ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ポルシェ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ポルシェ」に関する情報が集まったページです。

損害額は3億円以上 米ポルシェ専門ショップで火災、博物館レベルのヴィンテージマシンや貴重なパーツが一夜で焼失
なんてこった……。(2019/11/12)

「本田のおやっさん、ありがとう」 昔、日本では「赤いクルマ」が禁止だった
そのままだったら、真っ赤なポルシェ様やフェラーリ様はどうなっていたのでしょうね。(2019/11/8)

ドイツでは金色のクルマは違法!? ド派手な金箔仕様「ポルシェ・パナメーラ」を警察が検挙、過去には金色のランボルギーニも
「まぶしいから他のドライバーに迷惑」だとか……。(2019/10/20)

パガーニ・ウアイラBC(約3.6億円)がぁぁぁ! ポルシェ「911 GT2 RS」が希少なスーパーカーに激突 衝撃映像が話題に
開いた口が塞がらない。(2019/10/13)

アレクサンダー、妻・川崎希に新型ポルシェを買ってもらう 「乗り心地は魔法の絨毯レベル」「のんちゃんありがとう」
本当によい妻を持ったな。(2019/9/26)

そういう場所じゃねぇから! ポルシェ「タイカン」なぜか米空母「ホーネット」甲板でデモ走行を披露
なんでそんなところで走ってんだよ。(2019/9/14)

スゲー性能 ポルシェ、初の完全EV「タイカン」を発表 最大761馬力、ゼロヒャク2.8秒のモンスター
打倒テスラ、5分で100キロ分走れる急速充電もSUGEEE。【画像36枚】(2019/9/5)

元祖お大尽SUV ポルシェ「カイエン ターボ」にPHEVモデル登場、容赦ない680馬力のモンスター
電動のみでも最大40キロ走れるそうです。(2019/8/14)

385馬力ツインターボでゼロヒャク4秒 新型ポルシェ911の基本モデル「911カレラ」登場
カレラSよりちょっと安価な10万4655ユーロ(約1266万円)から。【写真37枚】(2019/7/31)

【追記あり】アプリを出したらポルシェが飛んできた VTuberのリリース祝いに騒然
VTuber「バーチャル界隈ではポルシェを贈るのは挨拶のようなもの」 【5月14日追記:ゲーム開発者とVTuberが同一人物だったことが本人より明かされたため、記事にその旨を追記しました】(2019/5/5)

走りを重視したストイック仕様 ポルシェ、「ボクスター」「ケイマン」に新グレード「T」発表
軽快な「T」モデルを911に続いて追加。(2018/12/28)

「ポルシェ911」がフルモデルチェンジ、新型「992型」LAモーターショーで世界初公開
「カレラS/4S」は450馬力に。(2018/11/28)

「ポルシェ911」実車のパーツを使ったライティングデスクが美しすぎる 米オークション「サザビーズ」に出品
美しすぎて使えそうにない。(2018/10/14)

ポルシェ996が納車されたよ→わずか14分で廃車に!? まさかのオチに2度びっくり「騙された」「GTやんけ!」
最近のゲームってすげー!(2018/10/8)

テスト走行の映像も 新型ポルシェ「935」発表、伝説のマシン「白鯨」オマージュした市販レーシングカー
「白鯨」が現代に蘇る。(2018/10/7)

世界最速の市販車はどれだ!? 米空軍基地で盛大なドラッグレースが開催 ポルシェやランボルギーニ、ホンダなど最新マシン12車種が集結
一番速いマシンはどれだ!(2018/9/23)

頑張れば買えるかもしれないポルシェ 弟分SUV「マカン」をリニューアル
カイエンの弟分SUV。特徴的な「ポルシェデザインの要素」を追加。【写真45枚】(2018/7/31)

記念すべき第1号「ポルシェ356」をモチーフに ポルシェ70周年記念のデザイン腕時計が限定発売
限定1948本のみ。(2018/7/10)

伝統の復活 ポルシェ70周年記念モデル「911 スピードスター」誕生、現時点で限定1台のみ
ポルシェに新時代が到来?(2018/6/17)

すごいなこりゃ……EVになってもこのオーラ ポルシェ初の爆速EV「タイカン」誕生
ついにあの量産スポーツEVの車名が決定、2019年に生産開始へ。【画像17枚】(2018/6/12)

その意味は……:
ポルシェ初のピュアEVスポーツ、名前は「Taycan」に決定
独ポルシェは、開発コードネーム「Mission-E」と呼んできた同社初の電気自動車を「Taycan」と名付けたと発表した。(2018/6/11)

ポルシェ博物館やるな! レゴで原寸大の「ポルシェ911 ターボ 3.0」を作っちまった
やばい、「やぁ」とかしゃべり出しそう。(2018/4/19)

P20/P20 Proだけでなくポルシェデザインも Huaweiが一挙3製品を投入する理由
Huaweiの新製品は、今後のラインアップを大きく変えるものになる。春に「P」、秋に「Mate」と2つの製品の柱を持つHuaweiは、Pシリーズの縦展開を強化することで製品の幅をさらに広げようとしているのだ。(2018/4/3)

免許不要で:
独ポルシェ、空飛ぶタクシーの開発目指す=幹部
ポルシェが空飛ぶ乗用車を開発する可能性を示唆した。(2018/3/5)

TechFactory通信 編集後記:
「ポルシェ959」など旧車の希少パーツを3Dプリンタで
メーカーとユーザーの思いをつなぐ取り組み。(2018/3/3)

ポルシェジャパン、顧客メアド2万8000件流出 年収情報流出の可能性も 不正アクセスで
ポルシェジャパン顧客のメールアドレス2万8722件が、不正アクセスで流出した。顧客の氏名や住所、年収などの情報が流出した可能性もあるという。(2018/2/27)

SOLIDWORKS WORLD 2018:
ポルシェやVANSのノウハウが詰まった「URB-E」がラストワンマイルを埋める
米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催された「SOLIDWORKS WORLD 2018」のプロダクトショーケースにて、自転車のような手軽さと電動スクーターのような移動体験、そして所有する喜びを併せ持った、折り畳み式の電動二輪車「URB-E(アービー)」が展示されていた。(2018/2/27)

「携帯電話界のポルシェ」と言われたNokiaの「8860」(懐かしの海外ケータイ)
海外メーカーの携帯電話を1500台以上所有する筆者のコレクションから、過去の懐かしい製品を振り返るコーナー。第1回に紹介するのは、Nokiaが1999年に米国で発売した「8860」です。高級感あふれる外観で、発売時の価格で20万円相当したといいます。(2018/2/25)

車両デザイン:
クラシックカー部品の超少量生産を3Dプリンタで、ポルシェが対象部品を拡大中
ポルシェが、3Dプリンタによるクラシックカー向け部品の生産に力を入れている。クラッチリリースレバーなど9種類の部品を3Dプリンタで生産中だ。(2018/2/22)

超軽量ボディに200馬力「コペン」鈴鹿サーキットでGT-Rやポルシェ相手に無双を決める
(2018/2/8)

個人間カーシェア、BMWやポルシェなど高級外車に需要 DeNAが発表
DeNAの個人間カーシェアサービス「Anyca」で、2017年によく利用された人気車種のランキングが公開された。BMWやポルシェなど高級外車の需要が高かったという。(2018/2/5)

材料技術:
ランボルギーニの「ニュル最速」を支えるCFRP、軽量化だけでなく空力改善にも貢献
ランボルギーニ・ジャパンは、スーパースポーツカー「ウラカン ペルフォルマンテ」を日本初公開した。ニュルブルクリンク(北コース)で史上最速のラップタイムを記録している。ポルシェ「918スパイダー」の記録を超える6分52秒01をマーク。その高性能を支える先進技術の1つがCFRP(炭素繊維強化プラスチック)だ。(2017/6/12)

本物のポルシェのパーツを使った「911サウンドバー」登場
ポルシェ ジャパンが「911サウンドバー」を発売する。「ポルシェ911GT3」で実際に使用しているメインサイレンサーとテールパイプを用いた2.1chサウンドシステム。ワイヤレススピーカーとしても利用できる。(2017/2/6)

工場ニュース:
最先端の生産方式によって管理された、V型8気筒エンジンの生産工場を新設
ポルシェは、ドイツ・シュトゥットガルト―ツッフェンハウゼンの中心にV型8気筒エンジンの生産工場を新設した。最先端の生産方式によって管理される新工場では、今後、フォルクスワーゲングループのV型8気筒エンジンが製造される予定だ。(2016/7/29)

モータースポーツ:
トヨタがダウンサイジングでル・マンに挑む、リチウムイオン電池で8MJ対応
トヨタ自動車は、「ル・マン24時間レース」を含むFIA世界耐久選手権(WEC)の2016年シーズンに挑戦する新型車両「TS050 HYBRID」を発表。レギュレーションの改正や、2015年シーズンを通して、Porsche(ポルシェ)、Audi(アウディ)の後塵を拝したことを受け、パワートレイン構成を大幅に変更した。(2016/3/25)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
一周して最先端、オートマにはないMT車の“超”可能性
クルマの変速機においてマニュアルトランスミッションは少数派である。フェラーリやポルシェといったクルマでさえATが主流で、MTは風前の灯火かと思われていた。ところが……。(2016/3/7)

電気自動車:
充電時間4分で100キロメートル走る、世界初800ボルトの電気自動車が誕生へ
ドイツのポルシェが電気自動車のコンセプトカー「Porsche Mission E」を発表した。注目すべきはリチウムイオン電池に充電する電力の電圧を通常の電気自動車の2倍強にあたる800ボルトに引き上げた点だ。100キロメートル走行するのに必要な電力をわずか4分で充電することができる。(2015/9/16)

モータースポーツ:
ポルシェの「ル・マン」17年ぶり勝利を支えた「攻め」のマシン設計
ポルシェが1−2フィニッシュを飾った2015年の「ル・マン24時間耐久レース」。それまでのWECのレースで圧倒的な早さを記録しながら、耐久性に一抹の不安を残していたが、それをも拭い去る17年ぶりの勝利だった。後塵を拝したトヨタ自動車との違いは、「攻め」のマシン設計にあった。(2015/8/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
Apple Watchは自動車の応用力を試す存在
世界で初めてApple Watchによるクルマのリモートコントロール機能を搭載したポルシェ。具体的に、Apple Watch+ポルシェでどんなことができるのか。そして、Apple Watch+クルマのコラボにはどんな未来があるのだろうか……?(2015/5/11)

安全システム:
ポルシェがクラリオンのサラウンドビューを採用、「パナメーラ」のオプションで
クラリオンは、車両の前後左右に搭載した車載カメラの映像を使って上方からの俯瞰(ふかん)映像を確認できる「全周囲俯瞰カメラシステム」が、Porsche(ポルシェ)の「パナメーラ」の工場装着オプションとして採用されたと発表した。「CEATEC JAPAN 2014」では、同システムを搭載したパナメーラを展示する。(2014/10/6)

ポルシェでさっそうと走り去るワンコの唇が風になびいてプルンプルン
クールに決まったワン?(2014/9/23)

BlackBerry、ポルシェデザインのQWERTY端末「P'9983」を発表
BlackBerryがPorsche Designとのコラボ端末「P'9983」を10月初旬に発売する。先代で消えたQWERTYキーボードが復活した。(2014/9/18)

LAオートショー2013:
重要度を増すLAオートショー、「マカン」や「WRX」などワールドプレミアも充実
「東京モーターショー2013」とほぼ同時期の開催となった「LAオートショー2013」。ポルシェの中型SUV「マカン」や、メルセデス・ベンツの「AMG ヴィジョン・グランツーリスモ」、スバルの「WRX」など、東京モーターショー2013の向こうを張って22台のワールドプレミアが公開された。(2013/12/11)

フランクフルトモーターショー2013:
フォルクスワーゲンが電動車両を続々投入、世界トップシェアに向け布石着々
フォルクスワーゲングループは、フォルクスワーゲン、アウディ、ポルシェの主要3ブランドから、電気自動車やプラグインハイブリッド車などの電動車両を続々と市場投入する。これで、2018年までに世界一の自動車メーカーとなるための布石は全て投じられた感がある。(2013/9/11)

INSIGHT NOW!:
ニッチ戦略の本質とは? 好調なポルシェは正念場だ
ニッチ戦略の本質は、無競争市場を創りだしブランドイメージをキープすることです。フェラーリはセオリーを徹底しているようです。(2013/7/24)

【豆知識】グラム単価で考えると「ポルシェよりのりたまの方が高い」←だいたいあってる
のりたまが高級品にみえてきた!(2013/5/24)

LaCie、“ポルシェデザイン”コラボHDDにUSB 3.0対応モデルを追加
エレコムは、LaCie製外付けHDDのラインアップにUSB 3.0接続対応モデル計3シリーズを追加した。(2013/5/22)

「攻殻機動隊ARISE」とコラボしたレーシングチームがSUPER GTに参戦
マシン名は「NAC攻殻機動隊ARISE DRポルシェ」。(2013/3/19)

シャア専用オーリスから痛ポルシェ、ドリフトデモランまで 史上最大の「東京オートサロン2013」
今年のオートサロンは幕張メッセ全ホールを使った史上最大規模。カッコいい車には夢がたくさん詰まっています。(2013/1/13)

車載半導体:
「カレラカップ」レースカーで研究開発を推進、フリースケールが新たな取り組み
フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンは、同社がメインスポンサーを務める「OGT! Racing」のレースカーを活用した研究開発に取り組んでいる。「ポルシェ カレラカップ ジャパン 2012」では、レース中のドライバーのバイオメトリクス計測や、予防安全技術についての研究開発を行った。(2012/11/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。