ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「OpenACC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「OpenACC」に関する情報が集まったページです。

GPUアクセラレーテッドHPCおよびAIのデプロイのスピードアップを支援:
リリース当初と比べてコンテナ数が3倍以上に――NVIDIAが「NVIDIA GPU Cloud(NGC)」で利用できるHPCコンテナを拡充
NVIDIAのGPU対応クラウドプラットフォーム「NVIDIA GPU Cloud(NGC)」で利用できるディープラーニングやHPC、可視化といった分野のソフトウェアコンテナ数が、NGCのリリース当初と比べて3倍以上の35個に増えた。(2018/6/27)

科学計算分野で復権を目指す米国がNSCIを立ち上げ:
エクサ級スパコンの実現でカギを握るGPU技術
米国は、「エクサ級スーパーコンピュータ」の開発で一番乗りを果たすため、国家プロジェクトを立ち上げる。このプロジェクトで重要な役割を担うとみられているのがGPU技術である(2015/8/7)

Android版「HF Player」はどこまで“使える”か?――6台のスマホと4台のポタアンでハイレゾ再生を徹底チェック
オンキヨー「HF Player」のAndroid版が正式版になった。Android端末でハイレゾを楽しみたいユーザーには注目のリリースといえるが、多彩なハードウェアが存在するAndroid版は、iOS版ほど簡単な状況ではない。手持ちのスマホとポタアンを総動員してチェックした。(2015/2/17)

2015 CES:
JVCケンウッド、2015 CESで「カーオプトロニクス」を提案――デジタルコックピットを搭載したショーカーの展示も
JVCケンウッドは、先進のカーオプトロニクス(同社が提唱する車載用機器のオプトエレクトロニクス技術)を2015 CESで提案中。展示は「JVC」、「KENWOOD」各ブランドのブースで行っている。(2015/1/5)

ハイレゾ対応ポタアン検証(2):
iPhoneによるハイレゾ再生との相性も抜群、オンキヨー初の多機能ポタアン「DAC-HA200」
オンキヨー初のUSB-DAC内蔵ポータブルヘッドフォンアンプ「DAC-HA200」。ティアック「HA-P50」と基本設計を共通としながら、オペアンプを新日本無線の「MUSES8920」に変更するなど、独自の音作りを行っている。Android端末も使い、音質もじっくりと評価していこう。(2014/8/31)

ハイレゾ対応ポタアン検証(1):
iPhoneからのハイレゾ再生! ティアック「HA-P50」を試す
いつも持ち歩いているiPhoneでハイレゾ音源が再生できたら……そんなニーズに応え、最近はiPhoneやiPadをプレーヤーにしてハイレゾ再生が行えるポータブルヘッドフォンアンプなどが増えてきた。ティアック「HA-P50」も、そんな製品の1つだ。(2014/8/15)

オンキヨー、同社初のポタアン「DAC-HA200」を7月上旬に発売
オンキヨーが 「春のヘッドフォン祭2014」に参考出展したポータブルヘッドフォンアンプ「DAC-HA200」を7月上旬に発売する。(2014/6/16)

ルネサス RL78/G1C搭載開発キット:
ルネサスがスマホ連携システム開発用キットを発売
ルネサス エレクトロニクスは、スマートフォンアクセサリーやヘルスケア機器、業務用プリンタなど向けの開発キット「RL78/G1C USB Charger Solution Kit」を発売したと発表した。(2014/5/27)

メトロポリタン美術館、約40万点の高精細画像ダウンロードを可能に
メトロポリタン美術館が、フェルメールやモネなどの約40万点の所蔵作品の高精細画像を無料でダウンロードできるようにした。学術論文などでの非商用利用であれば利用できる。(2014/5/20)

MONOistミーティングレポート(2):
メイカーズと町工場が組み「製品を作って売る」ということ
個人や小規模な組織から、面白い製品を生み出してビジネスをするには? 2つ目のディスカッションでは、Arduinoを利用した製品を作る夫婦企業・鳥人間の久川真吾氏、SIからデジタルアートまで幅広い面白サービスを提供するチームラボの高須正和氏、独立時計師とコラボ製品にも取り組む町工場・由紀精密、メイカーズをデジタルツールで支援するオートデスクの塩澤豊氏が登場する。「一人家電メーカー」ビーサイズ 八木啓太氏の3Dプリンタ体験も。(2013/7/26)

D89クリップ(54):
手軽に家電が作れる時代に小さな会社だからできること
プログラマなのにハードウェアを作った鳥人間の久川さん、1人家電メーカーのBsize八木さん、クラウドファンディングを興したCerevoの岩佐さんが手軽になったモノづくりを語った。「おばかアイデアを形にする方法」や「ものづくりの新しい形」とは?(2012/10/16)

IT技術書・注目の新刊(2012年9月):
IT技術書新刊・近刊まとめ〜ぶくにゅ:一冊千秋〜
自分研編集部が独断と偏見でまとめた、「IT技術書の新刊・近刊情報」をお伝えします。(2012/9/10)

Google I/O 2012:
「これなんじゃ?」「忍者!?」――Androidで制御する忍者ロボットとガチバトル
アールティは開発者カンファレンス「Google I/O 2012」で、Androidで制御する等身大ロボットを用いた、人と対戦できる体験型ロボットゲーム「V-sido x RIC 忍者マスターシステム」を公開した。(2012/6/28)

IT技術書・注目の新刊(2012年5月):
IT技術書新刊・近刊まとめ4
自分研編集部が独断と偏見でまとめた、「IT技術書の新刊・近刊情報」をお伝えします。(2012/5/16)

GTC Asia 2011:
「このままではエクサスケール実現にフーバーダムが必要」──NVIDIAが語る“GPUの必然性”
NVIDIAがHPCで必ず言及するエクサスケールコンピューティングについて、GTC Asiaの舞台となった北京でも、若い技術者に向けて同社のGPUが必須であると訴える。(2011/12/16)

スマートフォンもスパコンになる!(20年前の):
20メガワットエクサスケールは破壊的イノベーションで実現する
HPCで必要なエクサスケースコンピュータでは、消費電力の抑制が必須だ。NVIDIAは、GPUコンピューティングによる“脱CPU依存”がHPCの進化に不可欠と訴える。(2011/11/22)

Android×T-Kernel 2.0で理想の組み込み機器開発を:
パーソナルメディア、Android端末向け周辺機器開発キットを製品化
パーソナルメディアは、Androidが苦手とするリアルタイム制御処理をT-Kernel 2.0によって補い、AndroidとT-Kernel 2.0の双方のメリットを生かした組み込み機器を実現する開発評価キット「T-Kernel for Android Open Accessory」を製品化。2011年10月31日より発売する。(2011/10/14)

せかにゅ:
Androidでピアノが弾ける! 巨大迷路が動く! Google I/Oのおもしろデモ
Androidでピアノを弾く、ロボットを動かす――Android向け周辺機器を開発するためのAPIを使ったさまざまなデモを紹介します。(2011/5/12)

Google I/O、モバイル関連は「Android@Home」など盛りだくさん
Google I/O初日のキーノートでは、Honeycombのアップデート、次期OS「Ice Cream Sandwich」の披露、クラウド音楽サービス、Android Marketでの映画レンタル、Android端末をリモコン化するためのフレームワークなどが発表された。(2011/5/11)

「BusinessObjects Explorer」の新バージョンリリース:
SAP、OracleやDB2など多種DBに対応した高速BIツール
(2009/11/11)

アナログIC設計ツール最前線
デジタル回路とアナログ回路を集積するSoCには、いまだ“決定版”と言えるような設計フローは存在しない。標準的なフローを確立するには、EDAツールの大きな進化を待つ必要がある。「手作業による設計」から技術者を解放するために、EDAベンダーはどのような取り組みを行っているのだろうか。(2009/1/1)

モバイルのフルIP化時代はすぐそこに!【後編】
モバイルSIPスタックに完全対応した最新ソリューションとは?
第1回では、次世代の通信インフラ「IMSネットワーク」の現状と、そのネットワークで実現する新たなアプリケーションの一例を解説しました。それでは、IMSネットワークで実現可能なアプリケーションにはどのようなものがあるのでしょうか。音声とデータ通信が融合したシームレスなサービスの最新動向を紹介していきます。(2006/10/20)

モバイルのフルIP化時代はすぐそこに!【前編】
ケータイの音声とデータが融合した革新的サービス
次世代ネットワークの目玉となる「IMSネットワーク」。フルIP化されたネットワークで、音声とデータがシームレスに連携する環境が実現されます。IP化されたVoIPや、音声と動画が融合した魅力的なサービスを、モバイル環境で利用できるようになる日もそう遠くありません。(2006/9/20)

パッケージ技術の進化を迎え撃つ、LSIとパッケージの協調設計
EDAベンダーは現在、「LSI/パッケージ協調設計ツール」の開発に積極的だ。LSI設計者とパッケージ設計者がより効率よく、共同で設計を進められるツールである。(2006/5/1)

統合か対立か、Eclipseに2つのオープンソースORMプロジェクト
VersantとOracleがEclipse内で、ほぼ同時期に類似のオブジェクトリレーショナルマッピングプロジェクトを提案した。両社はこれから統合の可能性を話し合う。(IDG)(2005/4/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。