ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ログイン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ログイン」に関する情報が集まったページです。

北海道銀行かたる詐欺メールに注意 本物そっくりのログイン画面で口座番号など窃取
北海道銀行をかたるフィッシングメールが出回っている。本文中のリンクをクリックすると、北海道銀行のWebサイトに酷似した偽サイトに遷移。口座番号などを窃取する。(2021/1/18)

愛媛大に不正ログイン 迷惑メール3万5000件送信
愛媛大学が、学生2人のメールアドレスから3万5000件の迷惑メールが送信されていたと発表。第三者がメールアドレスやパスワードを不正に入手した可能性が高いという。(2021/1/5)

認証ソリューションAuth0、多要素認証時の負担を軽減する新機能を提供
IDaaS基盤の「Auth0」に新機能「アダプティブ多要素認証(Adaptive MFA)」が追加され、セキュリティが強化された。リスクを伴うと判断されたログイン時にのみ適用されるコンテキストベースのセキュリティにより、ユーザー体験を維持しながら、ハッキングやデータ漏えいの脅威を軽減できる。(2020/12/21)

Google、12月14日の約45分間ダウンの原因と対策を詳解
Gmailやカレンダーなど、ログイン認証が必要な多くのサービスが12月14日に約45分間使えなくなった問題について、Googleが原因と対策を説明した。(2020/12/21)

Googleのクラウドゲーム「Stadia」がiOS端末に対応 Safariからアクセス可能に
米Googleはゲームストリーミングサービス「Stadia」がiOS端末に対応したと発表した。iOS端末のSafariからログインしてプレイ可能。(2020/12/18)

Googleの45分間ダウンの原因は認証ツールのストレージクォータの問題
Googleが、12月14日夜の各種サービスが約45分間使えなくなった問題の原因は、サービスにログインするための認証ツールへのストレージ割り当てが正常に動作しなかったことと説明。再発防止に努めると謝罪した。(2020/12/15)

「ポケモンGO」で「ログインできない」などの報告 運営元は「調査中」【復旧】
(2020/12/8)

Amazonを装ったフィッシング詐欺に注意 1億円以上だまし取られたケースも……カスペルスキーが手口をまとめたレポートを公開
カスペルスキーはECサイト「Amazon」で発生した詐欺の手口をまとめたレポートを発表した。通知メールを受け取った際は記載のリンク先にアクセスせず、自分のアカウントに直接ログインして確認するよう呼び掛けている。(2020/12/3)

エハラマサヒロ、フィッシング詐欺で約50万円の被害告白 「このログイン画面ニセモノなんだぜ…」と詐欺ページ公開
どんどん巧妙になる。(2020/12/3)

Amazonかたる詐欺SMSに注意 「Amazonがロックされました」「異常ログインの可能性があります」など
Amazonをかたる詐欺SMSが増加しているとして、フィッシング対策協会が注意喚起。Amazonのアカウントに支払いの問題や不正なログインがあると偽り、文中のリンクから偽サイトに誘導するという。(2020/11/27)

腸内細菌を擬人化、うんこの報告でガチャが引けるゲーム「うんコレ」正式リリース 毎日のログインが健康管理に
擬人化された腸内細菌が、謎の新生物と戦います。(2020/11/16)

出前館、LINEアカウントと連携開始 LINEデリマは12月20日に終了
「出前館」がLINEアカウントと連携し、ユーザーはLINEアカウントから出前館にログインできるようになった。出前館とのブランド統合により、「LINEデリマ」は12月20日に終了する。(2020/11/11)

半径300メートルのIT:
不正ログインを引き起こしたサイト 事業者と利用者の責任の所在は?
不正ログインを引き起こしたサイトの事業者と利用者。責任の所在は一体どちらにあるのでしょうか。(2020/11/4)

IT用語解説系マンガ:食べ超(197):
脆弱性スキャナーが隠れた仏像を発見
念仏を唱えるとログインできるのは脆弱(ぜいじゃく)性ではなく仕様とのことでした。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2020/10/28)

GMOクリック証券に不正アクセス 被害額は149万円 何者かが残高を不正送金
GMOクリック証券が外部からの不正アクセスを受け、顧客口座から149万円が流出したと発表。被害に遭った口座は1つ。何者かが不正に取得したログイン情報で取引を行い、出金先銀行口座を変更して出金したという。(2020/10/27)

Java版マイクラ、Microsoftアカウントが必須に 秋から セキュリティなど強化
人気ゲーム「Minecraft Java Edition」で、Microsoftアカウントが必須に。これまで、ログインには独自アカウントを求めていたが、20年秋から順次切り替える。(2020/10/23)

相次いだ不正送金事件、ログイン認証の抜け穴を熟知か セキュリティ専門家の徳丸氏が解説
9月に相次いで明らかになった金融機関やその利用者を狙ったサイバー犯罪を巡り、サイバーセキュリティが専門の徳丸浩さんは「共通するのはログインが狙われたこと。サイトの特性を熟知して攻撃している」と手口について解説した。(2020/10/21)

「見えないWeb攻撃」──情報漏えい対策の盲点:
不正送金問題で暗躍する「不正ログインbot」 大量にアクセスされても“見えない”理由
ドコモ口座やゆうちょ銀行などを巻き込んだ不正送金事件。事件の手口には未だ謎が残っており、単純な話では終わらなさそうだ。今回は「見えない不正ログイン」という観点から、こうした犯行の手法や、事件を取り巻く背景を改めて考察してみたい。(2020/10/21)

「CEATEC 2020」アクセス集中で入場制限 出展者からも「ログインできない」の声【追記あり】
IT総合展示会「CEATEC 2020 ONLINE」にアクセスが集中。開催元はオンライン会場への入場を制限している。(2020/10/20)

Tech TIPS:
Chromeブラウザで保存したパスワードをiPhoneアプリでも使えるようにする
これまでiPhoneでアプリにログインする際、Google Chromeに保存してあるパスワードを使う(自動入力する)ことはできなかった。それがiPhone向けChromeバージョン86以降では可能になった。その設定方法や使い方や注意点を解説する。(2020/10/14)

岡山大に不正ログイン フィッシングメール1万4666件送信
岡山大学が、外部からの不正なログインによって、教員のメールアドレスから1万4666件のフィッシングメールが送信されていたと発表。メールアカウントのパスワードが安易だったことが原因としている。(2020/10/8)

ゆうちょ銀のVISAデビット「mijica」不正ログインで情報流出 1422人に被害か
ゆうちょ銀行のVISAデビットカード「mijica」が不正アクセスを受け、1422人のユーザー情報が閲覧された可能性。(2020/10/5)

1カ月1000円で毎日マカロンの「ログインボーナス」 ダロワイヨがマカロンのサブスク「My Maca」がお得すぎる
カラフルでおいしいログインボーナスだ!(2020/10/3)

球場予約システムに不正ログイン試行→別システムに変更→同一IPから大量申込→紙に変更 川崎市
川崎市は、市内の公園にある野球場の利用申し込みを受け付けるシステムが第三者による不正ログイン試行などの攻撃を受けたため、Web予約を中止し、紙の申込書による予約受け付けに変更した。(2020/9/25)

JR九州の会員向けサイトに不正ログイン 個人情報1200件が閲覧された可能性 ポイントの不正交換も
JR九州の「JR九州Web会員向けサービスサイト」が不正ログインの被害を受けた。会員の氏名や生年月日など、1269件の会員情報を盗み見られた可能性がある。(2020/9/24)

dアカウント、回線未契約でも生体認証のみでログイン可能に iOSから
NTTドコモは、9月24日に同社の回線を契約していないiOS端末から「パスワードレス認証(パスワード無効化設定)」を設定可能となるよう範囲を拡大する。対象はdアカウント生体認証対応のiPhone/iPadで、Android端末への対応は2021年以降を予定(2020/9/23)

パスワードを「やめさせる」取り組み:
「パスワードの使いまわし」が60%以上 ヤフー、「パスワードレスログイン」を推進
ヤフーは、パスワードを使わないログイン方法を設定しているユーザーが、月間ログインユーザーID数の半数以上となったと発表。同社の調査では、60%以上が「複数のサービスでパスワードを使いまわしている」と回答している。パスワードの利用をやめさせたい理由とは。(2020/9/16)

LINEに不正ログイン7万件 「ID・パスワードの有効性確認目的か」
今年7月から9月にかけてLINEアカウントに対する不正ログイン試行があり、約7万4000件(うち日本は4万1000件)が不正ログイン被害を受けた。被害を受けたアカウントについて「具体的な悪用は認められていない」としている。(2020/9/14)

三越伊勢丹、新たに約3万件の会員情報漏えい明らかに ECサイトに不正ログイン
三越伊勢丹が、8月に発表した不正ログインについて、追加で約3万件の会員情報が盗み見られていた可能性があると発表。同社は当初、漏えい件数を合計で約1万9000件と報告していた。(2020/9/11)

総務省、IoT機器“侵入”調査を強化 ログインに使うID・パスワードの組み合わせを拡大
総務省が、不正アクセスされる恐れのあるIoT機器を洗い出し、ユーザーに注意喚起を行う取り組みを強化する。IoT機器に侵入を試みる際のIDとパスワードの組み合わせを増やし、侵入できた機器を所有するユーザーへ対策を呼び掛ける。(2020/9/11)

Facebook、OculusアカウントをFacebookアカウントに統合し、Facebookアカウント必須に
Facebookが、VRサービス「Oculus」へのログインでFacebookアカウント必須にすると発表した。現行のOculusユーザーは2023年1月1日まではOculusアカウントを使えるが、新規ユーザーはFacebookアカウントが必須だ。(2020/8/19)

三越伊勢丹ECサイトに不正ログイン 会員情報1万5000件が閲覧された可能性
三越伊勢丹が、同社ECサイトと傘下のエムアイカードの会員合わせて約1万9000人が不正ログインの被害に遭い、会員情報を盗み見られた可能性があると発表した。(2020/8/7)

キヤノン、同社製インクジェットプリンタが「Google Classroom」に対応 手軽な印刷が可能に
キヤノンは、同社製インクジェットプリンタから「Google Classroom」にログインして簡単に印刷を行える機能を追加した。(2020/7/21)

モバイルSuicaでシステム障害、サービスを一時停止 復旧はきょう午後6時を予定【追記あり】
JR東日本の携帯電話向けサービス「モバイルSuica」でログインが必要なサービスが停止中。復旧は午後6時頃を予定している。(2020/7/15)

メルカリ、Spotifyなど複数のiOS版アプリで問題の報告 「アプリが開かない」「ログインできない」【追記あり】
(2020/7/10)

「カメラのキタムラ」通販サイトに不正アクセス 個人情報40万件が閲覧された可能性 二段階認証を採用せず
「カメラのキタムラ」公式通販サイトが不正アクセスの被害に。第三者が顧客のメールアドレスとパスワードを不正に取得し、会員になりすましてログインする攻撃が相次ぎ、計約40万件の個人情報が閲覧された可能性があるという。不正アクセスの防止策として、二段階認証や多要素認証は採用していなかった。(2020/6/15)

「Twitter魚拓」登場 ツイートを画像で保存、誹謗中傷の証拠保全などに
Twitterの投稿を指定すると、そのツイートを画像化して保存できるサービス「Twitter魚拓」が登場した。誰でも使えるサービスで、ログインやTwitter連携なども不要だ。「誹謗中傷の証拠保全などに使ってほしい」。(2020/6/12)

「ニンテンドーネットワークID」の不正ログイン、新たに約14万件に影響の可能性判明 4月の約16万から追加で
一部では不正な取引も行われていました。(2020/6/10)

GitLab、セキュリティ演習で社員にフィッシングメール送信 10人が引っ掛かる
ソースコード管理ツールを提供する米GitLabが、社内のセキュリティ対策演習として社員にフィッシングメールを送信。内容は「あなたのノートPCをMacBook Proにアップグレードすることになりました」。10人が引っ掛かり、ログインページでIDとパスワードを入力した。(2020/6/8)

「password」「123456」などでログイン可能:
「注意喚起対象件数は毎月300件程度で推移」 NICTがNOTICEの実施状況を公表
NICTらは、脆弱なIoT機器やマルウェアに感染しているIoT機器の利用者に対する注意喚起状況を公表した。特定のIDとパスワードでログインでき、注意喚起対象となったIoT機器は2249件だった。(2020/5/19)

任天堂、「ニンテンドーネットワークID」への不正ログインを報告 約16万人に影響の可能性
メールアドレスなどが第三者に閲覧された可能性があります。(2020/4/24)

ニンテンドーネットワークID最大16万件に不正ログインの恐れ 二段階認証の設定を呼び掛け
任天堂が、約16万件の「ニンテンドーネットワークID(ニンテンドー3DSシリーズやWii Uで使用するアカウント)」が不正ログインを受けた可能性があると発表。不正ログインされた可能性のあるアカウントはパスワードリセットし、ユーザーにメールで連絡している。(2020/4/24)

10万円給付金をネット申請できるのは一部だけ? 「マイナポータル」にログインしてみた
政府は、国民に一律10万円を支給する緊急経済対策を閣議決定した。給付金の申請はネットからも行えるが、ポータルサイト「マイナポータル」にマイナンバーカードを“読み込ませて”ログインする必要があり、すでにマイナンバーカードと対応スマホなどを持つ人の特権となりそうだ。(2020/4/21)

Chromeのサードパーティー製Cookie対策、新型コロナによる混乱回避のため一時後退
Googleは、Chromeブラウザのバージョン80でロールアウトしてきたサードパーティー製Cookieのデフォルトブロック機能を、新型コロナに伴う混乱回避のため、一時的にロールバックすると発表した。サードパーティー製Cookieをサイトへのログインに使っているサービスの一部が対応しきれていないようだ。(2020/4/6)

ZoomのWindows版にユーザーログイン情報窃盗に繋がる脆弱性
ZoomのWindowsクライアントにWindowsのログイン情報を盗まれる恐れのある脆弱性があるとセキュリティ専門家が指摘した。UNCをハイパーリンク化できるので、パブリックグループに投稿された出自不明のハイパーリンクをクリックするのは危険だ。(2020/4/2)

SBI証券がYahoo!IDでログイン可能に 提携策第1弾
SBI証券は3月30日から、SBI証券WebサイトにYahoo!JAPAN IDを利用したログインを可能にした。(2020/3/30)

モバイルSuicaが4回(予定)の「臨時メンテナンス」を実施 3月21日/26日は少し長め
JR東日本の「モバイルSuica」が、臨時のシステムメンテナンス断続的に実施する。メンテナンス中は、サービスへのログインが必要なサービスが一切利用できなくなる。特に3月21日と26日は、メンテナンス時間が長いので注意しよう。(2020/3/9)

楽天証券でログインできない障害発生 復旧済み、原因は調査中
楽天証券で3月9日午前10時50分から11時18分にかけて、サービスにログインできないなどの障害が発生した。(2020/3/9)

生体認証のみでdアカウントログイン ドコモが「パスワードレス認証」を3月中旬以降に提供
NTTドコモは、3月中旬以降に「パスワードレス認証(パスワード無効化設定)」を提供開始。dアカウントログイン時の認証を生体認証のみに設定でき、第三者による不正ログインを防げる。(2020/3/4)

LINEに不正ログイン 被害者数は4000人超、乗っ取りや二次被害の可能性も
LINEで2月に不正ログインが発生。被害を受けたアカウントでは、購買に誘導するスパムの投稿があった他、アカウントを完全に乗っ取るためのURLも投稿されており、被害アカウントから二次被害が発生し得る状況だという。(2020/2/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。