ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「織田裕二」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「織田裕二」に関する情報が集まったページです。

織田裕二主演の連続ドラマ「IQ246〜華麗なる事件簿〜」10月放送開始 超遺伝頭脳の名門貴族ってかっこよすぎ
ディーン・フジオカさん、土屋太鳳さん、中谷美紀さんの名前も。(2016/8/26)

ネット死語:「キタ――(゚∀゚)――!!」の元ネタ、知ってる?
(2016/3/1)

織田裕二さん4年ぶり映画出演 「ボクの妻と結婚してください。」2016年公開
吉田羊さん、原田泰造さんらが出演。(2015/11/18)

ミステリーが上位を席巻――hontoの9月月間ランキング
ランキングは紙の書籍と電子書籍の販売データを基に作成したもの。(2014/10/7)

明日を変える働き方:
仕事に「大きい、小さい」はあるか
仕事におけるマネジメントの原則として「仕事の大きい小さい」は、なくては困ります。大きな目標に向かって小さな仕事を積み上げていく。優先順位があるからこそ、ときには比較的重要度が低い仕事を切り捨て、戦略的に動くことができます。(2014/9/16)

NTTドコモの20年(前編:1992〜2002):
PR:「携帯電話」から「ケータイ」へ 電話をコンピュータに変えたドコモ
2012年7月、NTTドコモは創業から20周年を迎えた。自動車電話や無線呼出サービス、携帯電話などをNTTから譲受して始まった移動通信事業だが、この20年で同社が提供する機器とサービスは大きな変貌を遂げた。まずは1992年〜2002年までの前半10年をITmedia Mobile前編集長の斎藤健二と現編集長の園部修が振り返る。(2012/7/24)

ふぉーんなハナシ:
スマホで復活して欲しい“超”個性派端末たち――続々・2Gケータイの思い出
ドコモの「ムーバ」終了に合わせてITmedia +D Mobileが募集した“2Gケータイの思い出”。最終回はかつての超個性派ケータイや、今では無くなってしまったサービスや周辺機器を振り返ります。(2012/5/9)

中小企業の活力を高めるIT活用の潮流:
赤字の腕時計修理事業を立て直したカイゼン活動の舞台裏
ROLEXなど高級ブランド時計の修理を請け負う共栄産業は、国内でも有数の技術力を誇る。ところが、かつての修理部門は毎月200万円の赤字を出し、技術者の業務統制もとれていなかったという。(2011/2/25)

結婚アドバイザーに聞く、結婚のお世話をしたい芸能人は誰?
結婚のお世話をしたいと思う芸能人は誰ですか? 結婚相談所で婚活中の男女にアドバイスをする人に聞いたところ、男性芸能人ではNHK大河ドラマで活躍した「福山雅治」さんがトップだった。オーネット調べ。(2010/12/9)

トイ・ストーリー3にあって、踊る大捜査線 THE MOVIE3にないもの
現在上映されている『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』と『トイ・ストーリー3』。どちらもシリーズ3作目だが、観客の評価は分かれているようだ。そこでトイ・ストーリー3にあって、踊る大捜査線 THE MOVIE3にないものを考えてみた。(2010/8/12)

吉田典史の時事日想:
もし『踊る大捜査線』の青島刑事が上司だったら
テレビや映画で『踊る大捜査線』のシリーズを見たことがある人も多いはず。現在上映されている映画では、織田裕二さん演じる青島刑事が出世し、部下を持つことに。そこで「もし青島刑事が上司だったら……」と考えてみた。(2010/7/30)

「踊る大捜査線」DSでゲーム化――劇場版3作目へと繋がる“潜水艦事件”とは?
フジテレビの人気ドラマ「踊る大捜査線」がニンテンドーDSでゲーム化。映画に名前だけは登場した潜水艦事件の真相が明らかになる。(2010/5/7)

ふぉーんなハナシ:
“SMAPと一緒にソフトバンクへCome On!”なCM、8月1日からオンエア
6月26日に開催されたソフトバンクモバイルのiPhone 3GS発売イベントで明らかにされた新ブランドキャラクター、SMAPを起用したテレビCMが8月1日から始まる。8月1日18時59分には、全国のテレビをSMAPとソフトバンクがジャックする。(2009/7/29)

「アマルフィ ビギンズ」発表:
「映画のおまけではない」と織田裕二――フジが作る“破格”の携帯動画
フジテレビ50周年記念映画「アマルフィ 女神の報酬」と連動して配信されるドコモ端末向け動画「アマルフィ ビギンズ」。携帯動画のプロモーションとしてドコモが“破格の制作費”を出したという同作品、出演した織田裕二さんもそのクオリティに自信を見せた。(2009/4/30)

「ローゼン麻生」「キター!!」「アキバ系」 流行語大賞候補に
「ローゼン麻生」「キター!!」「アキバ系」「あなたとは違うんです」――今年の流行語大賞候補60語が決まった。(2008/11/11)

ヒライタケシの「投げる前から変化球」(その3):
今夜は真摯にネガティブトークをしようじゃないか
ヒライタケシの「投げる前から変化球」第3回目をお届けしよう。今回は「モバゲー」を1人で作ったディー・エヌ・エーの川崎修平氏を招き、若き技術者へモノ申す? ともにスペランカーが大好きな2人が、どのような会話が展開するのか……。(2008/10/17)

「auの庭」嵐のカレは……:
ドラマで使われるケータイたち 2008年夏──ソフトバンクモバイル+月9編
ドラマで活躍する俳優ではなく、“ケータイ”をチェックする「ドラマで使われるケータイたち」。今回は夏クールのドラマのうち、ソフトバンクモバイルと、ケータイ会社がスポンサーについていないドラマをチェックした。(2008/9/13)

+D Style News:
“青島刑事”の腕時計再び――「コマンド クロノ 70725復刻モデル」
ウェンガーが日本での腕時計販売10周年を記念して、「コマンド クロノ 70725復刻モデル」を発表。映画「踊る大捜査線 THE MOVIE」で青島刑事の腕を飾った旧モデルの記憶が蘇る。(2008/7/3)

他社に比べて、どこがどう安いのか――ドコモが新料金体系と新販売方式を改めて説明
加入初年度から基本料金を50%割り引く「ファミ割★MAX50」「ひとりでも割★50」、分離プランとして導入した「バリューコース」、全部入りの905iシリーズなど矢継ぎばやに投入したサービスや端末が好調なドコモ。販売現場を率いる営業・販売担当部長が、冬商戦の動向と、競合他社に対する強みについて改めて説明した。(2007/12/25)

ビールが似合う有名人、男性1位は香取慎吾、女性1位は……
「通常のビールとプレミアムビールの違いとは?」「ビールが似合う有名人は?」ビール好き382人に行ったアンケートで、名前が挙がった女性は“あの人”だった。(2007/9/6)

あの、ブランドケータイを使っているキャストは誰?──ドラマで使われるケータイたち 2007年春夏「ドコモ」編
現代人の必須ツールであるケータイは、テレビドラマの中でも欠かせないキーアイテム。春夏クールのテレビドラマでどの携帯が使われているかをチェックした。第1回はドコモ編だ。(2007/6/4)

Mobile Weekly Top10:
インセンティブモデル、“短期間で機種変する人が得”なのか
インセンティブモデルの是非が問われる中、“短期間で機種変更する人が得をしている”という論調が高まっている。KDDIの小野寺正社長は「必ずしもそうとは言えない」とコメントした。(2007/5/10)

新作DVD情報:
エリート公務員の改革エンターテイメント――「県庁の星」
織田裕二、柴咲コウの共演で桂望実の同名小説を映画化。三流スーパーの改革と、人間の心の改革、さらには地方行政の改革まで詰め込んだ、人情味たっぷりの一大エンターテイメント!(2006/10/2)

Mobile&Movie 第201回:
県庁の星「私から言ったの」
映画の中に登場する“モバイル製品”をご紹介する「Mobile&Movie」。今回は、織田裕二がエリート公務員に扮する「県庁の星」をご紹介。1本の電話が男の生き方を変えていきます。【ネタバレ注意】(2006/3/3)

IT戦士、クビ:
今年はヤツも来ないのね──寂しい5年めの線メリ
今年もこの季節がやってきた。2005年版「線メリ」に“あの人”の起用はあったのか? はたまたクビになってしまったのか。(2005/11/18)

新作DVD情報:
「踊る」の世界にどっぷり浸る――「踊る大捜査線 コンプリート DVD-BOX」
織田裕二主演の刑事ドラマの金字塔「踊る大捜査線」。連続ドラマ、スペシャルドラマ、劇場版、舞台までシリーズを網羅した16枚+特別編集DVDがついにコンプリートBOXとして登場!(2005/11/7)

織田裕二が歌う世界陸上イメージソングを着うた配信
(2005/8/3)

交渉人 真下正義はDEFCONで“踊る?”
映画「交渉人 真下正義」の完成披露会見が行われ、主役のユースケ・サンタマリアさんを始め水野美紀さんや小泉孝太郎さんらが登場。劇中で実際に使用されたPCも展示されたが、それを見てみると……真下はDEFCON参加経験アリ?(2005/4/14)

アサヒビール、伊原剛志・遠藤久美子ら出演のショートフィルム「PLAY BALL!」配信開始
THE SUPER DRY FILMS第2弾は草野球を舞台に情熱あふれる男たちの活躍を描いた痛快作「PLAY BALL!」。(2004/9/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。