ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ランボルギーニ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ランボルギーニ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

LiveWorx 2019:
AR事業を強化するPTC――TWNKLSの買収、そしてAIを活用した「Vuforia Engine」
PTC主催の年次テクノロジーカンファレンス「LiveWorx 2019」では、AR(拡張現実)技術の業務適用に関する発表が目立った。AR製品担当であるマイク・キャンベル氏のコメントを交え、同社が強化するAR事業の取り組みについて紹介する。(2019/6/14)

最高速度240キロオーバー 英ホンダ、魔改造「芝刈り機」新型でギネス世界記録を樹立
開発「新しいレベルに引き上げた」と豪語。(2019/6/12)

おいマヂか!! ランボルギーニからオフロード対応「ウラカン」爆誕 街やサーキット外もお任せ!
どこまでも走れるよ! だそうです。(2019/6/6)

こんなパトカーありかよ!? 生産台数わずか7台の希少スーパーカー「ライカン HS」アラブ・アブダビ警察が採用
絶対に逃さないという強い意思を感じる。(2019/5/21)

あの「ミニミニ大作戦」の冒頭でバッキバキに破壊されたランボルギーニ・ミウラが発見、半世紀ぶりに大復活
ウルトラきれいなオレンジ色に完ぺきレストア、超すげぇぇぇ。(2019/5/8)

レゴでここまで作り込めるのか……! 約2.5億円の希少車「ランボルギーニ・チェンテナリオ」忠実に再現、製品化にも期待
ランボルギーニ創業者生誕100周年記念に作られた限定モデル(2019/5/5)

トヨタ、新型「RAV4」を発表 ズ太くタフで「ワクワクする」四駆、3年ぶりに日本へ復活
うほほワイルド顔ぉぉ! トヨタが示した「近年の凡庸なSUV」への答え。(2019/4/10)

ランボルギーニ「ミウラ」生みの親が作った最新スーパーカー「ダラーラ・ストラダーレ」が日本上陸 「オートモビルカウンシル」で公開
ミウラのパパが新しいスーパーカーを製作。(2019/4/8)

あの“カブトムシ”がまさかすぎる大変身! VWビートルをピックアップトラックに魔改造したマシンが話題に
街で見かけたら二度見しちゃう。(2019/4/1)

こ、これ……たぶん最強!? 「ランボルギーニお弁当箱」爆誕、お子さまの五感をフル刺激
もちろん「走り重視」の設計。(2019/3/29)

ブロック47万個より本物の方が軽いの!? 「マクラーレン・セナ」ガチすぎるレゴ原寸大モデルを公開
2700時間かけて制作、総重量1700キロ……!(2019/3/28)

エリーゼやヴァンテージのパーツも流用 RX-7を魔改造した950馬力モンスターマシン「RX-777」がいろいろとすごい
見た目と音からは元ネタが分からない魔改造ぶり。(2019/3/27)

凶暴なルックスがいい感じ! ロシア語で“サメ”と名付けられたスーパーカー「ジネッタ・アクーラ」爆誕
20台限定、お値段は約4100万円。(2019/3/24)

伝説のスーパーカー「パンテーラ」が復活!? ランボルギーニをベースに開発した「PANTHER PROGETTOUNO」がすっげぇカッコイイ
レジェンドの皮をかぶった猛牛。(2019/3/19)

このど派手「緑」スゲー! ランボルギーニ・ウラカンにオープンの激烈版「EVO スパイダー」爆誕
クーペに続いてスパイダーも“EVO”に。時速325キロ出ちゃうオープンカー。(2019/2/28)

解体してから再構築 真紅のボディに金色の帯を持つ特別なマシン「ランボルギーニ・ミウラSV」13カ月かけて完全修復
当時の製造資料を元に復元(2019/2/12)

10万円の蛇口にエルメスの壁紙 川崎希こだわりの2億円豪邸に夫・アレク「のんちゃんクレイジー」
さすが売れっ子女社長。(2019/1/23)

千鳥、「TAXi」最新作で“岡山弁丸出し”吹き替え 大阪時代の“伝説のタクシー”を思い出す
クセが強い!(2019/1/18)

ブースを華やかに彩ったお姉さんたち 「東京オートサロン」美女コンパニオンまとめ
【写真44枚】会場で見かけた美女コンパニオンたちを撮ってきました。(2019/1/15)

86をランボルギーニ・ウルス風ピックアップに大改造 東京オートサロンで見た「なんじゃこりゃぁ!」ってなる魔改造マシンたち
おにぎりを履いた「ジューク」、ギンギラギンすぎる「インパラ」など。(2019/1/14)

やっぱりランボはかっこえぇぇ 過激版「ウラカンEVO」登場、5倍ダウンフォースと強烈エンジンで武装
お値段たったの2984万円。(2019/1/9)

3000万円が一瞬でパァ ランボルギーニ「ウラカン」英ハイウェイで大破、原因はスピード超過による事故
悪天候の中でスピードを出しすぎたらこうなるわな……。(2018/12/10)

800馬力超の攻撃的カスタム マクラーレン「720S」限定モデル「N-Largo」がめちゃくちゃかっこいい
ドイツのノヴィテックが手がけるカスタムモデル。(2018/12/6)

たった3.4秒で時速100キロ! 日産「リーフ」をベースにしたスーパーEVレーシングカー「LEAF NISMO RC」誕生
日産「リーフ」がレース仕様にフルカスタムされる。(2018/12/3)

現行モデルの集大成 ランボルギーニ「SC18 アルストン」発表 レース部門「スクアドラ・コルセ」初のワンオフモデル
レース用マシンの良いとこ取り。(2018/11/27)

未来がやってきた ドバイ警察で採用が決まった空飛ぶバイク「Hoversurf」一般販売へ、価格は1700万円
一家に一台、空飛ぶバイクの時代が近い……?(2018/11/2)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
先進的なはずのブランドが、なぜバブリーなノリなんだ
7速DCT! 7速DCT!(2018/10/31)

PR:美しく高性能 真の“全画面”スマートフォン、OPPO「Find X」の魅力を徹底解剖
OPPOのフラグシップスマートフォン「Find X」が日本で発売される。Find Xの特徴は、ノッチのない真の全面ディスプレイと、ユニークな構造のステルス3Dカメラだ。もちろん単なる変わり種スマホではなく、デザインや性能も磨き抜かれている。(2018/10/26)

あのランボルギーニがバイクを作る!? 2035年を想定したコンセプトデザインが公開、伊デザイン学生との共同プロジェクト
2035年をテーマにした6つのコンセプト。(2018/9/24)

1回200万円!? 世界最速の市販車「ブガッティ・ヴェイロン」のオイル交換が超高額なワケ
オイル交換だけで普通のクルマ買えちゃうよ!(2018/9/24)

世界最速の市販車はどれだ!? 米空軍基地で盛大なドラッグレースが開催 ポルシェやランボルギーニ、ホンダなど最新マシン12車種が集結
一番速いマシンはどれだ!(2018/9/23)

猛牛の裏側ってこうなってるんだ!? ランボルギーニ「ウラカン」オイル交換を米スーパーカー専門店が解説
ランボルギーニのオイル交換ってこうやるんだね。(2018/9/19)

何これちょっと怖い 元マツダのデザイナーが作ったスーパーカー「Salaff C2」がやばいデザイン過ぎて超好き
隠れていたはずの中二病がうずいてきそうなカッコよさ。(2018/8/28)

伝説のランボ「イオタ」再来 市販車ニュル最速の化け物マシン「アヴェンタドールSVJ」が爆誕
名前は「めっちゃ速いイオタ」。【写真46枚】(2018/8/24)

お値段約31万円!! ピレリF1タイヤのド迫力「スピーカー」爆誕、“コンパウンド”も全部そろえたのがにくい
重量9.5キロのド迫力Bluetoothスピーカー。【写真46枚】(2018/7/27)

ランボルギーニだけで最速を競う ワンメイクレース「スーパートロフェオ」波乱の鈴鹿戦をみてきたよ
ランボルギーニとランボルギーニがランボルギーニを追う。(2018/7/14)

総額10億円超え 「ランボルギーニ」オーナーたちがレース観戦に集結→駐車場がやばいことに
語彙力が走って逃げるくらいやばい駐車場。(2018/7/7)

ベンチャーニュース:
「パナソニックのランボルギーニに」、岩佐琢磨氏率いるShiftallが本格始動
パナソニックの100%子会社であるShiftall(シフトール)は2018年6月25日、東京・浅草橋に構えた本社内を報道陣向けに公開。併せて同社の企業ロゴも初披露した。(2018/6/27)

1年7カ月かけて職人がレストア 世界で1台「ランボルギーニ イオタ(ミウラSVR)」完全復活
スーパーカー・オブ・スーパーカー。(2018/6/25)

OPPOの新フラグシップ「Find X」は切り欠きなし、スライド式カメラで画面占有率93.8%
OPPOが新フラグシップ「Find X」を発表。切り欠きなしで、スライド式カメラと顔認証によるロック解除機能を採用することで画面占有率93.8%を実現した。この端末で欧州市場に進出し、ランボルギーニモデルを1699ユーロ(約21万7000円)で発売する。(2018/6/21)

価格はランボルギーニ1台分 水風空地火の属性を持つ「ランボルギーニ」コラボ高級腕時計が超絶かっこいい
1本1ランボルギーニ。(2018/6/10)

初工作はなんと3歳から 平等院鳳凰堂から戦車まで作る“ダンボール建築の人”が追い求めるロマンとは
「生涯続けられる趣味として極めていきたい」。ぜひ道を極めてほしいところです。(2018/6/10)

「パパへ いつもありがと はい、ランボルギーニあげる」 トミカやるな……「トミカプレミアム 父の日キャンペーン」実施
6月9日から。父の日のプレゼントはもう決まり。(2018/6/1)

約3500万円の“芸術作品”:
ランボルギーニ、「ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー」国内初公開
ランボルギーニが「ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー」を国内初公開。国内価格は3561万3532円。軽量かつ高機能な点が特徴だ。(2018/5/28)

所有者はレンタカーショップ……:
NYCの路上にランボルギーニ3台 ビットコイン関連イベントの宣伝だった
5月14日、米ニューヨークシティの6番街にあるヒルトンホテルの近くに、3台のランボルギーニが停まっていた。5月11〜17日は“Blockchain Week New York City”と称される期間で、20以上のビットコインや仮想通貨関連イベントの開催が予定されており、その宣伝のためだったという。(2018/5/15)

スゴすぎて訳分からん…… あの超高級車メーカーのロールス・ロイスからウルトラ高級SUV「カリナン」登場
何という迫力と高級感……。世界的な高級SUVブーム、その頂点か。(2018/5/11)

もっとエグいハイパワー版登場 マセラティの高級SUV「レヴァンテ・トロフェオ」、存在感ありすぎ
時速100キロ加速3.9秒。全世界で需要が高まっている富裕層向け高級SUVの一角。(写真30枚)(2018/4/4)

昭和すごかった “やり過ぎ”上等「スーパーカー自転車」はいかに少年の心をつかんだのか
昭和少年を熱狂させたゴテゴテフル装備とダブルフロントライト。スーパーカー自転車ブームを支えた「レジェンド開発者」に聞きました。(画像80枚)(2018/3/27)

初号機、弐号機カラーのランボルギーニがかっこぇぇぇ! 「エヴァンゲリオンレーシング」が2018年参戦体制を発表
2018年シーズンは四輪、二輪の大型耐久レースに参戦。レースクイーンさんもかわいい。(2018/3/23)

“中の人”が明かすパソコン裏話:
日本も「eスポーツ元年」か いま熱いゲーミングPCの魅力
日本では「eスポーツ」の話題が盛り上がっているが、高性能で高価格なゲーミングPCもいま注目を集めている。(2018/3/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。