ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「キーボードPC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「キーボードPC」に関する情報が集まったページです。

テックウインド、キーボード一体型PC「キーボードPC」にWindows 10 Proモデルを追加
テックウインドは、キーボード一体型筐体を採用するデスクトップPC「キーボードPC」のラインアップにWindows 10 Proモデルを追加した。(2018/6/12)

週末アキバ特価リポート:
オリオスペックが蔵ざらえ! Ryzen Threadripperも超特価!
オリオスペックが倉庫のスペースを確保すべく、異例の大特価セールを実施する。NASキットだけでなく、Ryzen ThreadripperやNUCなどバラエティに富んだラインアップを用意している。(2017/12/23)

古田雄介のアキバPickUp!:
国内限定4台の高級ケースが2種類デビュー!
旧正月真っ只中でも新製品が止まない秋葉原。先週はIN WINのモンスターケース「X-Frame 2.0」と「H-Frame 2.0 GREEN」が売り出されていた。(2017/2/6)

キーボードにPCを内蔵した「キーボードPC」が進化 バッテリー搭載でより柔軟に使えるように
デザインこそ今風ながら、スタイルは70〜80年代の家庭用コンピュータのよう。(2016/12/8)

古田雄介のアキバPickUp!:
GeForce GTX 1070カード登場! 盛り上がりのピークはお盆前?
GTX 1080の下位となる「GeForce GTX 1070」を搭載したグラフィックスカードが税込み6万円前後で登場した。しかし、流通量は潤沢にはまだ遠い状況。ショップからは「お盆前に環境が整えば」との声が漏れる。(2016/6/13)

古田雄介のアキバPickUp!:
自動開閉する近未来ケース「H-TOWER」がアキバに登場! 31万円超!
先週は尖った製品が立て続けに登場した。自動開閉のPCケース「H-TOWER」のほか、Raspberry Pi2用のノートPCキット、キーボード内蔵Windowsマシン、フレーム構造マウスなど、豊作だ。(2016/2/22)

@IT記事 2015年SNS反応数ランキング:
ギークなエンジニアがときめいた2015年@IT「いいね!」記事
2015年に@ITで掲載した記事から、Facebookの「いいね!」数が多かった記事をピックアップ。ジョークが分かるオトナなITエンジニアやプログラマーの皆さんは2015年、どんな話題や技術にときめきいたのでしょう。(2015/12/25)

Weekly Access Top10:
言葉を紡ぐ職業は消えない?
このコラムも毎度、書き出しに困っています。(2015/12/21)

キーボードにPCを内蔵した「キーボードPC」爆誕! ディスプレイと電源につなげばOK
1月中旬発売予定。(2015/12/15)

キーボードにPCを内蔵 Windows 10搭載「キーボードPC」発売
テックウインドは、キーボードにWindows 10搭載PCを一体化した「キーボードPC」を16年1月中旬に発売する。(2015/12/15)

テックウインド、キーボード一体型の薄型PC「キーボードPC」を発表
テックウインドは、キーボード一体型の省スペース筐体を採用したデスクトップPC「キーボードPC」を発表した。(2015/12/15)

古田雄介のアキバPickUp!:
インテル初のSATA 3.0対応SSDやP67/H67マザー情報も――「自作の祭典2011」
パソコン速組みバトルや、自作PCコンテストのグランプリを決めるユーザーイベント「自作の祭典2011」をWindows 7 Mania事務局が実施。イベント内のセッションでは、インテル初のSATA 3.0対応SSDの紹介や、P67/H67マザーの動向にも触れられた。(2011/3/1)

サンコー、“キーボード組み込み型”の省スペースPCを発売
サンコーは、キーボード一体型の省スペース筐体を採用したデスクトップPC「キーボードPC」を発売した。(2011/1/19)

CeBIT 2009:
PCに“2つのディスプレイ”を載せる理由
ASUSは3月3日に、CeBIT 2009の会場でプレスカンファレンスを行い、これから登場するノートPCや、いろいろな意味で注目されているコンセプトPCを紹介した。(2009/3/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。