ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ランボルギーニ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ランボルギーニ」に関する情報が集まったページです。

ひえぇ……! フェラーリがフェラーリと接触、フェラーリを巻き込む大惨事 貸し切りの高速道路でイベント走行を披露中に
高速道路で3台のフェラーリが事故。(2021/6/11)

40万個以上のレゴで作った「ランボルギーニ」 超精巧な原寸大モデルカー公開 総重量2200キロ、制作に8660時間をかけた超大作
両社の専門家15人のチームで作られました。(2021/6/9)

無謀すぎるあおり運転 高速道路で走行中のトラックとケンカを始めたミニバン、執拗に煽るも路肩に追いやられて自滅
走りながら口論を繰り広げていたそうです。(2021/6/8)

ちょっぴりマッドマックス感 年配の紳士が乗り回すイカしたカスタム「ビートル」がかっこいい
とある工具店の駐車場で撮影された写真が話題に(2021/6/7)

ドアの中に傘、車内にウマ!? 前澤友作、世界で1台だけのロールス・ロイス「ファントム・オリベ」を紹介する動画公開
エルメスとロールス・ロイスが作った特別仕様車。(2021/6/6)

どうしてそうなった!? 中国の男性、焼き肉をしようとして高級車「ランボルギーニ」をぶっ壊す 空吹かしでオーバーヒート
で、味は?(2021/6/5)

行動制限がきっかけ:
コロナなのに高級品が飛ぶように売れている! 富裕層を動かす「消費の玉突き現象」の正体
コロナ禍で日本全体の消費支出は減少しているとされる。一方、富裕層はさまざまな高額品をどんどん購入している。そのメカニズムは「消費の玉突き現象」だと筆者は説明する。(2021/5/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
コロナ禍で、なぜ「高級スポーツカー」が売れているのか
海外で、高級スポーツカーが売れているという。コロナ禍、多くの日本企業は苦戦しているのに、なぜ高級車が売れているのか。(2021/5/13)

こ、怖ぇ顔だな…… スズキ、野獣スタイルのマッチョバイク「GSX-S1000」をフルモデルチェンジ
縦目2灯のライト新採用、ユーロ5にも対応。マッチョ〜。(2021/4/27)

ウルスでアヴェンタドールを飛び越える!? ランボルギーニを使ったジャンプ・カースタントがギリギリすぎる
ウルスはアヴェンタドールを飛び越えられるのか……?(2021/4/13)

試されすぎ! 冬の川で氷漬けになったクルマが見つかる 周りの氷ごと切り出して救出
どうしてこうなった。(2021/3/29)

モータースポーツ超入門(5):
GRスープラやNSX、GT-Rが競うスーパーGT、共通化と競争領域を使い分け
最高峰のGTレースにして、世界でも類を見ないコンペティティブな環境が整うレースカテゴリーが日本に存在する。それがスーパーGTだ。上位クラスのGT500ではトヨタ自動車、ホンダ、日産自動車が三つどもえの戦いを展開し、下位のGT300ではポルシェやランボルギーニ、フェラーリといった世界の名だたるスーパースポーツカーが参戦する。(2021/3/23)

ランボルギーニ・ウルスでドライブ、東京で1番高い位置にある道路を走る YouTube新着ピックアップ「きょうの車載動画」
YouTubeで公開された最新の車載動画を紹介するコーナーです。(2021/3/19)

親子3人が乗ったポルシェ・マカン、立体駐車場の壁を突き破る ロシア・モスクワのショッピングモールで起きた事故が危機一髪すぎる
壁側に組まれたフレームが丈夫で良かった……!(2021/3/18)

「シーマ一筋30年」伊藤かずえさんのシーマ、日産がガチレストア 「新車時と同じ状態に戻す」
「やっちゃえ、日産!」でやっちゃいます。(2021/3/17)

金ピカ&彫刻のド派手仕様 日本生まれの激ヤバカスタム「GT-R」がドバイで売りに出される 価格は約6000万円
派手オブ派手。(2021/3/12)

香港警察、迷惑スーパーカー軍団を一斉検挙 フェラーリ、ポルシェ、ランボルギーニなど45台を一網打尽に 違法改造されたGT-Rの姿も
騒音で現地住民を悩ませていました。(2021/3/9)

ぼくもじょせつをてつだうよ! キッズカーを改造した「小さな除雪車」で雪かきを手伝うキッズがかわいい
雪かき名人の貫禄。(2021/2/22)

高く積みあがった雪に突き刺さったクルマが見つかる 約3.6メートルの位置になぜ……?
楽しそうだな!(2021/2/18)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
MIRAI 可能な限り素晴らしい
すでに富士スピードウェイのショートコースで試乗を試しているトヨタの新型MIRAIを借り出して、2日間のテストドライブに出かけた。(2021/2/8)

いったいナゼ? ドバイの市街地で超高級車「乗り捨て」増加 ポルシェやフェラーリなど「夢のスーパーカー」も無残な姿を晒す
ウン千万円級のクルマもチラホラ。(2021/2/6)

コペン大好き女性オーナーが愛車とツーショットを撮ろうとしたら「成仏できずに来ちゃった」みたいになった写真がミラクルすぎる
ものすごい撮れ高を生み出してしまった。(2021/2/5)

オトナもはまる「大人のレゴ」 あの世代のクラシックポルシェをガチ再現「レゴ ポルシェ 911」発売
スーパーカー世代「ガタッ」 930ターボだぁぁ!(2021/2/3)

「折りたたみ式かと思った」 大雪でガソリンスタンドの屋根が真っ二つに折れる 富山で撮影された衝撃写真がTwitterで話題に
けが人は出ていないそうです。(2021/1/12)

「これは妙案」「明日の朝はこれ」 “レジ袋1枚”でできるフロントガラス解氷テクに目からウロコ
氷がすーっと溶けていきます。(2021/1/8)

コロナ禍で加速する自動車業界の勢力争い:
日産三菱ルノーのアライアンスは崩壊するか?
公共交通より安全に移動できるクルマが見直され、自動車業界の業績がコロナ禍の悪化から回復を見せている。しかしエンジン車販売規制に伴うEVシフトも見据えれば、楽観視はできないず、アライアンスなどによる連合グループは、提携解消の可能性もある。今回は世界の主要メーカーのアライアンス状況と、課題を考える。(2020/12/25)

まさに冬の造形美 雪が降り積もった86が「ランボルギーニっぽく見える」奇跡の写真が話題に
ホントにランボルギーニが出てこないかな……。(2020/12/24)

お金だけ持っていても買えない特別すぎるフェラーリ 「488 GT モディフィカータ」登場
「本気のサーキット遊び」のためにあります。(2020/11/29)

夢の同郷コラボ実現 伊ドゥカティ、限定バイク「ディアベル1260 ランボルギーニ」発売 生産数は630台のみ
スーパーカーとスーパーバイクが融合。(2020/11/29)

哀川翔さん、手越祐也さん起用:
制作費を半分以下に? 100万回以上再生された「ジョブカン」CMの裏側
「駅でジョブカン発見!」――。SNS上でこんな盛り上がりを見せているが、「ジョブカン」とは何か。Donuts社が運営する、企業のバックオフィス業務を効率化するクラウドサービスのこと。この会社が自社でCMを制作していて、その費用にびっくり……。(2020/11/28)

キレッキレの過激仕様 ランボルギーニから公道走れるレーシングカー「ウラカンSTO」日本で発売
消費税だけで375万円だぜ……。(2020/11/24)

5時間かかる予定を3時間で走破 イタリア警察、ランボルギーニ・ウラカンで臓器輸送 専用カスタムが施されたスーパーパトカーを活用
臓器を載せて、230キロで走るパトカー。(2020/11/14)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
「カネ! いい女! そして派手なクルマ!」が抜群に似合う人々
私の赤いコンパクトカーは、私にとても似合っています。(2020/11/11)

変形わずか3分 空を飛ぶクルマ「AirCar」試作機が初飛行に成功、離着陸や飛行シーンをまとめた映像公開
と、飛んでる!(2020/11/5)

なんてこったい ロールス・ロイス・ゴーストがランボルギーニ・ウルスに衝突 総額6000万円を超える高級車同士の交通事故が話題に
私なら泡吹いて倒れる。(2020/10/31)

市販車で時速532.9キロ!? 最新ハイパーカー「SSCトゥアタラ」4つの世界最速記録を樹立、ブガッティ・シロンを超える
ドライバー「横風の影響がなければもっと速く走れた」。(2020/10/27)

「複数人が運転」も行方知れず スーパーカーが暴走 仏パリ郊外で10台以上を巻き込む大事故
エンジン、無いなった。(2020/9/17)

「圧がすごい」「そういうクルマじゃねぇから」 トラクターでニュルブルクリンクを爆走、約20キロのコースをドコドコ走る
最終的には24分50秒でゴールしました。(2020/9/1)

PR:OPPOスマートフォンの魅力とは? ITmedia Mobile×ジャーナリスト座談会
2020年夏、「OPPO Reno3 A」「OPPO Reno3 5G」「OPPO Find X2 Pro」という3機種のスマホを投入したOPPO。ITmedia Mobileでは、これらOPPOスマホの魅力についてジャーナリストの山根康宏氏、荻窪圭氏、太田百合子氏と語り合うオンライン座談会を開催した。メーカーとしてのOPPO、同社スマホのカメラや使い勝手について議論した。(2020/9/7)

「やっぱかっこええなぁ」 宮迫博之、べたぼれの愛車「BMW i8」を“イキリながら”紹介 60歳には「ランボルギーニを」
全ては“嫁迫”さん次第。(2020/8/30)

ランボ史上最強V12エンジン搭載のハイパーカー「エッセンツァ SCV12」登場 すごすぎて飛んでいきそう
「スーパーを超えた、“ハイパー”カー」なのです。(2020/8/3)

時速200キロオーバー!? ホンダ「CBR1000RR」のエンジンを搭載した魔改造カートがやばい
これはカートと言って良いのか……?(2020/8/1)

最高時速600キロ以上 世界最速を目指した伝説のマシン「ストリームライナー」がオークションに出品
落札額は17万5000ドル(約1838万円)となりました。(2020/7/31)

川崎希、ランボルギーニ売却を報告 免許取得後に初めて乗った愛車 若葉マークのついた写真も
2シーターのため息子が生まれてからは乗らなくなったもよう。(2020/7/29)

手越祐也、4000万円のランボルギーニを初公開 高級車購入の理由に「『男なら』の夢ってあるじゃん?」
最近の若者に「ぶっ飛んだ夢すごく少なくなってきてる」とも。(2020/7/28)

生産数はわずか10台のみ ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJロードスター」に土星の雲をモチーフにした特別仕様車が登場
六角形のパターンが入ったデザイン。(2020/7/23)

イタリアで前代未聞のスピード違反!? 公道を時速703キロで走行したとして女性に罰金850ユーロ、さすがにおかしいと話題に
わけがわからないよ。(2020/7/14)

兵器ロボっぽいド派手デザインの極み ランボルギーニから超絶高性能車「シアン ロードスター」登場、限定19台
目が「Y」字ですもん。走れば皆振り返っちゃうやつ。(2020/7/10)

スーパーカーならぬスーパーヨット!? ランボルギーニが限定モーターヨットを発表、デザインはミウラやカウンタックなどから着想
ランボルギーニのエンブレムなどもしっかり配置しています。(2020/7/4)

プロドライバーですら四苦八苦 谷口信輝、憧れのスーパーカー「ランボルギーニ・カウンタック」1日オーナー体験
憧れのカウンタックに乗るノブさん、かっけぇ。(2020/6/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。