ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「企業再生支援機構」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「企業再生支援機構」に関する情報が集まったページです。

視点:
データ資本主義がもたらす人間中心の社会〜思考のROI(投資対効果)最大化〜
「データは新しい石油(Data is the new oil)」といわれているが、企業にはさまざまなデータ、あるいはデータ化されていないアナログ情報が活用されずに眠っている。(2020/2/17)

【日航破綻10年】当時の経営陣は「八百屋の経営もできない」
「当初から会社更生法を適用させるべきだと考えていた」。国土交通副大臣として平成21年10月に政府が立ち上げた日本航空再建対策本部の事務局長に就任し、奔走した辻元清美氏は当時を振り返ってこう語った。(2020/1/22)

視点:
企業の変身力を高める適所適財型BPR〜生産性に対する誤解を超えて〜
事業は人なり。「個」人の適所適財なくして需要創造はおぼつかない。(2020/1/8)

視点:
もうひとつのMaaSがもたらす製造業の構造変化〜データ駆動型B2Bシェアリング経済の台頭〜
Manufacturing as a Serviceの最終形はまだ流動的だが、さまざまな領域のIIoTを統合するサービスを形成すべく、機械製造設備メーカー、大手システム事業者、ソフトウェア企業の三者協働が進んでいくだろう。(2019/12/25)

視点:
非金銭価値の流通するトークンコミュニティー〜評価経済社会で輝く仮想通貨〜
金融から非金融への拡大するロックチェーン。製品の製造、流通、販売過程の追跡や、シェアリング事業における提供者、利用者の評価情報の記録など、その適用領域は多岐にわたる。(2019/12/18)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(10):
大手金融機関の誘いに乗って「金融デリバティブ商品」に手を出した食品卸会社の末路
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/11/6)

エムシ―インベストメント01/アーク:
モビリティ分野での事業拡大を視野に、三井化学子会社がアークの買収を発表
三井化学の子会社であるエムシ―インベストメント01は、試作や設計支援サービスなどを提供するアークを買収すると発表した。(2017/12/15)

製造マネジメントニュース:
三井化学子会社がアークを買収、モビリティ分野の事業拡大目指して
三井化学は同社子会社のエムシーインベストメント01が、試作や設計支援サービスなど提供するアークを株式公開買い付けで買収すると発表。アークの設計試作や設計支援サービスで培った技術や経験を生かし、収益の中核となるモビリティ分野の事業拡大を狙う。(2017/12/1)

水曜インタビュー劇場(JAL公演):
破たん前と破たん後で何が違うのか JALの金銭感覚
2010年1月、JALが破たんした。訪日外国人客の増加などの影響を受け、直近の決算は絶好調だが、破たん前、社内はどのような状況だったのか。当時の状況を詳しく知る、同社・人財本部の野村直史部長に話を聞いた。(2015/10/7)

旧ヤマギワが特別清算開始
旧ヤマギワが社名変更した「神田不動産開発」が12月7日に東京地裁から特別清算開始決定を受けた。負債総額は約93億9300万円。本業は新「ヤマギワ」に引き継がれている。(2011/12/19)

JALが教えてくれる「業績低迷後のコスト削減は焼け石に水」
リーマンショック以降の不況に対して、各社はコスト削減で生き残りを図ってきた。最近になり、景気底打ちの声も聞かれ、「よしコスト削減は終わった。これからは攻めだ」と考える経営者も多いかもしれない。しかし実はそうした考えは誤りで、「攻めの時こそコスト低減の時である」ということを、会社更生手続き中の日本航空をケースに学ぶ。(2010/7/30)

KDDI高橋氏、田中氏が代表取締役に、ウィルコム久保田前社長は退任
2010年3月期の決算が各社から発表されるのに合わせ、役員の新任や異動が多くなる4月下旬。KDDIでは高橋誠氏や田中孝司氏らが代表取締役に昇格する人事などが発表された。一方ウィルコムは、管財人代理の久保田幸雄氏の退任を発表した。(2010/4/23)

ウィルコム再生 PHSは継続、XGPは新会社に譲渡
ウィルコムの再生支援に関する枠組みが正式に決まった。アドバンテッジパートナーズ(AP)が出資して既存のPHS事業はウィルコムが継続。XGPはソフトバンクとAPなどが出資する新会社が継承する。(2010/3/12)

ウィルコム支援が正式決定 XGP切り離し、ソフトバンクなどに譲渡
ウィルコム支援が正式に決定。XGPは切り離し、ソフトバンクとアドバンテッジパートナーズが出資する新会社に譲渡する。(2010/3/12)

神尾寿のMobile+Views:
見えぬ「選択と集中」、迫る「タイムリミット」 ウィルコムは再生できるのか
2月18日に会社更生法の適用を東京地裁に申請したウィルコム。国内第4位のモバイル通信事業者の今後どうなるのか、そして再建への取り組みは成功するかを考えてみる。(2010/2/22)

重かったXGP投資、外れたストーリー──ウィルコム、自力再建断念への道
ウィルコムが自力再建を断念した。期待の次世代サービス「XGP」の投資負担を現行PHSでまかなうという目論見が外れ、資金不足に苦しみ続けた上での決断だった。(2010/2/18)

経営破綻の背景は:
かさむXGP投資、PHSとの両立が難しく――ウィルコム 久保田氏
ウィルコムの代表取締役社長を務める久保田幸雄氏が会見を開き、会社更生法申請の背景と今後の再建策について説明。XGPへの投資がかさみ、PHSサービスとの両立が難しくなったためだという。(2010/2/18)

ウィルコムが会社更生法申請を発表 負債総額2060億円
PHS事業を展開するウィルコムが会社更生法の適用を申請。負債総額は通信事業者としては最大規模の2060億円。企業再生支援機構やソフトバンクなどの支援を受け、再建を目指す。(2010/2/18)

(ほぼ)完全収録:
日本航空再生の青写真は描けるか――稲盛和夫新会長就任会見
日本航空は2月1日、同日付で就任した稲盛和夫新会長、大西賢新社長の記者会見を行った。1月19日に会社更生法の適用を申請し、企業再生支援機構の支援のもと、再生への道のりを歩み始めている日本航空。京セラやKDDIの経営で腕を振るった稲盛氏は、再建に向けてどのような青写真を描いているのだろうか。会見の模様を詳しくお伝えする。(2010/2/2)

ウィルコムが会社更生法活用で最終調整との報道
事業再生ADRの手続きを進めているウィルコムが、企業再生支援機構やソフトバンクと、会社更生法を活用して再建する方向で最終調整に入ったと一部メディアが報じた。(2010/1/27)

ウィルコム「更正法活用で再建へ」報道にコメント
ウィルコムが会社更生法を活用して再建を目指す方向と伝えた一部報道について同社は、「当社が発表したものではない」とするコメントを発表した。「ADR成立に向けて鋭意調整を進めている」としている。(2010/1/27)

ウィルコムが企業再生支援機構を活用、ソフトバンクが出資との報道
複数の報道機関が1月15日、現在事業再生ADRの手続きを進めているウィルコムが、企業再生支援機構を活用した再建を目指す方向と報じた。(2010/1/15)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
米国株安などを受け一時大幅安となるも、買い戻しもあって底堅い展開
(2009/10/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。