ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「会社」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「会社」に関する情報が集まったページです。

広がる家電サブスク パナソニックは賃貸向けサービス開始
物件のオーナーや管理会社に提供。入居者は自ら購入しなくても最新の洗濯機や冷蔵庫、調理家電などを利用できる。(2022/1/20)

広がる家電サブスク パナソニックは賃貸向けサービス開始
パナソニックが賃貸住宅向けに家電のサブスクリプションサービスを始める。物件のオーナーや管理会社に提供。入居者は自ら購入しなくても最新の洗濯機や冷蔵庫、調理家電などを利用できる。2026年までに営業利益を年間50億円にする。(2022/1/20)

電気自動車:
アスクルが日野とEVトラックで実証実験、EVに合わせて業務を変える可能性も
アスクル、日野自動車と関西電力の共同出資会社CUBE-LINX、日野自動車の3社は2022年1月19日、小型トラックタイプのEV(電気自動車)を用いて運行管理とエネルギー利用を最適化するマネジメントの実証実験を開始したと発表した。(2022/1/20)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
「情報は上司のものではなく、会社のもの」
社内の情報戦をやめる。(2022/1/20)

保険会社がMDMを活用するベストプラクティス【前編】
保険会社が「マスターデータ管理」(MDM)にあらためて熱視線の“謎”
「MDM」(マスターデータ管理)の価値をあらためて見直す動きが、保険会社の間で広がりつつある。保険会社はMDMに何を期待しているのか。導入成功のためには何をすればよいのか。(2022/1/20)

紅茶に入れたい甘い鉱物ができただとっ…!? 1947年創業の宝石研磨会社が作ったキューブカットがまるで角砂糖
妖精さんの食べ物ですか…?(2022/1/19)

6割超が、屋外の大型ビジョンに広告を出す会社は「信頼できる」 なぜ?
ICAは、20〜60代の男女に「屋外ビジョンの印象」に関する調査を実施した。屋外の大型ビジョンで広告を出している企業は「信頼できる」と答えた人は66.1%に上った。なぜ信頼できると感じるのか?(2022/1/19)

「にゃんこ大戦争」の改ざんアカウント使用の疑い 男2人を書類送検
改ざんされたオンラインゲームのデータを使用したなどとして、神奈川県警サイバー犯罪捜査課は、不正作出私電磁的記録供用の疑いで、同県横須賀市の大学4年の男と川崎市多摩区の会社員の男を書類送検した。いずれも容疑を認めている。(2022/1/19)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
自転車専門店「サイクルベースあさひ」が好調 “斜陽産業”のイメージ覆して急成長した理由
自転車専門店「サイクルベースあさひ」運営会社の業績が好調だ。斜陽産業と見られた自転車専門店で、異例の急成長を遂げているのはなぜか? 独自のビジネスモデルに迫る。(2022/1/19)

製作元の朝日放送とタッグ:
「アタック25」復活 地上波ではなく“ジャパネットの放送局”でよみがえるワケ
通販事業を手掛ける「ジャパネットたかた」の親会社ジャパネットホールディングスがクイズ番組「パネルクイズ アタック25」を、自社のBS放送局で3月末から放送すると発表した。2021年9月に地上波での放送を終了していたが、朝日放送とのタッグで復活する。(2022/1/19)

課題に感じてることは?:
「会議・打ち合わせ」でムダと感じること 3位は「人数が多い」 2位と1位は?
monomodeは、全国20〜50代の会社員に「会議・打ち合わせ」の調査を行った。何か改善が必要と感じるか聞いたところ、「必要がある」と感じている割合は7割に上った。(2022/1/18)

在宅勤務が減少:
会社の満足度と何歳まで働きたいかの関係 新卒者に聞く
マイナビは、2021年3月の新卒者を対象に「新入社員の実態調査」を実施し、その結果を発表した。入社前と入社後の満足度の変化を分析したところ……。(2022/1/18)

“近すぎない”がちょうどいい:
2ボウルの洗面台に土間収納付き “大人の二人世帯向け”リノベマンション、大和ハウスグループが発売
コスモスイニシアと、不動産会社のIRIS(東京都新宿区)は、「大人の二人世帯」へ向けて企画したリノベマンションの販売を開始した。(2022/1/18)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
パワハラ被害者からの「労災請求」に協力しない会社側は不利になる? 会社が取るべき対応を解説
ハラスメントなど、会社の業務によってメンタルヘルスに不調をきたした場合、従業員が労災保険給付の手続きをすることや、会社に対して安全配慮義務違反や不法行為に基づく損害賠償請求をすることが考えられます。(2022/1/19)

“PPAP”廃止の余波か:
マルウェア感染経路で「Discord」「OneDrive」突出――セキュリティ会社が警鐘
セキュリティソフトなどを開発するデジタルアーツが、パスワード付きZIPファイルとパスワードを同じ経路で送信する方法(いわゆるPPAP)の代替手段として利用が進むファイル共有サービスが、マルウェアの感染経路になっているとするレポートを発表した。(2022/1/17)

サーバー設置国公表など義務化 情報保護規制強化案
LINE利用者の個人情報が中国の関連会社から閲覧可能になっていた問題を受け、総務省がIT企業などに対する利用者情報保護の規制強化案を発表した。情報を保管するサーバを設置する国名の公表や、インターネットの閲覧履歴を第三者に提供する際に閲覧者から同意を得ることなどを義務付ける。(2022/1/17)

製造マネジメントニュース:
日立建機は日立ブランドを堅持、伊藤忠の資本参加で北米事業を加速
日立建機は、日立製作所から伊藤忠商事と日本産業パートナーズが折半出資する「HCJIホールディングス合同会社」への日立建機株式の譲渡による筆頭株主の異動と、これに伴って推進する事業方針について説明した。(2022/1/17)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
休職と復職を繰り返す社員を“解雇”できる? メンタル不調に対し、会社が取るべき対応は
「メンタル面の不調を理由に休職の申し出があったが、認めるべきか」「復職の申し出があったが、今すぐ復帰させて良いのか」「休職と復職を繰り返す従業員がいるが、仕事にならない。辞めさせることはできないのか」──ハラスメント報告を受けた企業が直面するさまざまな問題について、検討します。(2022/1/18)

企業選びで重視するポイント:
学生が働きたい業界 3位「銀行」、2位「情報処理・ソフトウェア」、1位は?
3月の就職活動本番を2カ月後に控えた1月、2023年卒学生の準備状況はどの程度進んでいるだろうか。就職情報会社のディスコが、就職意識や準備状況についての調査結果を発表した。(2022/1/15)

駐車場にもキャッシュレス化の波 コロナ対策 スマホで支払い、集金省力化
コロナ禍で有料駐車場のキャッシュレス化が進んでいる。機器・サービス企業はスマートフォンでの支払いを可能にする決済システムを提供。駐車場運営会社にとっては集金・管理業務の省力化につながることが期待されている。(2022/1/14)

牛のゲップを抑えて温暖化対策も GXに取り組むスゴイ会社
DXに続き、昨今のトレンドの1つがグリーントランスフォーメーション(GX)だ。テクノロジーを駆使して脱炭素など、温室効果ガスを抑制し、持続的な社会を築く取り組みを指す。そんなGXに長けた世界の企業をいくつか紹介しよう。(2022/1/14)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
「ウソみたいな被害」を訴えるパワハラ被害者 メンタル不調が疑われるが、会社はどう対応すべき?
会社がハラスメントの相談を受けたところ、相談者が「通常起こり得ない、現実にあったとは思い難い内容の被害」や「客観的事実と食い違った被害」を訴えており、どのように対処したらよいか担当者が戸惑うケースがあります。(2022/1/14)

TechTarget発 世界のITニュース
McAfee法人事業とFireEyeが統合 ユーザー4万社を抱える新会社の課題は?
米国の投資会社はMcAfee EnterpriseとFireEyeを統合した。4万社以上のユーザー企業を抱えることになった新会社は今後、どのようなハードルを乗り越えなければいけないのか。(2022/1/14)

突然のM&A その時、人事がキーマンになる:
M&A後の新会社で「ゼロから人事制度を作る」 両社が折り合わない時にプロが選ぶ方法とは
M&A後の統合会社で、人事制度をゼロから作ることになった場合。両社が折り合わないケースは決して少なくないが、そんな時、人事コンサルタントの筆者はある方法を取るという。(2022/1/14)

アストラゼネカの導入事例
グローバル企業なら絶対使いたい、Workplace from Metaのこの機能
製薬会社のアストラゼネカも利用しているWorkplace from Metaには、複数の国に拠点を持つ企業なら絶対に使いたくなる機能がある。(2022/1/14)

2021年のエンタープライズIT市場、売り上げ1位はMicrosoft クラウド企業が成長
調査会社が2021年におけるエンタープライズIT市場の売り上げランキングを発表。売り上げ1位はMicrosoftで、他にもクラウドに注力している企業が成長を見せた。(2022/1/13)

世界を読み解くニュース・サロン:
見知らぬUSBはどうすればいいのか 会社のPCに差し込んではいけないワケ
FBIが、USBメモリを使ったサイバー攻撃手口が増加していると警鐘を鳴らしている。どんな手口が増えているのかというと……。(2022/1/13)

建設専門コンサルが説く「これからの市場で生き抜く術」(4):
【第4回】人口減時代を乗り切る、地場ゼネコン2社の“サステナブル・モデル”事例報告
本連載では、経営コンサルタント業界のパイオニア・タナベ経営が開催している建設業向け研究会「建設ソリューション成長戦略研究会」を担う建設専門コンサルタントが、業界が抱える諸問題の突破口となる経営戦略や社内改革などについて、各回テーマを設定してリレー形式で解説していく。第4回は、地場ゼネコン2社の他には無い好対照の独自ビジネスモデルを例にとり、地方建設会社がいかにして持続可能性のある事業展開ができるのかを考察していく。(2022/1/12)

解決! OSSコンプライアンス(1):
「OSSはただの無料ソフト」「うちの会社に関係ない」? 企業におけるオープンソースの戦略的活用と法的リスク
「OSSなんて、うちの会社に関係ない」「無料なんだから、使い倒せばいいだけでしょ?」。まだ、こうした考えを持っている企業も多い。だが、ソフトウェアをビジネスの武器にしようとしている企業は、OSSの利用を避けることはできない。利用を適切に管理しないと、思わぬ法的トラブルを引き起こす可能性がある。 この連載ではOSSコンプライアンスに関するお悩みポイントと解決策を具体的に紹介する。(2022/1/13)

一人で外食をする理由 4位は「一人の時間を大切にしたいから」、トップ3は?
調査会社のプラネットは、「一人での外食に関する意識調査」を行った。1週間で外食をする平均回数を聞いたところ、「1回」が約3割、「2〜3回」が約1割だった。(2022/1/12)

中古スマホ販売数が過去最高に 安価で良品が後押し
中古スマートフォン市場が活況だ。MM総研によると、2020年度の販売台数は前年度比13.5%増の185万台と過去最高を記録。21年度はこれを10.3%上回る204万台になると予想されている。販売会社は流通機能や買い取りの強化に乗り出している。(2022/1/12)

残業明けで魔法少女に変身……! 会社帰りのサラリーマン2人が“かわいい魔法少女”になる漫画がカオス
「ウミリンとモリリンがんばってえぇぇ!」(2022/1/12)

ソニーのEVはどんなクルマに仕上がるか 開発責任者への取材などから予想する
ソニーは2022年春にEV参入を検討するための事業会社「Sony Mobility」を設立すると発表した。はたしてソニーが作るEVとはどのようなものになるのか? 開発責任者への取材などから予想してみよう。(2022/1/11)

中古スマホ販売数が過去最高に 安価で良品が後押し
中古スマートフォン市場が活況だ。情報通信関連市場の調査などを手掛けるMM総研(東京都港区)によると、令和2年度の販売台数は前年度比13.5%増の185万台と過去最高を記録。3年度はこれを10.3%上回る204万台と、初の200万台突破が予想されている。市場は今後も拡大が見込まれていることから、販売会社は流通機能や買い取りの強化に乗り出している。(2022/1/11)

スピン経済の歩き方:
会社のトップが大好きな「戦国武将に学べ」が、パワハラ文化をつくったと感じるワケ
NHKの大河ドラマ『鎌倉殿の13人』がスタートした。SNS上で「おもしろい」と話題になっているが、時代劇の中でも「戦国武将」に目がない人たちがいる。経営者だ。筆者の窪田氏は「武将に学べ系コンテンツ」と「パワハラ」に微妙な関係があると見ていて……。(2022/1/11)

「不正スコア」の算出理由も説明可能:
AIで不適切会計を検知 トーマツが不正検知モデルを開発
トーマツはAIを使って、会社と勘定科目の単位で不正を検知する不正検知モデルを開発した。2022年1月に本格導入を開始する。「さまざまな企業監査事案に網羅的に対応可能な手法を確立した」という。(2022/1/11)

鉄道会社が集合「鉄道博2022」開催 1月8日〜10日に大阪南港・ATCで
駅弁販売も〜!(2022/1/7)

プレキャスト:
三井住友建設がPCa部材管理システムを現場で運用開始、ペーパーレス化と省力化を実現
三井住友建設はグループ会社のSMCプレコンクリートが茨城県で保有する茨城工場に部材管理システム「PATRAC-DL」を導入したことを公表した。茨城工場では、PATRAC-DLを採用することで、部材に貼り付けたRFIDタグにより、生産管理情報のトレーサビリティーが製造工場から建設現場まで広がり、部材データのシームレスな一元管理と、実現場での受入検査や記録作業の効率化、省力化を実現した。(2022/1/7)

4つのミス:
頻発する「経理ミス」 対処法と予防法を考える
業務の正確性とスピードが求められる経理部ですが、実際にはどの会社でも経理ミスが発生しているのも事実。発生しがちなミスを取り上げ、その対処法・予防法を考えます。(2022/1/7)

AppleのAR/VRヘッドセットは3つのディスプレイを搭載か 市場調査会社が予想
2つのMicro OLEDディスプレイと1つのAMOLEDパネルを搭載するとディスプレイ専門の調査会社が予想。(2022/1/6)

oricon MEが調査:
満足度の高い「自動車保険」ランキング 3位は「AIG損害保険」、2位と1位は?
oricon MEは、2021年オリコン顧客満足度調査「保険会社」ランキングを発表した。「自動車保険」と「火災保険」のランキングは共に「ソニー損害保険」が総合1位となった。(2022/1/6)

オリコン調べ:
満足度の高い引越し会社「サカイ」と「日通」が総合1位 理由は?
oricon MEは「引越し会社」についての満足度調査を実施した。(2022/1/6)

電気自動車:
ソニーが2台目のEVを披露、レベル2の自動運転や5Gによる遠隔操作も開発中
ソニーは2022年1月5日、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2022」において、同年春に事業会社「ソニーモビリティ」を設立すると発表した。(2022/1/6)

太陽光:
太陽光の「第三者所有モデル」は2500億円規模に、一方で国内パネル市場は4割縮小か
調査会社の富士経済は2021年12月、太陽光発電システムの市場予測結果を公表。国内で太陽光発電の導入手法として広がっている「第三者所有モデル」の市場規模は、2035年度までに2020年度比で15.9倍の2553億円にまで拡大すると予測している。(2022/1/6)

ソニーがEV新会社 春に新設、商用化へ本腰
ソニーグループは4日、世界最大級の家電IT見本市「CES」の開幕に先立ち、米ラスベガスの会場で記者会見した。吉田憲一郎会長兼社長は電気自動車(EV)の新会社を設立し、市場への参入を本格検討する方針を表明した。(2022/1/5)

CES 2022:
ソニー、EV事業化に向け新会社 SUV型プロトタイプも公開 「モビリティを再定義する」
ソニーは5日、「CES 2022」で春をめどにEVの事業化を検討する新会社を設立すると発表した。合わせて電気自動車のコンセプトモデル「VISION-S」の新たな試作車両も公開している。(2022/1/5)

大阪府、IT業務民営化検討 2023年度にも新会社設立
大阪府が庁内のIT関連業務を民営化させるため、民間企業と共同出資する新たな事業会社の立ち上げを検討している。“縦割り行政”を新会社が打破し、システムの調達から開発、運用までを統合。民間に比べて遅れているデジタル改革を加速させるのが狙いだ。(2022/1/5)

人生100年時代を切り拓く! ミドルのための「学び」戦略:
第1回 なぜ今「学び」が求められているのか
キャリアのオーナーシップを会社から自分に取り戻し、本当にやりたい仕事に取り組もう。(2022/1/5)

社労士・井口克己の労務Q&A:
「月末に1日だけ取得すればお得」 男性育休の“抜け道”を、会社側は制限できるか
当社では男性育休を推進していますが、賞与支払のある月の月末に1〜3日間と短期間の取得が目立ちます。「月末に育児休業を取得するとお得」という情報をもとに申請しているようです。取得期間を最低1カ月以上と定めることはできますか?(2021/12/29)

子会社社長は解任・降格:
HIS澤田会長ら、減給3カ月の処分 「Go Toトラベル」不正受給問題、申請は約8億円
Go Toトラベルの不正受給問題で、HISは澤田秀雄会長(兼社長執行役員)を減給3カ月の処分にすると発表。観光庁によると、HIS子会社などは約8億円の給付を申請し、うち約3億円の給付金を受給していた。(2021/12/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。