ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「コメダ珈琲」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コメダ珈琲」に関する情報が集まったページです。

アルコール消毒後にライター→引火ッ! 消毒用アルコールの危険な面を思い出させてくれる日常漫画に気が引き締まる
アルコールを火気の近くで使用しないように。また使用直後には火気に近づかないように注意しましょう。(2022/5/22)

「コメダで皿食べてる」 お皿を食べちゃいそうな勢いの1歳男の子に「かわいすぎる」「下唇がいとおしい」の声
幸せでかわいい風景。(2022/5/21)

夜中にコメダのアレが食べたくなった! そんなときの対処法を描いた漫画が罪深き飯テロ
定期的にシロノワール食べたくなる。(2022/5/23)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
マクドナルドのテークアウト/デリバリー成功の要因はどこにあった? 絶好調で時短協力金も辞退
決算書で分かる日本経済の動向ということで、4回連続で飲食企業4社の決算を取り上げて、日本の飲食企業の現状を見ていきます。今回取り上げるのは日本マクドナルドホールディングス、ハンバーガーチェーンのマクドナルドの国内展開をしている企業です。(2022/5/13)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
コメダ珈琲は、なぜコロナの悪影響をあまり受けなかったのか?
決算書で分かる日本経済の動向ということで、4回連続で飲食企業4社の決算を取り上げて、日本の飲食企業の現状を見ていきます。第3回目として取り上げるのはコメダホールディングスです。もちろんコメダコーヒーの運営をしている企業です。(2022/5/12)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
吉野家は、飽和する国内市場でなぜ郊外と女性に目をつけたのか?
今回取り上げるのは吉野家ホールディングスです。牛丼チェーンの吉野家を中心に展開していて、それ以外にも大きなチェーンでははなまるうどんもこの吉野家グループの企業です。最近は本業以外の部分でも話題になることが多い吉野家ですが、今回はそんな吉野家の現状と今後について考えていきましょう。(2022/5/11)

NEW! 妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
サイゼリヤがコロナ前をはるかに上回る利益水準になった理由
決算書で分かる日本経済の動向という事で、4回連続で飲食企業4社の決算を取り上げて、日本の飲食企業の現状を見ていきます。今回取り上げるのはサイゼリヤです。もちろんイタリアンのファミリーレストランであるサイゼリヤを運営している企業です。(2022/5/10)

名古屋観光に来た人を奈落に突き落とす「登山」とは? 甘くて重い「喫茶マウンテン」にアタックする漫画が壮絶
名古屋に山なんてあったっけ……と思ったら、なるほどそっち。(2022/5/10)

週末に「へえ」な話:
タピオカブームは終焉しても、ゴンチャの店がどんどん増えている理由
タピオカブームは終わった――。コロナ前はものすごく人気があって、店はどんどん増えていったのに、いまはどんどん閉店している。そんな状況の中で、タピオカを扱っている「Gong cha(ゴンチャ)」の店は増えているのだ。その理由を分析したところ……。(2022/4/17)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
290円ラーメンに250円定食 びっくりドンキー、幸楽苑、なか卯で進む「朝食革命」の正体
朝食に力を入れる外食チェーンや飲食店の動きが目立ってきた。ハンバーグ専門店「びっくりドンキー」、タピオカや台湾料理の専門店「春水堂」などが参入している。どのような戦略を打ち出しているのか。(2022/4/1)

何も知らない親子がコメダ珈琲店のバーガーを2個注文し…… 窮地に立たされる漫画に「コメダの罠」「察した」「経験ある」
お腹空いてるときに頼んでみたい……!(2022/3/29)

凄絶な“お酒の失敗談”に「生きててよかった」「ご無事で何より」 2階にあるカラオケ店の階段から落ちて……
ガチで危ないやつ!(2022/3/15)

「お肉を休む日を、つくろう。」:
コメダの新業態店「KOMEDA is □」の料理に覚えた”違和感” プラントベースの限界か
東京・東銀座駅から徒歩2分の場所にコメダの新業態店舗「KOMEDA is □」がオープンした。「地球とくつろぐ」を目指し、プラントベース100%のメニューを提供している。人気メニューを口にして言い表せない”違和感”を覚えた。コメダが考える現時点のプラントベースの”限界”とは?(2022/1/27)

スピン経済の歩き方:
喫茶店数は30年で半減! 「純喫茶」はこのまま絶滅してしまうのか
「喫茶店」の休廃業・解散が過去最多を記録――。東京商工リサーチが発表したわけだが、昭和レトロの雰囲気が漂う「純喫茶」も衰退していくのだろうか。(2022/1/25)

倒産数との合計も過去最多更新:
2021年「喫茶店」廃業数、過去最多の100件 東京商工リサーチ
東京商工リサーチが2021年の「喫茶店」の休廃業・解散が初めて100件に達し、過去最多を記録したとする調査結果を発表した。前年度比26.5%の増加で、2000年の調査開始以降、最多だった2018年(84件)を大幅に上回ったという。(2022/1/24)

スピン経済の歩き方:
カインズに売られた「東急ハンズ」は、なぜライバル「ロフト」と差がついたのか
東急ハンズをこよなく愛する人々の間に激震が走った。ホームセンター大手のカインズが親会社の東急不動産ホールディングスから買収することを発表したからだ。東急ハンズが低迷した背景に何があるのかというと……。(2022/1/18)

【漫画】スタバの紙ストロー、ぶっちゃけどう思う? 大きい声で「溶けるからヤダ」とは言えないギャルとJK
紙ストローが飲みにくいと感じる人は約25%。(2021/12/22)

Yahoo!検索、各都道府県のユーザーが2021年に興味をもったのは何かが分かる「検索急上昇ワード」発表
ゲームではウマ娘が圧倒!(2021/12/19)

「12月なので今年もあと4カ月か」 1年を“年度”基準にして年末焦らないメンタル術漫画がためになる……?
3月が真の師走説。(2021/12/11)

マックで飲み物だけ買おう → 気付けばLセット注文 食いしん坊が必ず陥るわなを描いた漫画に「私かな」「毎回これ」
うまいからヨシ!(2021/12/5)

エクセルシオールカフェ×紀ノ国屋の「2022 HAPPYBAG」 おなじみのロゴトートやキャニスターがコーヒーカラーの限定仕様に
おうち時間もお出かけ先でも楽しめる。(2021/12/3)

コメダ×「鬼滅の刃」 「コメダでド派手にくつろげ!」キャンペーン開催
オリジナルメニュー「鬼滅の刃」ジェリコなどが登場します。(2021/11/23)

スタバは受付終了:
コメダやドトールから“福袋”続々 「テレワークセット」や「コラボアイテム」で“巣ごもり”重視
大手カフェチェーン各社が2022年に向けて福袋の予約を始めている。(2021/11/23)

「Afternoon Tea LIVING」の電気ケトル&ブレンダー入り福袋 テーブルの上をカジュアルシックな雰囲気に変える雑貨がセットに
アイテムのテイストがそろっているのがいい感じ。(2021/11/10)

福袋商戦始まる:
カルディの福袋、輸入食材やコーヒーをセットに 「食品福袋」はオンライン抽選
「カルディコーヒーファーム」は、2022年1月初旬からオリジナル商品などを入れた福袋の販売を開始すると発表した。(2021/11/9)

2022年も「カルディの福袋」がやってくる コーヒーや輸入食品が限定トートとセットに
人気の食品福袋は事前抽選制です。(2021/11/9)

ルピシア「お茶の福袋」が今年も登場 フレーバードやノンカフェインなど好みで選べる18種展開
それぞれ販売価格の2倍相当のお茶が入っています。(2021/11/8)

オンライン販売限定の「スターバックス福袋2022」 ロゴ入り親子トートにここだけデザインのボトル入り
いろいろ使えそうなおそろいトートがかわいい。(2021/11/7)

2種類:
コメダ珈琲店 名古屋発祥の“ノリタケ”とコラボした「2022年福袋」の予約開始
「コメダ珈琲店」を展開するコメダは11月1日、数量限定で「2022年コメダの福袋」の予約を開始した。(2021/11/5)

ガムシロ直飲み、ビールは“噴水”飲み ただれた生活描く川尻こだまの日々が書籍化、描き下ろしに「健康診断編」
絵本サイズのこだわり仕様。(2021/11/5)

コメダ珈琲店「2022年コメダの福袋」はノリタケの食器入り! 名古屋の魅力がぎっしり詰まったトートバッグ
今年のコンセプトは、おうちで華やかな新年を。(2021/11/4)

カフェアプリ利用率ランキング 3位ドトール、2位コメダ、1位は?
カフェアプリについての調査。カフェチェーン6ブランドの中で、1年以内の店舗利用率と公式アプリの利用率1位は「スターバックスコーヒー」だった。(2021/9/29)

10%〜50%還元施策が充実、PayPayは最大10万円還元のチャンス スマホ決済8月のキャンペーンまとめ
2021年8月もスマホ決済キャンペーンが充実している。PayPayがセブン-イレブンで実施している「ペイペイジャンボ」では、最大10万円が還元されるチャンス。楽天ペイのSuicaやApple PayのPASMO、Tマネーのかざして支払いなどで、初めて利用する人に向けた特典が充実している。(2021/8/3)

週末に「へえ」な話:
売上が9年で20倍に! 本物そっくりのカプセルトイが売れている背景に、2つのキーワード
カプセルトイが人気を集めている。市場規模は400億円に達しているようだが、筆者が気になっている会社がある。「まるで本物!」と感じられるほど、精密な商品ばかりを手掛ける「ケンエレファント」だ。担当者に開発の裏側を聞いたところ……。(2021/7/17)

au PAYが「たぬきの大恩返し 夏」開催 Pontaポイントの最大10%還元など
KDDIは、7月20日〜8月31日に「たぬきの大恩返し 夏」を開催。対象加盟店の支払いにau PAYを利用すると最大10%のPontaポイント還元や、au PAY カード/au PAY ゴールドカードからのチャージでPontaポイントの5倍還元などを行う。(2021/7/13)

100%植物由来の「シロノワール」登場 「KOMEDA is □」で販売
植物性の原料で作ったデニッシュパンに、豆乳のソフトクリーム。(2021/7/13)

実態調査:
高校生が好きなコーヒーチェーン 1位は「スタバ」、2位は?
友達との会話を楽しむ高校生は。どこで時間を過ごすことが多いのか。LINEリサーチが調査した。(2021/7/7)

コメダの超ド級ハンバーガー「コメ牛」復活 “肉だく”サイズアップ無料の激アツキャンペーンで7月15日再臨
ワンドリンク頼むと、“だく”がワンランクアップ!(2021/7/6)

カフェチェーンブランド浸透度調査:
最も好きなカフェ 「コメダ珈琲店」「マクドナルド」を抑えて1位になったのは?
カフェチェーンブランド調査が行われた。最も好きなカフェは3位は「コメダ珈琲店」、2位は「マクドナルド」だった。知名度も店舗数も多い両店を抑えて1位になったのは?(2021/6/29)

セブン-イレブン「濃厚卵のレトロプリン」を食べてみた プリンは“固め派”の皆さんに絶対オススメしたい一品です
ねっとり濃厚でした。(2021/6/23)

巣ごもり需要を狙う:
スタバ、日本上陸25周年を記念した”夏の福袋“を展開 タリーズやドトールは?
大手カフェチェーン各社が、コーヒー豆やドリンクチケットなどをセットにした商品の予約を開始している。(2021/6/22)

本棚から好きな「タイトル」のカップを選んでコーヒーブレイク “飲む文庫本”がコンセプトの「珈琲文庫|」期間限定でオープン
どのカップにするか迷ってしまいそう。(2021/6/22)

おうちカフェとくまだよ:おしゃれな料理のレシピに出てくるニッチな調味料、おしゃれな人は常備しているの?
おしゃれって難しい。(2021/6/20)

コメダのクロネージュがドリンクに “飲む”と“食べる”を一度に味わえる「のむクロネージュ」発売
「クロネージュ」と食べ飲み比べしたい。(2021/6/16)

湿気と汗とくまだよ:汗をかいたからお風呂でさっぱり→ドライヤーで汗だく 夏の不条理なあるあるに涙
髪の毛、1秒で乾いてほしい。(2021/6/6)

コロナ禍の課題解決に一つの選択肢:
「LINEミニアプリ」が実店舗のDXを加速 東急「どこ渋」モバイルオーダー事例に学ぶ
予約や注文、決済、会員証など、企業が提供したい自社サービスを「LINE」上で展開できる「LINEミニアプリ」。コロナ禍でのDX推進という文脈で、LINEミニアプリは企業にどのような価値をもたらすのか。(2021/5/31)

1万人に聞いた:
最も好きなコーヒーチェーン 3位「ドトール」、2位「コメダ」、1位は?
コーヒーチェーン店の利用に関する調査を実施。最も好きなチェーン店はどこか? 来店する頻度や利用シーンなども分かった。(2021/5/24)

天気予報とくまだよ:夏は毎年やってくるのに、なぜか去年着ていた服が思い出せない……
急な“夏日”のあるある。(2021/5/23)

5月病とくまだよ:ふと気づいたら横になっている……これって5月病!? 自分のがんばりを振り返ったら「いつも通り」の大切さに気がついた話
ゴールデンウィーク明け、何だかやる気が出ないけど……。(2021/5/9)

スタバやドトールの「コーヒー1杯の値段に対する気持ち」を表した図に共感の声 味にこだわらない人はこう思ってる?
たしかに納得してしまう。(2021/5/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。