ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「太田洋」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「太田洋」に関する情報が集まったページです。

映像活用新時代:
PR:4K/8K、IoT、AIの時代、映像が社会に与えるインパクトと悩ましい問題
映像の、デジタルデータとしての管理は急速に進んでいる。さらに最近では、デジタル管理に加え、AIの適用も始まりつつある。映像の高精細化とAIが合わさると、従来はできなかったこと、想像もしなかったようなことが次々に実現、社会に大きなインパクトを与えるようになる。こうした映像活用の新時代には、新たな課題が生まれる。(2017/11/13)

【CASE STUDY】LeadGen. Qualify 活用事例|アイティメディア:
PR:質の高いリード獲得に営業担当者も大興奮 新たな需要発掘へ“想定外の気付き”も提供
オブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HyperStore」を提供するクラウディアンが「TechTargetジャパン」と「キーマンズネット」の「LeadGen. Qualify」を選んだ理由とは?(2017/3/31)

車種を自動判別、最適な屋外広告を表示 AI活用 電通、クラウディアンなど4社が開発
クラウディアン、電通、スマートインサイト、Quanta Cloud Technology Japanの4社は、屋外広告(デジタルサイネージ)にAIを活用し、車種ごとに最適な広告を配信することを可能にしたと発表。(2016/10/13)

知らないなんて言えないNoSQLまとめ(5):
ドキュメント指向のNoSQLデータベース(CouchDB、MongoDB)編
連載ではNoSQLを特性から分類して、主要プロダクトの特性を紹介してきました。今回は、利用者も多いドキュメント指向NoSQL2つを見ていきましょう。後半では連載全体の「まとめのまとめ」も。(2013/3/27)

知らないなんて言えないNoSQLまとめ(4):
グラフ型NoSQLデータベース(Neo4j、InfiniteGraph)編
カラム型、キーバリュー型と比較してあまり知られていないグラフ指向のデータベースはどんな使い方ができる? 主要プロダクトを見てみよう。(2013/2/8)

知らないなんて言えないNoSQLまとめ(3):
カラム指向型データベース(HBase、Hypertable、Cassandra)編
カラム(列)指向データベースは大量データ分析などのニーズが増えていることから、注目を集めつつあります。ここで、ざっと各プロダクトごとの特徴をおさらいしておきましょう。(2013/1/11)

知らないなんて言えないNoSQLまとめ(2):
イネーブラ型NoSQLのまとめ(Memcached、Redis、Scalaris、Tokyo Cabinet/Tyrant編)
「あぁ、知ってるよ。アレね」と言っておきたいNoSQLプロダクトの特徴をざっと紹介。今回はオンメモリもオンディスクもひっくるめて「イネーブラ型」のメジャーどころを紹介していく。(2012/11/19)

知らないなんて言えないNoSQLまとめ(1):
KVS系NoSQLのまとめ(Hibari、Dynamo、Voldemort、Riak編)
エンジニアとして「知らない」とは言えない空気が漂うNoSQL界隈……。いろいろあるけども何がどう違うのか、主要プロダクトの特徴をコッソリ自習しよう。第1回はKVS系NoSQLの中から、マスタ型、P2P型に分類されるものを紹介していく。(2012/11/5)

S3の「エコシステム」をフル活用:
日本発、S3互換クラウドストレージ構築パッケージ「Cloudian」
S3 API互換で、サービス開発向けの独自機能を多数用意したクラウドストレージ構築パッケージ「Cloudian」。大手での採用事例をフックにグローバル展開を目指す(2012/10/29)

石川温・神尾寿の「モバイル業界の向かう先」:
第11回 マイクロソフト 梅田成二氏――シンプルなデータシンクロサービスも投入したい
業界のキーパーソンと、ジャーナリストの石川温氏、神尾寿氏が携帯業界についてざっくばらんに語るモバイル鼎談。第11回では、マイクロソフト モバイル&エンベデッドデバイス本部部長の梅田成二氏に、Windows Mobileの今後の方向性について話を聞いた。(2008/6/16)

石川温・神尾寿の「モバイル業界の向かう先」:
第10回 マイクロソフト 梅田成二氏――キャリア独自サービスへの対応も検討
業界のキーパーソンと、ジャーナリストの石川温氏、神尾寿氏が携帯業界についてざっくばらんに語るモバイル鼎談。第10回では引き続き、マイクロソフト モバイル&エンベデッドデバイス本部部長の梅田成二氏に、Windows Mobileの今後の方向性を聞く。(2008/6/12)

ジェミナイ・モバイルの社長に元ソフトバンクモバイルの太田氏
携帯電話向けの基盤ソフトウェアを開発するジェミナイ・モバイル・テクノロジーズの社長に、元ソフトバンクモバイルの太田洋氏が就任する。(2007/10/1)

ソフトバンクの端末開発に新風──開発担当役員にソニーの吉田雅信氏
ソフトバンクモバイルは10月1日付けで、同社の端末/サービス開発を担当するプロダクト・サービス開発本部長にソニーの吉田雅信氏を迎える。吉田氏は、CLIE事業部門のプレジデントやソニー・エリクソン・モバイルの日本向け端末開発部門長などを歴任している。(2007/9/27)

石川温・神尾寿の「モバイル業界の向かう先」:
第8回 ソフトバンクモバイル 太田洋氏──ボーダフォンがソフトバンクになって変わったこと
業界のキーパーソンと、ジャーナリストの石川温氏、神尾寿氏が携帯業界についてざっくばらんに語るモバイル鼎談。今回はソフトバンク モバイル プロダクト・サービス開発本部長の太田洋氏にソフトバンク躍進の裏側を聞いた。(2007/9/27)

写真で解説する「XS 707SC」
国内最薄の折りたたみ端末「706SC」よりもさらに薄い、11.9ミリのボディを実現したのが「XS 707SC」だ。ダイヤルキーはカード型電卓のようなフラットなシートキーとなっている。(2006/11/20)

海外対応端末とワンセグ端末を発表――ソフトバンクモバイル
ソフトバンクモバイルは、海外対応を強化したスーパースリムケータイとワンセグ対応AQUOSケータイの2機種を発売する。(2006/11/20)

新機種投入で“スリム、ワンセグ=ソフトバンク”を目指す──ソフトバンクモバイルの太田氏
ソフトバンクモバイルが、年内に投入するとしていた“隠し玉”の2機種を披露。AQUOS携帯「911SH」と11.9ミリの薄型端末「XS 707SC」の投入で、“スリム、ワンセグ=ソフトバンク”を目指す。(2006/11/20)

Yahoo!との融合を進めるソフトバンクの新サービス
秋冬モデルの発表に合わせて、さまざまな新サービスを発表したソフトバンク。どんなサービスなのかを紹介しよう。(2006/9/29)

ソフトバンクのボーダフォン買収交渉、会見があれば聞きたいこと
ソフトバンクのボーダフォン買収交渉が注目を集めている。記者会見が「もしも明日行われたら」と仮定して、関係者に聞きたいポイントをまとめた。(2006/3/10)

ボーダフォン太田氏が示した、コミュニケーション新構想
ボーダフォンが、コミュニケーションにフォーカスした新サービスを複数紹介した。いくつかは“仮称”の段階だが、今後の同社の方向性、そして巻き返しの可能性を占うサービスといえる。(2006/3/1)

再び「イノベイティブな携帯キャリア」めざすボーダフォン
ボーダフォンの「904SH」には、新技術が多数盛り込まれている。背景には、日本市場向けに「ハイエンド端末の開発で勝負しよう」という同社の意気込みがある。(2006/2/28)

Mobile Weekly Top10:
Samsung端末は、ボーダフォンの過去の失敗を回避できる?
先週のトップ10は、ほとんど「過去2日間のトップ10」と同義になった。そんな中でも韓Samsung製端末のトピックが注目だ。(2006/1/19)

神尾寿の時事日想:
着実に復活するボーダフォン。敵は「時間」と「リソース」
春モデルのラインアップと、新サービスを打ち出したボーダフォン。秋のMNPに向けて攻勢に転じたボーダフォンだが、足りないのは「時間」と「リソース」だ。(2006/1/19)

今度こそ“攻勢”──春モデルで再スタートするボーダフォン
韓Samsung製の“超薄型”3G端末という隠し球を持って、春商戦に臨むボーダフォン。“定額効果”で純減傾向から抜け出し、2006年は本格的な攻勢に打って出る。(2006/1/18)

薄さ14.9ミリ、世界最薄3G──Samsung製の「804SS」
日本で初めて、サムスン電子製の携帯電話がボーダフォンからデビューする。3Gで最薄という薄型軽量ボディに音楽機能やPC連携機能を搭載したビジネスマン向け端末に仕上がっている。(2006/1/18)

世界最薄、Samsungケータイも──ボーダフォン、4機種の新モデル
ボーダフォンが、春商戦向けの新端末4モデルを発表。シャープ、東芝、NECら国内メーカー端末に加え、Samsung製の世界最薄3G端末「804SS」もお目見えした。(2006/1/18)

2005年の携帯業界を振り返る(5):
2006年、携帯電話業界はどうなる?
年末対談もいよいよ最終回。「モバイルSuica」「ワンセグ」「番号ポータビリティ」などのキーワードを軸に、神尾寿氏と本誌編集長の2人が、携帯電話業界の2006年の動向を“大胆”予測する。(2005/12/31)

3G端末の失敗認め、“日本向け”に立ち返るボーダフォン
現在の苦境や、3G端末のUIの不出来などを素直に認め、再出発するボーダフォン。組織も見直し、津田氏とモロー氏が二人三脚で経営に当たる。しかし純減はしばらく続くようだ。(2005/4/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。