ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「インターネットVPN」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インターネットVPN」に関する情報が集まったページです。

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(15):
ひかり電話を契約したらVPNが通信断! 原因は?
2024年のISDNサービス終了を控えて、電話やFAXで使っているISDNを「フレッツ 光ネクスト」の「ひかり電話」へ移行するための試験をした。すると、VPNの通信断という思わぬトラブルに遭遇した。プリミティブな障害である。今回は通信断の原因とひかり電話導入の留意点について紹介したい。(2019/4/22)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(13):
「超軽量」VPNを試してみよう、フレッツIPv6オプションで
「フレッツ 光ネクスト」のIPv6オプションを使ったIPoEが、インターネット接続を高速にする手段として注目されている。この手法はインターネットと切り離された超軽量VPN(閉域網)の構築にも利用できる。超軽量とは技術はもちろん、通信コストが安いという意味だ。(2019/2/25)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第15回】
テレワーク導入企業が直面するセキュリティ問題にどう取り組むか?
働き方改革の旗の下、政府はテレワーク制度の普及を推進しています。持ち出したモバイルデバイスをオフィス以外の場所で使う際に必要となるセキュリティ対策について解説します。(2018/4/17)

PR:IoTのさらなる普及拡大に向けて、乗り越えるべき壁とは? 無線技術・LPWAなら低コストでIoT環境の整備もできる
IoT分野の重要なキーテクノロジーとして注目を集めている「LPWA(Low Power Wide Area)」。これは、その名のとおり「省電力・広域通信」を可能とする無線技術だ。なぜこの技術が注目を集めるのか。それはIoT普及の壁となっている電源・コスト・エリアの課題を解消し、IoTの適用範囲を格段に広げる可能性を秘めているからだ。すでに日本でも2018年1月に、「KDDI IoT 通信サービス LPWA(LTE-M)」の提供が、通信キャリアの先陣を切って開始された。これによりどんなユーザーメリットが生まれるのか、ここではその特長や適用例などについて紹介したい。(2018/3/19)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第12回】
実は危険な“無料Wi-Fiスポット”、カフェでのモバイルワークに必須のセキュリティとは
カフェやホテルが提供する無料の公衆無線LANを利用してモバイルワークをするのは便利なもの。ただし情報漏えいのリスクが潜んでいることを留意しなければいけません。(2017/10/25)

既存システムのクラウド移行が不安な理由:
PR:「VMware環境をそのまま移行」は当たり前? 日本企業が切望しているクラウド移行の5要件とは
ビジネスに一層のスピードと柔軟性が求められている今、企業にとってクラウドはもはや不可欠なものとなっている。だが、これほどその重要性が叫ばれ、活用成功事例も多数報告されていながら、日本企業全体から見れば、まだクラウド活用に乗り出せていない企業がほとんどだ。その原因とは何か? どうすれば安心して無理なくクラウド移行を実践することができるのか?――インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)に、クラウド移行を阻む日本企業特有の事情と、現実的な解決策を聞いた。(2017/10/26)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「SD-WAN」
事業所の拠点間接続などに柔軟に対応する技術として注目を集めている「SD-WAN(Software-Defined WAN:ソフトウェア定義WAN)」について、その特徴とメリットを解説します。(2017/9/5)

「従来型のネットワーク構成」がクラウド活用の足かせに?:
PR:Office365などSaaSの性能問題を解決。帯域を圧迫しない「クラウド時代のネットワーク構成」に簡単に変える方法
クラウドサービスは便利なものだが、活用が広がるにつれ、幾つかの課題も浮上してきた。特に、複数の拠点と本社データセンターとをWAN回線で結び、インターネット接続を集約するタイプのネットワーク構成では、ネットワークがボトルネックになり、サービスのレスポンスが悪化してしまう。クラウドを前提とした今の時代、どのようなネットワーク構成が最適なのだろうか?――その現実解となるのが、インターネットを生かしたハイブリッド型のWANと、それを実現するためのジュニパーネットワークスの拠点向けセキュアルーター「SRXシリーズ」だ。(2017/5/11)

ジャパンネット銀行や渥美氏が語る:
「情シスのためのAWSセキュリティ強化の具体策」セミナーレポート
Amazon Web Servicesを利用する企業は急速に増えている。だが、パブリッククラウドの本格的な利用を初めて検討するところも多く、特にセキュリティ面では戸惑いが見られるのも事実だ。そこで、@IT主催セミナー「情シスのためのAWSセキュリティ強化の具体策」セミナーのレポートをお届けする。(2017/1/17)

PR:富士通のモビリティー&セキュリティが実現する“一歩進んだワークスタイル変革”とは?
多くの企業が検討している「柔軟な働き方」を実現するためにはどうすればいいか。富士通では、多様なモバイル端末とクラウドサービス、そして強固なセキュリティ対策ソリューションなどを組み合わせた“一歩進んだワークスタイル変革”を提案している。その全体像を紹介しよう。(2017/1/17)

SDNで始めるネットワークの運用改善(1):
SDNの理想と現実――ネットワーク運用でのSDNの現実的な活用法を考える
本連載では、現実的な視点から、従来のネットワーク運用をいかにSDNによって改善できるのかを考えていきます。第1回では、SDNとそれに関連する技術についてあらためて整理します。(2016/11/2)

電力供給サービス:
HEMSを使ったクーポン配信や見守りを容易に、事業者向け情報基盤を提供
クーポン配信や高齢者の見守りなど、HEMSで取得した家庭の電力利用情報を活用する新しいサービスに注目が集まっている。NTT東日本は、サービス事業者向けのプラットフォームサービス「HEMS情報コネクト」の提供を開始する。サービス事業者がHMES情報を活用した新サービスの開発をしやすくする狙いだ。(2016/10/5)

NTT東、AWSへの閉域接続をスタート
「フレッツ光」でセキュアアクセスが可能になる。(2016/8/31)

SD-WANは、何をしてくれるのか(3):
「SD-WANはニッチではない」と、米ViptelaのCEOが話す理由
SD-WANの世界を紹介している本連載。今回は「シスコシステムズを凌駕する存在を目指す」というSD-WANの主要ベンダー、米Viptelaの戦略について、同社CEOへの取材を通じて探る。(2016/8/26)

120カ国以上でサービス利用が可能に:
ソラコムがグローバルSIMで海外展開を開始、2つの新サービスも
IoTプラットフォームを提供するソラコムが、本格的な海外展開を開始した。2016年7月13日、世界120カ国を超えるグローバル対応を発表。またネットワークセキュリテイとIoT端末へのリモートアクセスで、新サービスをリリースした。(2016/7/13)

CAE事例:
ホンダとマツダが語った「“使えるクラウドCAE”実現に必要なこと」
日本自動車工業会のCAEクラウド調査タスクのチームは、MSCのユーザーイベントにおいて、クラウドCAEに関する調査の経過報告を行った。クラウドプロバイダーやソフトウェアベンダーとのディスカッションを重ねるとともに、セキュリティの調査やベンチマークなどを実施してきたという。(2016/6/27)

パブリッククラウドの活用メリットを最大化する
AWS活用のボトルネックになりがちな「回線」をセキュアに構築するには
多くの企業がパブリッククラウドでITシステムを構築している中、案外重要なのがネットワーク回線だ。インターネットVPNにも専用線にも一長一短がある。何を選べばいいのか。(2016/5/31)

リバーベッドが「SteelConnect」でSD-WAN市場に参入、次世代ファイアウォール機能搭載
リバーベッドは2016年4月26日、「Riverbed SteelConnect」を日米同時に発表し、SD-WAN市場に参入した。グローバルにポリシーを設定してネットワーク接続ポイントに一括配信できる機能や、アプリケーション、ユーザーの認識に基づくセキュリティ機能が特徴。(2016/4/27)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ASEAN市場でプレゼンスの高い日本企業――成功のための経営戦略とIT戦略を学ぶ
巨大市場となるASEAN。文化も経済状況も異なる国の集合体で、日本企業が成功するためには、どのような経営戦略とIT戦略が求められているのだろうか。(2016/3/31)

DRBDの仕組みを学ぶ(9):
クラウドサーバと結ぶVPN環境を「OpenVPN」で構築する(後編)
災害対策システムのための「VPN環境を構築する方法」を解説する本稿。前編は、「OpenVPN」のインストールと設定方法を解説しました。後編では、その設定を済ませ、実際にシステムを稼働させるまでを解説します。(2016/3/17)

DRBDの仕組みを学ぶ(8):
クラウドサーバと結ぶVPN環境を「OpenVPN」で構築する(前編)
万一の時にも、業務に影響を与えない/自動的に復旧することを目指す「災害対策システム」。今回はオープンソースのVPNソフトウェア「OpenVPN」を使い、遠隔地のサーバとのVPN環境を構築する具体的な方法を説明します。(2016/3/16)

東西DCを閉域網接続:
IDCフロンティア、東西リージョン間のクラウド接続を無料提供
IDCフロンティアは、同社の「IDCFクラウド」で、東日本リージョンと西日本リージョンを同社の閉域網で接続する機能を無料で提供する。(2016/2/26)

DRBDの仕組みを学ぶ(7):
今こそ真剣に考える「災害対策システム」──クラウドと「DRBD Proxy」ですぐ構築する方法
「災害対策」を行っていますでしょうか。必要とは理解しつつも、高額で手をつけられない事情も多くあるでしょう。今回は、中堅中小企業でもソフトウェアのみですぐ実行できる、災害対策システムを構築する方法を解説します。(2016/2/15)

オートモーティブワールド2016:
印刷会社が車載セキュリティ!? DNPが参入を宣言
大日本印刷(DNP)は、「オートモーティブワールド2016」において、自動車へのサイバー攻撃を防ぐ車載セキュリティソリューションを紹介した。(2016/1/25)

理想的なクラウド基盤を構築する方法【第5回】
「ハイブリッドクラウド」に行きたくても行けないネットワーク的理由
ハイブリッドクラウドの根幹である「プライベートクラウドとパブリッククラウドをどのように接続するか」をテーマに、SDNを用いたネットワーク構成、主要なパブリッククラウドの接続方式について解説する。(2015/11/9)

NTT ComとBoxが協業、通信経路のセキュリティ強化へ
クラウドストレージでのファイルの保管や共有におけるセキュリティ対策を大幅に向上させる。(2015/6/16)

失敗しない「学校IT製品」の選び方:シンクライアント編【後編】
Chromebookが救世主に? 「シンクライアントは高すぎる」という学校への代替策
シンクライアントシステムは教育機関にとって、セキュリティ面や管理面でさまざまな利点があるが、膨大な導入コストがネックとなる。だが実は、コストが抑えられる代替策は幾つかある。(2015/5/11)

Tech TIPS:
ChromebookでVPNを設定する
外出先からインターネットを使って社内ネットワークにアクセスする際や、公衆無線LANサービスでセキュリティを確保する際にインターネットVPNが利用される。そこでChromebookでVPNを設定する方法を紹介する。(2015/4/3)

ネットワーク製品導入に関する調査リポート
SDNや無線LANに高い関心、読者調査から読むネットワーク担当者の課題
TechTargetジャパン会員を対象に、「ネットワーク製品の導入に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。(2015/2/16)

企業での導入が加速するMicrosoft Azure専用線接続サービス:
高速で安全、安定した専用線接続が理想のシステム構築のカギに――マンパワーが「ExpressRoute」を導入した理由
2015年1月、マンパワーグループはMicrosoft Azureとの閉域網(専用線)接続サービス「Microsoft Azure ExpressRoute」の本番利用を開始した。Express Route導入の背景や経緯を、マンパワーグループの佐藤康夫氏と井上高明氏、そして導入を担当したシステム コンサルタントの西畑伸一氏に聞いた。(2015/2/2)

PR:グローバル市場を狙うパイオニアVCが選んだIBM SoftLayerの魅力とは?
製造・文教市場を中心に多数の顧客を抱えるパイオニアVCは、10月にビジュアルコラボレーションの新サービス「xSync(バイシンク) Prime」をスタートさせた。同社はサービスの提供基盤にIBMのクラウド・サービス「IBM SoftLayer」を選定、ビジュアルコラボレーションという新分野でのグローバル市場でナンバーワンを目指すという。幾多のIaaSサービスの中で、IBM SoftLayerがなぜ選ばれたのだろうか。(2014/10/8)

クラウド型コンタクトセンターの魅力とは
コンタクトセンター運営のプロが語る、クラウド時代のコンタクトセンター選びのポイント
企業と顧客をつなぐ重要なコミュニケーション拠点であるコンタクトセンターに、クラウド化の波が押し寄せている。専門家はこれをどう見ているのか。クラウド型ならではメリットやサービス選定のポイントを聞いた。(2014/9/24)

豊富な機能、高品質なクラウド&ネットワーク基盤に注目
“コンタクトセンター=オンプレ”は過去の常識 進化したクラウド型コンタクトセンターの今
“コンタクトセンターはオンプレミスでなければ使えない”は過去の常識にすぎない。今やクラウド型でも主要機能は当たり前、さらにクラウドならば柔軟性や迅速性が得られ、コスト削減も実現することができる。(2014/8/26)

ホワイトペーパー:
3時間のバックアップを30分に短縮、一部上場駐車場運営企業の遠隔バックアップ方法
事業継続計画(BCP)対策の一環としてSAP ERPシステムの効率的なバックアップ方法を検討していた一部上場企業のパカラ。同社が成し遂げた基幹システムの遠隔バックアップ/リストア方法を詳しく紹介しよう。(2014/6/26)

情報システム担当者のための「突撃! 隣のセキュリティ」:
「100年前から情報セキュリティ」――凸版印刷に見る大規模企業の対策と現実
サイバー空間の脅威から自社を守るために、情報システム担当者はセキュリティ対策の在り方を常に考える必要がある。本連載ではJPCERTコーディネーションセンターの情報セキュリティアナリスト、瀬古敏智氏が企業の情報セキュリティ対策事例を取材。エキスパートの視点から取り組みのポイントを分かりやすく解説する。(2014/6/11)

ビットアイルとマイクロソフトの強力タッグがクラウドを加速:
PR:クラウドのさらなる活用に向けて最適なインフラ構築を支援していく
2014年2月、マイクロソフトは「Microsoft Azure」の国内データセンターを開設。また、ビットアイルもMicrosoft Azure関連のサービスを積極的に展開中だ。ここにきて両者の協業はより密になっている。今後、両者はどのような形でクラウドの価値を提供してゆくのか――。(2014/5/12)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/2/17)

NTT Com、パブリッククラウド「Cloudn」にVPN接続の新サービス
NTTコミュニケーションズは「Bizホスティング Cloudn」で、VPN接続による仮想プライベートクラウドサービスを提供する。(2014/1/29)

Microsoft Remote Desktopの基礎と実践:
最終回 遠隔地のAndroid/iOS端末から社内PCにリモートデスクトップ接続する
普段から持ち歩くiOS/Androidスマートフォン/タブレットにとって、外出中にこそリモートデスクトップ接続をする機会は多いはずだ。そこで社外すなわちインターネット経由で社内PCにリモートデスクトップ接続をする方法について解説する。(2014/1/8)

ネットワーク製品の導入状況に関する調査リポート
OpenFlowに関心は20%超、読者調査が示すネットワーク最新動向
ネットワーク運用やネットワーク機器の導入に関する調査リポートからは、読者が悩んでいるポイントや、今後のIT投資の方向性が見える。リポートの概要を紹介する。(2013/12/18)

Windows 8.1クロスロード:
第5回 BYODをサポートするワーク・フォルダ
ワーク・フォルダは、複数のWindows 8.1 PCやモバイル・デバイスの間でユーザー・ドキュメントなどを共有・同期させる機能。ワーク・フォルダに保存された情報はクライアント・デバイスへダウンロードされ、オフラインでも自由に閲覧・編集できる。(2013/11/28)

Windows Server 2012 R2パワー:
第2回 Windows Server 2012 R2の主要な改善点
リリースが開始された次期Server OSであるWindows Server 2012 R2の概要解説の後編。今回はワーク・フォルダや階層化記憶域、Hyper-Vの第2世代サポートなど主要な改善点を解説しておく。(2013/10/24)

日本HPがルータ市場に参入、企業向けに6シリーズを展開
エンタープライズ向けルータ「HP HSR Routerシリーズ」「HP MSR Routerシリーズ」を投入し、LANからWANまでを含めたトータルネットワークソリューションを提供するという。(2013/10/17)

導入事例:
KHネオケム、クラウドサービスの活用でITインフラの早期構築を実現
共通IT基盤サービスやハウジングサービスなどNECのクラウドサービスおよび各種サービスを活用し、ITインフラの早期構築を実現した。(2013/9/17)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
ノマドワーカーに告げられた契約解除、歩き回って判明した原因
個人事業主で企業のプロモーションなどをサポートしている人物から、「契約解除を告げられたが、理由は分からない」と相談が寄せられた。本人は気づかない日常行動の中にその原因が見つかったものである。(2013/9/13)

IPベースのVPNサービス市場は3.0%減――IDC予想
IDC Japanが国内WANサービス市場予測を発表。今後もマイナス傾向になるとみる。(2013/8/27)

ビジネスニュース 企業動向:
1種類のSIMカードで全世界対応、ボーダフォンのグローバルM2Mサービス
ボーダフォンは、世界最大級の通信業者としての強みを生かしつつ、M2M(machine-to-machine)事業においても全世界で約250人の専任チームを配置するなど、M2Mサービスのサポート体制を整える。日本では、自動車や民生電子機器、産業機器の3分野を中心にM2M事業の拡大を狙う。(2013/5/20)

グローバルの情報活用を支えるM2M ボーダフォンが最新事情を披露
センサー機器などの情報をリアルタイムに活用する「M2M」について、ボーダフォンが自動車保険や海上輸送での新たなユースケースを紹介した。(2013/5/16)

Gartner Summit Report:
キャリアが展開するグローバルクラウドの最前線
企業でのクラウド利用が広がる中、通信事業者大手のNTTコミュニケーションズが同社の掲げる「グローバルクラウドビジョン」の最新動向を明らかにした。(2013/4/25)

NTT Com、ミャンマーの多国籍オフィスビルにICTサービスを提供
旧首都のヤンゴン市にある「SAKURA TOWER」のテナント向けに、ICTサービス基盤の構築や運用サポートのサービスを開始する。(2013/4/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。