ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

  • 関連の記事

「KDDIウェブコミュニケーションズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「KDDIウェブコミュニケーションズ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

大阪駅のBad UX、マイルドヤンキー、反復プロセス、脱コミュ症、組織UX――UXデザインの今が分かる「UX JAM11」レポート
UI/UXの情報を配信するメディア「UX MILK」が2016年8月31日にUXをテーマにしたイベントを開催。7つのライトニングトークの模様をレポートする。(2016/9/15)

クラウドAPIのTwilioが株式公開へ
FacebookのWhatsAppやUberも採用するクラウドAPIサービスのTwilioが株式公開する。上場先はニューヨーク証券取引所(NYSE)で、ティッカーシンボルは「TWLO」だ。(2016/5/27)

写真や動画が主役のビジュアルブログサービス「g.o.a.t」 縦書き対応で雑誌風レイアウトも
写真や動画を中心としたビジュアルブログサービス「g.o.a.t」ベータ版の事前登録が始まった。6月から順次提供する。(2016/5/12)

特集:FinTech入門(7):
銀行APIの公開で便利で面白い金融サービスは生まれるか――12の多彩なアイデアが完成度を競ったFintech Challenge 2016
三菱東京UFJ銀行は、FinTechをテーマとしたハッカソンイベント「Fintech Challenge 2016 “Bring Your Own Bank!”」を開催した。この記事では、ハッカソン最終日に行われた12チームによるプレゼンテーションの概要と、審査結果をレポートする。(2016/4/6)

リクルート、順番待ち管理アプリ「Airウェイト」に「twilio」を活用した電話呼び出し機能を追加
リクルートライフスタイルは、順番待ち管理アプリ「Airウェイト」にKDDIウェブコミュニケーションズのクラウド電話API「twilio」を活用した電話呼び出し機能を追加した。(2015/6/4)

中身は金額の倍以上!:
OneMe Storeスタッフセレクトのガジェットセット「OneMe Box」が限定販売
KDDIウェブコミュニケーションズが、ガジェット専門オンラインショップ「OneMe Store」の1周年を記念して、限定30セットで「OneMe Box」を販売する。価格は1万5000円から10万円。中身はスタッフのセレクトしたガジェットだ。(2014/12/11)

bash脆弱性、国内メーカーの対応まとめ(10月7日現在)
バッファローやNECなど各社の主な更新情報をアップデートした。(2014/10/7)

bash脆弱性、国内メーカーの対応まとめ(10月3日夜現在)
アイ・オー・データ機器やバッファローのNAS製品などについて追記した。(2014/10/3)

bashの脆弱性、国内メーカーの対応状況 10月2日夕方現在のまとめ
NECやトレンドマイクロ、ソリトンシステムなどの製品の脆弱性対応などについて追記した。(2014/10/2)

クラウド電話API「Twilio」、「0120」番号の提供開始
KDDIウェブコミュニケーションズが国内展開するクラウド電話API「Twilio」が、「0120」から始まる着信者課金番号の提供を始めた。従来の050番号の利用料金も値下げし、導入企業・サービスの増加を見込む。(2014/4/9)

イベントレポート:
世界がフラットなら、楽園から世界を変えられるんじゃないか? 「Re:charge」プロジェクトの挑戦
Web制作の現場は過酷、だけど、田舎に戻っても仕事があるかどうか……。そんなことを考えているうちに、また納期が迫り、今日も仕様の手のひら返しで残業? 「フラット化」した世界のノマドワークなら、そんなことを考える必要はないのかもしれない。(2013/12/24)

将来的にはCtoCも視野に:
持つモノをこだわる人に――30〜50代男性向け“オシャレ”ガジェットECサイト「OneMe」
KDDIウェブコミュニケーションズは、各地域のクリエイターと一緒に作る“オシャレ”ガジェットECサイト「OneMe」を11月19日にオープンする。「私にとっての1つ」をコンセプトに、将来的には個人間取引(CtoC)も視野に入れている。(2013/10/10)

PSDファイルもそのままアップ Web制作向けコラボツール「corabbit」正式版リリース
KDDIウェブコミュニケーションズは、クラウド型コラボレーションツール「corabbit」の正式版をリリースした。Web制作など、大量の画像を扱うプロジェクトに適した機能を盛り込む。(2013/10/9)

KDDIウェブがクラウドソーシング3社と提携――フリーランス支援を強化
KDDIウェブコミュニケーションズはエンジニアやデザイナー向けコラボレーションサービス「corabbit」を正式オープン。クラウドソーシングを提供する各社との提携を発表した。(2013/10/9)

WordPress利用サイト改ざん、レンタルサーバ「CPI」が注意呼び掛け
「ロリポップ」に続き「CPI」でも、WordPrssを利用しているサイトへの不正アクセスや改ざん被害が増加。運営元が注意を呼びかけている。(2013/8/30)

デジタル時代のマーケッターに問う(後編):
注力すべきはペイドメディア? それともオウンドメディア?
「そもそもデジタルマーケティングとは何なのか」というテーマで始まったパネルディスカッション。失敗事例から業界に求められるデジタルマーケッターのあり方を考える。(2013/6/21)

デジタル時代のマーケッターに問う(前編):
デジタルマーケッターよ、デジタル“だけ”マーケティングをしていないか?
6月13日に開催されたイベント「Adobe Digital Marketing Forum」において、「そもそもデジタルマーケティングとは何なのか」というテーマでパネルディスカッションが行われた。(2013/6/20)

Androidアプリちょい足し開発レシピ(2):
TwilioとRailsで作る、電話でテキスト読み上げアプリ
AndroidアプリにさまざまなWebサービスやライブラリを「ちょい足し」することで魅力的なアプリに大変身させる方法を紹介する連載。クラウド電話APIサービスTwilioを使った「自動音声読み上げツール」の作り方を紹介。サーバサイドはRuby on Railsで作成します。(2013/5/24)

数十兆円市場のテレコム関連市場に狙い:
クラウド電話APIのTwilioが日本上陸、創業CEOに聞いた
クラウド上で電話向けAPI群を提供する急成長中のベンチャー、TwilioがKDDIウェブコミュニケーションズと組んで国内での提供を開始した(2013/4/17)

UXClip(13):
Coda 2かSublime Text 2か。あなたはどちらのエディタ派?
「Coda 2かSublime Text 2か」で、Web制作の開発環境でよく利用されるエディタについて話し合われた「CSS Nite After Dark」をレポートする(2012/12/12)

ひとめぼれするかも?:
PR:「HTC J butterfly」タッチ・アンド・トライイベント 12月3日開催!
KDDIと台湾HTCの強固な連携のもと開発された、“すべてがハイエンド”なAndroid 4.1搭載スマートフォン「HTC J butterfly」に発売前に触れるチャンスです。12月3日、一足先に実機の魅力を体験してみませんか。(2012/11/20)

「エンジニアを楽に」──電話機能を簡単に組み込めるAPI「boundio」
KDDIウェブコミュニケーションズがクラウド電話API「boundio」の正式サービスを始めた。「開発者が電話をつないで簡単に面白いサービスを作れる」APIとして浸透させていく。(2012/4/11)

電話番号認証を御社のサイトでも――通話サービスをAPI提供「boundio」
KDDIウェブは、各種Webサービスに音声発信やテキストの音声変換機能を追加できるAPIサービス「boundio」をリリースした。(2012/4/11)

みんな気合い入りすぎ:
【超速報】エイプリルフールネタ合戦まとめ 2012年も盛り上がっていこうぜ!
今年もエイプリルフールがやってきた。ネットの盛り上がりっぷりはいかほどか? ネタ合戦に注目だー!(2012/4/1)

男は顔じゃねぇ!:
徹夜でWebアプリを作ってバレンタインチョコをゲットするイベント「恋のハッカソン」
バレンタインチョコは、プログラミングスキルでもらえばいい。徹夜でWebアプリを作り、女の子をキュンとさせるイベントが開催される。(2012/2/9)

はじめはみんなベンチャーだった:
Webサイトを作らないなんてもったいない――「みんなのビジネスオンライン」で中小企業に成長を
インターネットの利用者数は現在9000万人以上。その4割以上が企業サイトや通販サイトを利用したい一方、企業側では自社サイトの所有率が24%程度。こうした状況にGoogleがリリースしたのが「みんなのビジネスオンライン」だ。Webサイト開設の障壁である「コストとスキルと時間」問題を解決できるのであろうか。(2011/11/28)

「ぜひ無茶な使い方を」 ハイスペックで月額945円の「CloudCore」、KDDIウェブがリリース
「ちょっと前の専用サーバ並み」というハイスペックながら月額945円からという新クラウド「CloudCore VPS」をKDDIウェブコミュニケーションズがスタート。ソーシャルアプリ開発者や中小企業が簡単に利用できるクラウドを目指す。(2011/11/15)

KDDIウェブがクラウドブランド「CloudCore」新設、月額945円で「中小企業を支援」
KDDIウェブコミュニケーションズは11月15日、クラウドブランド「CloudCore」を発表。第1弾はVPSサービスの「CloudCore VPS」で、月額945円で利用できる。(2011/11/15)

Webサイトを「15分で」無料作成――Google、中小企業向けWebサイト作成支援サービス
企業のWebサイトを15分で作成できる「みんなのビジネスオンライン」をGoogleがスタート。KDDIと協業する。(2011/9/13)

Googleの考える中小企業支援とは?――「みんなのビジネスオンライン」
GoogleとKDDIは、中小企業や個人事業主が簡単に自社のWebサイトを作れるクラウドサービス「みんなのビジネスオンライン」の提供を開始した。地域経済の活性化と中小企業の情報のオンライン化を目指す。(2011/9/13)

サーバ構成の詳細、担当者とテレビ電話で相談 KDDIウェブコミュニケーションズが新サービス
Webだけでは伝えきれないサーバ構成の要望などを担当者にオンラインで直接相談できる新サービスをKDDIウェブコミュニケーションズが始めた。(2011/4/21)

認証制度を活用したセキュリティ対策再チェック:
セキュリティの運用負担を下げるサービスの利用
ITコストの多くを占める運用コストだが、特にセキュリティの負担は数字以上に重いとされる。セキュリティ対策をサービス形態で利用する意向が強まり、これに対応しようとするプロバイダー側の取り組みはどのようなものか――。(2010/11/22)

KDDIウェブコミュニケーションズ、root権限付き専用サーバでフルマネージドサービス
root権限付きレンタルサーバながら構築・運用も代行するフルマネージドサービスをKDDIウェブコミュニケーションズが開始。(2010/9/22)

最強フレームワーカーへの道:
カッコいいまとめサイトを30分以内に完成! 面倒くさがり屋にピッタリのCMS「Jimdo」
自分の「情報発信基地」として、まとめサイトを作りたい。けれどデザインやコード書きにあまり時間は使えない。「Jimdo」はそんな人にぴったりのCMSだ。(2010/3/29)

KDDIウェブコミュニケーションズ、レンタルサーバにGoogle Apps連携機能
KDDIウェブコミュニケーションズは、共有レンタルサーバで簡単にGoogle Appsを利用できる機能を追加。中小企業のIT活用を支援する。(2010/1/14)

Google Appsと連係可能なホスティングサービス、KDDI子会社が提供へ
KDDIウェブコミュニケーションズは、ホスティングサービスにGoogle Appsと連係できる機能を導入した。中小企業のクラウド型サービスの利用を支援する。(2010/1/13)

SMB向けメッセージング基盤の切り札?
「安価で高機能」、Exchange Serverホスティングの実力
企業のメッセージングサービスの中枢を担うようになったMicrosoft Exchange。だが中小企業にとって、そのサーバ構築費用や運用の負荷は決して低くはない。この問題を解決するのがホスティングサービスだ。(2009/6/26)

会社のメールを携帯で送受信できる「モバイル@ドメイン」β版が登場
(2007/5/24)

CPI、「CMSインストーラー」にZen Cartを追加
CPIは、共用レンタルサーバサービス「シェアードプラン」に最新のCMSを簡単に導入できる「CMSインストーラー」でZen Cartの対応を発表した。(2006/1/18)

7分で分かる11月のBlog界
11月に飛び交ったブログ情報には、世情を反映したもの、ブログサービスの行方を考えさせるもの、多様性に模索する事情を感じ取れるものが多かった。1カ月の情報をザッピングしていこう。(2005/12/9)

CPI、オープンソースECサーバツールの導入を支援
CPIは、共用レンタルサーバサービス「シェアードプラン」に最新のCMSを簡単に導入できる「CMS導入支援ツール」において、osCommerceへの対応を発表した。(2005/11/29)

CPI、全HDDを2重化した低価格専用レンタルサーバをリリース
CPIは初期費用8万9800円、月額1万9800円という低価格でHDDを2重化しているのが特徴のレンタルサーバプランを発表した。(2004/9/15)

ライブドア、ブログシステムをポータルなどに提供
(2004/7/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。