ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「花王」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「花王」に関する情報が集まったページです。

医療機器ニュース:
皮脂RNAデータとAI技術を融合、肌状態を推測するカウンセリングサービスを構築
花王とPreferred Networksは、皮脂RNAモニタリング技術の実用化に向け、「Kao×PFN皮脂RNAプロジェクト」を開始する。第1弾として、AI技術を応用し、将来の肌状態を推測する美容カウンセリングサービスを開発する。(2019/12/3)

材料技術:
1μm以下の「糸」が織りなす極薄膜が化粧品に、医療展開も視野
花王は2019年11月1日、同社が開発している積層型極薄膜形成技術「Fine Fiber Technology(ファインファイバーテクノロジー)」の事業化を開始すると発表した。同技術を初めて応用する製品は化粧品(スキンケア)領域で、同年12月4日より国内市場から展開を始める。(2019/11/5)

パナソニックも技術協力:
糸を吹き付けて作る“はがせる皮膚”、花王が商品化 幅広い応用目指し他社へ呼びかけ
(2019/11/1)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(3):
花王・アマゾン・アスクルの事例に学ぶ、デマンドチェーンマネジメントの重要性
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第3回は、サプライチェーンの川下にあたる流通・小売プロセスでの先進事例を紹介するとともに、「デマンドチェーンマネジメント」の重要性について説明する。(2019/10/15)

製造マネジメントニュース:
「2019年度 GOOD FACTORY賞」受賞企業を発表、オムロンなど
日本能率協会は、優良工場表彰制度「2019年度 GOOD FACTORY賞」の受賞企業として、オムロン、オリンパス、花王、コニカミノルタ、ダイキン工業、デンソー、東レの7社、7工場を発表した。(2019/9/12)

花王化粧水の英文パッケージをよく見たら関西弁 裏コンセプトは「そんなに頑張らんでもええんやで」
「メンズビオレSMART」のパッケージがイケてます。(2019/9/11)

顧客起点のマーケティングに向けて:
花王×パナソニックのキーパーソンが本音で議論 マス向け商材メーカーはCRMに向かないか
あらゆる企業が顧客中心のマーケティングを叫ぶが、現実的にはマス向け商材を扱う大手メーカーは必ずしもCRMと相性が良いとは言えないようだ。マーケターの本音に耳を傾けてみよう。(2019/8/29)

漂白剤を使ったのに洗濯物が桃色になっちゃった!?→花王「日焼け止めの影響かもしれないから諦めないで」
洗剤につけ置きしてもみ洗いをすれば、元に戻る可能性は高いとのことです。(2019/8/20)

医療機器ニュース:
シート式圧力センサーを用いた足圧総合評価システムを開発
花王は、シート式圧力センサーを活用して歩行時の足圧を測定し、データを解析する「足圧総合評価システム」を開発した。足指面積率、足型判定の結果から、ヒトの歩いている動作の特徴を解析する。(2019/7/18)

「CHICCA」2019年秋にブランド終了 花王広報部「グループ全体の事業戦略見直しの一環」
ブランド誕生から約11年。(2019/7/1)

製造IT導入事例:
社内外の情報を横断的に検索できる統合検索システムの構築を支援
日本IBMは、花王向けに複数のシステムを横断して社内外の情報を検索できる「統合検索システム」の構築を支援した。「IBM Watson Explorer」を利用して、商品情報や試験情報などを横断的に検索できるようにした。(2019/6/28)

医療機器ニュース:
皮脂中にRNAが存在することを発見、目に見えない肌の状態まで把握可能に
花王は、人の皮脂中にRNAが安定的に存在することを発見し、皮脂中のRNA発現情報を解析する独自技術「RNA Monitoring(RNAモニタリング)」を確立したと発表した。(2019/6/21)

「女子就活生の人気企業」ランキング、上位だったIT企業は……?
「楽天みん就」が、2020年に卒業予定の女子学生を対象にした人気企業ランキングを発表。1位は資生堂、2位は花王、3位はコーセーが入り、化粧品メーカーが上位を独占した。上位だったIT企業は……?(2019/6/7)

リテールテックJAPAN 2019:
サプライチェーンの抜本的変革目指す製配販連携協議会、インバウンドにも対応
流通情報システムの総合展示会「リテールテックJAPAN 2019」(2019年3月5〜8日、東京ビッグサイト)の「流通システム標準化の最新動向」をテーマとしたセミナーに花王グループカスタマーマーケティング 流通開発部門 KCT推進部 部長の斎藤伸也氏が登壇。「多言語商品情報プロジェクトと製配販連携協議会の動向」と題し講演を行った。(2019/5/20)

太陽光:
再エネ活用を進める花王、2工場に自家消費型の太陽光発電を導入
CO2排出量の削減に向けて再生可能エネルギー活用を推進している花王グループ。新たに栃木工場(栃木県市貝町)と豊橋工場(愛知県豊橋市)で、自家消費型太陽光発電設備の運用を開始した。(2019/4/12)

2人とも親の顔だ 平愛梨と長友佑都、花王「メリットシャンプー」のCMでCM初共演
入浴シーンは長友さんが担当。(2019/3/22)

イベントとかに持っていきたいやつー! 花王「どこでも袋でお洗たく」発売
便や尿汚れは専用の別商品もあります。(2019/3/14)

柔軟なアカウント運用がもたらすメリット:
花王とサッポロビール 実は今までLINEを使っていなかった2社が新LINE公式アカウントで実現したいこと
2019年2月に開催された「LINE Biz-Solutions Day 2019」から、LINE公式アカウントのリデザインを機にLINE導入に踏み切った花王とサッポロビールの事例を紹介する。(2019/3/1)

花王×進撃の巨人コラボ「アタック」 on Titan第2弾ボトルが発売 第1弾も同時再販決定!!
「ほぅ…悪くない…」(2019/1/25)

蓄電・発電機器:
シリコンを上回る変換効率、量子ドット太陽電池の新製法を開発
花王、東京大学、九州工業大学の研究グループは高いエネルギー変換効率が期待できる「中間バンド型量子ドット太陽電池」を、液相法で作製する技術の開発に成功。世界初の成果であり、安価かつ軽量で、フレキシブルな高効率太陽電池の研究開発の加速に貢献するものとしている。(2019/1/15)

医療機器ニュース:
極細繊維による積層型極薄膜を肌表面につくる技術を開発
花王は、直径がサブミクロンの極細繊維を肌表面に噴きつけて積層型極薄膜をつくる「Fine Fiber技術」を開発した。この技術により、体中のさまざまな部位の3次元形状や面積に合わせた膜を肌表面に自在に形成できる。(2018/12/10)

自然エネルギー:
花王が「CO2ゼロ工場」を実現、太陽光+非化石証書で
花王が愛媛工場においてCO2排出量ゼロを達成。工場に導入した太陽光発電設備と非化石証書を使用した電気を調達することで達成した。(2018/12/7)

恋の障害は“武勇伝盛り盛り上司”や“ウェーイな新人” 花王の“社内恋愛あるある”動画、メンツのクセが強すぎる
あるある……?(2018/11/14)

「変身時になぜか肌が発光」「妖精が学校に紛れ込む」 花王、ベタな“魔法少女あるある”アニメでヘアカラーをPR
キーワードは「大人だって変身できる」。(2018/11/12)

ナプキンを手裏剣のようにシュッ 花王「ロリエ」、ベトナム版CMがスパイ映画風でかっこいい
言葉は分からないものの、映像だけで薄さと吸水性が伝わってくる。(2018/8/16)

人気VTuber「月ノ美兎」と話せる洗濯機、花王が開発 体験者募集中
人気のVTuber「月ノ美兎」が、花王の衣料用漂白剤PRに起用された。月ノ美兎とリアルタイムに会話できるという洗濯機を花王が開発。8月1日の1日限定で、体験したい人を30人募っている。(2018/7/19)

野原ひろしのクサい靴下VS花王アタック&シャープの洗濯機、“最臭決洗”の結果は?
洗えば何とかなるという希望が生まれた。(2018/7/2)

「ひろしの靴下」vsシャープの洗濯機&花王「アタック」、7月2日開戦 連合軍は悪臭を落とせるのか?
Twitter公式アカウント同士の交流がカオスなバトルへ発展。(2018/6/27)

花王かたり「プレゼント当選」装う 詐欺メールに注意喚起
花王を装い、「プレゼント当選」と称して個人情報の返信を求めるメールが出回っているとし、花王が注意を呼びかけている。(2018/6/22)

久川綾さん演じるブルマが登場 花王が「ドラゴンボール」コラボCM公開
先日、手違いで一時公開されて話題になっていました。(2018/2/20)

ポケGOの楽しさが「心身」動かす 花王調査
ポケモンGOを始めたことで、プレイヤーの行動や気持ちに変化が見られることを、花王のアンケート調査が報告している。(2017/10/6)

シャンプーボトルのギザギザ、実は花王の発明って知ってた? あえて実用新案登録を取り下げ、業界全体に普及
目を瞑っていてもどれがシャンプーボトルか分かる親切設計。(2017/9/4)

日本能率協会:
「2017年度 GOOD FACTORY賞」受賞の優良6工場を発表、NEC、花王、ダイキンなど
日本能率協会は、「2017年度 GOOD FACTORY賞」の受賞企業として、6社(工場)を発表した。(2017/9/1)

「対昆虫用決戦兵器です。間違いありません」 花王「キュキュット」Amazonレビューに1400人が“役に立った”
リセッ◯ュと合わせればコバエも倒せる。(2017/8/27)

製造マネジメントニュース:
NECや花王、ダイキン工業など優良工場6工場を発表――「GOOD FACTORY賞」
日本能率協会は「2017年度 GOOD FACTORY賞」の受賞企業を発表した。アジア地域に進出している製造業の生産性や品質の向上、改善活動に成果を上げた優良工場を表彰するもので、第7回となる今回は中国、ベトナム、日本の6社(工場)が受賞した。(2017/8/21)

敏感肌向け「キュレル」:
“肌の悩み”をなくしたい 花王ベテラン研究員の挑戦
肌荒れなどのトラブルを起こしやすい乾燥性敏感肌向けのスキンケア商品「キュレル」シリーズ。その研究開発を担当する花王の高橋昭彦さんは、“肌の悩み”に向き合いながら、技術開発に挑んでいる。(2017/7/27)

【連載】ニューロマーケティングで「1つ上」のCRM 最終回:
そのとき顧客の感情が動いた――Yahoo! JAPAN、花王グループカスタマーマーケティング、京都市役所の事例
脳科学の知見を応用して顧客の本音を探る「ニューロマーケティング」。今回はYahoo! JAPAN、花王、京都市役所における活用事例を紹介する。(2017/7/10)

清水富美加さん「ニベア」サイトから消滅? 花王は「たまたま新商品との切り替え時期と重なった」と説明
個別商品ページでは現在も清水さんの姿が確認可能。(2017/2/13)

食器用洗剤で野菜を洗うのはアリだった? 食器用洗剤の注意書きがネットで話題に 花王「何ら問題ありません」
意外と気付かないものですね。(2016/11/17)

星9つ! 花王「ヘルシアスパークリング バレンシアオレンジフレーバー」をレビュー!
今回選んだのは花王の「ヘルシアスパークリング バレンシアオレンジフレーバー」(193円/税込、店頭価格)です。(2016/10/28)

星8つ! 花王「ヘルシア モルトスタイル」をレビュー!
今回選んだのは花王の「ヘルシア モルトスタイル」(194円/税込、店頭価格)です。(2016/7/27)

星6つ! 花王「ヘルシア緑茶 350mlスリムボトル」をレビュー!
今回選んだのは花王の「ヘルシア緑茶 350mlスリムボトル」(194円/税込、店頭価格)です。(2016/7/26)

星満点! 花王「ヘルシアスパークリング ピンクグレープフルーツフレーバーa」をレビュー!
今回選んだのは花王の「ヘルシアスパークリング ピンクグレープフルーツフレーバーa」(193円/税込、店頭価格)です。(2016/7/5)

星6つ! 花王「ヘルシア紅茶 ストレートティー ほのかな甘さ」をレビュー!
今回選んだのは花王の「ヘルシア紅茶 ストレートティー ほのかな甘さ」(194円/税込、店頭価格)だ。(2015/10/1)

星10点満点! 花王「ヘルシアウォーター ウメ味」をレビュー!
今回選んだのは花王の「ヘルシアウォーター ウメ味」(193円/税込、店頭価格)だ。(2015/10/1)

神奈川県川崎市の工場で火災が発生 羽田空港対岸に見える大きな黒煙の画像の投稿も
日鉄住金鋼管の倉庫で火災が発生し、花王の工場の一部に延焼。(2015/8/24)

星9つ! 花王「ヘルシア スパークリング ピーチフレーバー」をレビュー!
今回選んだのは花王の「ヘルシア スパークリング ピーチフレーバー」(193円/税込み、店頭価格)だ。(2015/7/16)

手のひらに小さな魔法!:
ミッキー泡で手を洗おう! 東京ディズニーリゾートに「ハンドウォッシングエリア」登場
花王が2つのアトラクションのスポンサーになりました。それと同時に、ちょっとびっくりするような「魔法」体験が……?(2015/7/1)

LED照明:
9万本の水銀灯と蛍光灯をLED照明に、花王が年間820万kWhの電力削減へ
花王はグループ企業を含めて国内の事業場で使っている水銀灯と蛍光灯を撤廃して全面的にLED照明へ切り替える。グループ全体で約9万本にのぼる照明を対象に2018年度までに完了させる計画だ。年間に820万kWhの電力を削減できる見込みで、2300世帯分の使用量に相当する規模になる。(2015/5/25)

星9つ! 花王「ヘルシアスパークリング レモン」をレビュー!
今回選んだのは花王「ヘルシアスパークリング レモン」(193円/税込み、店頭価格)だ。(2015/5/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。