ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ランボルギーニ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ランボルギーニ」に関する情報が集まったページです。

25周年記念に作られた特別仕様 憧れのスーパーカー「ランボルギーニ・カウンタック」激レアカラーの最終モデルが競売に
約6000kmのワンオーナー車、頼み込んで実現した「ミウラ」カラーにも注目。(2020/2/10)

栄冠はどのクルマに!? 「世界最速の市販車」決めるドラッグレース、米空軍基地で開催 日本代表はGRスープラ
毎年恒例、ここでしか見られない豪華すぎる顔ぶれ。(2020/2/6)

「クラクションを鳴らすと待ち時間が増える」インド警察が導入したユニークな信号が画期的すぎる
クラクションを乱用するドライバー対策で導入。(2020/2/5)

世界に9台しかない激レアランボ「ヴェネーノ・ロードスター」が競売に 価格は衝撃の……ウン億円
前オーナーはサウジの王族。(2020/2/1)

あの「ランチア・ストラトス」が現代に蘇る!? 新生ストラトスがジュネーブモーターショーで市販モデルを披露、生産数はわずか25台
復刻版ランチア・デルタとの共演が見たくなる。(2020/1/28)

TV制作会社“ブラック”実態 ゲストのギャラ未払い、番組優勝賞品「ランボルギーニ」も届かず
昨年1〜3月にTOKYO MXで放送されたバラエティー番組で、優勝者に賞品のランボルギーニが今も届いていないことが物議を醸している。(2020/1/24)

「上級珍走団」「本当にひどかった」 東京オートサロンで出展者同士による騒乱トラブル、ランボルギーニ愛好家の空ぶかし行為がきっかけ
周辺道路で38台が違法改造で検挙されたという発表も。(2020/1/17)

CES 2020:
ランボルギーニ、「ウラカンEVO」に「Alexa」搭載へ 音声で空調・照明など操作OKに
ランボルギーニが、「ウラカンEVO」に、米Amazon.comの音声アシスタント「Alexa」を搭載すると発表。音声による指示で、空調・照明などを操作できるようにする。自動車メーカーが、市販車にAlexaを搭載するのは初。(2020/1/9)

驚異の1400kg切り ランボルギーニ、後輪駆動モデル「ウラカン EVO RWD」発表【写真29枚】
サーキットのラップタイムを追求していませんが、最高速度は時速325キロメートルとバカっ速(2020/1/7)

2020年に登場する「注目の新型車」まとめ 本気のスポーツ仕様「ヤリス GR-4」、ついに上陸する「Honda e」など
ヤリス GR-4、超楽しみ!(2020/1/2)

違和感仕事して! 三菱「エクリプス」をベースにランボルギーニ「ガヤルド」を再現した猛者がすごい
事故車両のエクリプスをベースに手作り。(2019/12/26)

一生忘れられないクリスマスやろなぁ……! ランボルギーニ、3Dプリンタで「アヴェンタドールS」手作り親子に本物をプレゼント
ランボルギーニはサンタクロース。(2019/12/25)

ほ、本物の2000GTだぁぁぁ! 由緒正しいクルマの神社に200台のヴィンテージカーが集まった「谷保天満宮旧車祭2019」写真レポ
スーパーカーの代表格「ランボルギーニ カウンタック」も登場!(2019/12/22)

「よっしゃ、時速300キロでついてこいやぁぁ」 ランボルギーニ・ウラカン、イタリアの空港に「誘導車」として配備
さすがイタリア。(2019/12/18)

こんなのありかよォ!? ルックスからして異次元すぎるハイパーSUV「GFG Style 2030」爆誕、「GT-R50」手がけたItaldesign創業者の新設メーカーが発表
サウジアラビア限定で販売されます。(2019/12/9)

おいこれ……ミニ四駆だろ 「ランボ V12ビジョングランツーリスモ」の超絶デザインにみんなぶったまげ【写真35枚】
それとも戦闘機か、いやサイバーフォーミュラか。飛ぶだろ……これ? 2020年春「GT SPORT」で登場。(2019/12/4)

あのランドローバーの伝説的車種が復活 新型「ディフェンダー」に先行予約モデル第2弾
あのディフェンダーが現代的に進化。(2019/12/2)

車両デザイン:
歌舞伎にインスパイアされたアヴェンタドール、ランボルギーニが日本を重要視
イタリアのアウトモビリ・ランボルギーニは2019年11月22日、大阪市内でオーナー向けイベント「Lamborghini Day Japan 2019」を開催した。(2019/12/2)

会場で見かけたお姉さんたちを激写 「名古屋モーターショー」で見かけた美女コンパニオンまとめ
各社の美女コンパニオンたちをカメラに収めてきました!(2019/11/24)

トヨタやホンダなど国内外のクルマがずらり 2年ぶりの「名古屋モーターショー」が開幕
11月24日まで開催されます。(2019/11/23)

どうしてこうなった ポルシェが民家の2階に突っ込む珍事故 スピード超過で縁石に乗り上げ大ジャンプするバッドミラクル
珍しい事故です(2019/11/20)

ベースが廃車とは思えない仕上がり 海外YouTuberがランボルギーニ・ウラカンをレストア、焼けただれた状態から最高のマシンを作り上げる
カスタムカーは2019 SEMAショーに展示されました。(2019/11/17)

材料技術:
ランボルギーニ、国際宇宙ステーションでカーボンファイバー素材の研究を実施
Automobili Lamborghiniは、国際宇宙ステーションで、5種類のカーボンファイバー複合素材の研究を実施する。ランボルギーニ車と医療分野での将来的な応用を視野に入れ、5種類の複合素材が宇宙空間においてどう反応するかを分析する。(2019/11/13)

損害額は3億円以上 米ポルシェ専門ショップで火災、博物館レベルのヴィンテージマシンや貴重なパーツが一夜で焼失
なんてこった……。(2019/11/12)

変な911、過激スープラ、懐かしエボ5!! トーヨータイヤがSEMAショーで披露するカスタムカーがゴキゲンすぎる
うほほほ、過激でド派手でヤンチャで楽しそう!!(2019/11/5)

な、なんだコレは!? 東京モーターショー2019で出会った「輝きまくるド派手なクルマ」たち【写真56枚】
ピンクに金ピカ、ギンギラギンとか、魔改造とか痛車とか〜♪(2019/10/31)

オフロードもイケるレーシング仕様 ランボルギーニ、スーパーSUV「ウルス ST-X」発表
ランボルギーニのレース部門による強力カスタムが施されています。(2019/10/31)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「超小型EV」でEVビジネスを変えるトヨタの奇策
モーターショーに出品されたトヨタの「超小型EV」。これは多分東京の景色を変える。EVの最大の課題は高価なバッテリーだ。「値段を下げられるようにバッテリーを小さくしよう」。いやいやそんなことをしたら航続距離が足りなくなる。だからみんな困っているのだ。ならば、航続距離がいらないお客さんを選んで売ればいい。これがトヨタの奇策だ。(2019/10/30)

ドイツでは金色のクルマは違法!? ド派手な金箔仕様「ポルシェ・パナメーラ」を警察が検挙、過去には金色のランボルギーニも
「まぶしいから他のドライバーに迷惑」だとか……。(2019/10/20)

盗んだクルマで走り出した14歳の少年 制止するパトカーに当て逃げした先でランボルギーニに衝突
少年はすぐに確保されて週明けに少年裁判所へ。(2019/10/19)

アレクサンダー、妻・川崎希に新型ポルシェを買ってもらう 「乗り心地は魔法の絨毯レベル」「のんちゃんありがとう」
本当によい妻を持ったな。(2019/9/26)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
岐路に立たされた東京モーターショー
すでに海外メーカーからは完全にそっぽを向かれた東京モーターショー。主催団体である日本自動車工業会(自工会)は、前回にも増して厳しい危機感を持っている。しかし今回は、やり方がとてもトヨタっぽい。クルマ業界だけでなく「オールインダストリー」で広く開催し、未来のモビリティ社会に向けて「オープン」に進化/拡張していくと定義している。(2019/9/17)

あぁ……なんてこった 豪シドニーでスーパーカー「ランボルギーニ・ディアブロ」が盛大にクラッシュ、見るも無残な姿に
ドライバーが無事だったのは不幸中の幸い。(2019/9/15)

そういう場所じゃねぇから! ポルシェ「タイカン」なぜか米空母「ホーネット」甲板でデモ走行を披露
なんでそんなところで走ってんだよ。(2019/9/14)

高級車だから……ではない!? 「ハイオク指定」の外国車が多い理由
でも、アメ車は意外とレギュラーでいける。(2019/9/12)

「ディアブロのヘッドライトは、Z32と共通」……は? ウソだろ〜!? 意外で驚きな共通点があるクルマ6選
2000GTのあのテールランプは「バス流用」、ロータス・エスプリには「ハチロクのアレが流用……!」なのだそうですよ。(2019/9/11)

ランボルギーニ、過激なハイブリッド特別車「シアン」発表 ド派手キンキラカラーで「稲妻」表現【写真17枚】
荒ぶるV12+電動の激烈パワー。(2019/9/5)

世界限定63台 超絶美しい特別ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ 63 ロードスター」
「63」って何のこと?(2019/8/21)

荒ぶる猛牛のシルエットがかっこいい! ランボルギーニ、米ストリートアーティストとコラボした「アヴェンタドールS」特別モデル発表
北米のモーターショーで展示されます。(2019/8/18)

ランボルギーニ「アヴェンタドール」を原寸大で再現 海外パパが息子と作ったレプリカが本格的すぎる
3Dプリンタを使って約1年半かけてここまできた。(2019/7/20)

13万5000馬力、時速1600キロオーバー!? 音速を超える世界最速のクルマ「ブラッドハウンド」テスト走行を2019年秋に実施へ
本番は2020年後半を予定しています。(2019/7/14)

オランダ、市街地に突如「バットモービル」が出現! ランボルギーニ「ガヤルド」を魔改造したラリーカー
ゲーム版バットモービルを再現しています。(2019/7/9)

「パンテーラ」生んだデ・トマソが復活 新型スーパーカー「P72」発売決定、幻のマシン「P70」をオマージュ
設立60周年の節目に「P70」オマージュした新型を発表(2019/7/5)

給油口の向きは「燃料計の三角形」をチェックせよ ……というが「ランボルギーニ」でもそうなの?
アタフタするとちょっとかっこ悪い「給油口」問題を調べてみた。【修正あり】(2019/6/27)

LiveWorx 2019:
AR事業を強化するPTC――TWNKLSの買収、そしてAIを活用した「Vuforia Engine」
PTC主催の年次テクノロジーカンファレンス「LiveWorx 2019」では、AR(拡張現実)技術の業務適用に関する発表が目立った。AR製品担当であるマイク・キャンベル氏のコメントを交え、同社が強化するAR事業の取り組みについて紹介する。(2019/6/14)

最高速度240キロオーバー 英ホンダ、魔改造「芝刈り機」新型でギネス世界記録を樹立
開発「新しいレベルに引き上げた」と豪語。(2019/6/12)

おいマヂか!! ランボルギーニからオフロード対応「ウラカン」爆誕 街やサーキット外もお任せ!
どこまでも走れるよ! だそうです。(2019/6/6)

こんなパトカーありかよ!? 生産台数わずか7台の希少スーパーカー「ライカン HS」アラブ・アブダビ警察が採用
絶対に逃さないという強い意思を感じる。(2019/5/21)

あの「ミニミニ大作戦」の冒頭でバッキバキに破壊されたランボルギーニ・ミウラが発見、半世紀ぶりに大復活
ウルトラきれいなオレンジ色に完ぺきレストア、超すげぇぇぇ。(2019/5/8)

レゴでここまで作り込めるのか……! 約2.5億円の希少車「ランボルギーニ・チェンテナリオ」忠実に再現、製品化にも期待
ランボルギーニ創業者生誕100周年記念に作られた限定モデル(2019/5/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。