ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「腰痛」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「腰痛」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

【なんて読む?】今日の難読漢字「疵」
「瑕疵(かし)」でよく見る漢字。(2022/5/20)

【なんて読む?】今日の難読漢字「石榴石」
どっちから書いても「石榴石」。(2022/5/19)

【なんて読む?】今日の難読漢字「蹲る」(○○○○る)
「○○○る」とも読める。(2022/5/18)

【なんて読む?】今日の難読漢字「狒狒」
ヒント:動物の名前(2022/5/17)

【なんて読む?】今日の難読漢字「篦」
ヒント:たぶんどこのご家庭にもあるやつ(2022/5/16)

【なんて読む?】今日の難読漢字「種」(「たね」以外の訓読み)
ヒント:2文字で読める(2022/5/15)

【なんて読む?】今日の難読漢字「萎びる」
「萎える」「萎む」などいろいろ読める字。(2022/5/14)

【なんて読む?】今日の難読漢字「卜う」
カタカナじゃない。(2022/5/13)

【なんて読む?】今日の難読漢字「噎せる」
ヒント:○せる(2022/5/12)

増える「浮き指」の子供、コロナで拍車も AIで改善へ
足の指先が地面に着かない「浮き指」の子供たちが増えている。放置すれば腰痛や歩行障害につながる恐れもあり、大阪では2022年度から、専門家がAIで小学生の姿勢を分析し、浮き指症状の改善に向けた取り組みに乗り出した。(2022/5/11)

【なんて読む?】今日の難読漢字「鍼」
街中で見掛ける漢字。(2022/5/11)

たんぽぽ白鳥&チェリー吉武、40代夫婦の“パパママ生活”で体が悲鳴 「体力の衰えを感じております」
パパママファイト……!(2022/4/25)

ランドセルを体感で約90%軽くする「さんぽセル」発売 発売前から4カ月待ちの大反響
小学生の発案で生まれて実用化された商品、特許出願済み。(2022/4/20)

“26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子が18週目でマタフォト 最速で成長遂げたふっくらおなかに「伸びやすくなったのか」
2022年1月に妊娠を発表。(2022/4/15)

500人に聞いた:
事務職を辞めたい理由、2位は「眼精疲労・肩こり・頭痛・腰痛」 1位は?
「事務職を辞めたいと思うときに関する意識調査」を実施した。1位は「仕事が単調・やりがいを感じない」だった。2位は「眼精疲労・肩こり・頭痛・腰痛」、3位は「仕事が多いとき」と続いた。(2022/3/14)

運動習慣は?:
リモートワークで増えたと思う不調 1位は「目の疲れ」
アジャイルウェアは、リモートワークをしている20〜50代の男女を対象に、「リモートワークと運動習慣のアンケート」を実施した。リモートワークで増えたと感じる体の不調1位は「目の疲れ」だった。(2022/3/2)

アプリで予防する「慢性疼痛」の悩み 国内1700万人が闘っている「繰り返す痛み」
3カ月以上持続、もしくは繰り返す腰痛や膝痛、頭痛などの痛みを「慢性疼痛」という。国内では約1700万人もの患者数が推計される。近年では、慢性疼痛のセルフケアや予防などに役立つアプリが公開されるなど医療の進展が後押しされつつある。(2022/2/24)

約1万人に聞いた:
気になる「目の症状」 「小さな文字が読みにくい」「視力低下」を上回った1位は?
マイボイスコムの「目の健康」に関する調査を実施した。目の症状や気になることの1位は「目が疲れやすい」だった。その他、目の健康で気にしていることなどを聞いた。(2022/2/16)

サダタローのシェアさせていただきますR:
腰痛持ちの漫画家、“前傾姿勢を支えるチェア”と運命の出会いを果たす 腰や太もも「めっちゃ楽」に
「オレ、極端な前傾姿勢になってる!」 漫画家のサダタローさんが仕事用の椅子を新調しました。今回は前傾姿勢を支えるというオフィスチェアを導入です。新しい相棒との出合いで仕事の効率は上がるのでしょうか?(2022/2/6)

「筋肉の扉は自らの筋肉で開く」 なかやまきんに君、吉本興業を退所後は海外挑戦&オンラインフィットネス
10代からの夢をかなえるため動き始めたきんに君。(2022/1/25)

【漫画】「日常の いろんな動作が 腰にくる」 育児中ママの心の叫びに「完全にあるあるで笑った」と共感
かがむ動作はどうしてもね……。(2022/1/14)

PR:スパイダーマンを1ミリも知らない人たちに勘だけで『スパイダーマン』の物語を考えてもらったらこうなりました
『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を見る前に知識ゼロの人でミリしらをやってみたら謎のマルチバースの扉が開きました。(2022/1/7)

猫に枕をとられるので、猫用枕を買ったけど…… 「やはりそうなる」猫と寝る“あるある”を描いた漫画が面白い
それが猫と暮らすということ。(2021/12/19)

心筋梗塞 血液でリスク予測 糖尿病や脂肪の健康データ テレワークで急に悪化 心筋梗塞や脳卒中のリスクも
血液検査「フォーネスビジュアス」は、少量の血液から約7000種類のタンパク質を一度に測定し、AI技術を組み合わせて、4年以内の心筋梗塞・脳卒中発症リスクを予測する検査法。「コロナ禍で運動不足になって健康データが急激に悪化した人が多い」という。(2021/12/9)

菅谷梨沙子、娘2人を抱っこして“ぶにゅ〜”された幸せ3ショット 夏焼雅が反応「何この幸せ溢れる写真」
すっかりママになってる菅谷さん。(2021/12/5)

約1万人に聞いた:
「こり」や「痛み」を感じる部分 2位は「首の付け根あたり」、1位は?
マイボイスコムは1万46件の回答を元に、肩こりや腰痛に関する調査結果を発表した。利用する医薬品なども調査した。(2021/12/5)

約200人に聞いた:
介護職から異職種への転職理由 「収入アップのため」を抑えて1位になったのは?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、介護職から転職した経験のある191人を対象として、転職理由に関する意識調査を実施した。転職理由の1位になったのは?(2021/12/4)

3分インタビュー:
ランドセルが、約90%軽くなる「棒」とは? 購入予約数は約2000本に
ランドセルの重量化が腰痛や肩こりなどを引き起こす「ランドセル症候群」が小学生の間で広がっているという。そんな状況を改善すべく、大学生と小学生が協力して、ランドセルを約90%軽くする「棒」を開発した。棒でどうやってランドセルが軽くなるのかというと……(2021/12/2)

双子妊娠9カ月の秋元玲奈 “顔2つ分”張り出したマタニティフォトに「しかし大きいな」「もうすぐ会えますね!」
お体にお気をつけて!(2021/11/12)

腰痛で今季終了の錦織圭、NBA観戦でリフレッシュ にこやかな笑顔に「元気そうでよかった!!」「リフレッシュして下さい」
2日に腰痛のため今季の活動終了を報告。(2021/11/9)

高橋真麻、子ども用ハーネスは「何を言われようと生命の為」 ブログには「犬みたい」「可哀想」といわれたという使用者の声も
高橋さん「背に腹はかえられません」(2021/10/29)

腰痛予防にいいかも センサー搭載メガネ「JINS MEME」で自分の体を見る 月500円の価値はあるか
記者がメガネ型ウェアラブルデバイス「JINS MEME」をレビュー。集中度や眠気などを可視化できる他、体のゆがみを明確に自覚できるデバイスで、将来は活用範囲の拡大も期待できる。(2021/10/22)

着座中の腰痛悪化、AIで予測可能に 東北大
東北大学が、荷重センサーを搭載した椅子とAIを活用して、オフィスワーカーの腰痛を予測する手法を発見したとする研究成果を発表した。椅子にかかる荷重の変化をAIで分析したところ、腰痛の悪化と連動する体の動きを発見したという。(2021/10/20)

猫と眠ると疲れがたまる飼い主、その理由は……? 布団におもちゃを持ち込む猫との“お布団事情”を描いた漫画に共感
あずきさんかわいい。(2021/10/19)

イノベーションのレシピ:
背骨の形が「見える」眼鏡、レントゲンいらずの姿勢矯正デバイスに医師も期待
「美姿勢メガネ」は眼鏡に後付けで搭載する小型デバイスで、着用者の背骨形状をリアルタイムで可視化する。従来、背骨の形はレントゲンなどでしか把握できなかったが、これを日常的に行えるようにする。デバイスの仕組みと開発目的を聞いた。(2021/10/15)

秋元玲奈、双子妊娠7カ月のビッグなおなかを公開 「大きさ、体感ともに9カ月くらい」で着るものにも一苦労
大きい。(2021/10/5)

櫻井翔&相葉雅紀のW結婚発表に、妻夫木聡ら“木更津キャッツアイ”メンバーが祝福メッセージ 「バンビー!!」
友情よ永遠なれ……。(2021/9/28)

経済損失は、年間約14兆5000億円:
将来の健康不安、「ガン」や「生活習慣病」を抑えて1位になったのは?
山田養蜂場は、「健康に関する意識調査」を実施した。自分の将来の健康で「不安に感じている分野・事柄」を尋ねたところ、3位は「ガン」、2位は「生活習慣病」という結果に。1位は?(2021/9/14)

PR:17.3型大画面で見やすい! 疲れにくい! 税込み10万円ちょいPC「mouse F7-i5」はテレワークにピッタリな1台だ
新型コロナウイルスの影響が長期化するにつれて、在宅ワークやおうち時間が伸びる傾向が続いている。長い時間PCを使うならば、少しでも大画面の方がいいし、今買うならWindows 11でも快適に使えるPCにしたい。しかも値段はなるべく抑えたい……そんな欲張りな人にピッタリの1台が「mouse F7-i5」だ。(2021/9/10)

【がんに気付くまで】いつもよりツラい生理「気が付くと床に倒れていました」 “生理中の失神”で子宮体がんが発覚した……というお話
3年前にがんが見つかって治療→現在は普通に仕事、生活しているという方の体験談。(2021/9/21)

猫「ツンツン」セミ「ジジジッ」 夏の風物詩“セミファイナル”にあわあわする猫を描いた漫画がかわいい
セミファイナルVS猫ちゃん、ファイッ!(2021/8/14)

ロボット開発ニュース:
作業負担の軽減や生産性向上に向け、アスクルが物流センターにロボットを導入
アスクルは同社の物流センターに、Mujinのデパレタイズロボット「MujinRobot」とギークプラスの自動棚搬送ロボット「Geek+ EVE P800R」を導入した。導入により、従業員の身体的負担を大幅に軽減し、庫内作業の生産性を向上する。(2021/7/28)

産業動向:
現場の作業負担軽減を目的に、大成建設らが作業用アシストスーツの共同研究を開始
大成建設は、北海道大学大学院の田中孝之教授や苫小牧工業高等専門学校の土谷圭央助教授、スマートサポートとともに、現場作業の負荷軽減を目的に、作業用アシストスーツの一種である「スマートスーツ」着用に関する共働研究を開始した。今後、大成建設は、建設業界の高年齢労働者活用による労働力確保やデジタルトランスフォーメーションで技術伝承を推進するため、北海道大学らとの共同研究を通し、厚生労働省や国土交通省などが進める事業やプロジェクトと連携を図っていく方針だ。(2021/7/19)

4K? ウルトラワイド?:
テレワークに効く! 大画面液晶ディスプレイと最新ノートPCを勧めるワケ
在宅ワークを中心としたテレワークで、会社にいるときと同じような生産性を維持するのには、環境整備が欠かせない。真っ先にお勧めしたいのがデュアルディスプレイの導入だが、そこに一工夫をかけるとさらに効果を高めることができる。(2021/7/15)

コロナ禍2年目:
「マスク」や「うがい薬」はどうなった? 2021年上半期売れたものランキング
調査会社のインテージが、全国約6000店舗の小売店販売データ「SRI+」をもとに推定した「2021年上半期売れたものランキング」を発表した。(2021/7/1)

今日のリサーチ:
2021年上半期に売れたもの 「麦芽飲料」「プロテイン」「食玩」――インテージ調査
「健康」「セルフケア」関連が好調。2020年激増の衛生関連は姿を消しています。(2021/6/30)

ベッドに入ると猫が集まってきて…… 保護猫トリオのぬくもりに、幸せをかみしめる夜を描いた漫画があたたかい
みんなそれぞれのお気に入りの場所があるようで……?(2021/6/25)

リモートワーク時代の理想的な職場の仲間との関係性:
「感情をすり減らされずに」働く極意
同じ状況で、同じ仕事をしていても、ストレスを感じる人と、感じない人とがいる。ストレスは平等に降りかかるとすれば、災いしているのは、ストレスそのものではないのだろうか。(2021/6/16)

家電メーカー進化論:
急成長のサンコーが、「オモシロ家電」を追求する意味とは
「サンコー」といえば、ユニークで一風変わった「おもしろ家電」で知られるメーカーだ。面白さと同時に、コスパの良さと便利さも備え、人気を博している。この「おもしろ家電」を開発できた秘密とは一体何なのか。サンコーの山光博康CEOに話を聞いた。(2021/6/10)

Nintendo Switch「リングフィットアドベンチャー」で慢性腰痛症が改善 千葉大の研究で確認
痛みの軽減と、メンタルの向上に有効としています。(2021/6/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。