ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「中間管理職」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「中間管理職」に関する情報が集まったページです。

組織の“リモートワーク度”を測定 MSがオンライン診断ツールを無料公開
日本マイクロソフトは、32の設問に答えるだけで、リモートワークの現状を把握できるオンラインツール「リモートワーク診断」の無料提供を開始した。リモートワークの導入や実施に関する課題や阻害要因を整理できる。診断結果では、解決に向けたアドバイスや最適なリモートワークの提案なども行う。(2020/11/5)

「泥臭いのが一番かっこいいんです」 猪野広樹、座長としてコロナ禍で舞台に立つ覚悟 「PERSONA5 the Stage #2」インタビュー
「全11公演がもう本当に勝負。自分たちもそうですけど、お客さんもある意味勝負」。(2020/10/16)

いびつな状況:
「中堅社員の小粒化」は、問題の設定が間違っている
リクルートマネジメントソリューションが「管理職層が考える組織課題」に関する調査を実施し、その結果を発表した。それによると……。(2020/9/14)

富士通が実践を基に語る:
PR:ニューノーマルは怖くない! 後戻りせず、テレワークを前に進めるための意外と簡単な「コツ」とは?
(2020/9/18)

水平思考(ねとらぼ出張版):
敗北を知りすぎた悲しき中間管理職 「ダイの大冒険」魔軍司令ハドラーはなぜ“最大最強の好敵手”へと返り咲くことができたのか?(後編)
敗北を知りすぎた男、どん底からの復活。(2020/9/13)

水平思考(ねとらぼ出張版):
敗北を知りすぎた悲しき中間管理職 「ダイの大冒険」魔軍司令ハドラーはなぜ“最大最強の好敵手”へと返り咲くことができたのか?(前編)
魔軍司令という名の中間管理職。(2020/9/12)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
できる40代は、「これ」しかやらない
1万人の体験談から見えてきた「正しい頑張り方」(2020/8/27)

”幼稚性”から紐解く「日本的マネジメント」の問題点【後編】:
「いつまでも学生気分でいるな!」と叫ぶ上司こそ、学生時代の価値観を捨て切れていない
「上司を飛ばして話を進めるな」「会社の休憩時間にモノを食べるな」「上司の決裁を受けるときは、ハンコを傾けて押せ」――。こうした非合理なルールが、いまだ日本企業では常識のようにはびこっている。働き方改革の支援を手掛けてきた沢渡あまね氏に今後のビジネスパーソンに求められる考え方を聞いた。(2020/8/21)

仕事量が増えた? 課長の悩み、上位3つ
会社で働く課長は、仕事をする上でどんな悩みを抱えているのだろうか。調査したところ……。(2020/8/19)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(68):
「コーチングはウザい」と思われちゃった僕のしくじり体験
「コーチングをかじった人ってすぐに質問攻めにするよね」「威圧的だよな」「キラキラした理想ばかり語ってウザい」――困っている人を支援したいと思って勉強したのに、もし、周りから煙たがられていたら……そうならないために気を付けたいコーチングとの関わり方とは?(2020/8/19)

「BOSS」と「ドラクエウォーク」がコラボ! “りゅうおう”など最強ボスがモチーフの「伝説のボスジャン」が3人に当たる
これぞボスの風格。(2020/8/18)

仕事をしているフリ:
コロナ禍で「おじさん労働者」が不利な状況に? 本当か
おじさん社員が不利な立場に立たされている。コロナ禍で、テレワークができていないとか、ネットをうまく活用できないとか。このままでは「大量の中高年リストラが起きるだろう」といった声が出ているが、本当にそうなのか。(2020/7/30)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
最終赤字6700億円でも「手元資金は十分」とうそぶく日産 問われる内田社長のリーダーシップ
日産自動車は最終損益が6712億円の赤字になった。赤字額としてはカルロス・ゴーン元会長が改革に乗り出した2000年3月期の6843億円に次ぐ規模。内田誠社長は「現時点では十分な資金が確保できている」と言うが、日産の求心力は失われ、幹部の流出も続いている。(2020/6/23)

求められるのは「アウトカム」:
「上司と部下」からパートナーへ これから求められるマネジャーの姿とは?
新型コロナで巻き起こった急激な変化。コミュニケーションやマネジメントの形にはどういった変化があり、これからマネジャーに求められるものとはどういった要素なのだろうか。コミュニケーションに関するサービス「KAKEAI」を提供するKAKEAI社の本田社長に話を聞いた。(2020/6/9)

新連載・「総務」から会社を変える:
いま、総務部門から「DX」を始めるべき理由
新型コロナで大きく変わった企業環境。テレワークの導入やオフィス構築、従業員管理など、企業にはさまざまな課題が新たに課されている。こうした課題を解決するための最前線に立つのが「総務」だ。いま、総務担当者が考えるべきこととはどういったことなのか? 『月刊総務』の編集長である豊田健一氏の新連載。(2020/6/8)

「世界」から取り残されないために:
PR:新時代のリーダーの役割 「大企業のイノベーター」に必要なマインドセットとは
(2020/3/18)

当事者のデータ分析で判明:
「部下を厳格管理する」上司ほど自分の業務も辛くなる――マネジメントの“自業自得なループ”とは
働き方改革で加速する「中間管理職の負担増」。だが彼らの部下への管理方法がむしろ負担を増やしているという。“自業自得”のループを調査から解き明かす。(2020/3/13)

当事者調査データで判明:
日本の管理職が「どれほど激務でも絶対に報われない」残酷なメカニズムとは
働き方改革で逆に負荷が増す傾向にある日本の管理職。「高負担でも評価やパフォーマンスは上がらない」という残酷なデータも。データ分析から「管理職はつらいよ」問題に迫る。(2020/3/10)

水平思考(ねとらぼ出張版):
「いきなりメラゾーマ」の衝撃 『ダイの大冒険』をあらためて読んで分かった「漫画のドラゴンクエストを作る」ということ
なぜ『ダイの大冒険』は「ドラゴンクエスト」の漫画化としてここまでの成功を収めることができたのか?(2020/3/14)

「1on1残業」をしている中間管理職は多い?:
リクルートマネジメントが新対話方法「2on2」を開発 業務過多の中間管理職向け
リクルートマネジメントソリューションズは、「組織における対話方法の開発」に関する研究の中間成果を発表した。同研究の目的は、中間管理職が「対話の方法」を活用して、より良い組織を構築すること。研究成果の実用化も検討予定だ。(2020/2/28)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(62):
予測不可能なVUCA時代に「将来のキャリアが描けず不安」と悩んだら?
会社に入ってある程度の経験を積むと、「将来のキャリアが描けず、不安」と悩む人が少なくありません。そんな、未来が心配なあなたへの処方箋。(2020/2/19)

中間管理職の6割は「働き方改革によって負担が増えた」、具体的に?
働き方改革によって中間管理職の負担が増えているといった声があるが、現場で働く人たちはどのように感じているのだろうか。部長、課長、次長といった中間管理職の肩書を持つビジネスパーソンに聞いたところ……。(2020/2/4)

「迷惑」と伝える勇気:
それでも“インフルエンザ出社”がなくならないワケ くだらない「武勇伝」づくりはもうやめよう
インフルエンザが流行する季節になった。その感染力の強さから、り患した場合には自宅で静養することが望まれる。学校などでは出席停止の措置が義務付けられており、熱が下がったからといってすぐに登校できるようにはならない。一方、職場では「季節性インフルエンザ」に関する明確な規定がない。そのため、インフルエンザになっても無理を押して出社する人も少なからず存在する。また、熱が下がれば「すぐに出社しないと」といった空気も存在する。なぜ、はた迷惑な「インフル出社」が起こってしまうのか。(2020/1/17)

「超高遅延」のおじさんたち:
「5G」が話題の一方で、会社を悩ます“働かないおじさん”の「50G」問題
年功序列制度への批判から、「働かないおじさん」への不満が増えてきた。働かないおじさん=50Gは企業を悩ます一方で、「功労者」が多いゆえにむげにできないという問題も。経営コンサルタントの横山信弘氏が斬る。(2019/12/19)

それでも開催するべき理由:
忘年会、スルーしたいのは若者だけではない! 「同一飲食同一支払」を求める管理職の悲痛な叫び
SNSで話題の「忘年会スルー」。「高いお金を払ってわざわざ上司の自慢話に付き合いたくない」という若年層のコメントが目立つ。一方で、管理職の方でもスルーしたい人が増えているのだとか。スルーしたいのは管理職も同じ?経営コンサルタントの横山信弘氏が斬る。(2019/12/18)

スピン経済の歩き方:
大戸屋が炎上した背景に、ブラック企業と日本軍の深い関係
外食チェーン店を運営する「大戸屋ホールディングス」が、大きく揺れている。「ガイアの夜明け」の中で、同社の社長の言動が放送され、「ブラック企業」「パワハラ」などと批判されているのだ。なぜ、このような事態になったのかというと……。(2019/12/17)

意外な結果の理由とは:
「残業が少ない職種」ランキングで「美容系」がなぜ1位? 残業時間のメカニズムに迫る
dodaが「職種別の残業時間ランキング」を発表。「残業が少ない」1位が美容関連職などちょっと意外な結果に。残業時間の奇妙なメカニズムについて専門家が解説する。(2019/12/5)

Gartner Insights Pickup(133):
デジタルディスラプションの4つの波を乗りこなすには
次々に目まぐるしく進展するデジタルディスラプション(創造的破壊)。CIOに今求められているのは、迅速に新しい技術に適応でき、それらの技術で実現する新しいビジネスモデルをサポートできる組織を構築することだ。(2019/11/15)

特集・日本を変えるテレワーク:
テレワークは「魔法の杖」ではない 失敗の根本原因、第一人者に聞く
テレワークはなぜ失敗するのか?。原因は導入企業の本質的な姿勢にあった。テレワーク研究の第一人者に聞く。(2019/10/15)

スピン経済の歩き方:
「日本経済が成長しないのは、中小企業が多いから」は本当か
少子化に歯止めがかからない。出生数は90万人割れが確実となっていて、これは推計よりも早いペースだという。このままだと日本経済がさらに悪くなりそうだが、“治療法”はあるのだろうか。筆者の窪田氏は「中小企業改革」を挙げていて……。(2019/10/8)

負担が部下からしわ寄せ……:
働き方改革進む会社ほど管理職は「仕事増えた」 6割が回答
働き方改革が進む企業ほど、中間管理職は「業務量が増えた」と感じていることが明らかに。6割の管理職が回答しており、非管理職の業務量削減のしわ寄せが来ているのが原因。(2019/10/3)

働き方改革関連法から半年で:
中間管理職の7割「残業時間減っていない」 “身代わり残業”で「仕事量増」も3割
働き方改革関連法施行から半年がたったが、7割以上の中間管理職の残業時間は減っていない。リクルートスタッフィングの調査によると、部下の残業削減のために自分の仕事が増えている人も3割以上に上った。(2019/9/30)

半径300メートルのIT:
「偉い人」のITリテラシーを嘆く前に考えるべきこと
「PCを使ったことがない」「YouTubeチャンネルの高く評価したリストに不適切な動画」「公式サイトが表示できない」……などなど、業界的にはインパクトの大きいIT担当大臣が話題です。しかし、人のITリテラシーを嘆いたり笑ったりする前に、ちょっとわが身を省みてみませんか?(2019/9/18)

キャリアニュース:
製造業の優秀企業は、20%を超えるデジタル投資収益率を達成
アクセンチュアが、製造業を対象とする最新調査の結果を発表した。卓越した成果を上げている優秀企業は、PoCの半数以上を本格化し、目標値を上回る20%超のデジタル投資収益率を達成していた。(2019/9/5)

【対談】留目真伸氏×本田哲也氏(後編):
変化の時代のチームの形は「映画スタジオ」 新規事業作りに必要な“名脇役”とは
新産業の創出に取り組む留目真伸氏と、PRの専門家として活躍する本田哲也氏が「変化の時代のチーム作り」について語る対談後編。柔軟な組織やチームで課題を解決するために、企業や個人はどんなことができるのか。(2019/9/4)

「顧客が最も重視する価値を最初に特定」:
製造業の優秀企業の投資収益率は20%超 アクセンチュアが調査結果発表
アクセンチュアが実施した調査によると、優秀な企業は実施したPoCの半数以上を本格化して同業他社を上回る収益を挙げていた。しかもこうした企業では、実際のRODIが目標を上回っていた。(2019/8/26)

業務を効率化するITツールの最新事情:
話題のSlackを導入するコツは? 基本と活用を解説
ビジネスチャットツールの現在の潮流を作ったのはSlack Technologiesの「Slack」であり、その潜在性はMicrosoftが同社買収を巡ってトップ間で激論があったことからもうかがえる。今回はそのSlackの基本から、活用までの情報をまとめたい。(2019/8/9)

銀行員が解説 ドラマ「集団左遷」のリアル【前編】:
集団左遷は現実にあるか? 現役銀行員が語る「廃店」と「支店長」
ドラマ『集団左遷!!』が終了しました。今回は「集団左遷のリアルはあるのか?」をテーマにして、現役銀行員の筆者が「集団左遷は現実にあるか」「熱血支店長は本当にいるのか」を解説します。(2019/7/11)

令和時代の「インパール作戦」か?:
激増する“ワンオペ管理職” 「かりそめの働き方改革」が日本をダメにする
日本では1人仕事をする「ワンオペ管理職」が激増している――。ワンオペが増えること、ノウハウは受け継がれることなく消滅し、結果的に組織として生産性は下がってしまう。(2019/5/23)

“安易ではないスピンオフ”はどう作られるのか 『1日外出録ハンチョウ』×『闇金ウシジマくん外伝 らーめん滑皮さん』担当に聞いた
より面白いマンガが世に出てくることを切に……切に願うばかりである……!(2019/4/21)

新元号の「梅花の宴」言及部分:
令和の典拠『万葉集』 中西進が語る「魅力の深層」【後編】
新元号「令和(れいわ)」の典拠である『万葉集』――。万葉集研究の第一人者、中西進氏がその魅力を語る後編。(2019/4/19)

火曜インタビュー劇場(海外公演):
米国発のオンライン学習に、145カ国以上の女性が学んでいる秘密
米国の非営利団体「1 Million Women To Tech」が提供するオンライン学習が、ちょっと話題になっている。プログラミングなどを学ぶことができるわけだが、なぜ多く人が受講しているのか。運営をしている担当者に話を聞いたところ……。(2019/3/26)

中間管理職タグチの変革道場:
PR:さらばExcel! デジタルトランスフォーメーションを推進する「BOARD」とは何か
「計画の詰めが甘い!」「この数字はどうなってるんだ!」と経営陣から怒られた経験のある経営管理部門の担当者は多いだろう。また、Excelを使った予算管理業務を見直したいと考えている担当者もかなりいるはずだ。経営管理課のタグチもそんな悩みを抱えていたが、「BOARD」というCPMに出会ったことで経営陣から褒められるようになった。なぜなのだろうか。(2019/3/8)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
AI導入はPDCAから“DGWA”サイクルへ
ビジネスの現場でよく聞く「PDCA」の4文字。AI導入においてはPDCAより適切な「DGWA」という新しい概念を提唱したいと思います。(2019/2/26)

ダメな組織の闇:
残業が習慣になる4つのメカニズムはこれだ!
「長時間労働をやめよう」というスローガンは、日本の雇用社会においてずっと指摘されてきた、古くて新しい課題です。なぜ一向に変わっていかないのでしょうか……?(2019/2/19)

人自本部・西巻本部長が明かす:
ZOZO 前澤社長の理想を現場に伝えるマネジャーの「翻訳力」とは?
現場のチームメンバーが自律し、能動的に動けるようになるには、組織のトップの思いやビジョンが現場にまで伝わっている必要があるだろう。どうすればマネジャー職の人たちはそれをうまくくみ取り、社員一人一人に伝えることができるのか。そんなマネジメント術について、“カリスマ経営者”前澤友作氏率いる株式会社ZOZOの採用、社員教育、社内制度などを統括する社長室室長兼人自本部本部長 西巻拓自さんを直撃した。(2019/2/8)

管理職も技術職も、人生の選択に悩む
技術職もいつかは管理職になるべきなのか? 後悔しないキャリアの選び方
熟練の技術者が管理職になるケースもあれば、技術系のキャリアを貫くケースもある。しかし誰しも、本当にこの選択が正しかったのか迷う日が来るだろう。本稿では、技術職から管理職に転身した筆者が「管理職の実情」を解き明かす。(2019/2/3)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
しらけ、後ろ向き、仲が悪いetc. 問題社員へのマネジメント5つのQ&A
経営者や管理職が日頃悩んでいる問題社員へのマネジメント課題のいくつかを、Q&A方式で考えてみた。(2019/1/10)

頼りながら、避難しながら、痛みを乗り越えろ:
私たちが対峙するべき「アダプティブ・チャレンジ」とは?
組織論、経営戦略論の研究者である宇田川元一さんへのインタビュー連載の後編では、変化の激しい現代社会に生きる私たちが持つべき「アダプティブ・リーダーシップ」や、一時避難できるサードプレイスの重要性など、未来の組織にまつわるさまざまな話題を紹介する。(2018/12/27)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リーダーは時間という経営資源の価値を最大化せよ!
プレイヤーの時は、イキイキと仕事をしていた人が、リーダーになった途端に輝きを失っうのはなぜだろうか?(2018/12/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。