ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ミントウェーブ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ミントウェーブ」に関する情報が集まったページです。

ホワイトペーパー:
コールセンター業務の現場力向上と業務改革を推進
uCosminexus Navigation Platformで構築したコールセンターは、自社の業務改善だけでなく新たなビジネスも創出しつつあるという。シンクライアントのパイオニアとして知られるミントウェーブに話を聞いた(2013/7/22)

オープンミドルウェア・ケーススタディ:
PR:「uCosminexus Navigation Platform」でコールセンター業務の現場力向上と業務改革を推進
uCosminexus Navigation Platformで構築したコールセンターは、自社の業務改善だけでなく新たなビジネスも創出しつつあるという。シンクライアントのパイオニアとして知られるミントウェーブに話を聞いた。(2012/3/16)

情報漏えい対策で:
2007年のシンクライアント市場は7.2%増、ITR調査
ITRの調査で国内シンクライアント市場のトップシェアは日本HPだった。(2008/12/17)

高性能でデータは残さない、デュアルコアCPUのモバイルシンクライアント
ミントウェーブは、Intel CoreDuoプロセッサを搭載する高性能の軽量モバイルシンクライアント端末を発売する。(2007/4/19)

ミントウェーブ、モバイルユースに最適なシンクライアント端末を発売
ミントウェーブは、無線LAN対応のモバイルノートPC型シンクライアント端末を発売した。(2006/12/20)

ミントウェーブ、Linuxベースのシンクライアント端末
ミントウェーブは、独自開発したLinuxベースのシンクライアントOS「Basil」を搭載した端末「MiNT-ACC Lite-50U」を発売する。(2006/6/26)

ミントウェーブ、独自OS“Basil”搭載のシンクライアント「MiNT-ACC Lite-50U」
ミントウェーブは、Linuxベースの専用OS“Basil”を搭載するシンクライアント端末「MiNT-ACC Lite-50U」を発表した。(2006/6/26)

ミントウェーブ、XP Embedded採用のノート型シンクライアント
ミントウェーブは、OSにWindows XP Embeddedを搭載するノート型シンクライアント「MiNT-ACC Note 9040A」を発表した。(2006/2/28)

ミントウェーブ、ネットワークブート型シンクライアントの新モデル2種
ミントウェーブは、ネットワークブート型シンクライアントシステム「VID」を採用するスリムブック型モデル「ridotto A」、超小型筐体採用モデル「ridotto S」を発表した。(2005/12/15)

ミントウェーブ、17インチ液晶一体型のシンクライアント発売
ミントウェーブは、17インチ液晶一体型/Windows CE5.0搭載のシンクライアントを12月1日より発売する。(2005/11/28)

ミントウェーブ、組み込みOS搭載のファン/ディスクレスPC
ミントウェーブは、フラッシュディスクに組み込みOS搭載したファンレス&HDDレスPC「MiNT-ACC BX-80」を発表した。(2005/6/30)

ミントウェーブ、Windows CE 5.0対応のシンクライアント
ミントウェーブは、日本語版Windows CE 5.0対応のシンクライアント「MiNT-ACC mini-30C」を発表した。(2005/6/8)

ALSIとミントウェーブ、教育市場向けソリューションで協業
ALSIとミントウェーブは、CALLシステム「CaLaboシリーズ」とディスクレスPC「VIDシステム」を連携し、共同企画・開発・プロモーション活動を強化する。(2005/2/24)

MetaFrameの利用ユーザー数はまだこんなものなのか? シトリックスの大古新社長
シトリックスは、2005年の事業戦略を説明した。大古新社長は「アクセスインフラ市場のリーダーとして、信頼され、リスペクトされる企業になりたい」と抱負を語った。(2005/1/26)

シンクライアントで情報の「共有」と「漏洩防止」を両立、日本HPが新システム
日本HPとミントウェーブは、シトリックスの「MetaFrame」にノートPC型のシンクライアントを組み合わせた情報漏洩防止システムを発表した。(2005/1/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。