ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マーケティングオートメーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マーケティングオートメーション」に関する情報が集まったページです。

視点:
データ駆動型経営の現在地と未来(前編)〜DIDM(Data Informed Decision Making)とKKD〜
DX推進の鍵として注目されるデータ駆動型経営。根幹にあるのは全件全量全粒度データ分析に基づく意思決定。(2021/3/8)

今日のリサーチ:
CDP活用を阻む組織と人材の課題 「マーケティングデータマネジメント取り組み実態調査」を読む
アンダーワークスの調査の結果、回答者の9割がデータマネジメントを重視し、4割以上が取り組みに着手済みであることが明らかになりました。(2021/2/12)

新たなビジネス機会の創造に向けて
大企業を悩ます「データの壁」の乗り越え方
DXに対してそれなりの投資をしたのに思ったほどの成果が上がらない、各部門で収集したデータは豊富なのに組織がうまく連携しない――大企業にありがちなこれらの課題の根源にあるのはデータの分断だ。解決策とは。(2021/1/29)

キヤノンITS、企業のデータマネジメントをワンストップで支援するサービスを提供
キヤノンITSは、企業のデータ活用をフルサポートする「データマネジメントサービス」の提供を開始した。コンサルティングサービスやデータ活用基盤の導入支援などを提供し、効果的なデータ活用を促進して、業務改革やマーケティング施策を後押しする。(2020/12/11)

夢を諦め、30代で営業マンに:
異色の元ビジュアル系社員が、たった1人でインサイドセールスを立ち上げるまで 〜メール配信での大失敗、社内のすれ違いを乗り越えて〜
高校卒業後13年間ビジュアル系バンドのギタリストとして活動し、30代を過ぎてから営業マンに転身した堤さん。現在はホットリンク(東京都千代田区)でのインサイドセールス部の立ち上げ経験をもとに、イベント登壇やSNSの発信を行うインサイドセールスのカリスマだ。異色のキャリアの持ち主は、いったいどのような経緯でインサイドセールス部を立ち上げることになったのだろうか。そして、失敗も成功も経験している堤さんが今だからこそ考える、インサイドセールス立ち上げのポイントとは何か。(2020/11/27)

今日のリサーチ:
マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。(2020/11/25)

新体制でスタート:
トレジャーデータの4つの新戦略 「D2C」や「脱Cookie」でCDPに期待されることとは?
新生トレジャーデータの新戦略キーワードは「APAC」「人材育成」「エコシステム」「カスタマーサクセス」の4つ。(2020/11/9)

今日のリサーチ:
2020年のCX(顧客体験)への取り組み 世界800社の反省点とは?――Acquia調査
世界8カ国8000人に調査したCXトレンドレポート。(2020/11/6)

マーケティングにGCPを活用するMcDonald's【後編】
“マック離れ”防止で売上アップ マクドナルドが生かす分析手段とは?
McDonald'sは消費者のニーズや行動を理解するために、さまざまな分析手段を使用する。何を利用しているのか。(2020/11/5)

Shirofune菊池満長氏×Mtame金井章浩氏:
99.7%が中小企業の日本でDXを成功させる鍵は「現場」にあり
中小企業が多くを占める日本でデジタルトランスフォーメーション(DX)はどうあるべきか。マーケティングDX推進パートナーの立場から若きリーダーたちが語った。(2020/11/4)

新たなビジネス機会の創造に向けて:
PR:大企業を悩ます「データの壁」の乗り越え方
DXに対してそれなりの投資をしたのに思ったほどの成果が上がらない、各部門で収集したデータは豊富なのに組織がうまく連携しない――大企業にありがちなこれらの課題の根源にあるのはデータの分断だ。解決策とは。(2020/10/28)

どこから手をつければいいのか:
あなたの会社に効く! 「セールステック」の探し方
「セールステック」と呼ばれる営業支援ツールの普及が進んでいます。ただ、種類がたくさんあるので、どこから手を付ければいいのか、迷ってしまうケースも多いのでは。自社に必要なツールを考察したところ……。(2020/10/16)

B2BもB2Cも網羅:
「Oracle Unity」を軸に広がるOracleのCXソリューション 差別化のポイントは?
Oracleは2020年9月にCDP「Oracle Unity」の機能強化を発表。これを軸にB2BとB2Cそれぞれのマーケティングプロセスはどのように刷新するのか。(2020/10/13)

今日のリサーチ:
会社が導入したツールを使わない「システム食わず嫌い」とは?――サンブリッジ調査
働き方改革の対象に自分は入っていないと考える人も少なからずいるようです。(2020/10/8)

PR:ITで小売業の未来を創るカインズ 〜ホームセンター首位のデジタル戦略をリードするIT人材を募集〜
(2020/9/16)

今日のリサーチ:
「マーケティングテクノロジーカオスマップJAPAN2020」をアンダーワークスが公開
掲載数は前年比1.3倍。2020年のマーケティングテクノロジーのキーワードは、「3つのO(オー)」だそうです。(2020/9/15)

コロナ禍で必須のマーケツール、増加したジャンルは? 2020年カオスマップが公開
デジタルマーケティングの支援を行うアンダーワークス(東京都港区)は9月15日、国内の主要マーケティングテクノロジーを分類してまとめた「マーケティングテクノロジーカオスマップ JAPAN 2020」を公開した。コロナ禍を受けて、マーケティングや営業の手法が対面からオンラインに急速にシフトしてきており、関連のサービスが大きく伸びた。(2020/9/15)

「見えないWeb攻撃」──情報漏えい対策の盲点:
攻撃の認識すら不可能 Webサイトを静かに狙う「Magecart」攻撃の実態
Webからこっそりクレジットカードなどの情報を抜き取る「Webスキミング」攻撃。すでに自社で防御しているだけでは防げない攻撃手法も。CDNサービスを手掛けるアカマイ・テクノロジーズの中西一博氏がその実態を解説する。(2020/8/28)

これから始めるウェビナー運営 最終回:
案件化につながるウェビナー実践Tips
ウェビナーを円滑に進行するため、そしてリードを育て案件につなげるために欠かせないタスクについて整理しておきましょう。(2020/8/20)

マーケターはDXのリーダーであれ:
「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケト)」メンバーが、MAとSFAの連携をテーマに語り合った。(2020/8/5)

これから始めるウェビナー運営 第2回:
ウェビナーは「歩留まりが低い」「案件化しない」は本当か?
B2B企業のマーケターにチャレンジの時期が訪れています。新型コロナの影響でリアルのセミナーが開催しにくくなりリード獲得が進まないという悩みを抱えていないでしょうか。(2020/7/23)

CRMに学ぶ「戦略的データ管理」のヒント【前編】:
「誰でも使える」ツールを作れ “営業の現場”で始まったデータ戦略は、なぜ30年間生き残れたのか
「データ活用を見据えた効率の良い管理体制を、どう作ればいいのか」――。そんな課題に光を当てるヒントになるのが、1990年代からIT部門ではなく営業の“現場”を中心に広がっていったCRMだ。 Salesforce.comのインタビューから探る。(2020/7/17)

大山聡の業界スコープ(31):
窮地にある半導体商社はIoTを活用したサービス事業に着目すべき
今回は、半導体商社が今後検討すべき事業について、提言してみたいと思う。(2020/7/16)

これから始めるウェビナー運営 第1回:
withコロナ時代のB2Bマーケティング リード獲得に強い「ウェビナー」とは?
展示会への出展やセミナーの開催を制限、または中止せざるを得ない状況が続く中でB2B企業のマーケティング担当者に注目されているのが、Webでセミナーコンテンツを配信する「ウェビナー」だ。今回はまず何から始めればいいのかを解説する。(2020/7/16)

LTV増大の先へ:
NTTドコモ×エーザイ×カゴメ コロナ禍で重要になる「これからのCRM」
新型コロナの影響で売り上げが減少し、広告予算が削減された企業も少なくないだろう。新規獲得が困難になっている分、マーケターの関心は既存顧客からの収益増へシフトしている。CRMを重視するEC先進企業3社の実践例から、今何をすべきかを学ぶ。(2020/7/14)

データの民主化を一歩先に:
デーサイエンティストの仕事を自動化 データビークルが新製品「dataDiver TriA」を発表
統計家の西内啓氏と伝説のIT営業パーソン油野達也氏のデータビークルが、データの民主化を促進する新製品を発表。ニューノーマル時代のデータ分析はどうなるのか。(2020/6/10)

SATORIとマツリカの実践例:
テレワークでも生産性を落とさない営業プロセスの在り方とは?
コロナショックでテレワークの導入が急速に進むが、営業プロセスにさまざまな制約ができるのは否めない。生産性を低下させないためにはどうすればいいのか。「withコロナを生き抜く営業組織構築」をテーマにしたウェビナーのハイライトを紹介する。(2020/6/4)

ブラックボックス化しがちな商談を可視化:
Kaizen Platformが動画×データで営業活動のDXを推進する「KAIZEN Sales」を提供開始
動画とデータを活用して営業活動のDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援する新サービス。(2020/5/12)

「デジタルマーケティング」を一歩進めた作戦に鍵:
“地味にスゴい企業”は世界の競争に勝てない データで知名度向上に挑むダイキン
住宅や商業用の空調機で知られるダイキン工業は、実はフッ素化合物の製造を手掛ける世界的な化学メーカーでもある。しかし、同事業には“その存在を知ってもらえていない”という課題があった。企業が調達先をネット検索で探す時代に「地味だけどすごい」事業のままでは世界の競合に負けてしまう。同社が顧客の認知度を上げるために採っている作戦とは。(2020/3/24)

MAツール活用最前線:
エンジニア出身マーケターが「マーケティングファースト」を推進――アイ・エス・アイソフトウェアー
専門性が高く高額で売るのが難しい商材を売るためにMA(マーケティングオートメーション)を導入したアイ・エス・アイソフトウェアーに、現在の仕組みを構築するまでの話を聞きました。(2020/3/17)

MAツール活用最前線:
「まずはやってみる」文化でB2Bマーケティングを推進――ビジネスエンジニアリング
MAツール導入でリードタイムを短縮させたビジネスエンジニアリングに話を聞いた。(2020/3/10)

MAツール活用最前線:
CRMやMAと外部サービスを連携させて集客からクロージングまで一気通貫で――ROBOT PAYMENT
クラウド型請求管理サービス「請求管理ロボ」や決済代行サービス「サブスクリプションペイメント」などを展開するROBOT PAYMENTのMA活用について聞いた。(2020/3/3)

単独インタビュー:
福田康隆氏がアドビ退社後初めて語ったB2Bマーケティング&セールスと自身の「これから」の話
アドビ システムズ専務執行役員の座を退いた福田康隆氏が新天地ジャパン・クラウドで再始動。これからの方向性について聞いた。(2020/2/28)

今日のリサーチ:
2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。(2020/2/26)

MAツール活用最前線:
マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞いた。(2020/2/25)

SASが中堅中小企業向け市場の開拓を明言 “大企業向け”の立ち位置を変える切り札とは
データ分析やAIを手掛けるSASが、中堅・中小企業向け市場の開拓を進めるという。高度な分析ソリューションを手掛け、今までどちらかというと大企業向けの製品、販売展開だったという同社はどう変化しようとしているのか。(2020/2/13)

マーケターの育成について語る:
庭山一郎氏×油野達也氏 B2Bにおける「マーケティングの貧困」を抜け出すために
今、マーケティングを学ぶ機会を創出する意義とは何か。B2Bマーケティングおよびセールスの重鎮が熱く語った。(2020/2/12)

MAツール活用最前線:
「ゼロから」のMA活用で実感したデータクレンジングの重要性――MyRefer
人事担当者の負担や手間をかけずに社員紹介による「リファラル採用」を導入・促進できる、国内初のクラウドサービスを提供するMyRefer。データクレンジングの重要性を実感した担当者がゼロから学び、一気通貫で構築してきたマーケティング環境とは。(2020/2/11)

MAツール活用最前線:
MAとCRMをフル活用し、インサイドセールスを強化していく――ロコガイド
スーパーマーケットやドラッグストアなどの買い物情報を無料で見ることができるサービス「トクバイ」。MAがリード獲得のみならず既存クライアントのフォローにも活用できることを証明した事例を紹介する。(2020/2/4)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
スタートアップだけが花形産業じゃない!――レガシー産業が起こすイノベーションの奇跡
UberやAirbnbが既存のタクシー業界やホテル業界を席巻するなど、デジタルディスラプションによりレガシー産業は本当に破壊されてしまうのか。このような、レガシー産業の危機に一石を投じたのがクレストホールディングスである。(2020/1/29)

30年のノウハウを凝縮:
シンフォニーマーケティング、B2Bに特化したマーケティング人材育成プログラムを企業向けに提供開始
教育研修プログラム「Symphony Marketing Master」の提供を開始。(2020/1/9)

Adjust共同創業者が特別寄稿:
2020年のモバイルマーケティング、成功に向けた4つの提言
モバイルファーストの流れがますます加速する2020年、マーケターが自社のビジネスを成功に導く上で心得ておくべきことをエキスパートがまとめた。(2019/12/26)

今日のリサーチ:
ITRが「IT投資動向調査2020」を実施 「卸売・小売」の投資意欲が盛んに
国内企業のIT予算は堅調に増加傾向にはあるものの、その勢いには陰りが見え始めています。(2019/12/16)

今日のリサーチ:
インサイドセールスの成約率は訪問営業と大差なし HubSpot Japanが日本の法人営業の実態を調査
HubSpot Japanが日本の法人営業に関する意識・実態調査を実施。ついでに、HubSpot自身の営業スタイルも明かされました。(2019/12/3)

既知とアイデアの組み合わせで市場を変えろ:
イノベーションの実現に欠かせないこと
ポイントは2つ。LMI推進の強力なチーム作りと、リスクを抑えた挑戦の積み重ね。(2019/11/26)

所有から利用へ:
電通デジタルとトレジャーデータなど5社、「カスタマーサクセス・プロトタイピング」を提供開始
プロダクトやサービスを売った後も顧客と接触し続け、あらゆる接点で質の高いサービスを常時アップデートすることで「カスタマーサクセス」を実現。(2019/11/25)

既知とアイデアの組み合わせで市場を変えろ:
「Iの世界」の成長戦略 イノベーションを起こし、市場を変える
テクノロジーとビジネスモデルの両面からイノベーションを生み出す。(2019/11/12)

大山聡の業界スコープ(23):
マーケティングオートメーションが半導体商社を危機に追い込む現実
Texas Instruments(以下、TI)は、長年にわたり販売代理店として提携してきた半導体商社との販売特約店契約の終了を相次いで発表している。長年、半導体商社との連携を重要視してきたはずのTIが、なぜこうした代理店リストラを実施しているのか。今回は、この辺りの事情と今後の見通しについて考えてみたい。(2019/11/7)

初めてのセールスイネーブルメント:
なぜ今、セールスイネーブルメントが必要なのか
進化するSalesTechの中でも特に注目されている「セールスイネーブルメント」について解説します。(2019/11/7)

ビジネスの起点はWebサイト:
PR:「最高の顧客体験」の作り方 変化に気付いたマーケターが取り入れている手法
マーケティングの常識は様変わりした。企業の顔であるWebサイトで「コンテンツ」をどう生かすかが、ライバルとの勝敗を左右する。変化にいち早く気付いたグローバル企業は何を使い、どう対策しているのか。(2019/11/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。