ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「殺人」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「殺人」に関する情報が集まったページです。

「ドラクエやめたら心臓から声が聞こえる」と警察に相談 飯森容疑者5年前
交番前で巡査が刺され、実弾入りの拳銃が奪われた事件で、強盗殺人未遂容疑で逮捕された飯森裕次郎容疑者が2014年11月、「ゲームをやめたら心臓から声が聞こえる」などと警視庁に相談していたことが、捜査関係者などへの取材で分かった。(2019/6/19)

「中高年引きこもり」抱えた高齢親をどう救う? “支える側”の心身に限界…専門家「家族にも相談相手が必要」
「刺さなければ、自分が殺されていた」。元農林水産事務次官の熊沢英昭容疑者(76)=殺人未遂容疑で逮捕=は、引きこもり状態だった長男で無職の英一郎さん(44)を殺害した理由をこう供述した。長期化した引きこもりは、支える側の家族が体力や経済的、精神的な限界を迎え、出口が見えなくなるケースも多いという。(2019/6/10)

「姉は人殺しなのではないだろうか」 連続殺人めぐる姉妹の疑惑を描くサスペンス漫画がゾクゾクする
読み終わったあとでまた読みたくなる。(2019/6/4)

ミステリーの殺人トリックでおなじみ「ピアノ線」、本当の主な用途は? → メーカーに聞いてみたらピアノでもなかった件
ピアノ線って名前なのに!(2019/5/18)

「FGO」ミステリーイベント「惑う鳴鳳荘の考察」、“イベント開催中”にノベライズ刊行決定 「虚月館殺人事件」と2冊同時に
2冊とも欲しい……。(2019/5/15)

「あなたの番です」犯人を徹底考察 赤池家殺害の犯人と「ジュリアに傷心」&ケーキの真相はこれだ
殺された人物の謎を徹底検証、黒幕までいないのではないか説。(2019/5/12)

「殺人鬼のノックが怖すぎ」「完全クリア1%以下」 下呂温泉の謎解きお化け屋敷「猟奇館」のプレイ動画が話題
完全クリア率は1%未満。(2019/5/5)

原田知世×田中圭「あなたの番です」初回からの大量登場人物とストーリーを完璧整理、交換殺人の真相に迫るポイントを推理してみた
誰も信じられないマンション住民たちをまとめてみました。(2019/4/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
Amazonベゾス不倫騒動と、サウジ記者殺害をつなげる「デジタル監視」の実態
米アマゾンのジェフ・ベゾスCEOの不倫疑惑が国際問題に発展しそうな気配が漂っている。個人的な情報が流出したことについて、ベゾス氏の捜査では「ある国」が関与した可能性を指摘。その背景には、サウジアラビア人記者殺害事件があって……。(2019/4/4)

「つけびして 煙り喜ぶ 田舎者」 「山口連続殺人放火事件」の裏側取材したルポ「つけびの村」書籍化決定
noteで公開され、大きな話題を呼んでいました。(2019/3/23)

悪意なく広める人も:
中高生の3割がフェイクニュース見破れず 「地震で京セラドームに穴」「フラッシュでマグロ死亡」など信用
中高生の26.3%が「フェイクニュース」にだまされた経験があることが、MMD研究所の調査で判明。「タレントのスマイリーキクチさんは凶悪殺人事件の犯人である」「沖縄・美ら海水族館で、カメラのフラッシュのせいでマグロが死亡した」などを信じた人もいた。(2019/3/13)

「名探偵コナン 科学捜査展カフェ」大阪にオープン 犯罪の香りがするオリジナルメニュー「硝煙ポテト」「現場検証ピザ」
ピザがいきなり殺人現場に。(2019/2/28)

3割を超え:
人生100年時代に“超老老介護”の悲劇 便箋に「もうあかん」
70代の妻の首をネクタイで絞めて殺害しようとしたとして、殺人未遂罪に問われた夫(77)に対する裁判員裁判が平成31年1月、大阪地裁で開かれた。妻は認知症で、「老老介護」の末の思い詰めていたといい、地裁は「経緯は十分に酌むべき」として懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役4年)を言い渡した。「人生100年時代」に突入しようとする中、介護を受ける側も担う側も75歳以上という「超老老介護」世帯も3割を超えた。専門家は「老老介護世帯が第三者に助けを求められる仕組みが必要だ」と訴える。(2019/2/19)

アガサ・クリスティをオマージュしたミステリイベントが伊勢丹で開催 「オリエント急行の殺人セット」などコラボメニューの名前もユニーク
島田荘司さんら有名なミステリー作家が参加するイベントも。(2019/2/14)

おまえがサメになるんだよ! 「コマンドー・シャーク 地獄の殺人サメ部隊」日本上陸、若手サメ映画研究家の直談判きっかけ
何が始まるんです?(2019/1/17)

警視庁、「世田谷一家殺害事件」当時の発生現場をCGで再現 動画で公開し情報提供を呼びかけ
2000年当時の現場付近を3Dイメージで再現しています。(2018/12/18)

密室殺人だ → 壁ボコーン! →密室じゃなくなった 全てを力で解決する漫画『脳筋ワトソン』がよく見ると何も解決してない
一緒に行動するのやめよう。(2018/11/22)

『殺人犯はそこにいる』との酷似指摘、Amazonドラマ「チェイス」製作会社が謝罪
Amazonプライムのドラマ「チェイス」が、『殺人犯はそこにいる』と酷似しているとし、作者の清水潔氏と版元の新潮社が、製作会社などに対して配信中止を求めていた問題で、製作会社が謝罪文を公表。清水氏と新潮社はこれを受け入れた。(2018/11/14)

世界を読み解くニュース・サロン:
「人肉レストラン」一気に拡散 フェイクニュースにだまされる大人たち
「ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚」。こんな記事が配信された。うそだったのだが、このフェイクニュースは広く拡散してしまった。すぐ身近にあるフェイクニュースにだまされないためにどうすればいいのか。米カリフォルニア州の取り組みが参考になる。(2018/11/8)

早期解決求める:
SB孫社長、サウジ人記者殺害に言及「あってはならない事件」 共同ファンドは継続へ
ソフトバンクグループの孫正義社長が決算会見に登壇。サウジ人記者ジャマル・カショギ氏が殺害された事件について「決してあってはならない、大変に悲惨な事件だ」などとコメントした。サウジ政府系ファンドとの投資事業は、当面は継続する方針。(2018/11/5)

ソフトバンクの孫社長、サウジの経済会議での講演を取りやめ──Wall Street Journal
サウジ政府に批判的なジャーナリスト殺害疑惑で欠席が目立つリヤドの経済会議「Future Investment Initiative」で、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長も講演を取りやめたとWall Street Journalが報じた。(2018/10/24)

サウジ記者殺害問題、政府系ファンドと関係のソフトバンクの出方は?
サウジアラビア人記者殺害疑惑で、多数の企業幹部がサウジで開催の経済会議への欠席を表明する中、Vision Fundで政府系ファンドと関係のあるソフトバンクの孫社長の出方に注目が集まっている。(2018/10/19)

「ぼくもう殺人事件に関わりたくないんだ!」 名探偵の息子として生まれた子どもの日常漫画が穏やかじゃない
事件を引き付ける名探偵の子どもとして生まれた性。(2018/10/11)

「チャージマン研!」あのレコードがまさかの商品化 2018年版「殺人レコード恐怖のメロディ」収録でジュラル星人もにっこり
(2018/10/5)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
「無敵の人」問題 ネットからリアルへ波及した事件について、謝罪と炎上の専門家が議論
謝罪マスターと炎上専門家による対談の最終回。Hagexさん殺害問題についても触れます。(2018/9/27)

「クライマックスはもちろん崖」 船越英一郎、“本人役”で容疑者になるドラマ「船越英一郎殺人事件」放送決定
完全に面白いやつだこれ!(2018/8/1)

恋愛ものになってるやん! 殺人鬼ジェイソンが楽しむ平成最後の「12日の木曜日」を描いた投稿がただのリア充
お相手の女性はあのホラーの方です。(2018/7/15)

「古畑任三郎」のオープニングをファミコン風に再現 挑むのはあの「ポートピア連続殺人事件」……!?
もちろん犯人は……。(2018/7/11)

組み込み開発ニュース:
迷宮入り殺人事件も解決したNECの6つの生体認証技術で新たな価値を編め
NECは同社の生体認証ブランド「Bio-IDiom(バイオイディオム)」に関する記者説明会を開催。生体認証事業関連の組織を増強し、いよいよグローバルでBio-IDiomを本格展開していく。同社が強みとする6つの生体認証技術やグローバルでの事例についても紹介した。(2018/4/19)

13日に向けてウキウキ! 殺人鬼ジェイソンの「12日の木曜日」を描いた投稿が「かわいい」「笑った」と話題に
明日に備えることは大事ですよね……!(2018/4/15)

「寿司を食わないと殺される」 謎すぎる“殺人寿司ゲーム”映画「ゲームマスター」DVD化プロジェクトが見事目標達成
監督は「ウルトラマンギンガS」の石井良和さん(2018/3/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
民泊事件で使われた、出会い系アプリ「Tinder」の実態
兵庫県三田市の女性(27)を殺害したとして、米国籍のヴァシリエヴィチ容疑者が逮捕された。容疑者と被害者が知り合ったのは「Tinder(ティンダー)」というアプリだったそうだが、こうした出会い系アプリを使うことでどんな事件が起きているのか。海外に目を向けると……。(2018/3/8)

犯人は名乗り出て! カオス漫画「もし全人類IQ1の世界で殺人事件が起こったら」がツッコミどころしかない
1コマごとに突っ込みたくなる。(2018/2/19)

日本テレビもAmazonオリジナルドラマ「チェイス」に抗議文 「倫理的にも著作権法的な見地からも到底看過できません」
2009年から2010年にかけ放送された「北関東連続女児殺害・行方不明事件」報道に内容が類似していると指摘。(2018/2/2)

Amazonオリジナルドラマ「チェイス」最終話が未配信で視聴ユーザーから不満の声 「続き見たい」「何もかもが中途半端」
新潮社「殺人犯はそこにいる」との類似が指摘されており、新潮社が配信停止を申し入れていました。(2018/1/28)

新潮社、Amazonドラマ「チェイス」配信中止要請 『殺人犯はそこにいる』と酷似
新潮社とジャーナリストの清水潔氏が、ドラマ「チェイス」の配信中止を求め、アマゾンジャパンなどに要請。チェイスは、新潮社が刊行する清水氏のノンフィクション作品『殺人犯はそこにいる』との酷似が指摘されている。(2018/1/18)

新潮社、Amazonオリジナルドラマ「チェイス」に配信中止申し入れ
清水潔さんの『殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』と内容が似ていると指摘されていました。(2018/1/18)

ゲームで腹を立て母親を射殺 米国で28歳男性、殺人容疑で逮捕
洒落にならない結果に。(2018/1/16)

Amazonオリジナルドラマのパクリ疑惑に共同プロデューサーが反省の弁 新潮社は関係を否定
「清水潔氏の著作『殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』が原作なのではないか」という問い合わせに新潮社がきっぱり否定。(2017/12/31)

Googleなど検索7社、自殺予防で連携強化 座間市の事件受け
Google日本法人やヤフーなど検索サービスを提供する7社は、座間市で起きた殺人事件を受けて臨時会合を開き、自殺予防に向けた連携を強化することを確認した。(2017/12/18)

このミス、本ミス、文春3冠! ミステリ界を揺るがした『屍人荘の殺人』をネタバレなしで解説する
何がそんなにすごいのか。(2017/12/9)

青少年ネット利用環境整備協議会が座間市の殺人事件を受け緊急提言 自殺の誘引行為などを禁止するよう求める
5つの提言がなされています。(2017/12/6)

LINE、Twitterなど「ネット自殺」対策強化へ 座間市の事件受け
LINE、Twitterなどが加盟する「青少年ネット利用環境整備協議会」が、ネット上で自殺を誘う行為を明確に禁止するなど、対策を強化。座間市での殺人事件を受け、加盟事業者に呼び掛ける。(2017/12/6)

あの殺人レコードをオーケストラが生演奏だと…? 「チャージマン研!」のライブシネマコンサート開催が決定
「よくもあんなキ○ガイレコードを!」(2017/12/1)

アカウント凍結「日本でもミスがあった」 TwitterのドーシーCEO、「改善に注力」
Twitterでは「身に覚えがないのに、Twitterアカウントを凍結された」と訴えるユーザーが増えているほか、加害者と被害者がTwitterで知り合ったとみられる殺人事件も起きた。来日したジャック・ドーシーCEOに、見解や対策を聞いた。(2017/11/20)

なぜ“北九州監禁殺人事件の息子”に取材できたのか 「ザ・ノンフィクション」チーフプロデューサーが語る、踏み込める理由
最近は「北九州連続監禁殺人事件」の加害者の息子を取り上げて大きな話題に。(2017/11/15)

犯人は誰だ? 殺人事件現場っぽい本のしおりがハンドメイドサイトに登場
ミステリー小説にぴったり。(2017/11/13)

ネオナチサイト「Daily Stormer」、Googleによるドメイン停止を受けダークWebへ
シャーロッツビルで殺害された犠牲者が「死んでよかった」などと書き、利用規約違反でGoDaddyとGoogle Domainから停止されたネオナチサイト「Daily Stormer」がTorネットワークで復活した。(2017/8/16)

Google Domains、白人至上主義サイト「Daily Stormer」のドメインを停止
米バージニア州で発生した極右団体とその反対派の衝突の中で殺害された女性について「彼女が死んで多くの人が喜んでいる」という記事を公開した白人至上主義サイト「Daily Stormer」が、ドメインを登録していたGoDaddyから追い出され、次に登録したGoogle Domainsからも数時間で登録をキャンセルされた。(2017/8/15)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第553話 殺人指令
こういうときはなぁ、中途半端じゃいけねぇ。親も子も、まとめて一切合切きれいにしねぇといけねぇんだ!(2017/7/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。