ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ノロウイルス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ノロウイルス」に関する情報が集まったページです。

組み込み開発ニュース:
超微小量センシング技術で「見える化」、Society 5.0の構築に貢献
NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)は、未来社会「Society 5.0」の構築に貢献する超微小量センシング技術に関して、4つの研究テーマを採択した。これまで活用できなかった超微小な測定量を「見える化」し、新しいサービスの創出を目指す。(2019/5/31)

エコカー技術:
バイオ燃料の安定大量生産へ、デンソーとユーグレナが微細藻類を持ち寄る
ユーグレナとデンソーは2019年2月20日、東京都内で会見を開き、微細藻類に関するさまざまな事業の実用化に向けて、包括的な業務提携を結ぶことで基本合意したと発表した。提携を通して、バイオ燃料や微細藻類の培養技術の開発、食品や化粧品などへの藻類の応用、微細藻類による物質生産に協力して取り組む。(2019/2/22)

「乳児に与えてはいけない食材」まとめ画像がパパママ必見 医師や栄養士も内容確認済み
その離乳食、本当に大丈夫?(2017/4/22)

山のような情報を分類し、重要なインシデントから効率よく対応するために:
PR:「ServiceDesk Plus」が実現する効率的なインシデント対応体制とは
頭では分かっていても、目の前の業務やインシデント対応に忙殺されていると、ついないがしろになるのが「記録」「報告」「連絡」のタスクだ。しかしその体制がしっかりしていないと、かえって余計な手間と時間がかかることになる。ITサービスマネジメントソフトウェア「ServiceDesk Plus」の活用によって、効率的なインシデントレスポンス体制を実現できるのをご存じだろうか。(2017/3/31)

産総研 モバイル遺伝子検査機:
片手で持ち運べる小型遺伝子検査機、バッテリー駆動にも対応
産業技術総合研究所は、日本板硝子、ゴーフォトンと共同で「モバイル遺伝子検査機」を開発した。片手で持ち運べるほど小型軽量で、約1時間を要していた細菌やウイルスの検出が約10分で可能に。バッテリー駆動するので検査場所も問わない。(2017/3/14)

ノロウイルス集団感染を起こしたのり製品がリコールに 小学校などで1000人超の被害者
和歌山県、東京都で給食に使われ、大規模な食中毒感染を起こしていました。(2017/3/1)

医療機器ニュース:
片手で持ち運べる小型遺伝子検査機を開発
産業技術総合研究所は、日本板硝子、ゴーフォトンと共同で「モバイル遺伝子検査機」を開発した。片手で持ち運べるほど小型軽量で、約1時間を要していた細菌やウイルスの検出が約10分で可能に。バッテリー駆動するので検査場所も問わない。(2017/2/22)

くにさきOYSTERの挑戦:
なぜヤンマーはカキ養殖に取り組むのか?
産業機械メーカーのヤンマーがカキの養殖に取り組んでいる。しかも産地は、これまでカキの生産実績がなかった大分県国東市だ。ヤンマーがカキ養殖に乗り出した理由、そこにはある男の強い思いがあったのだ。(2017/2/8)

医療機器ニュース:
ウイルス粒子を光と動きで検出するバイオセンサーを開発
産業技術総合研究所は、「外力支援型近接場照明バイオセンサー」を開発した。夾雑物を含む試料中のごく少量のバイオ物質を、夾雑物を除去しなくても高感度に検出でき、ウイルス感染予防への貢献が期待される。(2017/1/10)

PR:【動画あり】UVランプでダニがヨロヨロに!?――レイコップの最新研究成果とは
ふとん掃除機という製品分野を生み出し、市場を作り上げたといっても過言ではないレイコップだが、最近の研究でUV-C照射によるダニへの効果について新しい発見があったという。(提供:レイコップ・ジャパン株式会社)(2016/12/5)

飲食店での現金取り扱いに潜むリスク
北欧および北米で非現金決済へのシフトが急激に進んだ理由は、セキュリティとコスト、そして衛生面だ。特に最後の理由は潔癖症大国・ニッポンでも無視できないものになろう。(2016/10/21)

トイレの後に手を洗わない人は15% 消費者庁調査
ノロウイルスによる食中毒が多発する季節に向け、手洗いを呼びかけています。(2015/11/14)

上場で研究開発を加速:
“あたらない”カキは作れるのか? オイスターバー最大手の挑戦
生ガキなどを提供するオイスターバーの市場が日本で急拡大しているのをご存じだろうか。過去5年間の平均成長率は11%を超える。そのけん引役として今年3月にマザーズ上場を果たしたのがヒューマンウェブだ。ただし、ここまでの道のりは決して楽なものではなかったという。(2015/5/27)

田中淳子の“言葉のチカラ”(3):
あなたは“腐ったミカン”です
風邪で体調が悪いのに仕事をしていた田中さんは、上司に「帰れ!」と命令されてしまう。「腐ったミカン」とまで言って彼女を追い返した上司の真意とは?(2014/2/10)

インフルエンザ・ノロの流行と検索数の関係は? ヤフーがビッグデータ分析公開
Yahoo!JAPANの検索データを利用したインフルエンザの感染状況と拡大予測リポートを同社が公開。検索数の増加に伴って患者数が増え、全国的に流行が広がっていく様子が分かるという。(2014/1/23)

東京都でノロウイルス等の感染性胃腸炎の流行警報
手洗いなどで予防対策を。(2013/12/6)

嘔吐ロボットが登場 ノロウイルス感染対策に貢献
嘔吐するロボット「Vomiting Larry」(嘔吐のラリー)が英国で開発された。ノロウイルスの感染対策に貢献しているという(2013/1/16)

9月1日は防災の日:
防災グッズに加えるべき「感染症対策のための三種の神器」とは?
防災の日を機に、家庭用の防災用品を整えている人も多いのでは。GHCでは東日本大震災の経験を踏まえ、災害発生時に感染症を防ぐための3種の神器を防災用品に加えてほしいと呼びかけている。(2012/8/31)

「すき家」アルバイトのTwitter発言をゼンショーが謝罪 「肉鍋に異物混入」の事実なしと
「すき家」のアルバイト従業員を名乗る人物が肉の鍋に異物を入れたなどとTwitterに投稿して騒ぎになり、ゼンショーが従業員を特定した上で「異物混入の事実がないことを確認した」と発表、謝罪した。(2012/2/18)

あなたの隣のプロフェッショナル:
ユッケだけではない、食のプロが警鐘を鳴らす生食の危険性――樂旬堂坐唯杏、武内剋己さん
焼肉酒家えびすでの、ユッケによる食中毒事件発覚から1カ月。O−111に起因するこの事件の被害者は死者4人におよんでいる。生牛肉に限らず、生食にはどのような危険性があるのか。数年前から警鐘を鳴らし続けてきた樂旬堂坐唯杏の総料理長&CEOである武内剋己氏に詳しく尋ねた。(2011/6/3)

「カキを盛り上げたい」――応援歌をYouTube公開
ノロウイルスの風評被害で打撃を受けたカキの消費を盛り上げたいと、「カキのうた」が作られた。歌に合わせた動画もYouTubeで公開。2カ月弱で6万回以上再生されている。(2007/12/25)

水でノロウイルスを撃退――三洋が検証結果を報告
三洋電機は1月17日、同社が加湿器や空気清浄機などに展開している電解水技術が、ノロウイルスの抑制に高い効果があるという検証結果を報告した。群馬県衛生環境研究所との共同研究によるもの。(2007/1/17)

「男おやつ」「愛ルケ」も予測変換 ATOKに2006年の流行語辞書
(2007/1/9)

ジャストシステム、ATOK 2006向けの“goo流行語辞書”を無償提供開始
ジャストシステムは、2006年度の流行語を収録した省入力辞書「goo流行語辞書2006年キーワード編 for ATOK」の無償ダウンロード提供を開始した。(2007/1/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。