ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ランボルギーニ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ランボルギーニ」に関する情報が集まったページです。

予想価格は約2億円!? 買いたくても買えなかった「63」アニバ仕様の限定モデル「ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ 63 ロードスター」海外オークションに出品
ファンにはたまらない1台。(2022/8/6)

中尾明慶、購入ホヤホヤ1200万円の新車でまさかの「水没」!? ディフェンダーの悪路実力を試すも、実は……
ディフェンダー、つよい。(2022/8/6)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタのいう「原価低減」とは「値切る話」ではない 部品不足と価格高騰
自動車メーカー各社は相次ぐ工場の稼働停止に苦しんでいる。まず部品がない。そして原材料からエネルギー、水に至るまであらゆるものが高騰している。相当に苦しい状況である。そんな中、トヨタが言う「原価低減」とはどういうことを意味しているのだろうか?(2022/8/1)

時速584キロ、約6億円!? ブルガリア生まれの電動ハイパーカー「ALIENO UNUM」がエグすぎる 24個のモーターとスラスターを装備
ぶっ飛んでいきそう。(2022/7/29)

Apple Carの設計に? ランボルギーニのシャシー&車両動力学研究開発責任者がApple入り
Appleは、アウトモービリ・ランボルギーニのシャシー&車両動力学の研究開発責任者ルイージ・タラボレッリ氏を雇用した。(2022/7/28)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
Teslaのワクワク感はなぜ伝わらないのか
今回はTesla連載へのネットでの反応について。(2022/7/27)

価格は約7600万円 純白のランボルギーニ「カウンタック 5000QV」が海外オークションに
映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」に出たカウンタックと同じ型式・カラー。(2022/7/25)

モータースポーツ超入門(15):
耐久レースに同じマシンで出場可能に、群雄割拠のプロトタイプスポーツカーレース
プロトタイプスポーツカーレースが群雄割拠の時代を迎える。2023年からFIA世界耐久選手権(WEC)の「ル・マン・ハイパーカー(LMH)」規定と、北米で行われるウェザーテック・スポーツカー選手権(WTSC)の「LMDh(ル・マン・デイトナ・ハイブリッド)」規定との相互乗り入れが実現するからだ。(2022/7/20)

オーナーの独占力が強すぎる 「ウマ娘」ナイスネイチャ推しのセリカ痛車がカワイイコレクター
サンルーフに隠れキス顔ネイチャ。(2022/7/17)

BEVで勝負:
アウディが仕掛けるEVとSDGs戦略 次世代パワートレインはEVで確定
アウディは2026年以降に全世界で発表するモデルは全て電気自動車で、33年を最終期限として内燃エンジンの生産は段階的に廃止する。岡山県真庭市で実施したツアーの様子と共にEVとSDGs戦略をひもとく。(2022/7/15)

レーシングミク仕様ランボルギーニかっけぇ! 北米最大のアニメイベント「ANIME EXPO 2022」で見かけた痛車まとめ 屋外ではFF14豪華ラッピングバスも
北米でも人気の痛車カルチャー。(2022/7/13)

自動車業界の1週間を振り返る:
「ゼロエミッション車の販売を相当に増加させる」、G7の声明は抽象的な表現に決着
今週も自動車に関してさまざまなニュースがありました。特に印象的だったのは、ドイツで開かれている主要7カ国首脳会議(G7)の声明について、日本がゼロエミッション車の普及目標を削除するよう求めた、というロイターのスクープです。(2022/7/2)

スーパーカーが集う展示販売イベント「Discover LUXURY 2022」7月開催 「タイカン」も体感OK
ベントレーやランボルギーニ、ポルシェ、ロールス・ロイスが新宿に集結!(2022/6/29)

終末世界のような景色 仏、放置された納屋から大量のクラシックカーが発見される 半世紀以上前のクルマも
ボロボロのクラシックカーが並んでいるの、なんか良いね……!(2022/6/23)

山本昌、「519馬力の国産チューニングカー」ドカンとお買い上げ? 「519馬力って燃えるなあ」と恍惚の表情
クルマ大好きが止まらない!(2022/6/18)

そういうクルマじゃねぇから! ランボルギーニ「ウラカン」は故障車を載せたトレーラーを引けるのか 牽引できる限界に挑戦した動画が話題
クルマを引いてても速いな!(2022/6/8)

ドゥカティ初となる折り畳み式の電動自転車「MG-20」発表 最大航続距離50キロ
都市走行をメインに考えられています。(2022/6/5)

はっきりわかる木目も美しい 「ランボ V12ビジョングランツーリスモ」を実車で再現
木材を使ってるのに、再現度が素晴らしい!(2022/5/20)

でかぁぁぁい! タミヤ「モンスタービートル」が実車化 迫力満点の仕上がりに「リアルラジコン」「カッコイイ!」
車高もタイヤも、がっつりオフロード仕様だ……!(2022/5/18)

一度はやってみたいヤツ 英国で開催されたカースタント「ジャンプ」大会がめちゃくちゃ楽しそう
ちょっぴり危険だけど、人生で一度はこういうのやってみたい。(2022/5/7)

その名も「赤兎馬」 三国志の猛将「呂布」の愛馬をイメージしたフェラーリ「488 GTB」カスタムモデル登場
世界で5台だけの限定生産になるそうです。(2022/4/22)

千葉で見本市:
ランボルギーニや初代シビック スーパーカーブームを牽引した名車が集結
往年の名車を中心にした自動車の見本市「オートモービル カウンシル2022」が17日までの3日間、千葉市美浜区の幕張メッセで開催された。(2022/4/17)

やばいカッコよさだぜ…… ランボルギーニ、劇的美麗な新デザイン「ウラカン Tecnica」発表
街中ラグジュアリーもサーキットスポーツも両方! を求める人向けだそうですよ。(2022/4/13)

パッと見ただけどわからないレベル フェラーリ「458」こだわり詰まったレプリカが海外サイトで売りに出される
車内にはフェラーリ製パーツも使用しています。(2022/4/5)

あくまでイスと言い張る珍品 727馬力のV8エンジンを搭載した魔改造バースツールが海外オークションに登場
これは家具なのか……?(2022/4/1)

こんなに壊れていても1億円!? トラックにつぶされたランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」売出し中
貴重なロードスターモデルが無残な姿に……。(2022/3/30)

オフロード向けスーパーカー「プロドライブ ハンター」登場 ダカールラリーで活躍した競技車両をベースに開発
35インチの特注ホイールを装備しています。(2022/3/21)

真っ赤なボディーが輝きを取り戻す 20年近く放置されていたランボルギーニ「カウンタック」を洗浄のプロが徹底的にクリーニング
納屋で20年近く放置されていたそうです。(2022/3/18)

欲張りセットすぎるだろ! ボートとキャンピングカーを融合させた電気自転車「Z-Triton」爆誕 海外でじわりと話題に
価格は1万4500ユーロ(約185万円)です。(2022/3/2)

うっかりペダルを踏み間違えて川にダイブ 独バイエルンでアウディ「RS6 アバント」が川底から引き上げられる
運転手にケガはなかったそうですが……。(2022/2/27)

世界に7台しかない貴重なカスタムモデル「コルベット」が海外オークションに出品 初代バットモービルのデザイナーが手掛ける
貴重なコルベットがオークションに登場。(2022/2/18)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
プレミアムって何だ? レクサスブランドについて考える
すでに昨年のことになるが、レクサスの新型NXに試乗してきた。レクサスは言うまでもなく、トヨタのプレミアムブランドである。そもそもプレミアムとは何か? 非常に聞こえが悪いのだが「中身以上の値段で売る」ことこそがプレミアムである。(2022/1/17)

ドゥカティとランボルギーニのコラボ アヴェンタドールとおそろいカラーのスーパーバイク「Superleggera V4J」発表
アヴェンタドールSVJをイメージしているそうです。(2021/12/30)

サンタとニンジャと仮設トイレ!? コスプレ必須のバイクレースがカオスすぎる
スタート直後はまさにカオス。(2021/12/26)

総数1920ピースで細部まで忠実に再現 BMW「M 1000 RR」を1/5スケールで立体化したレゴキット発売
1920ピースでリアルに再現。(2021/12/11)

新庄剛志、豪華な“ランボルギーニ”に乗って登場 ファンイベントでのド派手な登場に「なまらかっこよかった」「うれしんじょ」
新庄さんらしい登場。(2021/12/1)

漆黒のボディーが最高にかっこいい! シボレー「C2 コルベット」にランボルギーニ・ガヤルドのV10エンジンを移植したカスタムカー
フロントのデザインもかっけぇ!(2021/11/30)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
スペルを間違いがちなブランドを調査 「ランボルギーニ」「フェラーリ」、そしてなぜか「スズキ」も?
そこに「h」? 「s」が連続? ブランド名の表記(アルファベット)の難しさに戸惑うのは日本人だけではないようです。(2021/11/29)

総出力1000馬力オーバー! 伝説のエンジン「2JZ」を移植したランボルギーニ・ガヤルドが鬼ヤバカッコイイ
総出力は1000馬力にも及びます。(2021/11/12)

その名もミウラ! ランボルギーニのV12エンジン2基を搭載したボートが競売に 予想落札価格は1300万円以上
V12を2基も……!(2021/11/2)

アクセルとブレーキを間違えて急発進 ランボルギーニが湖に飛び込む、水深5メートルの底に沈む
踏み間違えで急発進。(2021/10/24)

一般道を時速180キロで暴走するバイク集団 危険すぎる映像……と思ったら!? PS5「RIDE4」のデモ映像が「完全に実写」「リアルすぎる」と話題に
リアルすぎて怖い!(2021/10/4)

息子と娘の愛を一身に受けた姿 一日を終えてぺちゃんこになったモルカー「ポテト」がかわいい
ちゃんと元に戻ります。(2021/9/28)

飲酒+速度超過+深夜の市街地 最悪の計算式から生み出されたランボルギーニ・ウルスの事故現場が凄惨すぎる
ハリケーンが通った後かと思った……。(2021/8/31)

マリオカートの世界感を表現したゴキゲンな「ホットウィール」登場 レインボーロードを忠実再現、「ジュゲム」もいるよ!
マリオ&キングテレサが乗るマシン付き〜。(2021/8/26)

これを「7日分のおもちゃ」と言っちゃう男 メイウェザー、マイアミの自宅に揃えた7台のスーパーカー披露
さすが世界一の男のガレージ。(2021/8/25)

マリオとピーチがランボルギーニでデート!? 海外カップルのド派手なスーパーマリオ仕様「ウラカン」が個性的すぎる
カラーリングのクセがすごい。(2021/8/17)

伝説のスーパーカー「カウンタック」復活 ランボルギーニ、ハイブリッド仕様の新型「カウンタック LPI 800-4」発表 生産数は112台のみ
伝説のスーパーカーが現代に蘇る。(2021/8/14)

往年のスーパーカー「ランボルギーニ・カウンタック」がハイブリッドで復活
ランボルギーニがスーパーカー「カウンタック」の50周年記念モデル「Countach LPI800-4」を限定112台で発売する。ハイブリッドで最高速度は時速355キロ。8.4インチタッチパネルでAppleのCarPlay対応だ。(2021/8/14)

「オレのスーパーカーだニャ!」 クルマ大好き、スーパーカー自慢のドヤ顔にゃんこがかわいすぎる
見事なドヤ顔……♪ 岩合さんの新作「たま」編です。(2021/8/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。