ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「たんぱく質」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「たんぱく質」に関する情報が集まったページです。

ご当地どんぶりランキング、2位は宮崎県「串間活〆ぶりプリ丼ぶり」 1位は北海道釧路市の「●●丼」?
ウェイブダッシュ は、みんなのランキング第33回「ご当地どんぶりランキング」のトップ10を発表。1位は北海道釧路市の「和商の勝手丼」が選ばれた。(2022/6/27)

ダイエットしてるのにポテチが食べたい! 食欲と空腹の関係を戦隊モノで解説する漫画
栄養の偏りはリバウンドの元。(2022/6/27)

Innovative Tech:
ウイスキーの中に浮かぶ食べられるタグ スマホで読み取り偽物か判別 医薬品などにも応用可
米パデュー大学、韓国の金烏工科大学校、韓国のNational Institute of Agricultural Sciencesの研究チームは、ウイスキーが偽物かどうかを明らかにする二次元コード付きの食用タグを開発した。(2022/6/23)

カスタムサラダ専門店監修:
ナチュラルローソン、過去最高価格700円のボリューミーなサラダ発売 健康志向の高まりを受け
ローソンはカスタムサラダ専門店が監修したサラダを発売する。ケールをベースに5種類の野菜と鶏むね肉を加え、1食で満足できるように仕上げた。6月28日から全国のナチュラルローソンで販売。(2022/6/22)

米粉輸出が大幅増 小麦高騰で注目、ノングルテン市場期待も
ロシアのウクライナ侵攻による小麦価格の高騰を受け、小麦粉の代替品となる米粉が注目され、輸出拡大の機運が高まっている。(2022/6/15)

累計資金調達金額も調査:
国内スタートアップ評価額ランキング 3位「スマートニュース」、2位「GVE」、1位は?
人材・資金支援事業を手掛けるフォースタートアップス(東京都港区)は、スタートアップ関連情報を扱うプラットフォーム「STARTUP DB(スタートアップデータベース)」にて2022年6月6日時点の「国内スタートアップ評価額ランキング」を発表した。(2022/6/14)

はやぶさ2 砂のアミノ酸は23種 リュウグウ起源は「氷天体」の新説
日本の探査機はやぶさ2が持ち帰った小惑星リュウグウの試料を詳しく分析した結果、生命の源となるアミノ酸23種類を検出したと岡山大などの研究チームが10日、正式に発表した。(2022/6/10)

工場ニュース:
中外製薬がバイオ医薬品工場を公開、市場拡大見越して設備投資着々
中外製薬は6月3日、宇都宮工場のバーチャル見学会を開催。同社の主力製品のリウマチ治療薬「アクテムラ」や血友病治療薬「ヘムライブラ」の生産工程の一部が公開された。また、今後予定されている設備投資などにも言及した。【修正あり】(2022/6/8)

医療技術ニュース:
ゴキブリにも有効、成虫に注射するだけの昆虫ゲノム編集法を開発
京都大学は、成虫に注射するだけでゲノム編集ができる、新たな昆虫ゲノム編集法「Direct Parental CRISPR(DIPA-CRISPR)」を開発した。従来法では不可能だったゴキブリに対しても、高効率なゲノム編集が可能になった。(2022/6/7)

PR:女の子「おねがいっ」→探偵・刑事「任せて…!」 くすっと笑えて勉強にもなる“アメリカ大豆”のWebドラマに新作登場
日本の食卓に欠かせない「大豆」、どこから来ているか知っていましたか?(2022/6/7)

なかやまきんに君、米ボディービル大会終了後の爆食い ビッグマック1つで視聴者を幸せにしてしまう
減量を終えた人の食レポ。(2022/6/3)

元楽天監督の田尾安志、難病“心アミロイドーシス”に罹患 自覚症状ゼロも医師「今すぐ車いすです」
血液検査でまさかの判明。(2022/5/31)

医療技術ニュース:
かゆみを何度も引っかくことでかゆみが増す、悪循環の仕組みを解明
九州大学は、かゆい皮膚を何度も引っかくことで炎症が悪化し、かゆみが増すという悪循環について、刺激により感覚神経でNPTX2というタンパク質が増え、それがかゆみ伝達神経の活動を高めることを明らかにした。(2022/5/30)

エハラマサヒロ、約7カ月で12キロ減! 40歳バースデーに引き締まった“美ボディー”披露「イケオジなれますね」
めちゃくちゃいい体に。(2022/5/29)

「食べる昆虫ガチャ」 コオロギ、セミ、女王アリ、サソリなど全12種をワンコインで販売
渋谷PARCOで5月28日から。(2022/5/28)

製造IT導入事例:
タンパク質の構造解析をAWSでクラウド化、膨大な計算も約7倍高速に
アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWS)は2022年5月25日、高エネルギー加速器研究機構(KEK)とAWSのサービスを活用して構築した、タンパク質の構造解析を行うためのクラウドプラットフォーム「GoToCloud」についての説明会を開催した。さらに、AWSとKEKの間で、「GoToCloud」の今後の展開を見据えた連携強化を図っていくと発表した。(2022/5/26)

タンパク質やビタミンが豊富:
ファミマ!!で、コオロギ使用のプロテインバーとクッキーを発売 製造元の狙いは?
ファミリーマートは6月2日から、ストアブランド「ファミマ!!」の13店で国産食用コオロギを使用したプロテインバーとクッキーを発売する。(2022/5/26)

食生活や暮らし方を手本にしたい美肌タレント 石田ゆり子と田中みな実をおさえた1位は?
調査対象者は15歳〜69歳の女性1000人。(2022/5/30)

タンパク質を手軽に摂取:
キユーピー、“殻なしゆでたまご”から「ほんのりしお味」 一部コンビニで発売
キユーピーが、たまご商品ブランドの「キユーピーのたまご」から「ゆでたまご ほんのりしお味」を、5月24日より関東エリアの一部コンビニエンスストアで販売する。(2022/5/20)

医療機器ニュース:
分子量13kDaの世界最小サイズの発光酵素を開発
島津製作所と東京工業大学は、実用可能な発光酵素として世界最小となる分子量13kDaの「picALuc」を開発した。高い発光活性と熱安定性も有しており、創薬スクリーニングや診断、検査などでの応用が期待される。(2022/5/19)

富士通と理研、創薬分野のDXでタッグ スパコン「富岳」活用で次世代IT創薬技術の確立へ
富士通と理化学研究所は、次世代IT創薬技術の共同研究を開始した。スパコン「富岳」を活用し、2026年度末までに新たなIT創薬プロセスを構築する。製薬企業などに普及させ、新薬開発の期間や費用の削減を目指す。(2022/5/19)

ロボット開発ニュース:
分子ロボットの「群れ」を開発、最大で直径30μmの物質輸送に成功
北海道大学および関西大学は、分子ロボットの「群れ」を開発した。分子ロボット単体では直径3μm程度の物質しか輸送できなかったのに対し、群れでは最大で直径30μmの物質を輸送することに成功している。(2022/5/17)

医療技術ニュース:
百日咳の咳発作発症メカニズムを解明、3種類の病原因子により誘発
大阪大学は、百日咳のマウス咳発症モデルを確立し、百日咳の咳発作発症メカニズムを明らかにした。3種類の病原因子が協調して宿主のブラジキニン-TRPV1経路を活性化し、咳発作を誘発する。(2022/4/27)

スピン経済の歩き方:
「日清の“謎肉”がなくなれば、日本の生命線が守られる」は本当か
日清食品ホールディングスと東京大学は、日本で初めて「食べられる培養肉」の作製に成功した。この報道を受けて、筆者の窪田氏は「日本の生命線が守られるかも」と指摘しているが、どういう意味なのか。(2022/4/26)

医療機器ニュース:
標的α線治療のコア原料である放射性核種を治験薬製造スケールで製造
日本メジフィジックスは、小型加速器を用いて、新しいがん治療として期待されるTATのコア原料であるアクチニウム225を、治験薬原料にできる品質と試験薬製造スケールで製造することに成功した。(2022/4/25)

ハイブリッドワークのお供に:
ポラールがパーソナルトレーナーの役割も兼ねるランニングウォッチの新モデル「Polar Pacer」シリーズを投入
ポラール・エレクトロ・ジャパンがランニングGPSウォッチの新シリーズ「Polar Pacer」2モデルを発表した。ポラール アンバサダーの高橋尚子さんを交えて、発表会の模様をお届けする。(2022/4/18)

4月20日から販売開始:
セブン、健康志向のサンドイッチを新発売 食物繊維が豊富に摂取できるパンを採用
セブンは食物繊維量が豊富な健康志向のサンドイッチを発売する。「キャロットラペ&チキンサンド」「チリコンカンサンド」の2商品を4月20日に発売。健康系商品の需要拡大に対応していく。(2022/4/14)

「今の科学では困難」とされる課題に挑戦 NEC、AIで新型コロナワクチン開発
NECが「AIを活用して次世代型ワクチンを作る」と表明した。目指すのは、新型コロナウイルスの近縁種にも適用でき、変異株の登場にも強く、効果が長続きし、多くの人に適合するワクチンだ。(2022/4/8)

医療技術ニュース:
深層学習を活用し、薬剤耐性菌の画像判別に成功
大阪大学は、薬剤耐性能を獲得した細菌が、自身の形態を変化させていることを見出した。また、深層学習を用いて、薬剤耐性菌の電子顕微鏡画像を高精度で判別することに成功した。(2022/4/6)

Cygames、猫の腎臓病治療研究に寄付 「俺の払った金がネコチャンを救う」「猫のためなら払うしかない」
Cygamesは、血中タンパク質「AIM」を研究するAIM医学研究所に寄付を実施すると発表した。正しく機能するAIMを猫に投与すると、腎臓病の発症を抑えられ、寿命を平均の2倍程度まで延ばせる可能性がある。(2022/4/4)

世界を「数字」で回してみよう(69)番外編:
「それでもコロナワクチンは怖い」という方と一緒に考えたい、11の臨床課題
EE Times Japanでおなじみの「エバタ・シバタコンビ」が戻ってきました。今回は、「健康上の都合からワクチン接種に対する恐怖心がどうしても消えない」という読者、”K”さんのメールに端を発したものです。そこからシバタ医師が読み取った、コロナ後遺症への対応などを含む、11個のクリニカル・クエスチョン(臨床上の課題)をご紹介します。(2022/4/4)

5種類の木を使用:
レクサスのショールームで提供される「木を飲むドリンク」 木を食べる未来がくるのか?
食用花や昆虫食など「一見、食となじみがないけど食材になっちゃったよ」シリーズに「木」が追加される未来もそう遠くないかもしれない。日本草木研究所が、ヒノキなど5種類の木材を使用した「木を飲むドリンク」を開発した。どのような商品なのかというと……(2022/3/31)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コロナ禍でも店舗数が約3倍! 「焼肉ライク」の“強運”とライバル不在のビジネスモデル
焼き肉のファストフードという新ジャンルを開拓した、「焼肉ライク」がコロナ禍でも店舗数を約3倍に増やしている。意図せずしてコロナ禍のニーズにマッチした業態となったことが追い風となった。なぜ独走状態なのか。(2022/3/25)

3月17日から首都圏で通信販売:
卵使わない卵商品「ほぼたま」 キユーピーが市販化
キユーピーは卵を使わず植物性の原材料だけで作った卵風の商品「HOBOTAMA(ほぼたま)」を3月17日から市販化する。(2022/3/14)

あの会社の「SDGs」:
“豆まるごと”でバカ売れ 新たな主食を目指したミツカングループの“ZENB ヌードル”とは?
ミツカングループのZENB JAPANが展開する「ZENB ヌードル」だ人気を博している。2020年9月に販売を開始し、22年3月までに累計300万食を突破した。その特徴とは?(2022/3/10)

エンタメ・ウェルネス事業の強化:
日本ハム、22年度はD2C領域を強化 コーポレートアンバサダーに新庄剛志氏を起用
日本ハムが22年度の新規事業戦略発表会を実施した。22年度はタンパク質の選択肢拡大とアレルギーへの対応を強化する。D2C領域の強化に加え、アンバサダーに新庄新監督を迎え、売上向上を狙う。(2022/3/7)

キッチンに置きたい:
放ったらかしでもプロ並みに? 低温調理器「BONIQ」が15万台も売れた理由
家庭用の低温調理器が密かにブームになっている。その火付け役ともいえるのが、累計販売台数が15万台を突破した家庭用低温調理器「BONIQ」(ボニーク)シリーズだ。プロクオリティのローストビーフなどがつくれるというが、その人気の理由は何なのか。(2022/2/28)

医療機器ニュース:
iPS細胞から創生したミニ腸が栄養素の吸収評価に有用であることを確認
大日本印刷は、ヒトiPS細胞から創生した小腸の立体臓器「ミニ腸」が、三大栄養素の糖質、タンパク質、脂質の吸収評価において有用であることを確認した。三大栄養素の吸収評価ツールとしての活用が期待される。(2022/2/25)

医療技術ニュース:
新型コロナのスーパースプレッダーの特徴を解明
東京医科歯科大学は、新型コロナウイルス感染症において、周囲への感染を拡大するスーパースプレッダーの決定要因を明らかにした。糖尿病、関節リウマチ、脳梗塞の既往がスーパースプレッダーのリスク要因となる。(2022/2/8)

医療技術ニュース:
白いワラビーが生まれる原因を遺伝子的に解明
京都大学は、体色が白いワラビーが生まれる遺伝的原因を解明した。メラニン色素の合成に関与するチロシナーゼ遺伝子の配列に、無関係な転移因子が挿入していることを明らかにした。(2022/2/7)

フライドチキン2枚でベーコンを挟む暴挙 ロッテリア「ホットワイルドチキンサンド」2月15日から期間限定販売
チキンがバンズ。(2022/2/6)

ジャンポケおたけ、フィジーク大会後に“体脂肪率7.5%増” 現在の肉体公開で減量スタート「大分肥えました…」
おたけさん「今年も出れるコンテストは出ていきたい」(2022/2/3)

モデルナは救世主となるか【前編】:
コロナワクチンで彗星のように現れたモデルナ 日本法人の女性トップ「ワクチンはやがてオーダーメイドになっていく」
2010年に米国で創業したモデルナは、コロナワクチンの普及によって一躍有名になった。21年11月に日本法人モデルナ・ジャパンのトップに着任した鈴木蘭美社長(医学博士)に話を聞く。ワクチンはやがてオーダーメイドになっていくという。(2022/2/3)

AI・機械学習の用語辞典:
SOTA(State-of-the-Art)とは?
用語「SOTA(State-of-the-Art)」について説明。機械学習では、ある特定のタスク&ベンチマークとなるデータセットにおいて論文の内容とその機械学習モデルが「現時点での最先端レベル(=最良/最高)の性能(=正解率などのスコア/精度)」を達成していることを表す。(2022/2/2)

医療技術ニュース:
薬剤の構造に含まれるベンゼン環を体内で合成し、がんを治療
理化学研究所は、薬剤の構造に含まれるベンゼン環を、遷移金属触媒を用いて体内で合成する技術を開発した。抗がん活性物質の原料と遷移金属触媒をマウスに静脈内投与すると抗がん活性物質が合成され、副作用なしでがん細胞の増殖を抑制できた。(2022/2/1)

医療技術ニュース:
痛みやかゆみなどの感覚異常は、皮膚深部の活性酸素が原因となる可能性
ファンケルは、ヒトiPS細胞由来感覚神経を用いて、皮膚深部での発生を想定した活性酸素が感覚神経の繊維を変性することで、痛みやかゆみなどの原因になる可能性を明らかにした。(2022/1/25)

高タンパク・低カロリー:
ゴールドジムと筋肉食堂がコラボ 「バルクアップ」「ダイエット」宅配弁当を展開
「ゴールドジム」と「筋肉食堂」がオリジナル宅配食を期間限定で販売するコラボキャンペーンを実施する。(2022/1/18)

医療技術ニュース:
心不全で発現亢進する遺伝子の制御により、病態が改善するメカニズムを解明
京都大学は、転写抑制因子NRSFに制御され、心不全で発現亢進する遺伝子GNAO1を抑制することで、心不全の病態が改善することを明らかにした。反対に、その過剰発現は、心機能を低下させることを確認した。(2022/1/6)

ECサイトで発売:
コオロギを使用した新ブランド 食用コオロギ国内生産量1位のグリラス
食用コオロギ関連事業を展開するグリラスは、国産フタホシコオロギを使用した食品原料を、新ブランド「C. TRIA Originals(シートリアオリジナル)」を立ち上げた。自社ECサイト「グリラスオンライン」で12月24日から発売している。(2021/12/29)

医療技術ニュース:
新型コロナ死亡者数の少ない理由、日本人に多い白血球の型が影響
理化学研究所は、季節性コロナウイルスに応答する記憶免疫キラーT細胞が、類似したウイルスにも反応する抗原部位を持つことを発見した。その部位が、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質領域にも、強く交差反応することが分かった。(2021/12/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。