ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「メルトダウン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「メルトダウン」に関する情報が集まったページです。

Oracle Code Tokyo 2019:
何が違う? 何が必要? マイクロサービス/サーバレス時代のセキュリティ
従来のモノリシックなアーキテクチャに代わって着目されている「マイクロサービス」や「サーバレス」。これらの新しいアーキテクチャについて、セキュリティの観点からどのようなことに留意すべきなのだろうか。(2019/6/18)

サイバー攻撃の手口に変化? ランサムウェアや“勝手にマイニング”減少、カード情報の流出増加
シマンテックが18年の脅威動向をまとめたレポートを発表。18年は他者のPCリソースを悪用して勝手に仮想通貨の採掘を行う「クリプトジャッキング」や、ランサムウェアによる被害が減少した。その一方で、ECサイトなどから顧客のカード情報を盗み出す「フォームジャッキング」が増加した。(2019/2/27)

世界を「数字」で回してみよう(55) 働き方改革(14):
ブラック企業の作り方
今回取り上げるのは「ブラック企業」です。特にここ数年、企業の規模や有名無名に関係なく、“ブラック企業の実態”が報道でも取り上げられていますが、そもそもなぜ「ブラック企業」が存在してしまうのでしょうか。そして、ブラック企業を撲滅することはできるのでしょうか。(2019/1/30)

サービスロボット:
人の苦しみを肩代わりするサービスロボット、原発を廃炉に導き起立障害を解決へ
世界最大級の技術専門家の組織IEEEは2018年6月20日、都内で「サービスロボット技術の現状と未来」と題したプレスセミナーを開催した。(2018/7/13)

「プロセッサ脆弱性」公表から1カ月 アップデートの不具合がさらなる混乱を招く
「Spectre」「Meltdown」と呼ばれるプロセッサの脆弱性が公になり1カ月が過ぎた。その間に情報提供や対策パッチの配布などが進んだが、アップデート自体の不具合やベンダーの対応の仕方が新たな混乱を招いている。(2018/2/8)

頭脳放談:
第212回 大騒ぎのSpectreとMeltdownの脆弱性をざっくりと解説
1年ほど前、ARM版のフルセットWindows 10について書いた。やっと搭載したノートPCが発売されそうだ。なぜ、今、Microsoftはx86ではなく、ARM版のWindows 10をリリースしなければならないのか。(2018/1/23)

古田雄介のアキバPickUp!:
Coffee Lake世代のCore i5が2月にかけてじわじわ買いやすく
11月の登場以来品薄傾向が続いているCore i7-8700、i5-8600K、i5-8400だが、ここに来てじわじわと店頭在庫が増えてきている。まだ潤沢とはいえないものの、確実に買いやすくなってきた。(2018/1/15)

古いマシンで目立って低下:
セキュリティパッチ適用でPC・サーバーの速度低下=Microsoft
Microsoftがリリースしたセキュリティパッチで、古いIntelプロセッサを搭載するPCやサーバの一部で速度が落ちたという。(2018/1/10)

世間を騒がす「プロセッサ脆弱性」 何が本当の問題なのか
2018年の年明け早々、新たに発見されたプロセッサの脆弱性「Meltdown」「Spectre」に関して、さまざまな情報が飛び交い、一部では誤解や混乱を招いている。この問題の概要、影響や対策についてまとめた。(2018/1/6)

自閉症の人たちは普段どんな世界を見ている? イギリス自閉症協会が動画を公開
まずは知ることから。(2016/4/24)

山浦恒央の“くみこみ”な話(84):
猫でも使えるソフトウェアのテスト網羅(1):基本のC0パス・カバレッジ
ソフトウェアのバグが全て取れたか?は開発における最大の関心事でしょう。網羅的テストはもちろんですが、その前に単体テストが必要です。代表的な手法である「制御パス・テスト」の基礎を紹介していきます。(2016/4/15)

世界を「数字」で回してみよう(22) ダイエット:
万年ダイエッターにささげる、“停滞期の正体”
ダイエッターの心を蝕む最も大きな要素の1つに、「停滞期」があります。実際、停滞期から抜け出せずに挫折してしまったという方もいるのではないでしょうか。今回は、私たちダイエッターを悩ます“停滞期の正体”を、「超シンプル体重シミュレーション」という、エンジニア的な視点で探ってみましょう。(2015/11/30)

世界を「数字」で回してみよう(16) ダイエット:
ダイエットは2カ月以上続かない!? 〜その真偽を検証してみる
第1回で、「1つのダイエットを、2カ月以上連続して続けることができない」という仮説を立てました。個人のダイエットブログを基に、この仮説を検証したところ、なんと2カ月どころか1日も続かないような人が続出していることが分かったのです。これはいったい、どういうことなのでしょうか。(2015/6/17)

江端さんのDIY奮闘記 EtherCATでホームセキュリティシステムを作る(2):
EtherCAT通信の仕組みを知ろう〜メイドは超一流のスナイパー!?
今回は、EtherCATの仕組みを信号レベルでご説明します。「ご主人様(EtherCATマスタ)」と「メイド(EtherCATスレーブ)たち」が、何をどのようにやり取りをしているのかを見てみると、「メイドたち」が某有名マンガのスナイパーも腰を抜かすほどの“射撃技術”を持っていることが分かります。後半では、SOEM(Simple Open EtherCAT Master)を使ったEtherCATマスタの作り方と、簡単なEtherCATの動作チェックの方法を紹介しましょう。(2015/5/29)

ウクライナの腹ぺこキツネさん、おじさんからもらったパンで見事なサンドイッチを作る
そのまま口にくわえてドロン。(2015/4/29)

窪田順生の時事日想:
370万人が参加したデモ行進が、うさん臭く感じる理由
フランスの週刊紙『シャルリーエブド』が襲撃され、12名の命が奪われた。罪のない一般市民に向けられた暴力は許せないが、その後のデモ行進などに対し、筆者の窪田氏は「うさん臭さを感じる」という。その理由は……。(2015/1/20)

新連載・烏賀陽弘道の時事日想:
朝日やNHKが選ばれない時代に、私たちが注意しなければいけないこと
インターネットが勃興し、新聞やテレビといった旧型マスメディアが衰退しつつあると言われている。結果、何が変わったのか。筆者の烏賀陽氏は「ニュース・センターが消滅した」という。その意味は……。(2014/11/20)

グローバルエリートから見た世界:
「文脈(narrative)を創る」日本人になろう
海外で行われる国際会議・フォーラムに、日本人の出席者はあまりいない。これは何を意味するのか。「文脈を創る」グローバルエリートたちはどのようなことを考えているのだろうか。(2014/6/26)

藤田正美の時事日想:
金融緩和で世界にあふれた“イージーマネー”、いつになったら正常化?
米国のFRBが金融緩和の縮小に向けて動き出しているが、これは金融上昇によるリスクもはらむ難しい問題だ。そもそも、世界的なバブルの後始末に苦労するという状況自体が、人類史上初めてなのである。(2014/6/25)

グローバルエリートから見た世界:
プーチンが「人類の救世主」になる日
国際情勢が大きく揺れている。最も衝撃的だったのは「ロシアによるクリミア半島併合」だが、グローバルエリートたちはどのようなことを考えているのだろうか。(2014/4/10)

グローバルエリートから見た世界:
大雪でも高級天ぷらを貪る総理――日本の未来は大丈夫なのか?
安倍総理が2月16日に行った「会食」がやり玉に挙がっている。関東・甲信で大雪が降ったにもかかわらず、総理は東京の高級天ぷら店で舌鼓を打っていた。こうした行動に批判の声が挙がっているが、筆者の原田氏は違う角度で見ている。それは……。(2014/2/26)

新連載・グローバルエリートから見た世界:
世界を救うのは誰? “右脳系日本人”に期待する
2012年12月以降、日本は「アベノミクス」をスタートさせた。「中央銀行がマネーを刷り増しているのだから、これから起きるのはインフレだろう」などと思ってしまうかもしれないが、世界の流れは違う。これから襲って来るのは……。(2013/12/17)

バーチャルシンガーであなたのカラオケが上手くなる――JOYSOUND「ボーカルアシスト」が目指す未来
音声合成によるバーチャルシンガーがカラオケのお手本として歌ってくれる「ボーカルアシスト」がJOYSOUNDに加わる。名工大の技術を活用し、男女の自然な歌声がカラオケ上手に導いてくれる。詳細を聞いてみた。(2013/10/28)

藤田正美の時事日想:
私たちの社会は自然災害に対して少しは安全になったのか?
春の大嵐に襲われた日本列島。河川の増水警告メールが届く中、横浜市のWebサイトでは適切な情報提供ができていなかった。筆者は基礎自治体の「適正」な規模に疑問を抱く。(2013/4/8)

藤田正美の時事日想:
我々は経験から学べているか? 震災時のバックアップ問題から考える
東日本大震災で露呈した、我々の危機管理の甘さ。その経験を今、生かせているだろうか。(2013/3/18)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/2/13)

クラウドガバナンス現在進行形 第2章【第4回】
【技術解説】オバマ再選に学ぶ、巨大なシステムをクラウドで運用するには?
クラウドというスケールするインフラでビッグデータを運用すると、把握すべきオブジェクト(=ノードの数)とその関係(=リンク)が爆発的に増える。人間に管理可能な粒度に情報量を減らし、迅速に運用するには?(2013/1/10)

すべての勉強は図でうまくいく:
「あいまい記憶」を一掃する「図解式勉強法」は英語にも効く
つなげて、まとめる、というシンプルな図解式勉強法。今回は英語に効果的な方法を紹介します。(2012/10/26)

「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論(9):
「仮説検証方式」で調査時間を1/10に短縮しよう
前回、英語の文献調査では可能な限り「手を抜く」ことを皆さんに提言しました。英語文献の調査には、要約、結論、図表の記載を基に全体の内容を「仮説」として推測し、他の記載の部分でその仮説を検証・修正する「仮説検証法」が非常に有効です。実践編(文献調査)の後半では、その方法をご紹介します。(2012/10/22)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
店ざらしになる「国会事故調報告書」
「そんなことはありえない」と言っているうちは将来にわたるシナリオを描ことはできない。(2012/8/22)

出版業界ニュースフラッシュ 2012年7月第4週
出版業界で起こったニュースにならない出来事をまとめてお届けする週刊連載。先週はアガサ・クリスティー賞や講談社ノンフィクション賞などの受賞作品が発表されました。(2012/7/30)

さっぱり分からなかった、3.11報道(4):
人間の滑稽さをなぜ伝えないのか? 報道されない現場のネタ
震災関連のニュースを、マスコミはどのくらい報じたのだろうか。ひょっとしたら、まだまだ伝えていないことがたくさんあるかもしれない。この問題について、ジャーナリストの烏賀陽弘道氏と作家の相場英雄氏が語り合った。(2012/7/28)

次世代原子炉開発者と原発の未来を語る 小飼弾のニコ生サイエンス
「小飼弾のニコ生サイエンス」。次世代原子炉の1つで、メルトダウンを起こしにくいという「高温ガス炉」の開発に携わる技術者を招き、原発の未来を語る。配信は7月25日19時0分〜。(2012/7/20)

「ただちに問題ない」は正しい判断? 政府は危機をどう伝えるべきか
福島原発事故に関しては、情報が適切に出されていないのではということが問題になった。危機時の政府の情報発信はどうあるべきか。民間事故調の調査報告書でリスクコミュニケーションを担当した塩崎彰久弁護士と東京大学の大塚孝治教授が、朝日新聞の高橋万見子氏をモデレーターに語り合った。(2012/6/26)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
シナリオ不在が日本の病根
シナリオを描けなければさまざまな変化に対応できない。原発事故はそのことをわれわれに教えてくれた。シナリオを描くのに必要なのは、常識にとらわれない発想だ。(2012/6/25)

民間事故調シンポジウム:
科学の解は1つでも政策は1本に決まらない――“構造災”としての福島原発事故
3.11の福島第一原発事故を招くに至った根本的な原因は何なのか。天災と人災の隙間で発生する“構造災”について研究している松本三和夫氏は、科学技術と社会との軋轢について解説した。(2012/6/21)

民間事故調シンポジウム:
なぜ原発の安全神話は生まれたのか
福島第一原発事故で崩れ去った原発の安全神話。民間事故調の調査報告書策定に関わった北海道大学公共政策大学院の鈴木一人教授は、推進派と反対派の二極対立が安全神話を強め、また安全神話があったために大事故が起こった際の対策も検討されることがなかったのではないかと分析した。(2012/6/19)

藤田正美の時事日想:
国会事故調が明らかにした日本の危機管理のあり方
東京電力福島原子力発電所事故を検証する国会事故調。国政調査権をもとに、さまざまな関係者から公開でのヒアリングを行っている。それを見続けてきた筆者は、日本の危機管理のあり方に疑問を抱いたという。(2012/6/11)

何かがおかしいIT化の進め方(54):
IT関係者は、原発事故から何を学ぶべきか
第53回では、新幹線建設における「優れた全体構想策定」の在り方について考察した。今回はその続編として、“作られた安全神話”が崩壊した「原子力発電システム」のコンセプトについて考え、BCPや情報セキュリティ対策、ITシステム開発・運用の在り方を見直してみたい。(2012/5/10)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
「安全と安心」と「科学者と政治家」
どんなものでも絶対に安全ということはない。それに必ず人はミスをする。それを前提にして被害を最小限に食い止めなければならない。(2012/4/27)

藤田正美の時事日想:
政治家が原発の安全性を判断することの愚
関西電力大飯3号機と4号機の再稼働問題が報道されるようになっている。その過程でいくつかの問題が浮上しているが、最大の問題は政治家が安全性を判断したことだと筆者は主張する。(2012/4/23)

New Order ポスト・ジョブズ時代の新ルール:
「60歳以上は信用するな!」 ――夏野剛が若者に説くワークスタイルの新フォーム
「インターネットの普及が、人類に3つの革命を起こした」と語る夏野剛氏。ジョブズ同様、人々のライフスタイルを革新的に変えるサービスを世に投じてきた彼には、日本人のワークスタイルに関して、どうしても若者に伝えたいことがあるという。(2012/4/9)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた(3月23日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。両者の進ちょく具合はどうなのだろうか?(2012/3/23)

【図解】人生の大問題:
ユダヤ人に学ぶ、日本人が生き残る方法
東日本大震災を経験した日本人がこれからの人生を生き残るには、私たち自身が各自で計画し、実行しなければなりません。そのための残り時間は極めて少ないのです。(2012/2/9)

クリスマスはおふたりさまでおひとりさま:
1人しゃぶしゃぶに1人カラオケ リア充(?)おひとりさまサービス探訪記
1人で楽しい“おひとりさま”サービスは2人で行けばもっと楽しいはず。そこで、後輩とクリスマスデートの下見に行ってきました。(2011/12/23)

東日本大震災ルポ・被災地を歩く:
「結婚するなら東電社員」だったけど……原発城下町住民のいま
福島第一原発の事故前、原発城下町の双相地区では安定企業であることから「結婚するなら東電社員」と言われていた。しかし、事故を経て、原発で働いていた人たちの東電に対する意識も変化しているようだ。(2011/12/2)

「計画停電」「ぽぽぽぽーん」「あげぽよ」も 「ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート語発表
「『現代用語の基礎知識』選 ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート語が発表された。「計画停電」から「ぽぽぽぽーん」「あげぽよ」まで60語ある。(2011/11/10)

世界一周サムライバックパッカープロジェクト:
事故から25年、チェルノブイリ原発ツアーに参加してきた
25年前、福島第一原子力発電所と同じレベル7の事故を起こした、ウクライナのチェルノブイリ原発。それにも関わらず、今でも同国では電力供給の半分を原子力発電でまかなっている。現地を訪れ、街の人の声を聞き、ウクライナで事故はどのように受け止められているのかを調べた。(2011/10/4)

Twitter・ブログの原発情報監視事業に東京弁護士会が懸念表明 「弊害の方が大きい」
原子力発電所や放射線に関連したTwitter・ブログ上の「不正確」「不適切」な情報を資源エネルギー庁が監視する事業に対し、東京弁護士会が「政府による情報コントロール」と強い懸念を表明。(2011/7/28)

原口一博×武田邦彦 それでも原発は必要か(1):
なぜ信用できないのか? 政府が発表する原発情報に
原発事故を受け、日本全体が揺れている。国民の多くは「政府の言っていることが信用できない」と不信感を抱いているが、なぜこのような事態に陥ったのか。この問題について、原口一博議員と武田邦彦教授が語り合った。(2011/7/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。