ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「腰痛」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「腰痛」に関する情報が集まったページです。

「右足の動きに違和感を覚える様に」 ロックバンド[ALEXANDROS]庄村聡泰、局所性ジストニアのためライブ活動休止を発表
5月からの休養をへて、ツアーファイナルで復帰したばかりでした。(2019/6/20)

「うつむき姿勢は、首に小学生がぶら下がっているのと同じ負荷」 コクヨ、姿勢を改善する新型オフィス向けデスク
コクヨが天板に傾斜を付けられるデスク「UPTIS」を発表した。(2019/5/27)

MEDTEC Japan 2019レポート:
人体通信で医療IoT、加速する医療機器のモバイル化――MEDTEC Japan 2019レポート
医療機器の設計・製造に関するアジア最大級の展示会「MEDTEC Japan 2019」が2019年3月18日〜3月20日に開催された。本稿では、同展示会のレポートとして、医療エレクトロニクス関連の展示を中心に紹介する。(2019/5/21)

「まだ完全に快復したとは言い切れない」 筋筋膜性腰痛症のALEXANDROS・庄村聡泰、復帰時期を後ろ倒しに
6月のツアーファイナルで復帰を目指すとのことです。(2019/5/9)

腰痛持ちの救世主になるか? 机に置くだけで立ったまま仕事ができる「デスク用昇降台」をキングジムが発表
「健康経営」推進を受けて。(2019/4/3)

運動苦手なイラストレーターがスクワットを続けた体験をレポート漫画に 「パツパツだったジーンズがするっと入った」
筋肉は裏切らないことがまた立証されてしまった。(2019/3/15)

DMS2019:
初期費用の安さがウリ、東京理科大発ベンチャーの「マッスルスーツ」
イノフィスは、「第1回 工場設備・備品展」(2019年2月6〜8日、東京都江東区・東京ビッグサイト)で、動作補助設備「マッスルスーツ」を展示した。イノフィスは2013年に設立された東京理科大学発のベンチャー企業で、現在は介護福祉用途での動作補助器具『マッスルスーツ』を開発、販売している。(2019/2/13)

カギは高技能労働者:
日本の介護問題、処遇改善よりも効果的な人材不足への対応策を
高齢化などに伴い、日本では介護人材の確保が困難となっている。その理由の1つには、介護職員の賃金が他産業と比較して低いことが指摘されている。そのため政府はさまざまな処遇改善策を実施してきたが……。(2018/12/28)

紙からWebへのシフト:
人工知能にカワイイ服を“作って”もらう? カタログ大手「ニッセン」のディープラーニング活用
かつて紙のカタログで人気を博した通販大手の「ニッセン」だが、今は売り上げが伸び悩み、Web通販へのシフトを迫られている。売り上げ回復のカギとして、同社は今ディープラーニング活用に本腰を入れているのだという。(2018/10/15)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
重要なのは声のコーディネート――エグゼクティブにふさわしい魅力的な声を手に入れる
自分の声がどのような声なのか、自分自身では分かりにくい。そこで魅力的な声を出すためには、他の人からのフィードバックが不可欠である。エグゼクティブのための、声のコーディネートを学ぶ。(2018/9/26)

杉元の入れ歯がシュポーン ゴールデンカムイ、みんなシワシワの特別版「シルバーカムイ」公開
敬老の日と第15巻発売の記念企画。(2018/9/18)

アシストスーツ:
空気圧式の“人工筋肉”を搭載したマッスルスーツ3タイプ、鉄筋工など前屈みの作業をサポート
PALTEKは、イノフィスが開発した空気圧式アシストスーツ「マッスルスーツ」シリーズに、導入しやすい低価格化・軽量化を図った「Edge」モデルが新たに加わり、販売を開始した。マッスルスーツは、これまでに3400台以上が導入されており、今後引き合いの多い建設業界にも本格的にPRしていく。(2018/9/13)

「生理は病気じゃない」けれど……病気でもないのに地獄が毎月やってくるつらさを描く漫画に共感集まる
同性にも伝わらないことが……。(2018/8/22)

製造業派遣労働者を対象にしたライフスタイル実態調査:
「仕事力」に効くのは野菜や果物、「やる気」は現場のロールモデル
製造業の派遣労働者を対象としたライフスタイル実態調査「モノづくりの現場での、派遣という働き方白書」をUTグループが発表。派遣労働者のパフォーマンスを最大限発揮させ、仕事のやる気を起こさせるヒントが白書から垣間見ることができる。(2018/8/10)

ロボットスーツ、被災地活躍の舞台裏 「社内でかき集め、大急ぎでプログラム書き換えた」──西日本豪雨で
西日本豪雨の被害を受けた岡山県で、人の作業負荷を軽減する「ロボットスーツ」が活躍。当時の状況を担当者に聞いた。(2018/7/23)

素足を出す季節。 “足ケア”でカラダのトラブル回避を!
角質、爪、におい、菌……足が抱えるトラブルを“お手入れ”して乗り切りましょう。(2018/7/7)

世界を「数字」で回してみよう(49) 働き方改革(8):
私を「疾病者」にしたのは誰だ? 労働と病(やまい)の切っても切れない関係
現代の社会において、労働と病(心身の)の関係は切っても切り離せません。会社組織には、「労働者」を「疾病を抱える労働者」へと変貌させる機能が備わっているのかと思うほどです。今回は、「労働者の疾病」に焦点を当ててシミュレーションを行ってみました。(2018/5/22)

ファインダーを覗いて撮ろうよ
デジカメはファインダーで撮るか、背面モニターで撮るかを使い分けられるのが良いところなのである。では、それぞれの良いところは何かと考察してみた。(2018/5/9)

ロボット開発ニュース:
住宅メーカーが全国9工場へロボットスーツを導入、作業者の負担を軽減
大和ハウス工業は、技術者の作業負担を軽減するため、CYBERDYNEのロボットスーツ「HAL腰タイプ作業支援用」を全国9カ所の工場に導入した。腰部にかかる負荷を軽減し、腰痛などの発生リスク低減につなげる。(2018/5/7)

採用事例:
大和ハウス工業が全国9工場にロボットスーツ「HAL腰タイプ作業支援用」を導入
大和ハウス工業は、サイバーダインのロボットスーツ「HAL腰タイプ作業支援用」を全国9工場、計30台導入し、技術者(職方)の作業負荷軽減に取り組むという。(2018/4/23)

腰痛タイプをアルゴリズムで判定:
スマホアプリで腰痛対策――バックテックが労働生産性向上効果の検証開始
バックテックは産業医科大学と協同で、腰痛対策アプリ「ポケットセラピスト」を活用した腰痛予防対策の効果検証を開始した。労働生産性向上が目的。腰痛タイプごとに最適な対策を提案する他、理学療法士にチャットで相談できる機能を備え、腰痛の解消を目指す。(2018/3/12)

入学1年前から情報収集が当たり前:
ランドセル商戦の早期化 震災が後押し
今年もランドセル商戦がスタートした。“ラン活”という言葉があるほど商戦は早期化し、1個あたりの価格も上昇している。(2018/3/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
グーグル&Uberつぶしのトヨタ・タクシー
現在開催中の「第45回 東京モーターショー」。その見どころについて業界関係者から何度も聞かれたが、その説明が面倒だった。自動運転車や固体電池のクルマとかなら「ああそうですか」で終わるのだが、今回はタクシーなのだ。(2017/10/30)

ITライフch:
AIで脳トレ 50代女性に人気の「脳にいいアプリ」で効率よく
株式会社ベスプラは、1万人以上のユーザデータを元に「脳の健康維持AI」開発、脳の健康を維持するサービス「脳にいいアプリ」に搭載した。「AI」がその人の脳に最適な活動を促し、認知機能を効率よく高めるという。(2017/7/6)

週刊「調査のチカラ」:
「母の日」だけ感謝をするのはやめよう――調査で浮かび上がる“名もなき家事”の実態
5月の第2日曜日は母の日。2017年のお母さんたちの本音を調査データから探ります。(2017/5/13)

「ツボで内臓の調子が分かるってホント?」→正直分かりません! 指圧師が解説する“ツボ”とは何か
ツボってそもそも何? ホントに効果あるの?(2017/5/12)

中小企業の支援になるか:
AIも活用 運輸業界のデジタル変革を目指す協議会
2016年8月に発足した運輸デジタルビジネス協議会は、運輸業界が抱えるさまざまなビジネス課題をデジタルテクノロジーによって解決することを目指している。(2017/4/20)

やしろあずきの日常―― Web漫画家ってどうやって過ごしてるの?(後編)〜仕事の仕方やお金の話を怒られない程度に話してみる〜
仕事ください。(2017/4/9)

週刊「調査のチカラ」:
プロ野球のサービス満足度、「神ってる」のはどのチーム?
寒過ぎず暑過ぎず、体を動かすにはちょうど良いこの季節。一方、プロ野球も開幕して観戦の楽しみもあり。今回は健康や運動にまつわる調査データをお届けします。(2017/4/8)

ライフロボティクス CORO:
吉野家の食器洗浄を支援する協働ロボット、自動仕分けで78%の工数削減を目指す
ライフロボティクスは、同社の多関節型協働ロボット「CORO(コロ)」が吉野家の店舗における食器洗浄工程に導入されたことを発表。食器洗浄作業にかかる工数を約78%削減することを目指す。(2017/3/31)

「座り時々立ち仕事」がベスト? スタンディングデスクの効果
座り仕事・立ち仕事が両方できる「スタンディングデスク」を導入し、健康増進する企業が出てきています。このスタンディングデスクの効果と活用法をご紹介します。(2017/3/10)

PR:フィリップス製ディスプレイに見る“疲れ目対策ディスプレイ”最前線
最近パソコンの使いすぎで目が疲れやすい……そんな人は必読! ブルーライトカットの常識を覆すSoftBlue技術とは?(2017/2/10)

ロボデックス:
社会問題解決のショーケースへ、「ロボット大国」実現に向けた政策支援
ロボデックス開催に合わせて実施されたロボデックスカンファレンス「世界に革命を起こす!日本のロボット新戦略とは」では、開催記念講演として経済産業省 製造産業局 産業機械課 ロボット政策室室長の安田篤氏が登壇。「ロボット革命の実現に向けて」をテーマにロボット市場の現状と、さらなる普及拡大に向けて政府の取り組みを紹介した。(2017/1/26)

「温泉」が薄毛問題を解決する? 育毛博士に聞く発毛研究の最先端
(2017/1/19)

療養中のモー娘。佐藤優樹、活動休止を2月下旬まで延長 再発の恐れあるため「大事をとって」
まーちゃん「ヘルニアに負けないようトレーニングをいっしょうけんめいして、戻ってくるのでちょっとだけお休みさせて下さい。」(2017/1/6)

モー娘。佐藤優樹、“急性腰痛症・腰椎椎間板ヘルニア”で今週末のイベントを出演キャンセルへ
腰はつらい……。今後の活動は、病状の経過をみて報告予定。(2016/12/22)

頭痛、目の疲れ 「VDT症候群」が引き起こす症状と対策
なんだか体がだるく、疲れ気味。肩こりや頭痛も気になる。健康体なのになぜかこのような症状が起きることがあります。そこに加えて、眼の疲れやかすみ目が起きていませんか? もしかしたら、VDT症候群かもしれません。(2016/11/1)

IoTデバイスの開発秘話(4):
グンゼ、着るウェアラブル普及の鍵は「心地よさ」
“着るウェアラブル”に、親しみのある人はいるだろうか。展示会で見ることは多くなったが、世の中に普及するのか疑問が残る。そこで、衣料型ウェアラブルシステムを展開するグンゼに話を聞いた。(2016/10/20)

“無法地帯”奈良市ごみ処理場 職員たちのあきれた実態
職場に“私設”トレーニングルームが設置されていたことが判明した奈良市のごみ処理場「環境清美センター」。さらに建物を調べたところ、アダルトビデオを備えたプレハブ小屋が無断で作られているなど無法地帯と化していた実態が明らかに。(2016/8/4)

「ゾンビ体操」で痩せる?
テレビや書籍で話題になっている脱力系の「ゾンビ体操」。誰でもできる簡単な体操で、生活習慣病が予防できるほか、ダイエットにもいいとといわれています。(2016/7/29)

「HUNTER×HUNTER」次週から休載 再開時期は未定
ジャンプ編集部によると「しばらくの間」休載するとのこと。(2016/7/4)

近未来の健康ガジェット:
腰痛予防によさそう 猫背などを警告するウェアラブルベルト「Backbone」
自分ではなかなか気付きにくい姿勢の悪さを、センサーと専用アプリで記録し、猫背や反り腰などを振動で警告してくれる「Backbone」という製品があります。クラウドファンディングはすでに成立していて、一般販売が待たれます。(2016/5/29)

「ギックリ腰」が理解できないGoogle翻訳さん
(2016/5/27)

ロボットキーマンを訪ねて:
スケルトニクス 白久レイエス樹氏に聞く、パワードスーツの現在と未来
3mの巨大な身体を手に入れる、そんな夢を現実のものとした「スケルトニクス」。このスケルトニクスで実現したことは何だったのか? そして「エグゾネクス」プロジェクトの終了を発表した今、彼らが次に目指すのはどこなのだろうか。(2016/3/11)

今井優杏のエコカー☆進化論(22):
デザインの賛否は分かれても……新型「プリウス」はスーっと加速してキモチイイ
トヨタ自動車が2015年12月9日に発売した新型「プリウス」を街角で見かける機会が増えてきた。納車を待つ方や、デザインの違和感が気になる人に向けて、筆者の今井優杏氏が新型プリウスの完成度をお伝えする。(2016/3/8)

プロゴルファーの石川遼さん結婚を報告 中学の同級生と
おめでとうございます。(2016/3/3)

俺の中ではガジェット:
他を凌駕する“発熱性能”――ドイツ製タブレットの最前線「fashy」徹底レビュー
ドイツ製タブレット「fashy」の一番のウリは温かさだ。筆者手持ちのSurface Pro 2と比較しながらその性能を解明してみた。(2016/3/1)

背中に貼りつけて使用:
猫背を解消するIoTデバイス、1日15分のトレーニングで――「UPRIGHT」
姿勢に悩みつつも解消法が見つからない人もいるだろう。「UPRIGHT」はアプリと連携して背骨の動きで姿勢を正すためのIoTデバイスだ。(2016/2/3)

どんだけあるの!「○○ダイエット」の歴史をGoogleトレンドで振り返る
過去に流行ったダイエットを、Googleトレンドでそのピークの時期と理由を網羅してみました。「そういえばそんなダイエットあったな……」と懐かしく思うものもあるかもしれません。(2016/1/4)

東京女子流・小西彩乃がグループ卒業を発表 「足を引っ張るだけじゃないか」
東京女子流は4人で活動を続ける考え。(2015/12/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。