ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「N903i」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「N903i」に関する情報が集まったページです。

FOMA初の「VGA+液晶」搭載 地域限定色もあったハイスペックケータイ「N903i」(懐かしのケータイ)
NTTドコモのハイエンドFOMA、903iシリーズの1つとして登場した「N903i」。FOMA端末では初めてVGAクラスの解像度の液晶を搭載し、高い表現力を持つ折りたたみケータイでした。(2017/10/22)

「N905i」「N905iμ」の“ここ”が知りたい(1):
“全部”VGAフォントになった?――「N905i」「N905iμ」
NECのNTTドコモ端末は「N903i」でいち早くVGA液晶を採用したが、VGAフォントの採用は一部機能に限られていた。「N905i」「N905iμ」では全面的にVGAフォントとなり、文字がなめらかになっている。(2007/12/8)

「N904i」の“ここ”が知りたい(2):
不在着信通知ランプは付いているのか?――「N904i」
「N903i」ではアシストキーを押さないと確認できなかった不在着信と新着メールの有無。「N904i」ではどのような仕様になっているのだろうか?(2007/5/17)

「N904i」の“ここ”が知りたい(1):
「N903i」「N703iD」「N703iμ」と違う点は――「N904i」
世界的デザイナーとNTTドコモ、そしてNECによる3者コラボモデル「N904i」。3インチワイドVGA液晶を搭載し、HSDPAに対応するなど話題豊富な新端末と、現行“N”端末の違いをまとめた。(2007/5/16)

サマンサタバサとコラボの「N903i」、3月1日に発売
ドコモ関西が企画した、サマンサタバサコラボの「N903i」が3月1日から店頭に並ぶ。ボディカラーはプラチナピンク。(2007/2/20)

「N703iD」の“ここ”が知りたい(1):
「N903i」と、どう違うのか──「N703iD」
「N703iD」は、ハイエンドモデル「N903i」のソフトウェアをベースに開発したモデル。比べてみると、N703iDのほうが機能面で進化したところもあった。(2007/1/24)

ドコモ関西、N903iの「サマンサタバサ」コラボモデルを限定販売
NTTドコモ関西は、「STNY by Samantha Thavasa」とコラボレーションしたN903iの新色、プラチナピンクを発表した。販売は関西エリア限定で、2月1日から予約を開始する。(2007/1/19)

「N903i」にiチャネルの不具合──ソフトアップデートで修正
ドコモは1月15日、NEC製のFOMA端末「N903i」にiチャネルが更新されなくなる不具合があると発表した。不具合を修正するソフトウェアアップデートを実施する。(2007/1/15)

903iの“ここ”が知りたい「N903i」編(3):
VGA+ディスプレイが生きる機能は――N903i
N903i最大の特徴と言えば、NTTドコモ初となるVGA+(460×690ピクセル)ディスプレイの搭載だ。高解像度ディスプレイを利用できるアプリや、その使い勝手、利点についての質問が寄せられた。(2006/12/25)

渋谷109での“Nケータイ”イベントに「Popteen」人気モデルが登場
NECは、12月9日・10日に渋谷109で「N903i」体験イベントを実施する。会場には雑誌「Popteen」の人気モデルも登場予定だ。(2006/12/5)

VGA+の迫力を体験しよう──NECが全国で「N903i」体験イベント
NECが、全国8都市でVGA+液晶を搭載した「N903i」のタッチ&トライイベントを実施する。期間は12月2日から12月22日まで。(2006/12/1)

N903iブラック、“消灯時背面液晶表示なし”は仕様──NECがアナウンス
NECはN903iジェットブラックカラーユーザー向けに背面液晶に関する告知を行った。ハーフミラーパネルのため、バックライト消灯時は背面液晶を表示しない仕様としたとしている。(2006/11/20)

「N903i」開発者インタビュー(後編):
デザインも機能も“正常進化”――開発陣に聞く「N903i」
N903iのデザインや機能は、基本的に前モデルのN902iSを踏襲しながら細部を進化させている。前モデルでは見送られたポイントを改善することで「手に持って違いの分かる」端末に仕上げたという。(2006/11/17)

jigブラウザが「N903i」「D903i」「F903i」に対応
jig.jpは、フルブラウザiアプリの「jigブラウザ」をドコモの「N903i」「D903i」「F903i」に対応させた。N903iのVGAやF903iのスイング連動に対応する。(2006/11/16)

VGA+ディスプレイ搭載のN903i発売──新規は3万円台前半
解像度480×690ピクセルのVGA+液晶ディスプレイを搭載し、手ブレ補正付き動画撮影も行えるNTTドコモのFOMA端末「N903i」が店頭に並んだ。新規契約の価格は3万円台前半。(2006/11/14)

「N903i」開発者インタビュー(前編):
「ウチだけだったので驚いた」――開発陣に聞く「N903i」のVGA+ディスプレイ
903iシリーズで唯一、VGAクラスのディスプレイを搭載するNEC製のFOMA端末「N903i」。同社開発陣に、VGA+(480×690ピクセル)という高解像度ディスプレイを採用した狙いを聞いた。(2006/11/10)

ドコモの「D903i」「F903i」「N903i」がモバイルSuicaに対応
ドコモの新機種、「D903i」「F903i」「N903i」がモバイルSuicaに対応した。(2006/11/9)

高精細な表現を可能にした「VGA+液晶」搭載――「N903i」は11月14日発売
これまでのQVGAに比べドット数が4倍以上となるVGA+液晶、従来の手ブレ補正機能をさらに強化したAF付きの有効300万画素CMOSを搭載した、NEC製の折りたたみ端末「N903i」が11月14日に発売される。(2006/11/9)

903iの“ここ”が知りたい「N903i」編(2):
不在着信お知らせはあるか──「N903i」
不在着信お知らせや、設定できる文字サイズの種類、逆トグルボタンの割り当てなど、使い勝手について従来機種ユーザーが気になる点を調べてみた。(2006/11/8)

903iの“ここ”が知りたい「N903i」編(1):
microSDカードスロットはどこ?──「N903i」
N902iSのデザインを踏襲し、VGA+液晶ディスプレイや動画手ブレ補正を搭載した「N903i」。読者からは、外部メモリや端子の位置などN902iSとの違いについての質問が寄せられた。(2006/11/2)

京セラ製「W51K」、そして謎の端末「FOMA D-PROTO1」がJATE通過
KDDIの次期モデルの1つと予想される京セラ「W51K」、そして三菱電機による謎のFOMA端末「FOMA D-PROTO1」がJATEを通過した。そして、近日の登場が予想されるドコモの新モデルのうち「N903i」と「SIMPURE N1」も同じく認定を受けた。(2006/10/16)

写真で解説する「N903i」
N903iは、480×690ピクセルのVGA+サイズ液晶を搭載したハイエンドFOMA端末だ。QVGA(240×320ピクセル)の4倍以上の解像度で、フルブラウザやドキュメントビューワを利用できる。(2006/10/12)

解像度480×690の2.5インチVGA+液晶、手ブレ補正機能を強化――「N903i」
NEC製の「N903i」は、ドコモの音声端末としては初の2.5インチVGA+液晶を装備したハイエンドFOMA。新たに静止画6軸、動画4軸の手ブレ補正に対応した「ウルトラデジタル手ブレ補正」も搭載。(2006/10/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。