ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「患者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「患者」に関する情報が集まったページです。

肥満症治療薬「ウゴービ」2月22日発売 増えるオンライン診療、適正使用は守られるか
国内では約30年ぶりとなる医療用肥満症治療薬が2月22日、発売される。デンマーク製薬大手ノボノルディスクファーマが開発した「ウゴービ」だ。一方、2023年から同様の成分を持つ糖尿病治療薬が美容目的で使われる例が増加。「必要な患者に届いていない」として日本医師会は警鐘を鳴らし、専門家はウゴービでも適切な利用を呼びかける。(2024/2/21)

韓国俳優、ドラマ「私の夫と結婚して」で37キロ減量した激やせショット公開 末期ガン患者役作りで
19日に最終回を迎えました。(2024/2/21)

医療技術ニュース:
安全性が高く、高効率なアレルギー治療用経口ナノ粒子製剤を開発
慶應義塾大学と九州大学は、アレルギー治療に用いることが可能な、安全性および治療効率の高い経口ナノ粒子製剤の開発に成功した。これまで適用が難しかった、重症患者や乳幼児も適用できる可能性がある。(2024/2/1)

ZOZOSUITで“むくみ”測定 がん術後の「リンパ浮腫」評価システムを検証
「ZOZOSUIT」と、専用に開発したスマートフォンアプリを使い、がん術後の二次性リンパ浮腫患者の手足の周囲を測定する検証。(2024/1/29)

FM:
行動認識AIで患者見守りの実証実験を開始 戸田建設とアジラ
戸田建設とアジラは、行動認識AIを搭載した「asilla」を精神科病院に導入し、患者見守りなどの実証実験を行う。(2024/1/25)

「常識考えろ!」 デビュー直後の有名俳優、病室で怒鳴られ平身低頭の過去 い合わせた“患者”「この男前は違うんです」
まさかの人物にびっくり。(2023/12/12)

医療のデジタルサービス普及が進む英国
かかりつけ医の8割が医療アプリで患者に情報提供 その英国で起きていること
英国では、NHSの医療アプリケーション「NHS App」を利用して、患者に医療記録を提供しているかかりつけ医は8割以上に及ぶ。NHSがNHS Appの普及目標を掲げる背景にある課題と、患者のニーズとは。(2023/12/28)

モビリティサービス:
1台で患者の移送からオンライン診療まで、マルチタスクな医療MaaS車
MONET Technologiesは三重県鳥羽市での医療MaaSの実証事業に協力する。(2023/12/7)

医療機器ニュース:
患者の体位を長時間、固定できる手術用マットを発売
三洋は、国立がん研究センター東病院と共同開発した医療機器「陰圧式体位固定具(仰臥位用)」を発売した。長時間、仰臥位で手術する際に用いる体位固定マットで、患者の姿勢に合わせて手術時の体位を整えることができる。(2023/12/4)

埼玉医大公式SNSの“患者CT写真”公開が物議 「包括的同意得ている」と説明も…… 投稿削除される
年代や性別、負傷原因を記載していました。(2023/11/29)

「もう一度体が動くならDJをやりたい」:
デジタル世界でもう一度、ALS患者の体を動かせる仕組みを開発
もう一度体が動くならDJ(ディスクジョッキー)をやりたい――。1人のALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の願いをかなえるべく、Dentsu Lab Tokyo、NTT、WITH ALSは、筋肉を動かそうとする脳からの電気信号「筋電」を使って、デジタル世界で身体性を取り戻す仕組みを開発した。(2023/11/16)

医療現場の「生成AI」活用例と注視すべき点【前編】
“激務の医療現場”ほど「生成AI」が役立つ? 使えそうな活用例3選
生成AIの活用は、医療分野においても広がる可能性がある。患者とのコミュニケーションをはじめ、医療分野で広がると考えられる生成AIの活用例を3つ紹介する。(2023/11/16)

先輩のパワハラに苦しむ看護師が患者に救われた―― シビアな実話描く漫画に反響 作者に実情を聞いた
患者さんに余計な気苦労をさせないで……。(2023/11/12)

食中毒発生の駅弁メーカー「吉田屋」、営業禁止の行政処分解除 患者は554人
吉田屋は9月に発生した食中毒事故により、9月23日に八戸保健所から営業禁止処分を受けていました。(2023/11/4)

医療機器ニュース:
採尿せずに排尿量を測定できるシステムの一括管理型を発売
島津製作所は、ナースステーションから患者の排尿量情報を一括管理できる排尿量測定システム「Urina」一括管理型を発売した。排尿前後の体重差から排尿量を精密に測定し、自動的に記録、集計する。(2023/11/1)

スピン経済の歩き方:
33都道府県に流通する弁当は“駅弁”なのか 吉田屋食中毒の元凶
食中毒患者を出した駅弁メーカーの「吉田屋」が謝罪会見を開いた。筆者の窪田氏は、会見の内容は「成功」したように感じるが、一つ気になることが残ったと指摘する。それは「33都道府県に流通する弁当は“駅弁”なのか」問題だ。(2023/10/24)

患者「この病院で天国に一番近いところに連れて行って」 → 連れて行った先が間違ってはないけど強烈な場所だった話
ご老人から出る寿命ジョークに近いのかも。(2023/10/14)

東京で毒キノコの食中毒 画像検索で食用と判断→実はテングタケだった 都「ネットで鑑定しないで」
「画像検索でキノコを鑑定しないで」──東京都内で毒キノコによる食中毒が発生し、都はこのような声明を発表した。患者たちは、インターネットの画像検索を使って毒キノコの鑑定を行っていた。(2023/9/28)

医療機器ニュース:
患部画像と患者情報をひも付けし、病院内システムと自動で連携
キヤノンとキヤノンITSメディカルは、臨床現場で撮影される患部画像と患者や撮影者の情報をカメラ内でひも付けし、病院内システムと自動連携する「カメラ画像支援ソリューション」を発売した。(2023/9/25)

創業130年老舗駅弁メーカー、食中毒事故で営業禁止に 全国で被害拡大……患者数は270人
被害は270人に。(2023/9/23)

イーロン・マスク氏のBMI企業Neuralink、初の人体治験参加者募集開始
イーロン・マスク氏が創業した脳マシンインタフェースを手掛けるNeuralinkは、初の人体治験に参加する患者募集を開始した。頸髄損傷またはALSによる四肢麻痺のある人が対象。治験は6年間だ。(2023/9/20)

ファミマ、小児がん患者支援「みんなのレモネード」が売り切れ続出 誕生のきっかけはある絵本
絵本の中から飛び出たレモネード。(2023/8/25)

3Dプリンタニュース:
3Dプリント技術を用いた歯科模型造形サービスを提供
DMM.make 3Dプリントは、Dental Predictionと業務提携し、3Dプリント技術を用いた歯科模型造形サービスを提供する。患者の口腔内3Dデータを基に3Dプリンタで歯科模型を造形するサービスで、歯科医療従事者の教育や技術の向上に寄与する。(2023/8/16)

医療情報管理にNFTを利用するメリット【後編】
医療でこそ「NFT」(非代替性トークン)が大きな期待になる理由
NFT(非代替性トークン)化した医療情報は、医学研究と臨床医療に大きな変化をもたらす可能性がある。研究者が特に重視するのは「患者が自身のデータをNFTで管理すること」が患者に行動変容を促す点だ。その理由は。(2023/8/8)

メタバースで入院患者と「ぬくもりある」面会を 順天堂医院で小児患者向け臨床研究
順天堂大学と日本IBMが、メタバース上で入院患者と面会できる専用アプリを共同開発。順天堂医院の小児患者向けに、運用・臨床研究を行う。(2023/7/26)

医療情報管理にNFTを利用するメリット【前編】
NFT(非代替性トークン)化が医療分野にも そもそも患者の利点は?
厳格な管理が必要な医療情報を、代替できないデジタルデータである「NFT」(非代替性トークン)にすることの価値を探る研究が進んでいる。患者にはどのようなメリットがあるのか。(2023/7/24)

医療技術ニュース:
患者の歩行リズムに合わせた経頭蓋電気刺激による歩行リハを開発
名古屋市立大学は、頭皮を介して、患者の歩行リズムに合わせて脳に電気刺激を与えることで、パーキンソン病患者の歩行機能を改善する新たなリハビリテーション手法を開発した。(2023/7/11)

医療機器ニュース:
医療用装着型サイボーグの小型モデル、医療機器承認を申請
CYBERDYNEは、小柄な患者が使用できる小型の医療用HAL下肢タイプについて、日本における医療機器承認を申請した。適用疾患は、既承認の医療用HALと同様の、神経筋難病8疾患および脊髄疾患2疾患だ。(2023/7/3)

患者から詰められまくった医学部生が話題に 理不尽ながらも“とある理由から”「和んだ」「爆笑しちゃった」
きっと何よりの楽しみだったのでしょうね。(2023/6/24)

「無効」「読み取れない」……「マイナ保険証」トラブル頻発、導入医療機関の65%が経験 患者から苦情も
(2023/6/22)

医療機器ニュース:
AIによる自動音声対応で医療用酸素ボンベを注文できるサービスを開始
NTTコミュニケーションズと帝人ヘルスケアは、在宅酸素療法の治療を受ける患者向けに、AI自動音声対応による医療用酸素ボンベの注文受付サービスを開始する。24時間365日対応可能だ。(2023/6/19)

医療機器ニュース:
迅速な救急診療を支援する急性期医療情報ビュワーを発売
キヤノンメディカルシステムズは、急性期医療情報統合ビュワー「Abierto Cockpit for ER」を発売した。初療室に運ばれた救急患者についての情報を画面表示や音声で通知し、初療現場での迅速な処置を支援する。(2023/6/12)

医療機器ニュース:
睡眠時無呼吸症候群のCPAP治療法で3社協業、遠隔モニタリングも可能に
村田製作所、チェスト、アイ・エム・アイは、睡眠時無呼吸症候群のCPAP療法に関する協業を開始する。CPAP装置とクラウドサービスを連携させ、患者のデータの遠隔モニタリングに対応する。(2023/5/29)

Neuralinkの脳埋め込みチップにFDAがゴーサイン 被験者募集開始へ
イーロン・マスク氏率いるNeuralinkは、同社の脳埋め込みチップの人間による臨床試験をFDAが承認したと発表した。既に豚やサルでの実験は実施中だ。「臨床試験への予備的適格性を判断する」ための“患者登録”を募集している。(2023/5/26)

米モデルナ、新型コロナとインフルエンザの情報サイト開設 患者数など可視化
米モデルナの日本法人モデルナ・ジャパンが新型コロナとインフルエンザの情報サイトを開設した。各地域の患者数や陽性者数に関するデータを発信する。(2023/5/16)

医療機器ニュース:
運転復帰をサポート、医療機関向けのドライビングシミュレーター発売
ホンダは、医療機関向けの本格ドライビングシミュレーター「DB型Model-A」を発売した。医療機関のリハビリテーションプログラムなどでの活用を想定しており、運転復帰を目指す患者の運転能力の評価をサポートする。(2023/5/10)

医療機器ニュース:
病院内での自動運転サービスの普及に向けた協業を開始
WHILLと帝人は、医療機関における「WHILL自動運転サービス」の普及に向けた実証事業を開始した。患者の医療負担および医療従事者の業務負荷の軽減により、医療サービスの向上を目指す。(2023/5/2)

医療技術ニュース:
新型コロナワクチン接種後に発症した脳炎に特異的な細胞集団を明らかに
大阪大学は、COVID-19ワクチン接種後に、脳炎を発症した患者の末梢血単核細胞を、シングルセルRNAシーケンスを用いて経時的に解析し、脳炎の急性期にのみ出現する細胞集団を発見した。(2023/4/13)

医療機器ニュース:
5Gを活用し、救急現場の映像伝送とデジタル聴診器による遠隔診療の実証に成功
NTTコミュニケーションズは、愛知県刈谷市において、5Gを活用して救急現場の映像と患者の心電図を病院に伝送するフィールド実証と、デジタル聴診器を活用した遠隔診療のフィールド実証に成功した。(2023/4/11)

医療機器ニュース:
カテーテルを通じて留置する、低侵襲の肺動脈弁システムを発売
日本メドトロニックは、低侵襲の肺動脈弁専用デバイス「Harmony 経カテーテル肺動脈弁システム」を発売した。先天性心疾患の術後に起こる肺動脈弁逆流症の患者に対し、カテーテルを通じて肺動脈弁を留置する専用デバイスだ。(2023/3/28)

医療技術ニュース:
皮膚に貼るバイオセンサーで汗の乳酸値を測定する運動評価法を開発
慶應義塾大学は、皮膚に貼るだけで汗の乳酸値を測定できる、バイオセンサーを活用した運動評価法を開発した。心血管疾患患者の運動評価が可能かを検証する医師主導の治験を実施し、その有効性を確認した。(2023/3/23)

Microsoft、GPT-4を傘下Nuanceの医療向け臨床メモ自動化サービスに採用 患者との会話を数秒でメモ化
Microsoftは傘下Nuanceの医療向けサービスにOpenAIの生成型AI「GPT-4」を採用した「DAX Express」を発表した。臨床メモ自動化サービス「DAX」のメモ化を4時間から数秒に短縮する。今夏プライベートプレビュー提供開始の見込み。(2023/3/21)

特選プレミアムコンテンツガイド
医療従事者と患者を支援する「人工知能」(AI)の6つの用途
医療現場で人工知能(AI)技術を活用すると、医療従事者の業務効率を改善し、患者に手厚いケアを提供できるようになる可能性がある。医用画像解析や診断支援など、AIが活躍する6つの用途を紹介する。(2023/3/16)

医療機器ニュース:
AIを活用し、スマートフォンなどの映像からむくみの度合いを推定
NECは、AIを活用し、スマートフォンなどで撮影した顔映像から浮腫の度合いを推定する技術を開発した。透析患者の体重測定による計測を代替可能な精度であることを確認した。(2023/3/2)

医療機器ニュース:
写真から患者の肌の色を再現、海外からの人工乳房の受注が可能に
ナチュラルブレストは、写真から乳がん患者向けの人工乳房に色付けする技術を確立した。これにより、同社の貼り付けタイプの人工乳房は、国内だけでなく海外からの直接受注にも対応できるようになった。(2023/2/27)

医療機器ニュース:
血管を確保しやすい留置針の新モデルを発売
テルモは、留置針「サーフロー」シリーズの新モデル「サーフローZERO」を発売した。独自開発した「3D針」を採用し、穿刺時に血管を捉えやすくなるため、医療従事者と患者双方の負担を軽減する。(2023/2/22)

PR:花粉症患者の74%「辛くて藁にもすがりたい」→ロートアルガードが立ち上がる! 藁より役に立つ“花粉対策●●” がその場で届くキャンペーン開始
「花粉退散」のお札から、高機能空気清浄機まで。(2023/2/27)

サイズの合わないゴム手袋を使ったら患者の目の前で破裂! “とっさに出た言い訳”が意味は分からないけど強そう
鍛えてますから。(2023/2/18)

まんが「コウノドリ」の梅毒編を無料公開、講談社 都内の患者急増で
講談社は17日、まんが「コウノドリ」の梅毒編4話の無料公開を始めた。東京都内で梅毒の感染が拡大していることを受け、緊急公開するという。(2023/2/17)

Innovative Tech:
“皮膚手袋”を手に移植する技術 個人の手に応じた3D人工皮膚を培養 マウスの“皮膚ズボン”では成功
米コロンビア大学に所属する研究者らは、患者の手の形に応じた手袋型の3D人工皮膚を生成し、グローブをはめるように手を覆って移植する手法を提案した研究報告を発表した。(2023/2/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。