ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Y

  • 関連の記事

「YouTube Leanback」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「YouTube Leanback」に関する情報が集まったページです。

CPRM/DTCP-IPに対応:
OPPO、ユニバーサルプレーヤーに新ファーム、DTCP-IP対応など
OPPO Digital Japanは、ユニバーサルプレーヤー4機種「BDP-105DJP」「BDP-105JP」「BDP-103DJP」「BDP-103JP」向け新ファームウェア「BDP10XJP-75-0515」をリリースした。(2014/5/27)

インパルスモード搭載:
ソニー、「スマート高画質」の“ブラビア”春モデルを発表
ソニーが液晶テレビ“BRAVIA”(ブラビア)の2012年春モデルを発表。ブラウン管のインパルス駆動を模した「インパルスモード」搭載機やBDレコーダー一体型など、5シリーズ14モデルをラインアップ。(2012/3/23)

YouTube、Twitter連動ソーシャルレビューツールのfflickを買収
元Diggの社員が創業したfflickは、映画に関するツイートに基づくレビューサイトを運営していた。YouTubeは同社の技術を新しい動画レコメンデーション機能に利用する計画だ。(2011/1/27)

2011 International CES:
「2Dでも最強に」、東芝の大型グラスレス3Dレグザ
「2011 International CES」の開幕に先立ち、東芝が直前イベントを開催。56V型のグラスレス3Dレグザ試作機などを参考展示した。(2011/1/5)

2011 International CES:
東芝、CESで大型「グラスレス3Dレグザ」やネットテレビを展示
東芝が「2011 International CES」のブース概要を発表した。専用メガネなしで3D映像が視聴できる「グラスレス3Dレグザ」や「NET TV」を参考展示。(2011/1/5)

メガネ不要の65V型3Dテレビ、東芝がCESで展示 Google TV出展は「ない」
東芝は、メガネ不要の65V型3DテレビなどをCESに出展。Google TV搭載テレビの出展予定は「ない」という。(2011/1/5)

Google、Grouponを「50億〜60億ドル」で買収か?
GoogleがGrouponを50億〜60億ドルで買収すると報じられているが、Grouponの評価額は10億ドル、年間売上高は推定で5億ドルだ。この金額はクレイジーに思える。(2010/12/1)

Google、動画検索機能「YouTube Topics on Search」をテスト公開
1分間に35時間分もの動画が投稿されているYouTubeで興味に合った動画を探すための新機能「Topics on Search」がTestTubeで公開された。(2010/11/12)

Google、Android端末をYouTube専用リモコンにするアプリ「YouTube Remote」を発表
Android端末でGoogle TVやPC上のYouTube動画の再生や音量調節ができる「YouTube Remote」が登場した。(2010/11/10)

せかにゅ:
Android新版「Gingerbread」、11日登場のうわさ
Androidの次期バージョン「Gingerbread」のリリース時期について新たなうわさが流れている。Googleケータイ「Nexus Two」が製造上の問題で発表が延期になったとの報道も。(2010/11/9)

Android 3.0はテレビ電話やYouTube Leanbackをサポートか
近々登場とうわさされているAndroid 3.0は、テレビ電話やSIP、高解像度をサポートし、アイコンやユーザーインタフェースのデザインが刷新されているという。(2010/10/21)

「テレビ感覚でWeb動画」のYouTube Leanback、正式版に
YouTube LeanbackはPCのほか、Google TV搭載デバイスでも利用できる。(2010/10/20)

せかにゅ:
「誰もいい製品だと思ってなかった」――Microsoft社員がKINを語る
MicrosoftがKINの開発を終了したのは「一般社員にとって全社的な恥」と同社社員は語る。「KINが大失敗したのに誰もクビにならないなんて信じられない」という声も。(2010/7/12)

YouTube、テレビ感覚で動画を見る「Leanback」β公開
YouTubeのLeanbackでは、ソファに座ってテレビを見るように、煩わしいPC操作なしでオンライン動画を視聴できる。(2010/7/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。