ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「IdeaCentre」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「IdeaCentre」に関する情報が集まったページです。

レノボ、21:9表示対応のウルトラワイド液晶を備えた一体型デスクトップ「IdeaCentre B750」など2製品
レノボ・ジャパンは、アスペクト比21:9のワイド液晶を内蔵した一体型PC「IdeaCentre B750」。およびミドルタワー型ゲーミングPC「Erazer X510」の2製品を発売する。(2014/1/21)

レノボ、23型マルチタッチ液晶を内蔵した一体型PC「IdeaCentre B550」など3モデルを発売
レノボ・ジャパンは、液晶一体型デスクトップ「IdeaCentre」の最新モデル「IdeaCentre B550」などデスクトップPC計3モデルの販売を開始する。(2014/1/15)

Lenovo、27インチの“テーブルPC”「IdeaCentre Horizon Table PC」を発表
LenovoがソニーのテーブルトップPCよりさらに大画面の27インチ液晶一体型PCを発表した。International CESでは39インチモデルも披露する。(2013/1/7)

レノボ、マルチタッチ対応23型フルHD液晶を備えたWindows 8搭載の一体型PC「IdeaCentre B540p」
レノボ・ジャパンは、コンシューマ向けとなるWindows 8搭載オールインワン型デスクトップPC「IdeaCentre B540p」を発表した。(2012/12/18)

2012年PC秋冬モデル:
コンパクトになって使いやすく──「IdeaCentre A520」
レノボ・ジャパンは、液晶一体型PC「IdeaCentre A520」を発表した。テーブルのようにディスプレイを倒せるIdeaCentre A720の“小型版”という位置づけだ。(2012/10/18)

2012年PC秋冬モデル:
すべてのモデルでWindows 8。ディスプレイをグリンと開く“Yoga”も登場──レノボ「Idea」シリーズ
レノボ・ジャパンは、IdeaPad、IdeaCentreの新モデルを発表した。液晶ディスプレイが底面までぐるりと開く“Yoga”など、Windows 8対応モデルがそろう。(2012/10/18)

レノボ、一体型デスクトップPC「IdeaCentre B540p」にTV視聴ソフト“SmartVision Light”付属モデルを追加
レノボ・ジャパンは、一体型デスクトップPC「IdeaCentre B540p」のラインアップにNEC製テレビソフトウェア「SmartVision Light」を導入したモデルを追加した。(2012/9/19)

見た目で驚く液晶一体型PC:
IdeaCentre A720で“水平ディスプレイ”の使い勝手を考えた
1月の2012 CESで登場した液晶一体型PCで、世界が注目した「水平に倒れる液晶ディスプレイ」は、見た目のインパクトこそすごいけれど、実用的にはどう?(2012/8/2)

NECのテレビソフト「SmartVision Light」搭載:
レノボ、23型液晶一体型PC「IdeaCentre B540p」に地デジチューナー搭載モデルを追加
レノボ・ジャパンは、23型液晶一体型PC「IdeaCentre B540p」のラインアップにNEC製テレビソフト「SmartVision Light」導入モデルを追加した。(2012/7/4)

2012年PC夏モデル:
ディスプレイが水平になる液晶一体型PC──「IdeaCentre A720」
レノボ・ジャパンは、5月2日に新デザインを採用した液晶一体型PCの新シリーズを発表した。第3世代Core プロセッサー・ファミリーを搭載する。(2012/5/2)

2012年PC夏モデル:
パフォーマンスとコストが絶妙なバランスで!──「IdeaCentre K430」
レノボ・ジャパンは、5月2日にタワー型PC「IdeaCentre K430」を発表した。第3世代Coreファミリー・プロセッサーを採用しつつ、価格競争力を高めている。(2012/5/2)

2012年PC夏モデル:
見かけによらずハイパフォーマンスな一体型──「IdeaCentre B540p」
レノボ・ジャパンは、5月2日に液晶一体型PCの新モデルを発表した。1月にシリーズをすでに発表しているが、その“Ivy Bridge”対応モデルとなる。(2012/5/2)

レノボ製一体型PC「IdeaCentre B520」付属ディスクにウイルスが混入
レノボ・ジャパンは、同社製の一体型デスクトップPC「IdeaCentre B520」の付属ドライバディスクにウイルスが混入していたことが判明した、と発表した。(2012/1/5)

レノボ、マルチタッチ対応23型ワイド液晶を備えた一体型PC「IdeaCentre B520」
レノボ・ジャパンは、液晶ディスプレイ一体型PC「IdeaCentre B」シリーズの新モデル2製品「IdeaCentre B320」「同 B520」を発表した。(2011/7/6)

3D対応液晶バンドルモデルも:
レノボ、Core i7-2600搭載デスクトップPC「IdeaCentre K330」を投入
レノボ・ジャパンは、“Sandy Bridge”世代の「Core i7-2600」を搭載したデスクトップPC「IdeaCentre K330」を1月28日に発売する。OSの起動時間を大幅に短縮する最新の最適化プログラムを搭載。(2011/1/6)

レノボ、Core i5搭載の23型ワイド液晶一体型PC「IdeaCentre A700」など2製品
レノボ・ジャパンは、23型ワイド液晶一体型PC「IdeaCentre A700」、スリムタワー筐体採用のエントリーデスクトップPC「Lenovo H310」を発表した。(2010/10/13)

いまや貴重な“タワー”型:
レノボが「高性能タワー型」と自慢する「IdeaCentre K320」を試してみた
レノボのコンシューマー向けデスクトップPCラインアップは、スリムタワー、液晶一体型が並ぶ。その中で数少ない“タワー”型「K320」の“使い勝手”は?(2010/8/5)

レノボ、Athlon II X2搭載の一体型PC「IdeaCentre B305」に地デジ搭載モデルを追加
レノボ・ジャパンは、液晶ディスプレイ一体型デスクトップPC「IdeaCentre B305」のラインアップに地デジチューナー搭載モデルを追加した。(2010/7/21)

レノボ、21.5型ワイド液晶一体型PC「IdeaCentre A」にCore i3搭載モデル
レノボ・ジャパンは、21.5型ワイド液晶を内蔵した一体型デスクトップPC「IdeaCentre A310」を発表した。(2010/7/7)

2010年PC夏モデル:
個人向けモデルを大幅拡充、洗練デザインの新「IdeaPad U」など──レノボ、夏の新モデル
レノボ・ジャパンが個人向けPC「IdeaPad」「IdeaCentre」「Lenovo C/H」各シリーズの新モデルを発表。新シリーズの「IdeaPad Z」やAMDプラットフォーム採用の「IdeaCentre B」など、個人向けモデルのラインアップを大幅に拡充する。(2010/6/8)

2010年PC夏モデル:
AMDプラットフォームを搭載、スタイリッシュな液晶一体型──「IdeaCentre B305」
Athlon II X2とAMD 760Gチップセットを採用した液晶一体型PCが「IdeaCentre B305」だ。Radeon HD 3000相当のグラフィックス機能と20型ワイドの液晶ディスプレイを備える。(2010/6/8)

2010年PC夏モデル:
“パワーコントロールスイッチ”付き、Core i7搭載のハイパワーデスクトップ──「IdeaCentre K320」
クアッドコアのCore i7搭載モデルも用意する高機能志向のデスクトップPCが「IdeaCentre K320」だ。上位モデルはCore i7-870+6Gバイトメモリ+1TバイトHDDで、64ビット版Windows 7をプリインストールする。(2010/6/8)

レノボ、21.5型ワイド液晶搭載のボードPC「IdeaCentre A600」など2製品
レノボは、ワイド液晶一体型のオールインワンPC計2製品「IdeaCentre A600」「Lenovo C305」を発表した。(2010/3/9)

Lenovo、コンシューマー向けデスクトップPC「IdeaCentre」発売
Lenovoが1月に発表したコンシューマー向け新ブランド「Idea」のデスクトップPC第1弾を販売開始した。IdeaPad同様に顔認証システム搭載。(2008/7/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。