ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「殺人」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「殺人」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「言葉の凶器でメッタ刺し」――ネットの誹謗中傷、経験者の憤り
SNSでの誹謗中傷が社会問題となっている。過去にネット上のデマで殺人犯にされたスマイリーキクチさんや、住所をさらしあげられた川崎希さんは、「匿名の悪意」に強い懸念を示している。(2020/6/5)

たつき監督に殺害予告、容疑の男逮捕 ネット掲示板でほのめかす
アニメ「けものフレンズ」を制作した監督、たつきさんにネット掲示板で殺害を予告したなどとして、警視庁が京都府の男を逮捕した。アニメ声優への脅迫についても関連を調べる。(2020/6/4)

YouTube、警察の差別を研究・提言する非営利団体に100万ドル寄付
黒人男性が白人警官に殺害されたことで全米に抗議運動が広がる中、YouTubeが警察での人種的不正を研究し、改善を提言する非営利団体CPEに100万ドル寄付し、ユーザーにも寄付を呼び掛けた。(2020/6/1)

Google、「Android 11 β」のリリースとイベントを延期 「今は祝う時ではない」
Googleが6月3日に予定していた「Android 11」の一般向けβ1のリリースとそれを祝うオンラインイベントを延期する。理由は「今は祝う時ではない」としており、全米で拡大する黒人男性の白人警官による殺害についての抗議への配慮とみられる。(2020/5/31)

京アニ放火事件の青葉容疑者を逮捕、容疑認める
 昨年7月、京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都府警は27日、殺人容疑などで無職、青葉真司容疑者(42)=さいたま市見沼区=を逮捕した。調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めている。青葉容疑者は自らも重いやけどを負っており、入院して治療が続けられてきたが、府警は一定程度回復し、取り調べなどにも耐えられると判断した。殺人事件として平成以降で最悪の犠牲者を出した未曽有の事件は発生から約10カ月で大きな節目を迎えた。(2020/5/27)

SNSでの中傷で自殺に追いやる“指殺人” 世界でも問題視、法整備求める声も
ネット上で誹謗中傷を受けた芸能人などが自殺に追いやられてしまう事件が、世界で問題視されている。SNSへの書き込みで人を死に追いやることもあることから「指殺人」とも呼ばれ、法整備を求める声も上がっている。(2020/5/27)

芸能人“自撮り繋ぎ”浜辺美波、中村倫也、神木隆之介へ 池田エライザ&橋本環奈も参戦で「神リレー」と話題
映画「屍人荘の殺人」で共演した浜辺美波さん、中村倫也さん、神木隆之介の3人がそろう。(2020/4/16)

「今月の“13日の金曜日”は自粛することになりました」「在宅勤務をすることにした」 殺人鬼ジェイソンの決断が話題に
ジェイソンにも襲いかかるウイルスの恐怖。(2020/3/13)

全員で試行錯誤しながら埋めた「AI崩壊」の“穴” 大沢たかお、オリジナル脚本だからこその“不完全さ”を語る
「22年目の告白 -私が殺人犯です-」などを手掛けた入江悠監督が挑むオリジナル作品。(2020/2/1)

「伝説の建築家・中村青司の代表作」「絶海の孤島の7LDK」 今にも密室殺人が起きそうな「ブックドア不動産」の間取り図がすごい
ミステリ好きは「あっ」となる間取り。(2020/1/7)

トランプ米大統領の「イラン攻撃の議会への事前通告はツイートで十分」に批判高まる
ドナルド・トランプ米大統領が、連邦議会への事前通知なしにイラン司令官を殺害したことへの批判に対し、自分のアカウントでのツイートが通知代わりだとツイートした。イランへの攻撃を予告するようなツイートも連投しているが、Twitterは静観している。(2020/1/6)

「この画は怖すぎる」 あな番、赤池夫婦殺害シーンで西野七瀬が笑顔の“蔵出しショット”にファンざわつく
ホラー。(2019/9/14)

ポン・ジュノ監督「パラサイト」、予告編とポスター公開 オリジナルポスターとの違いに注目集まる
「殺人の追憶」「スノーピアサー」などで知られるポン・ジュノ監督。(2019/8/31)

スクエニのゲーム「星と翼のパラドクス」のイベント中止 運営チームに殺害予告
来場客の安全を最優先に考えて中止を決定したとしています。(2019/8/15)

木村文乃、「殺人分析班」シリーズ復活で“童顔”ショートヘア披露 「めちゃめちゃ可愛い」「似合いすぎ!」とファン絶賛
かわいいいいいいいい!(2019/8/14)

16話直前考察「あなたの番です」口角を上げている人と殺している人は別人説 不連続殺人事件の真相を推理
口角を上げているのは田中圭?(2019/8/11)

ドラマ「ハイロー ザ・ワースト」治安の悪さのインフレが止まらないよ! 「放火棟」「殺人棟」すごいネーミングの“絶望団地”
ハイローお馴染みのトンデモ設定炸裂。(2019/8/7)

15話直前考察「あなたの番です」黒島沙和生存説、田中哲司の正体、そもそもどうして交換殺人になったのか……一気に噴出した謎を推理
みんなで歌おう!「♪ぼくら理科の子科学の子」(2019/8/4)

17歳の少女が殺害され、遺体の写真がSNSに 米ニューヨーク州で
遺体写真の投稿を埋もれさせようと呼びかけるユーザーも。(2019/7/16)

「姉は人殺しなのではないだろうか」 連続殺人めぐる姉妹の疑惑を描くサスペンス漫画がゾクゾクする
読み終わったあとでまた読みたくなる。(2019/6/4)

ミステリーの殺人トリックでおなじみ「ピアノ線」、本当の主な用途は? → メーカーに聞いてみたらピアノでもなかった件
ピアノ線って名前なのに!(2019/5/18)

「FGO」ミステリーイベント「惑う鳴鳳荘の考察」、“イベント開催中”にノベライズ刊行決定 「虚月館殺人事件」と2冊同時に
2冊とも欲しい……。(2019/5/15)

「あなたの番です」犯人を徹底考察 赤池家殺害の犯人と「ジュリアに傷心」&ケーキの真相はこれだ
殺された人物の謎を徹底検証、黒幕までいないのではないか説。(2019/5/12)

「殺人鬼のノックが怖すぎ」「完全クリア1%以下」 下呂温泉の謎解きお化け屋敷「猟奇館」のプレイ動画が話題
完全クリア率は1%未満。(2019/5/5)

原田知世×田中圭「あなたの番です」初回からの大量登場人物とストーリーを完璧整理、交換殺人の真相に迫るポイントを推理してみた
誰も信じられないマンション住民たちをまとめてみました。(2019/4/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
Amazonベゾス不倫騒動と、サウジ記者殺害をつなげる「デジタル監視」の実態
米アマゾンのジェフ・ベゾスCEOの不倫疑惑が国際問題に発展しそうな気配が漂っている。個人的な情報が流出したことについて、ベゾス氏の捜査では「ある国」が関与した可能性を指摘。その背景には、サウジアラビア人記者殺害事件があって……。(2019/4/4)

「つけびして 煙り喜ぶ 田舎者」 「山口連続殺人放火事件」の裏側取材したルポ「つけびの村」書籍化決定
noteで公開され、大きな話題を呼んでいました。(2019/3/23)

悪意なく広める人も:
中高生の3割がフェイクニュース見破れず 「地震で京セラドームに穴」「フラッシュでマグロ死亡」など信用
中高生の26.3%が「フェイクニュース」にだまされた経験があることが、MMD研究所の調査で判明。「タレントのスマイリーキクチさんは凶悪殺人事件の犯人である」「沖縄・美ら海水族館で、カメラのフラッシュのせいでマグロが死亡した」などを信じた人もいた。(2019/3/13)

「名探偵コナン 科学捜査展カフェ」大阪にオープン 犯罪の香りがするオリジナルメニュー「硝煙ポテト」「現場検証ピザ」
ピザがいきなり殺人現場に。(2019/2/28)

アガサ・クリスティをオマージュしたミステリイベントが伊勢丹で開催 「オリエント急行の殺人セット」などコラボメニューの名前もユニーク
島田荘司さんら有名なミステリー作家が参加するイベントも。(2019/2/14)

おまえがサメになるんだよ! 「コマンドー・シャーク 地獄の殺人サメ部隊」日本上陸、若手サメ映画研究家の直談判きっかけ
何が始まるんです?(2019/1/17)

警視庁、「世田谷一家殺害事件」当時の発生現場をCGで再現 動画で公開し情報提供を呼びかけ
2000年当時の現場付近を3Dイメージで再現しています。(2018/12/18)

密室殺人だ → 壁ボコーン! →密室じゃなくなった 全てを力で解決する漫画『脳筋ワトソン』がよく見ると何も解決してない
一緒に行動するのやめよう。(2018/11/22)

『殺人犯はそこにいる』との酷似指摘、Amazonドラマ「チェイス」製作会社が謝罪
Amazonプライムのドラマ「チェイス」が、『殺人犯はそこにいる』と酷似しているとし、作者の清水潔氏と版元の新潮社が、製作会社などに対して配信中止を求めていた問題で、製作会社が謝罪文を公表。清水氏と新潮社はこれを受け入れた。(2018/11/14)

世界を読み解くニュース・サロン:
「人肉レストラン」一気に拡散 フェイクニュースにだまされる大人たち
「ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚」。こんな記事が配信された。うそだったのだが、このフェイクニュースは広く拡散してしまった。すぐ身近にあるフェイクニュースにだまされないためにどうすればいいのか。米カリフォルニア州の取り組みが参考になる。(2018/11/8)

早期解決求める:
SB孫社長、サウジ人記者殺害に言及「あってはならない事件」 共同ファンドは継続へ
ソフトバンクグループの孫正義社長が決算会見に登壇。サウジ人記者ジャマル・カショギ氏が殺害された事件について「決してあってはならない、大変に悲惨な事件だ」などとコメントした。サウジ政府系ファンドとの投資事業は、当面は継続する方針。(2018/11/5)

ソフトバンクの孫社長、サウジの経済会議での講演を取りやめ──Wall Street Journal
サウジ政府に批判的なジャーナリスト殺害疑惑で欠席が目立つリヤドの経済会議「Future Investment Initiative」で、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長も講演を取りやめたとWall Street Journalが報じた。(2018/10/24)

サウジ記者殺害問題、政府系ファンドと関係のソフトバンクの出方は?
サウジアラビア人記者殺害疑惑で、多数の企業幹部がサウジで開催の経済会議への欠席を表明する中、Vision Fundで政府系ファンドと関係のあるソフトバンクの孫社長の出方に注目が集まっている。(2018/10/19)

「ぼくもう殺人事件に関わりたくないんだ!」 名探偵の息子として生まれた子どもの日常漫画が穏やかじゃない
事件を引き付ける名探偵の子どもとして生まれた性。(2018/10/11)

「チャージマン研!」あのレコードがまさかの商品化 2018年版「殺人レコード恐怖のメロディ」収録でジュラル星人もにっこり
(2018/10/5)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
「無敵の人」問題 ネットからリアルへ波及した事件について、謝罪と炎上の専門家が議論
謝罪マスターと炎上専門家による対談の最終回。Hagexさん殺害問題についても触れます。(2018/9/27)

「クライマックスはもちろん崖」 船越英一郎、“本人役”で容疑者になるドラマ「船越英一郎殺人事件」放送決定
完全に面白いやつだこれ!(2018/8/1)

恋愛ものになってるやん! 殺人鬼ジェイソンが楽しむ平成最後の「12日の木曜日」を描いた投稿がただのリア充
お相手の女性はあのホラーの方です。(2018/7/15)

「古畑任三郎」のオープニングをファミコン風に再現 挑むのはあの「ポートピア連続殺人事件」……!?
もちろん犯人は……。(2018/7/11)

組み込み開発ニュース:
迷宮入り殺人事件も解決したNECの6つの生体認証技術で新たな価値を編め
NECは同社の生体認証ブランド「Bio-IDiom(バイオイディオム)」に関する記者説明会を開催。生体認証事業関連の組織を増強し、いよいよグローバルでBio-IDiomを本格展開していく。同社が強みとする6つの生体認証技術やグローバルでの事例についても紹介した。(2018/4/19)

13日に向けてウキウキ! 殺人鬼ジェイソンの「12日の木曜日」を描いた投稿が「かわいい」「笑った」と話題に
明日に備えることは大事ですよね……!(2018/4/15)

「寿司を食わないと殺される」 謎すぎる“殺人寿司ゲーム”映画「ゲームマスター」DVD化プロジェクトが見事目標達成
監督は「ウルトラマンギンガS」の石井良和さん(2018/3/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
民泊事件で使われた、出会い系アプリ「Tinder」の実態
兵庫県三田市の女性(27)を殺害したとして、米国籍のヴァシリエヴィチ容疑者が逮捕された。容疑者と被害者が知り合ったのは「Tinder(ティンダー)」というアプリだったそうだが、こうした出会い系アプリを使うことでどんな事件が起きているのか。海外に目を向けると……。(2018/3/8)

犯人は名乗り出て! カオス漫画「もし全人類IQ1の世界で殺人事件が起こったら」がツッコミどころしかない
1コマごとに突っ込みたくなる。(2018/2/19)

日本テレビもAmazonオリジナルドラマ「チェイス」に抗議文 「倫理的にも著作権法的な見地からも到底看過できません」
2009年から2010年にかけ放送された「北関東連続女児殺害・行方不明事件」報道に内容が類似していると指摘。(2018/2/2)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。