ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「Microsoft Project」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Microsoft Project」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(91):
2021年にサポートが終了するMicrosoft製品まとめ
前回(第90回)は、Windows 10とMicrosoft Office製品について、2021年以降のサポートライフサイクルを再確認しました。今回は視点を変えて、2021年内にサポートが終了するMicrosoftの製品/技術についてまとめます。(2021/1/12)

VR:
Unityでフル3DCGの“VRマンション内見”、コロナ禍のリモート提案用に積木製作が提供開始
積木製作は、コロナ禍によりマンションの対面での内見が難しくなっている実情を受けて、Unityをエンジンにしたフル3DCGでバーチャルモデルルームを制作し、リモートプレゼンテーションを後押しするサービスを開始した。(2020/10/13)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(106):
新型コロナウイルス感染拡大に伴うWindowsサポート期限の延長について
Microsoftは2020年5月にサポート終了を迎える「半期チャネル(SAC)」のWindowsについて、「2020年11月」までサポート期限を延長することを発表しました。また、2020年7月に予定されていた「Azure IoT Hub」でのTLS 1.0/1.1のサポート廃止も無期限の延期としました。(2020/4/24)

山浦恒央の“くみこみ”な話(125):
ソフトウェア技術者のためのバグ百科事典(4)Excelがバグの原因に!?
ソフトウェア技術者に向けて、バグに関する基礎知識をまとめていく新シリーズ「バグ百科事典」。第4回は、前回に続き「データ入力ミスのバグ」について解説します。Excelのように日頃使う開発ツールもバグの原因になり得るのです。(2020/1/14)

IaaSとSaaSのコスト最適化【後編】:
勝手導入されたSaaSの検出から一元化まで、SaaS管理の勘所
使われているSaaSの把握が第一歩だが、全て把握できる単一の検出方法は存在しない。使われているSaaSの検出方法から、ユーザー部門も納得の一元化方法まで、SaaS管理のコツを紹介する。(2019/5/8)

「Office 2019」のWindowsおよびMac版、まずはボリュームライセンス向けにリリース
Microsoftが約3年ぶりにデスクトップ版Officeをアップデートし「Office 2019」として公開した。一般ユーザー向けは向こう数週間中に入手できるようになる。(2018/9/25)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(96):
Windows Server 2016の次は「1709」? いえ、2016の次はまだ出ていません!
Windows 10 Fall Creators Update(バージョン1709、ビルド16299)が一般向けにリリースされた同じ日に、Windows Serverの最新バージョン「Windows Server バージョン1709」もリリースされました。Windows Serverの最新バージョンであることには違いありませんが、“Windows Server 2016の次のバージョン”というのは正確ではありません。Windows Server 2016向けの「機能更新プログラム」では決してありません。“Windows Server 2016とは別の製品の新(初)バージョン”といった方がいいかもしれません。(2017/11/7)

陥りやすいライセンス超過
Office 365を少しでも安く導入するTips
「クラウド化により、ライセンスが不足がちになるが、本当の問題はライセンス超過にある」と指摘するライセンスアナリスト。Office 365のライセンス料金を少しでも安くするにはどうすればよいのか。(2017/10/6)

「働き方の多様化」に悩む企業に向け、マイクロソフトが提言:
「リモートワークの課題」を解決する、5つのヒント
働き方の多様性に対応していくために必要となる、「チームコラボレーションの促進」をどう実現するか。マイクロソフトが、Office 365で実現できる「5つのヒント」を説明した。(2016/10/4)

ビジネスプロセスと「Office 365」を連携:
マイクロソフト、「Project "Madeira"」のプレビューを公開──SMB向けビジネスプロセス管理のSaaS
マイクロソフトは、「ゼロから再発明されたビジネス管理ソリューション」と銘打ったSMB向けビジネスプロセス管理のSaaS「Project "Madeira"」のパブリックプレビューを公開した。(2016/4/14)

当事者が語る2年半の成果
“風通しの良い”企業はDevOpsにMicrosoft製品をどう使うのか
DevOps業務にMicrosoft製品をどのように採用しているのか。米国の自閉症・関連障害センターで最高技術責任者(CTO)を務めるアルバ・パウエル氏に話を聞いた。(2016/3/24)

レスポンス待ちの時間をカイゼン:
Redmineのガントチャートプラグインがメジャーバージョンアップ
OSSプロジェクト管理ツールの定番「Redmine」の人気プラグインがメジャーバージョンアップ。より使いやすいWebアプリケーションになった。(2015/10/26)

初めてのOffice 365
いよいよOffice 365 ProPlusを社内に、カスタマイズしてインストールする方法とは
「Office 365 ProPlus」を導入するとき、言語やインストールするアプリケーションなどをカスタマイズしたいと考えるIT管理者は少なくないだろう。そのカスタマイズ方法と注意点を紹介する。(2015/10/13)

Computer Weekly製品導入ガイド
プロジェクト管理のツールの選び方
アジャイルとDevOpsのアプローチは、終着点の定まった大型プロジェクトの消滅を意味する。プロジェクト管理はどう変化するのか。(2015/8/28)

Microsoft Projectでプロジェクトを可視化:
PR:「検討・意思決定」に時間を活用する本来のプロジェクト管理へ
製造業の分野でもプロジェクト管理にExcelを使っているという方は多いのではないだろうか。確かに、Excelは使い慣れた手軽なツールではある。だが「プロジェクトを管理・運用する」という本来の目的で考えると、課題を感じることも少なくない。Excelライクな使い勝手で工程管理を支援し、プロジェクトの適切な管理・運用をサポートするのが「Microsoft Project」だ。(2014/12/3)

特集:ノンコーディングでユニバーサルWindowsアプリを作ろう:
無償のオンライン型開発環境「Windows App Studio」入門
ユニバーサルWindowsアプリを、1行のコードも書かずに開発できるツール「Windows App Studio」。その開発からストアへの公開、Visual Studioでの編集までを解説する。(2014/11/7)

“ストリーミング配信”でアプリを端末にインストール:
Office 365、Officeアプリも5台まで「自動配信」で利用可能に
新Office 365では、Officeアプリのサブスクリプション版の提供を開始した(2013/2/27)

ホワイトペーパーレビュー
原価管理の基本が分かる3つのホワイトペーパー
企業の売り上げが伸び悩む中で収益を確保するには、厳密な原価管理が欠かせない。ERPの支援を受けながら、適切な原価管理体制を築くにはどうすればいいのか。参考になるホワイトペーパーを紹介する。(2011/10/31)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
日本企業の「現場力」、欧米企業の「経営力」のハイブリッドを目指せ
日本人に特有のコミュニケーション技術「すり合わせ」が効果を発揮することがある。しかし、すり合わせは万能ではない。なぜかといえば妥協を生みやすいから。では企業が目指すべき方向は。(2011/9/22)

ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(18):
Team Foundation ServerでJava開発は大丈夫か?
(2010/11/24)

Outlookの予定や連絡先、ガントチャートも――散らばる業務をマインドマップに
マインドマップでプロジェクトや業務の情報を視覚的に表示できるソフトウェア「MindManager」の新版が発売。ガントチャートやOutlookの情報を1つのマップ上に表示する機能を追加した。業務の全体像と時間軸を同時に確認できるようになっている。(2010/10/7)

プロジェクト管理ツール導入事例:SI Object Browser PM
非“現場”からのツール適用を進めた丸紅情報システムズ
「企業の業績を左右することもある大規模なプロジェクトの進ちょく状況を把握し、今後の対応策を検討したい」という経営陣の要望を受け、丸紅情報システムズのプロジェクト管理部ではツール導入の検討を開始した。(2010/8/30)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
IT投資管理のベストプラクティスを目指すマイクロソフト
ITmediaエグゼクティブが開催した第11回 ITmediaエグゼクティブ フォーラムにマイクロソフトの相場宏二氏が登場。Microsoft Project Server 2010のデモを交えながらIT投資価値を最大化するマイクロソフトの取り組みを紹介した。(2010/8/16)

プロジェクト管理ツール導入事例:Microsoft Project
ニコンイメージングシステムズが取り組んだQCD改善策とは?
「高品質で魅力ある製品を市場に早く提供したい」。ニコンイメージングシステムズは全社的なQCD改善の一環として、プロジェクト管理ツールの導入を検討し、その選定を進めた。(2010/7/26)

ExcelとMicrosoft Projectで徹底検証
Excelとの比較データが示す「プロジェクト管理ツール」の導入効果
Excelをプロジェクト管理に活用する現場は数多い。しかし、それが本当に最適な管理手法なのだろうか? Excelとプロジェクト管理専用ツールの2つを実際に同一条件で使用した場合の機能比較を実施してみた。(2010/5/25)

第19回ソフトウェア開発環境展イベントリポート
SODECに見る「プロジェクト管理ツールの最新動向」
2010年5月12日から14日までの3日間、東京ビッグサイトにて「第19回ソフトウェア開発環境展(SODEC)」が開催された。本稿では、プロジェクト管理ゾーンに出展された関連製品を紹介する。(2010/5/24)

プロジェクト管理ツール紹介:日揮情報システム編
プロジェクトの見える化と標準化を支援する「SmartPMO」
プロジェクトには、採算の見通しが不透明なために利益を生むはずの案件が突然赤字化するリスクもある。今回はそうしたリスクの見極めを受注段階から支援し、全社的なモニタリング可能とするツールを紹介する。(2010/4/26)

マイクロソフト、Office 2010などの価格を発表
パッケージ版やプレインストール版などを6月17日から一般向けに発売する。(2010/4/22)

TechTargetジャパン読者座談会 【後編】
プロジェクトを成功に導くコミュニケーション術とは?
プロジェクトマネジャーによる座談会では「リソース不足」「メンバー間のコミュニケーション不足」をテーマとしてその改善策を語ってもらった。後編ではその内容を紹介する。(2010/4/21)

TechTargetジャパン読者座談会 【前編】
プロジェクトマネジャーに必要なスキルとは何か?
TechTargetジャパンは2010年3月、プロジェクトの管理業務に携わる会員を対象とした座談会を実施。プロジェクトにおける生産性向上のために必要なことを語ってもらった。(2010/4/6)

プロジェクト管理ツール利用に関するアンケート結果リポート
「Microsoft Office Project」が圧倒的なシェア、その満足度は?
2010年2月、TechTargetジャパン会員を対象に「プロジェクト管理ツールの利用状況に関するアンケート調査」を実施した。調査結果から、利用状況や必要とされている機能などが明らかになった。(2010/3/12)

モノづくり最前線レポート(17):
Windchillはソフトもマテリアルも含めた統合プラットフォームを目指す――PTC
「エンタープライズPLM」環境を提供すべくWindchillプラットフォーム強化を進めるPTC。日米トップ2人が今後のビジョンを語った(2010/2/9)

プロジェクト管理ツール紹介:システムインテグレータ編
“脱Excel”を実現する、PMBOK準拠システム「SI Object Browser PM」
プロジェクト管理のベストプラクティス「PMBOK」をうまく適用できれば、そのプロジェクトの成功確率は高くなる。しかし、適用する際には多くの課題が存在する。Excelによるプロジェクト管理もその1つだ。(2010/1/18)

MS Projectで学ぶプロジェクトマネジメント(1):
MS Projectで学ぶプロジェクトマネジメントの基本
現在、IT業界の仕事のほとんどはプロジェクト形式で動いている。そこで、本連載ではプロジェクトで最も重要といえる進ちょく管理について、プロジェクトマネジメントツールの標準ソフトウェアといえる「Microsoft Project」の使い方を、具体的に分かりやすく紹介していく。(2010/1/13)

MSが6件の月例セキュリティ情報を公開、IEやOfficeの脆弱性に対処
「緊急」レベルの3件のうち、IE用の累積的なセキュリティ更新プログラムについてはMicrosoftが最優先での適用を促している。(2009/12/9)

プロジェクト管理ツール紹介:マイクロソフト編
競合製品は自社のExcel――その弱点もカバーする「Microsoft Office Project 2007」
プロジェクト管理にも使われる万能ツール「Excel」。しかし、Excelを使用するとプロジェクトのリスクが高くなることもある。Excelの弱点とプロジェクト管理専用ツールの導入メリットをマイクロソフトに聞いた。(2009/12/8)

プロジェクト管理ツール紹介
プロジェクトの失敗が企業経営上の問題にもなる現在、プロジェクトを成功に導くためには、その適切な管理が重要なカギとなる。本連載ではプロジェクト管理を支援する主要な製品を紹介していく。(2009/12/8)

Microsoft、「Silverlight 4」のβ版リリース
MicrosoftがRIAツールの次期版ほか、コラボレーションツールやモバイル向けOfficeなどのβ版をリリースした。(2009/11/19)

Visio 2010はSharePointとワークフロー連携を実現:
マイクロソフト、MS Project 2010から“Office”を外した理由
(2009/11/9)

プロジェクト管理も“タイムライン”――ポートフォリオ管理もできる「Project 2010」
ポートフォリオ管理機能を新たに搭載した、マイクロソフトのプロジェクト管理ソフト「Project 2010」。複数のガントチャートを1つの大きなタイムラインとして表示する「タイムラインビュー」機能も備えている。(2009/11/9)

作図スピード6倍? 「PowerPointの達人」VS.「Visio 2010」の結果は――
マイクロソフトのビジネス向け作図ソフト「Visio」。最新版のVisio 2010では操作性を改善し、「作図にかかる工数を大幅に低減した」という。(2009/11/9)

使っているのは5社中1社
3分の1はMS Projectユーザー――SMBにおけるPPMツール利用の実態
TechTargetの調査の結果、8割のSMBがPPMソフトを使っていなかった一方、ハイエンドなツールを使いこなしている企業もあった。(2009/8/12)

Office Webアプリケーションも登場予定:
Microsoft Office 2010のテクニカル・プレビュー版が公開
(2009/7/14)

Google Apps対抗のオンライン版も:
Microsoft、「Office 2010」「Office Web Applications」発表
Microsoftが次期版オフィススイート「Microsoft Office 2010」のテクニカルプレビュー版を発表した。クラウドサービス「Office Web Applications」を含む新版の発売は2010年上半期になる見込みだ。(2009/7/14)

開発支援ツールレビュー
システム開発を効率化するために活用できる、さまざまな開発支援ツール。自社に最適な製品はどれだろうか? ここでは、ツールを実際に使用し、その機能や操作性を検証したコンテンツを紹介する。(2009/6/8)

これから始める進ちょく管理(4):
Microsoft ProjectでEVMに挑戦!
前回のアーンドバリュー・マネジメント(EVM:Earned Value Management))を基本に、今回は実際にソフトウェアを使って、EVMを実践する。(2009/4/27)

PMツール導入のメリットを再考する
Excelによるプロジェクト管理では「工事進行基準」に対応できないのか?
IT業界でも2009年4月以降の会計年度から適用される「工事進行基準」。従来のプロジェクト管理とはどう変わるのか? 工事進行基準に対応したプロジェクト管理ツール導入のメリットを考えてみる。(2009/3/11)

日商エレクトロニクスが発売:
BPM製品「Savvion」新版登場、低価格なワークフロー版も
(2009/1/26)

緊急6件、重要2件:
12月のMS月例パッチ公開、既に一部が悪用も
Microsoftは緊急6件、重要2件のセキュリティ情報を公開。Visual Basicの脆弱性は、問題を悪用した攻撃が既に発生しているという。(2008/12/10)

マイクロソフト、「Project Conference 2008」を開催:
Microsoft Office Projectで、やる気と利益を上げる方法
(2008/11/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。