ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ポルシェ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ポルシェ」に関する情報が集まったページです。

山根康宏の海外モバイル探訪記:
HONORの高級スマホ「Magic6 Ultimate」 重厚感あふれるレザー仕上げが美しい
HONORが2024年3月に発表した高級モデルの1つが「Magic6 Ultimate」です。ヴィーガンレザー仕上げの背面は本革風で、高級品を思わせるデザインです。HONORはポルシェデザインモデルとコラボした「Magic6 RSR Porsche Design」もリリースしています。(2024/6/7)

Computer Weekly日本語版+セレクション
ポルシェのレーシングチームが活用する「ハイブリッドクラウド」とは
Porscheのレーシングチームは「ハイブリッドクラウド」を使い、走行する車体が生み出すデータを活用している。どのような仕組みなのか。(2024/6/5)

黒田知永子、愛車ポルシェと“お別れ”した理由告白 新たにお迎えしたベンツの残念エピソードに「涙がチョロリ」
左ハンドルから慣れない右ハンドルへ。(2024/5/27)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
ポルシェデザインスマホが復活! 中国で「Magic6 RSR Porsche Design」発売、20万円超えでも大人気
ブランドコラボのスマートフォンとして一時期大人気だったポルシェデザインモデルが2024年に復活しました。HONORの「Magic6 RSR Porsche Design」は2年ぶりに復活したポルシェデザインスマートフォンです。ベースモデルは中国で2024年1月、グローバルでは2月に発表された「Magic6 Pro」です。(2024/4/22)

ポルシェにF1のエンジンを積んだら…… 爆音を響かせながら峠道を走る911がヤバすぎる
峠なのに、サーキットと同じ音がする……!(2024/1/27)

15年放置されボロボロになったポルシェが…… 80年代の人気スポーツカーが黄金の輝きを取り戻す
うつくしい……!(2023/12/17)

電動化:
アウディとポルシェのEVがリコール、シーラントの塗布量が不足
フォルクスワーゲングループジャパンとポルシェジャパンは国土交通省にリコールを届け出た。対象となるのはアウディの「e-tron GT」とポルシェの「タイカン」で、どちらも電気自動車だ。(2023/12/1)

山口智子、ポルシェで疾走する夫・唐沢寿明と2ショット撮影 谷原章介・伊藤淳史のシブい愛車も登場
唐沢さんが発起人のクラシックカーイベント。(2023/11/19)

山口智子、愛車のポルシェを運転する夫・唐沢寿明を助手席から密着撮影 夫婦の姿に反響「何年たっても素敵すぎる」
唐沢さんが発起人のクラシックカーイベントに参加。(2023/11/18)

ずらりと並ぶトラクター 米カリフォルニアで行われたポルシェ公認レースが異色すぎる 最高速度24キロほどの超スロー展開でもエキサイティング
個性的なマシンによる、カワイイ勝負!(2023/10/4)

「もう一生擦らん」 オーイシマサヨシ、愛車ポルシェの修理費にがく然 ケタ数が違う金額に「エグイ」「ひぇっ車が買えちゃう」
ドイツから部品を取り寄せての修理。(2023/9/2)

グラベルショトカ、林道に寄り道 「まともにコースを走らない」ポルシェ 911ダカールのニュル北コースTAが話題 オフロード特化だからとやりたい放題
やりたい放題だ……。(2023/8/22)

車大好きユージ、愛車ポルシェのピンチを告白 「エンジンをかけると白煙モクモク」「早く良くなって」
あら……。(2023/8/7)

元賞金女王の古閑美保、“1000万円超え”のポルシェが1年待ちで納車 引退後の懐事情も告白「お金は減らない」
さすが元賞金女王。(2023/7/26)

福田昭のデバイス通信(412) 2022年度版実装技術ロードマップ(36):
ポルシェ、ジャガー、テスラのBEV用インバーター技術
今回は、電気自動車(BEV:Battery Electric Vehicle)に不可欠の電子ユニットである「インバーター」について解説する。(2023/7/25)

バタフライドア装備のポルシェ「ミッション X」発表 ニュル北コース最速を目指すスーパーEVコンセプト
詳細なスペックは不明。(2023/6/19)

ポルシェの上にポルシェ レース中に起きた「伝説のクラッシュ」を再現したモデルカーが発売決定
レース史に残る珍事でしたね。(2023/6/13)

Porscheがレースに使うハイブリッドクラウド【第4回】
ポルシェが「Azure Blob Storage」を使う最大の理由は“安さ”なの?
電気自動車のレース「フォーミュラE」に出場するPorscheのチームは、データを管理するための仕組みの一つとして「Azure Blob Storage」を利用している。何がメリットになっているのか。(2023/5/9)

Porscheがレースに使うハイブリッドクラウド【第3回】
自動車レースとクラウドをつなぐPorsche独自ハイブリッドクラウドの中身
電気自動車のレース「フォーミュラE」で、Porscheのチームは走行する車体が生み出すデータを利用する。Porscheがそのために活用する仕組みとは。(2023/5/2)

Porscheがレースに使うハイブリッドクラウド【第2回】
あのポルシェのレーシングチームが“結果を追い求める”ハイブリッドクラウドとは
電気自動車のF1「フォーミュラE」に出場するPorscheは、ストレージベンダーNetAppとパートナーシップを締結。PorscheがフォーミュラE で使うストレージとクラウドサービスとは。(2023/4/25)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
Huaweiのポルシェデザインスマホ、20万円以上でも中国で人気――「Mate 50 RS Porsche Design」
スマートフォン新製品の投入が外的要因で思うように進まないHuaweiですが、ポルシェデザインと提携した美しいボディーを搭載するモデル「RS Porsche Design」シリーズは製品が発売されるたびに中国では即完売してしまうほどの人気製品。しかも価格は20万円以上と高価なのです。(2023/4/19)

フル装備だとポルシェも買える程に! 日本HPの「Z Workstation」新モデルを見てきた
日本HPは、同社製デスクトップおよびモバイル向けワークステーションのラインアップ刷新を発表、計12製品を投入する。(2023/4/18)

Porscheがレースに使うハイブリッドクラウド【第1回】
電気自動車のF1「フォーミュラE」出場チームが使うクラウドサービス それで何ができるの?
電気自動車のF1「フォーミュラE」では、レースごとに限られた時間で車体の設定を完了するというルールがある。この難題に対処するために、Porscheのチームはクラウドサービスをどのように活用しているのか。(2023/4/17)

約5000人に聞いた:
憧れのカーブランド 2位は「ポルシェ」、1位は?
 パーク24は、「タイムズクラブ」会員を対象に「憧れのクルマ」に関するアンケート調査を実施した。一度は乗ってみたいと思う憧れのカーブランド1位は?(2023/2/18)

原型どこいった……? ポルシェ「944」を魔改造した6輪ピックアップトラックがすごい
何がそこまで駆り立てたのか。(2023/1/20)

日本のどこかに隠されているカーコレクション倉庫がヤバすぎる 本物の“ボンドカー”トヨタ 2000GTにポルシェ 962など激レア高級車がずらり
貴重なクルマがそこかしこに。(2022/12/6)

スケールが宇宙規模! 100万キロを走った「ポルシェ 911」が海外で話題 米ロードアイランドからボストンまでの通勤に利用
ポルシェ一筋すぎる男。(2022/11/30)

ポルシェにそっくりすぎんか!? RE雨宮パーツでカスタムされた「マツダ RX-7」が中古車市場に登場、価格は約1400万円
好きな人にはたまらないカスタムカー。(2022/11/28)

オフロード仕様に仕上げたポルシェ 特別モデル「911 ダカール」登場、カラーはホワイト&ブルーを基調に
日本での価格は3099万円です。(2022/11/24)

ランボルギーニ、ポルシェ、ベントレーも 韓国、台風11号による洪水で駐車場が浸水 高級車が泥まみれの傷だらけに
なんてこったい。(2022/10/9)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ポルシェの上場が“今さら”ではなくベストタイミングだったといえるシンプルな理由
ドイツの老舗企業・ポルシェが9月29日、同国フランクフルト証券取引所に上場した。通常、株式上場といえば新興企業の登竜門と目されるイベントだが、なぜこのタイミングで上場したのか。(2022/10/7)

整備件数は前年比200%超:
メイウェザーと奮闘した朝倉未来をスポンサード アストンマーティンやポルシェを販売する米自動車が好調
 高級輸入車の注文販売業を手掛ける米自動車のスポンサード選手「朝倉未来」は、格闘技イベント「超RIZIN」で、元ボクシング5階級制覇王者フロイド・メイウェザーと対戦した。(2022/9/26)

ユージ、世界808台限定のベンツを2750万円で購入「めちゃ格好いい、100点!」 ベントレーとは3カ月でお別れ
ポルシェ、ベントレーに続きベンツを購入。(2022/9/11)

オリラジ藤森、ポルシェ手放して「また」ゲレンデ購入 はぁぁー? 「やっぱり俺、チャラいこっちがいい!」
「俺、やっぱゲレンデがいい♪」とのことです。(2022/9/6)

ポルシェ「911」にそっくりなボート「168 Boss」が海外オークションに登場
公式と言われても信じちゃいそうです。(2022/8/31)

「カーズ」ヒロイン「サリー・カレラ」モデルのポルシェ、360万ドル(約5億円)で落札
Pixarの人気映画「カーズ」に登場する「サリー・カレラ」の20周年を記念して、PorscheとPixarが特別モデルを製造し、オークションにかけた。世界で1台の「サリースペシャル」は360万ドルで落札。収益は全額寄付される。(2022/8/23)

約1億3400万円からスタート 故ポール・ウォーカーの愛車、ポルシェ「911 カレラ」が海外オークションに登場
1580台しか生産されなかった貴重なモデルです。(2022/8/8)

オリラジ藤森、買ったばかりの「ポルシェのオープン」もう売却 「俺にはスポーツカー無理でした……」無念顔でしんみり告白
えぇぇ、もう売っちゃったのか……!(2022/8/8)

やべぇ黒さだ 漆黒の塗料「真・黒色無双」で塗装した真っ黒すぎるポルシェが日本で誕生
脳がバグってきた。(2022/7/6)

岐阜で展示:
黒すぎるポルシェが誕生! 塗料のチカラで、“世界一”黒く
クルマの鈑金塗装や整備などを手掛けるピットワンが、 “世界一黒いポルシェ”を制作したと発表した。(2022/7/6)

スーパーカーが集う展示販売イベント「Discover LUXURY 2022」7月開催 「タイカン」も体感OK
ベントレーやランボルギーニ、ポルシェ、ロールス・ロイスが新宿に集結!(2022/6/29)

クオリティ高すぎ! トヨタ「MR-S」をポルシェそっくりに魔改造 タイの中古車サイトに登場したカスタムカーが話題に
似てるとは言われていたけど。(2022/6/18)

ポルシェ「911カレラGTS カブリオレ アメリカ・エディション」発表 「356アメリカ」をオマージュした北米限定2023年モデル
過去2例しかない「アメリカ」を冠した特別モデル。(2022/6/14)

「かっこよすぎです」 矢沢永吉、自慢の豪華「矢沢のヨット」をドーンと披露 ポルシェ駆ってマリーナへ
「あれが“ビビ”っと動いたらガーっとなるんだよ」って、しかもすごく詳しい!(2022/5/1)

チョコプラ長田とパンサー向井の「ポルシェのオープンカー」ドライブが楽しそう 仲良く露天風呂に入る男二人旅
オープンカー、いい天気、桜、温泉、この季節の最強組み合わせ。(2022/4/24)

日本で「150kW級」急速充電施設の相互ネットワーク拡充 アウディとポルシェがアライアンス締結
充電問題さえ解決すればEVほしいぞーという人は多そうです。(2022/4/21)

「電動オープンでかっこうぃーね!」 オリラジ藤森、夢のポルシェついに買う 「だははは! いいでしょー」
この笑顔分かるー! 「つられて笑顔になる〜」の声多数です。(2022/3/31)

インダストリー4.0を支える5G
フォルクスワーゲンが工場にプライベート5Gを導入した狙いとは?
ポルシェに続きフォルクスワーゲンがプライベート5Gを試験導入した。同社がこの試験導入で検証しようとしているものとは何か。(2022/2/14)

手のひらサイズでクルマを再現した「あみぐるみ」がカワイイ ジムニーやポルシェ、カングーなどバリエーションも
ジムニーやポルシェ 911など、さまざまな車があみぐるみに。(2022/2/1)

インダストリー4.0を支える5G
ポルシェが製造ラインに導入したプライベート5Gの使い道とは?
自動車メーカーのポルシェがプライベート5Gのトライアルプロジェクトを開始した。ポルシェ マカンの製造ラインに導入されたプライベート5Gの役割とは何か。(2022/1/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。