ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「暗記」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「暗記」に関する情報が集まったページです。

「知的試行錯誤」のすすめ【後編】:
『思考の整理学』著者・95歳“知の巨人”外山滋比古が「留学」を選ばなかった理由
95歳「知の巨人」外山滋比古さんが語る「アウトサイダー人生」とは――。(2019/6/25)

世界を「数字」で回してみよう(59) 働き方改革(18):
リカレント教育【前編】 三角関数不要論と個性の壊し方
今回から前後編の2回に分けて、働き方改革の「教育」、具体的には「リカレント教育」を取り上げます。度々浮上する“三角関数不要論”や、学校教育の歴史を振り返ると、現代の学校教育の“意図”が見えてきます。そしてそれは、リカレント教育に対する大いなる違和感へとつながっていくのです。(2019/6/24)

「知的試行錯誤」のすすめ【中編】:
『思考の整理学』著者・95歳“知の巨人”外山滋比古が歩んだ「反常識人生」
95歳「知の巨人」による「反常識の仕事観」に迫る。(2019/6/24)

「知的試行錯誤」のすすめ【前編】:
ベストセラー『思考の整理学』著者・95歳“知の巨人”外山滋比古が語る「脱線のすすめ」
95歳“知の巨人”外山滋比古が語る人生を面白く生きるための思考法――。(2019/6/21)

なぜ米国には学習塾が少ないのか? 詰め込み型の勉強は役に立たない、アメリカの入試制度
総合的に学生の能力を見極めるシステム。(2019/5/8)

究極の覚えゲーだこれ 円周率を読み上げる→続く5桁の数字を取るカルタに「やってみたい」「楽しそう」と円周率ガチ勢
「3.14」ってレベルじゃねえぞ。(2019/4/28)

超売り手市場:
先輩の「就活は楽勝だった」は、本当か
人手不足倒産など圧倒的売り手市場が続く新卒学生の就活。各大学や大都市では合説(合同企業説明会)が行われ、たくさんの学生であふれかえる……はずですが、実際何が起こっているのでしょうか。大学のキャリア支援の場から見てみたいと思います。(2019/3/17)

今の小学生ってすげー PCいらずでプログラミングが勉強できる小学生向けドリルの誕生秘話を聞いた
こくご、さんすう、プログラミング……!(2019/3/18)

スピン経済の歩き方:
「バイトは教育で真人間にしろ」が、ブラック企業につながる理由
バイトテロ騒動で、コンビニや外食産業が揺れている。こうした事態を受けて、「バイトも研修を受けさせるべきだ」といった声が出ているが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。どういうことかというと……。(2019/3/12)

PR:今なお“アニメの聖地巡礼で南極に行く”猛者 20年毎日更新を続ける「ろじっくぱらだいす」が最後のテキストサイトとして残り続ける理由
伝説のサイト「ろじぱら」の管理人、ワタナベさんの貴重なインタビューです。(2019/3/11)

スマホのロック画面、数字の下の「謎のアルファベット」は何のためにある?
そもそも気付いてなかった。(2019/3/8)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
なぜ、あの部下の報告や企画案はしっくりこないのか?
もしかしたら、その部下に足りないのは「本気度や、経験や、センス」ではなく、全ての職種に万能に使えるあの知識かもしれません。(2019/2/14)

【マンガ】日本には“2人で総理大臣になった兄弟がいる”って知ってた?
兄弟合わせて、在任期間11年。(2019/1/25)

地球が太陽に一番近づくのは1月。なのにどうして寒いの?
もっと暖めてほしい。(2019/1/16)

ボカロ曲で学べる参考書シリーズに待望の高校版登場 みきとPによる日本史の“年代暗記ソング”が先行公開中
歌で歴史や英単語を覚える!(2019/1/13)

「ボカロで覚える」参考書、高校版発売 日本史・世界史・英単語をボカロ曲に乗せて
初音ミクなどが歌うVOCALOID曲で勉強できる参考書「MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える」シリーズに、「高校英単語」「高校日本史」「高校世界史」が追加。(2019/1/9)

「色覚検査の攻略本」「本当は効かない色弱治療」はなぜ存在したのか 進学・就職制限を受けてきた「色弱」の歴史とこれから
カラーバリアフリーの取り組みを行う団体・CUDOに話を伺いました。(2018/11/30)

「ソーシャルゲームの属性相性考察」にさまざまな意見 「複雑過ぎると覚えられない」「ポケモンが一番やばい」
結局は製作者の調整次第なのかもしれません。(2018/11/5)

「GUIかCLIか」という切り口も
Windows Server管理ツールを比較、「Windows Admin Center」「PowerShell」は使えるか
Microsoftはさまざまなサーバ管理ツールを用意している。管理者はこれらの管理ツールを選ぶことで、ビジネスを運営するPCを管理下におくことができる。各ツールを比較してみよう。(2018/10/23)

関東第一高等学校・横山北斗教諭の挑戦【後編】
東京大学の合格経験から見えた、教育にITを使うメリットと課題は?
ある現役教員がITを活用した受験勉強に挑戦し、見事、東京大学合格を果たした。その教員の話から、受験勉強や普段の学習にITを活用するメリットは何か、そこから教育はどう変わるべきかを探る。(2018/10/22)

「あなたの誕生日は? ああ、その日は○曜日だね」を一瞬でできるようになる(かもしれない)方法
わかったけどわからん。(2018/10/20)

関東第一高等学校・横山北斗教諭の挑戦【前編】
東京大学にIT活用で合格した現役教員 受験に活用したアプリとは?
教育分野のIT活用が広がらない要因の一つに、「受験にITが有効かどうか分からない」といった意見がある。本当にそうなのか。ITを活用した受験勉強に挑んだ、ある現役教員に話を聞いた。(2018/10/15)

「授業ってなんだろう……?」と衝撃 学生時代、授業に疑問を抱いた体験つづった漫画に反響
先生だって人間だもの……。(2018/10/8)

【マンガ】「英語ではお昼に食べるのがLunchで、夕食がDinner」ではないって知ってた?
実は意味がちょっと違う。(2018/10/3)

プログラミングコンテストで見たもの:
「お母さんを助けたい」 社会課題に向き合う小学生プログラマーたちが集結
東京・渋谷で小学生のプログラミングコンテスト「Tech Kids Grand Prix」が初開催。1000件を超えるエントリーがあり、そこから12人のファイナリストが選出。彼らが一堂に会して自身の作品を聴衆の前でプレゼンテーションした。(2018/10/1)

「へ」だけひらがなとカタカナがそっくりになっちゃった理由
何でカブっちゃったんです?(2018/7/3)

君は”ヒプマイ”を知っているか!? 女子歓喜の声優ラップバトル「ヒプノシスマイク」の魅力を徹底解説
ヒプマイとは一体なんなのか?――“ヒプマイの沼”の住人に聞きました。(2018/6/23)

エレベーターの開閉ボタン、どっちのマークが「開」? 「間違えてしまう人の考え方」を表す図に共感の声
もうデザインを見て判断するより、暗記したほうが早い気がする。(2018/6/14)

Over the AI ―― AIの向こう側に(21):
不幸な人工知能 〜尊敬と軽蔑の狭間で揺れるニューラルネットワーク
今回のテーマは、第3次AI(人工知能)ブームを支えているといっても過言ではない花形選手、ニューラルネットワークです。ただしこのニューラルネットワーク、幾度もダイナミックな“手のひら返し”をされてきた、かわいそうなAI技術でもあるのです。(2018/4/27)

雲も波紋も「数学で世界を全部知りたい」天才少年 漫画『はじめアルゴリズム』は数学の楽しさを教えてくれる
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第91回。数学を知れば失恋したお姉さんも慰められる、など数学のイメージをガラリと変えてくれる漫画を紹介。(2018/3/18)

これ12歳が解けるの!? 超難関「灘中学」の入試問題「初日の出を2回見るには?」を解いてみた
あなたは最強小学生に勝てるか?(2018/2/22)

仕組みが分かれば、スマホなどいらぬ……ッ! 肉眼のみで解読するQRコード講座
必要なのは目という名のカメラ。それから、気合いと根性。(2018/1/31)

「悲鳴を上げて泣き崩れた」 神田沙也加、長年の夢を実現させ感無量の思いを明かす
ミュージカル「マイ・フェア・レディ」のイライザ・ドゥーリトル役決定に歓喜。(2017/12/26)

歴史における「天下統一」とは何を指しているのか?
何をしたら天下統一なの?(2017/12/20)

Over the AI ―― AIの向こう側に(17):
至宝の人工知能 〜問題に寄り添い、最適解をそっと教えてくれる
先人たちにより開発され、磨かれてきた「至宝の最適化アルゴリズム」。本当はこれを軽々しく「AI」とは呼びたくな……い……という気持ちをぐっとこらえ、AI技術として解説します。「試験前の一夜漬け」「雪山遭難」「井戸堀り」の例を使って、説明していきます。繰り返しますが、最適化アルゴリズムを軽々しく「AI」という言葉で片付けたくはないんですよ、本当は。(2017/11/30)

Over the AI ―― AIの向こう側に(16):
モノマネする人工知能 〜 自動翻訳を支える影の立役者
最近の機械翻訳の発展には目を見張るものがあります。なぜ、ここまで進化しているのでしょうか。AI(人工知能)による翻訳、通訳を取り上げ、その発展の理由を探ってみると、その根底には、あるパラダイムシフトが存在していたことが分かりました。(2017/10/30)

“中の人”が明かすパソコン裏話:
お店の「POSレジ」もWindowsで動いている PCの意外な利用シーン
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。お店で見掛ける“アレ”も、実はWindowsで動いていることが多いのです。(2017/10/24)

人間VSコンピュータオセロ 衝撃の6戦全敗から20年、元世界チャンピオン村上健さんに聞いた「負けた後に見えてきたもの」
20年前。歴史を変えたAIとの戦いに、1人の日本人チャンピオンが挑んでいた。(2017/10/21)

「シャーロック・ホームズ」全作品を翻訳した英語学習法 TOEICにはオーバースペックな“最強単語帳”の作り方とは?
語彙力こそパワー。(2017/9/28)

ハリウッド監督・紀里谷和明2万字インタビュー×東大作家・鏡征爾:禁断の解禁 ここにあなたの悩みをひもとく全てがある<後編>
作品づくり、ロジカルとイロジカル、そして死について。(2017/9/23)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ビジネスに効く“憲法″〜本質思考と論理思考
憲法の「改正」について考えることは、「本質そのものを追究すること」(2017/9/14)

無量大数の逆は「無量小数」? 意外と知らない「小さい数」の数え方
果てしない小数の世界。(2017/9/11)

母で、学生で、YouTuber――「別人になれるメイク動画」で人気のマリリンさんに話を聞いてみた
YouTuber、一児の母、学生とさまざまな顔を持つマリリンさんに取材しました。(2017/8/28)

目は見えなくても原稿は超クオリティー テープ起こし専門集団「ブラインドライターズ」ライター&運営インタビュー
お話を聞いてきました。(2017/8/13)

受験勉強のやる気維持に役立ちそう お絵描きでリフレッシュしながら人物が暗記できる学習方法
長く厳しい受験生活では、休憩の仕方も大事。(2017/8/1)

「控室に刃牙を呼びに来た人」って覚えてる人いるのかよ! モブキャラだらけの刃牙×佐賀県のコラボサイト公開
「グラップラー刃牙」「バキ」「範馬刃牙」を丸暗記してるファンなら分かるはず。(2017/7/27)

週刊「調査のチカラ」:
「キッズウイーク」導入、子を持つ親の反応は?
お小遣い、受験、将来。日本の青少年は今、何を思うのか。そして彼らを取り巻く社会の在り方は? 調査データから探ります。(2017/6/17)

アンパンマンとの出会いと別れ、けものフレンズを正座で視聴 3歳児の「アニメと趣味」の変遷をたどる
けもフレは集中。(2017/6/10)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
AI時代でも、輝くビジネスパーソンでいるために
自分の頭で考え新しい価値を生み出す人はいつまでも輝き、機械にリプレイスされることはない。そのために必殺技「フレームワーク」の登場だ。(2017/6/1)

スキマ時間で英語が身に付く? カシオの「デジタル英会話学習機」を試す
通勤・通学などのスキマ時間を使って、紙の教材やスマホアプリで英語を学んでいる人は多いが、こんな専用ガジェットがあるのをご存じだろうか。今回はカシオが発売した最新モデルを実際に試してみた。(2017/5/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。