ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「オノデン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オノデン」に関する情報が集まったページです。

秋葉原の10年前から現在の変化に驚きの声 「本当に同じ場所?」「石丸電気懐かしい」
いたる場所で「でじこ」が目立っていたあのころ。(2017/12/22)

あの頃に戻りたい:
学生ならELACやAuraを大幅値引き!――ユキム&オーラデザインの新しい試み
ユキムとオーラデザインジャパンは、4月1日から学割サービスを開始する。学生が対象店舗で購入すれば、35%オフもしくは25%オフ+10%分のポイントという大幅値引き。(2015/3/27)

秋葉原を今後どう盛り上げるべきか 「クール・ジャパン地域オープンミニシンポジウム」
東京・秋葉原で開催される「クール・ジャパン地域オープンミニシンポジウム」をライブ配信する。オノデンの小野一志社長、産学連携推進機構の妹尾堅一郎理事長らが、秋葉原の文化や産業、海外から見た魅力をディスカッションし、秋葉原の今後の方向性を考える。ファシリテーターはモエ・ジャパンの福嶋麻衣子代表取締役。配信は3月5日16時0分〜。(2012/3/2)

2010年アキバまとめ(ホコ天編):
絶望視された「アキバ歩行者天国」復活の裏側
1月23日から、アキバの歩行者天国が試験的に復活し、毎週日曜日は中央通りを自由に歩けるようになる。2011年の出来事となるが、決定したのは昨年だ。この復活劇を2010年まとめの最終編としたい。(2011/1/6)

節電しにくい電力を再利用:
アキバのPCで米作り 100台の利活用がスタート
東京の秋葉原で、家電量販店の展示PCを国際的な米作りの研究に役立てるキャンペーンが始まった。節電しにくい展示PCの電力を別の用途に生かす活動だ。(2008/6/30)

日本IBMが主導:
アキバの展示PC、栄養価の高い稲の開発に寄与
秋葉原の展示PCの処理能力を集めて巨大な演算能力を提供するキャンペーンを日本IBMが始める。(2008/6/19)

Windows Vista深夜販売 総括:
結局“バブル”だったのか?――Ultimate α、並ばずに買えました
Windows Vistaの発売が始まった。ユーザーにとってはアキバの深夜販売史上でも類を見ない“美味しい”イベントとなったが、果たしてショップの採算は?(2007/1/30)

妄想クリエイター集団「宙プロ」に迫る
なんでもWeb2.0化する「Web2.0ジェネレーター」や、代官山をオタクショップで満たした地図――「宙プロ」は、飲んだくれながら愉快でニッチなコンテンツを作る。(2006/5/12)

日はまた昇る アキバに──「秋葉原UDX」が開業
本日9日、秋葉原再開発地区の重要拠点「秋葉原UDX」が開業した。オープニングセレモニーには石原都知事や細田国会対策委員長らが出席し、「新たな首都圏の衛星都市に」と近未来の秋葉原そして日本全体への影響も含めた重要性を説いた。(2006/3/9)

Weekly Access Top10:
おバカパーツメーカーの術中にはまる
先週のランキングは、アキバねたにおバカ、そしてそろそろ年賀状シーズンかと思わせるプリンタ新モデルレビューなどが入った。(2005/11/9)

半月で予兆、早くも──“別の街”に変化していく秋葉原とアキバ
先月16日、国内最大規模の家電量販店「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」が秋葉原駅前にオープンし、半月が経過した。この巨大店舗の登場にアキバの既存ショップやユーザーは、早くも秋葉原という街の変化を感じているようだ。(2005/10/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。