコの命」に「とっても参考になる」「涙がでた」の声
インコさん以外の小動物にも当てはまる注意点です。(2017/9/12)

水曜インタビュー劇場(じゅーじゅー公演):
焼肉専用コンロ「やきまる」が、目標の5倍も売れているワケ
岩谷産業の焼肉専用コンロ「やきまる」が売れている。2016年に発売したところ、いきなり品薄状態に。年間目標の5倍ペースで出荷している理由を、開発担当者に聞いたところ……。(2017/8/2)

細かな凹凸も完全再現 パンケーキの生地で描かれたドクロがリアルすぎて怖い
食べられるアート。(2017/7/5)

ESEC2017&IoT/M2M展:
IoTのデータフローをノンプログラミングで開発、TEDがクラウドベースで環境提供
東京エレクトロンデバイスは、「第6回 IoT/M2M展」において、クラウドベースのIoT向けノンプログラミング開発環境「Connexon(コネクソン)」を展示した。現在、Webサイトで無料トライアルの申し込みを受付中で、同年6月から無料トライアルを開始する。(2017/5/17)

ロングセラー商品:
岩谷のカセットコンロが今も売れ続ける理由
今では当たり前のように家庭で使われているカセットコンロを、業界で初めて発売したのが岩谷産業だ。もう半世紀近く前に誕生した商品だが、いまだに年間約70万台売れているという。そのワケとは……。(2017/4/27)

栄冠は誰の手に? 「カーチャンからの変なLINE」最強決定戦
(2017/3/16)

ミニチュア枯山水マシンが海外で登場 砂の上に自動で線を引いてくれる
砂の上を金属の玉が転がって、自動で枯山水のような線を引いてくれるマシンが海外で販売されています。(2017/2/15)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
Siemensが目指す「エコシステム」の構築
Mentor Graphicsを買収した独Siemensだが、Mentor以外にもさまざまな企業と提携し、単一的な事業構造とならないよう留意している。Bentley Systemsとの電力分野における提携もその1つだ。(2017/2/14)

母がLINEで送る謎の白飛び画像は何なの?
(2017/1/20)

そんなのありかよ! ツッコミが止まらない“親子LINE”3選
(2016/12/24)

どんな学校だよ! 娘のクラスメートの昼食LINE画像がすごい
(2016/11/24)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
実用化に向かう8K技術群――技研公開で見えた8K放送の実現性
前編に続き、「技研公開」のレポートをお送りする。今回は8Kを中心とした「すぐそこの未来」がテーマだ。長年にわたってNHKの8K開発を見つめてきた麻倉怜士氏は、今年の8K展示からどんな未来を描くだろうか。(2016/7/21)

なぜ置いた! IHコンロの上に置いてあった炊飯器が溶ける事故……!
×炊飯器で加熱する ○炊飯器を加熱する(2016/7/16)

0時スタート:
Amazon、1日限定でプライム会員向けのタイムセール 6000以上の商品が対象
アマゾンジャパンは、7月12日にプライム会員限定のタイムセールを実施する。(2016/7/11)

これって絵!? パンケーキアートで作ったアニメキャラの芸術度が高すぎる!!
食べるのがMOTTAINAIです。(2016/6/13)

熱設計のパラダイムシフトにどう対応するか:
「大気放熱」から「基板放熱」へコンセプト転換
KOAは、「JPCA Show 2016」で、「熱設計のパラダイムシフトに対応するために」と題するプレゼンテーションを行った。電子部品の高密度実装化などにより熱設計が深刻となる。熱問題について、取り組むべき課題や温度測定時の注意点などを紹介した。(2016/6/7)

スマートエネルギーWeek 2016:
プレスで作る「全固体電池」、電気自動車に向く
開発中の全固体リチウムイオン蓄電池セルを日立造船が公開した。第7回 国際二次電池展(バッテリージャパン 2016、東京ビッグサイト)では4種類の電池セルを見せた。製造時に液系プロセスを用いず、プレス加工によって電池セルを作り上げたことが特徴。使用時の加圧が不要で、エネルギー密度も確保した。(2016/3/14)

麦茶パックが大活躍!? グリルの油汚れや玄関の嫌な臭いを撃退しよう
(2016/1/8)

猫×家電 カプセルトイ「にゃんこ家電」登場!
5種類あるにゃん。(2015/12/18)

フル充電で15日使えるスマホ? 中国メーカーが発売
中国のOukitelが、1万mAhの大容量バッテリーを搭載したスマホ「Oukitel K10000」を発売。1回の充電で、10〜15日連続で使えるという。(2015/12/16)

年配の方でも安心!:
イーバランス、土鍋も使える万能電気グリルROOMMATE「EB-RM401A」を10月中旬に発売
セラミックヒーターを採用した万能電気グリル「ROOMMATE(ルームメイト) クリスタルガラスグリル EB-RM401A」がイーバランスから登場。価格は1万2800円(税込)。(2015/10/13)

煮る焼く蒸す炊く揚げる!1台5役のレコルト「ポット デュオ カリテ」を使い倒す
1台で煮る、焼く、蒸す、揚げる、炊くの5種類の料理が作れるレコルト「ポット デュオ カリテ」。せっかくなので使い倒してみました。(2015/9/21)

食べるのがもったいない! 職人技のキャラクターパンケーキアート
色付けした生地を使って、見事なパンケーキアートを作り出しています。(2015/7/20)

ビジネスニュース 企業動向:
もうスマホでやけどしない!? 薄さ100μmの断熱シート
パナソニックは薄くて高性能な断熱材「NASBIS(ナスビス)」を開発し、2015年6月から量産を開始した。スマートフォン(スマホ)やウェアラブル機器の熱対策部品として、熱源のピーク温度を低減するだけでなく、同社の高熱伝導のグラファイトシートと組み合わせて使用すれば、放熱の方向制御もできる。(2015/6/15)

斜め上のプリンター革命! 世にもハイテクな「パンケーキプリンター」爆誕
「ママー、パンケーキ作ってぇ」「いいわよ、プリンターを出してきて!」(2015/3/11)

電気自動車:
2500万円出資で究極のスマートバーベキューEVが手に入る
日産自動車は、電気自動車(EV)の認知・普及のために開発している「究極のスマートバーベキューカー」について、新たな5つの機能を搭載するために、クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」を用いた出資募集を始めた。同ファンディングで2500万円を支援すると、オーダーメイドの究極のスマートバーベキューカーが贈られるという。(2015/3/3)

電気自動車:
電気自動車の新たな提案、「スマートバーベキューカー」に電気グリルを搭載
日産自動車は電気自動車の商用バンをベースに「スマートバーベキューカー」を製作して新たな利用方法の提案を開始した。電気グリルや冷蔵庫などを車内に搭載して、屋外でバーベキューを楽しめる乗り物に仕立て上げた。さらに一般のユーザーから資金を集めて“夢の機能”を追加していく。(2015/3/3)

技術のムダ使いとか言うんじゃない! バーベキューを楽しみまくれる電気自動車 クラウドファンディング開始
火起こしの手間を省く電気グリルなどの調理器具だけでなく、ベンチやワイヤレスピーカーまで搭載。夢があるよね。(2015/3/2)

未来のキッチンはどうなっているのか:
IoT機器が料理を変える? スマート調理器具が続々登場
ヘルスケア/フィットネス分野で普及が始まっているモノのインターネット(IoT)機器が、キッチン家電にも浸透し始めている。(2015/2/5)

パンケーキを棒状に作って串で食べる! 「スティックパンケーキメーカー」発売
あの大人気のパンケーキが平べったい姿からスティック状に。串に刺して食べるよ。(2014/6/22)

JPCA Show 2014:
圧着不要! 加熱だけで基板の電極を接続する異方導電性ペースト
積水化学工業は、加熱のみで電子部品などの電極同士を電気的に接続して、接着固定させることが可能な「異方導電性ペースト」を「JPCA Show 2014」でデモ展示した。回路基板とフレキシブル回路基板などの接続工程で、これまで必要とされてきた圧着処理が不要となる。(2014/6/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。