ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「たんぱく質」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「たんぱく質」に関する情報が集まったページです。

なぜ「VR動画」と「360動画」を分けるべきなのか
ホログラムの誤用と同じように、VRも正しくない定義が使われている。なぜそれがいけないのか、西田宗千佳さんが考えた。(2020/2/17)

IIFES2019:
クボタが目指すスマート農業、「もうかる農業」をどう実現するか
オートメーションと計測の先端総合技術展「IIFES2019」(2019年11月27〜29日、東京ビッグサイト)のキーノートセッションに、クボタ特別技術顧問工学博士の飯田聡氏が登壇。「クボタの目指すスマート農業」をテーマに、同社のスマート農業への取り組みを紹介した。(2020/2/13)

新規顧客も獲得:
「サラダを食べに久々に吉野家行くか」という効果 「ライザップ牛サラダエビアボカド」発売の背景
吉野家は「ライザップ牛サラダエビアボカド」を発売する。第1弾の「ライザップ牛サラダ」が好調だった。サラダで「新規顧客の獲得と休眠顧客の掘り起こしの両方に成功した」としている。(2020/2/5)

医療技術ニュース:
慢性創傷治療のための人工タンパク質を用いた新規治療材料を開発
京都大学と三洋化成工業は共同で、慢性創傷を治療するため、人工タンパク質を用いた新規治療材料「シルクエラスチンスポンジ」を開発した。企業内治験を実施し、新規医療機器の承認取得を目指す。(2020/2/5)

「納豆を食べると死亡リスク低下」 国立がん研究センターが約9万人を対象に調査、日本人の長寿と関連?
ちょっと納豆買ってくる。(2020/1/30)

医療技術ニュース:
神経幹細胞が再形成する仕組みを発見
京都大学と理化学研究所の研究グループは、哺乳類の脳の形成段階において、神経幹細胞が形態を柔軟に再形成する仕組みを発見した。脳形成の基本的な仕組みが解明されたことで、脳形成不全に伴う疾患などの原因解明に役立つことが期待される。(2020/1/29)

人工タンパク貼り難治性潰瘍を治療 京都大など素材開発
患部に貼ると細菌感染が抑えられ、傷の治癒が促されるという。(2020/1/22)

医療技術ニュース:
宇宙の無重力空間で委縮した胸腺は、人工重力で軽減することを解明
理化学研究所は、無重力空間を経験すると胸腺が委縮すること、その委縮は人工的な重力負荷で軽減すること、委縮が胸腺細胞の増殖抑制によって起こるという仕組みを発見した。(2020/1/22)

報告例のない効能を予測できる:
ヒトへの作用が不明な薬の副作用や効能を予測するAI Karydo TherapeutiXが開発
Karydo TherapeutiXとATRは共同で、ヒトへの作用が未知の物質の副作用や有害事象、効能を予測するAIを開発した。物質をマウスに投与したときの、全身を網羅した遺伝子情報を指標として、その物質がヒトで起こす副作用や効能を予測する。(2020/1/14)

ビジネスパーソンを救う「せめてこれだけ」食事術【前編】:
朝食を抜きがちなビジネスパーソンに残された最終手段「だけ朝食」とは?
昼は毎日外食、夜は接待に飲み会、朝は時間がなく何も食べない――。健康は気になるけど、毎日忙しく過ごすビジネスパーソンが「規則正しい、理想に近い食生活」を実行するのは不可能に近い。それでも、できるだけ健康でいるためにはどうしたらよいのか。20年以上活躍する食生活ジャーナリストが「せめてこれだけは実践しよう」という健康情報をお届けする。(2020/1/10)

特許も取得:
ヘルステックベンチャーFiNC、約50億円の第三者割当増資 「食事画像解析機能」の特許権も取得
ヘルステックベンチャーのFiNC Technologiesは新たに約50億円の資金調達を実施し、創業からの資金調達総額が150億円強に達したことを明らかにした。(2020/1/9)

医療技術ニュース:
臓器内の全細胞を調べる高速イメージングと高速解析技術を開発
理化学研究所は、透明化した臓器内の全ての細胞を解析する「全細胞解析」を実用化し、これを用いて、マウス脳を構成する約1億個の細胞を解析することに成功した。(2020/1/9)

堀江貴文が語る「予防医療」【前編】:
ホリエモンがRIZAP社長に聞く――顧客の意識を変えてきた戦略の秘密とは?
ホリエモンこと堀江貴文氏と、RIZAPグループの瀬戸健社長の対談の模様を前後編にわたってお届けする。前編ではRIZAPがダイエットビジネスで顧客の意識を変えてきた秘密に迫り、後編ではRIZAPとして新たに取り組む糖尿病予防ビジネスの戦略を聞く。(2019/12/27)

医療技術ニュース:
液体界面に生じたナノ薄膜で細胞を培養、安価で幹細胞の分化誘導が可能に
物質・材料研究機構が、二種類の混じり合わない液体間に形成されるタンパク質のナノ薄膜上で、幹細胞を神経細胞に分化させることに成功した。再生医療などに必要な幹細胞の分化誘導を、低コストで可能にする技術として期待される。(2019/12/26)

医療技術ニュース:
かゆみ信号が脊髄で強まるメカニズムを発見
九州大学は、炎症を起こした皮膚からのかゆみ信号が脊髄神経に作用し、その活動を強めるメカニズムを発見した。慢性的にかゆい状態では、グリア細胞であるアストロサイトから放出されるリポカリン2が関与していた。(2019/12/18)

伊賀市の忍者集団が新メンバーを募集〜合格者はいる?
(2019/12/12)

医療技術ニュース:
分子ナノシステムを設計し、筋収縮時の分子の動きを捉えることに成功
理化学研究所は、筋収縮の最小機能単位であるサルコメア構造の一部を人工的に設計し、筋収縮の瞬間におけるモーター分子の動態を直接的に捉えることに成功した。肥大型心筋症の要因となるミオシン変異体を分子レベルで詳細に診断可能になる。(2019/12/12)

AWS re:Invent 2019リポート(1):
NFLとAWSがAIで挑む、アメリカンフットボール選手の脳損傷問題
米国で社会問題となってきた、脳損傷をはじめとするアメリカンフットボール選手の健康について、米NFLとAWSは機械学習/AIを活用したシミュレーション/モデリングによる調査研究を共同で行い、これまでとは異なる観点から対策を進めていくことを発表した。具体的には何をやろうとしているのか。(2019/12/10)

高タンパク、低脂肪の「昆虫食」に挑戦するチャンス……! 食用イモムシを使った「いもむしゴロゴロカレー」がクラウドファンディング開始
友だちとチャレンジしてみるのもありかも……?(2019/12/8)

養豚をAIで支援する実験スタート ブタの体重・肉質を分析、最適な餌の配合など助言
AIを活用して養豚を支援する実験がスタート。ブタの体重・肉質などを分析し、最適な飼料配合や給餌・給水方法などを農家に通知する。養豚の生産効率を高め、安定供給を後押しする狙い。(2019/11/29)

医療技術ニュース:
明るい場所と暗い場所、環境の変化に目が慣れる分子メカニズムを解明
大阪大学は、明るい場所でも暗い場所でも、環境の変化に応じて適切に物体を見る機能(明暗順応)の分子メカニズムを明らかにした。今後、加齢黄斑変性や網膜色素変性症などの網膜変性疾患の治療薬の開発が期待される。(2019/11/28)

医療技術ニュース:
大脳獲得における進化の機構をホヤで解明
京都大学は、脊椎動物に最も近い無脊椎動物のホヤの脳の前方領域において、脊椎動物の吻側神経菱と同様にFoxg遺伝子が発現していることを発見した。(2019/11/27)

血液1滴から13種類のがんを検出 精度は99% 東芝が技術開発
血液1滴から13種類のがんを99%の精度で検出する技術を東芝が開発。実用化に向け、2020年から実証試験を進める計画だ。(2019/11/25)

情報銀行ビジネスの展開目指す、TISがレストラン推奨の実証実験
TISは、PDS(Personal Data Store)を活用したレストランに関するレコメンド高度化の実証実験を実施する。「生活者が個人情報を提供して、それに見合った利益を受けられるモデル」を評価し、情報銀行ビジネスの展開を目指す。(2019/11/25)

無印良品からコオロギの粉末使った「コオロギせんべい」 来春発売
昆虫食の研究の第一人者の徳島大学と開発します。(2019/11/22)

おいしい昆虫食の開発目指す無印良品、20年に「コオロギせんべい」発売へ
(2019/11/22)

理研、創薬専用スパコン開発 「RISC-V」アーキテクチャ採用、10万原子の挙動再現
理化学研究所は、水やタンパク質など分子の動きのシミュレーションに特化した専用計算機「MDGRAPE-4A」を開発。タンパク質と薬剤、水分子などを合わせた計10万個の原子の動きを、現実的な時間で解析できる。(2019/11/19)

このマンガは「救済と警告のアル中文学」だ 酒飲みが『現実逃避してたらボロボロになった話』(永田カビ)を読んだら
“3人合わせてγ-GTP1000”になるメンバーで同作の感想を話す座談会。(2019/11/20)

医療技術ニュース:
マラリアの病態の重症化機構を解明、マラリア重症化対策技術の開発に期待
東北大学は、マラリアの重症化に見られる構成タンパク質の網羅的なネットワークを作製し、原虫や宿主タンパク質の局在解析、ノックアウト原虫の作製などによって、マラリアの病原性に関連する原虫タンパク質の同定に成功した。(2019/11/14)

医療技術ニュース:
プロテインキナーゼNが関与する心不全の新規メカニズムを解明
名古屋大学は、プロテインキナーゼNを除去することで、心不全関連遺伝子の発現が抑えられるという心不全の新たなメカニズムを解明した。今回の研究成果により、心不全の新たな病態解明や治療薬開発につながることが期待される。(2019/11/13)

FAニュース:
ガラス製マイクロ化学チップを安価に量産、パナソニックがレンズ生産技術を応用
パナソニックとマイクロ科学技研は、環境センシングや血液検査、製薬用装置などに用いられているガラス製のマイクロ化学チップをガラスモールド工法で量産する技術を共同開発した。従来のフォトリソグラフィーとエッチングによる工法と比べて、大量生産が可能になるとともに、約10分の1の低コスト化、約10倍の高精度化も実現できるという。(2019/11/8)

パナ独自の技術応用:
ガラス製マイクロ化学チップ、低コストで大量生産可能に
パナソニックとマイクロ化学技研は2019年11月6日、ガラスモールド工法によってマイクロ流路チップの量産を可能にする技術を開発した、と発表した。従来の10分の1のコストで月産数万枚を量産できるといい、2020年度の量産対応を目指す。(2019/11/8)

“筋肉市場”を狙う:
なぜナチュラルローソンはカンガルーの肉を売ろうと考えたのか
ナチュラルローソンで筋肉関連商品の売り上げが伸びている。美容効果と“筋肉ムキムキ”効果を求めるお客に訴求。カンガルーの肉やゆで卵を売る理由とは?(2019/10/28)

医療技術ニュース:
脳損傷後の機能回復過程で新たに形成される神経路を発見
産業技術総合研究所と理化学研究所は、脳損傷後の機能回復過程で新たに形成される神経路を発見した。脳損傷後に適切な脳の変化を促すことで機能を回復する、ニューロリハビリテーション技術の開発に寄与する成果だ。(2019/10/25)

黒沢かずこ、41歳の誕生会に光浦靖子、オカリナ、椿鬼奴ら 「体調の話が多い」と“中年”女芸人のリアルな一夜に
体調の話題が増えるのわかる。(2019/10/20)

世界を読み解くニュース・サロン:
髪の毛1本で病気を発見? 日本発「毛髪診断」が秘める可能性
健康診断には痛みや不快感が伴うことも少なくないが、その概念を変えるかもしれないプロジェクトが日本で進んでいる。「毛髪」の細胞から入手する健康データを分析する取り組みだ。私たちもこの研究に参加できる。日本発の技術が世界を驚かせるかもしれない。(2019/10/10)

医療技術ニュース:
多剤耐性化を引き起こす薬剤排出ポンプの進化を解明
大阪大学は、細菌の多剤耐性化に関与するRND型薬剤排出ポンプを解析し、インフルエンザ菌のRND型薬剤排出ポンプによって、多剤耐性化が引き起こされる潜在的リスクを解明した。(2019/10/7)

「雑務減らして練習増やす」「社内メール使いません」――東大アメフト部とメルカリの「Slack」活用術
チャットツール「Slack」を提供する米Slack Technologiesが、カンファレンス「Frontiers Tour Tokyo」を開催。講演には東京大学アメフト部やメルカリなど、Slackと外部ツールを連携させている顧客が登壇。業務効率化などに役立つ活用法を紹介した。(2019/9/18)

お金のライザップ? なぜ30万円払って「お金」のパーソナルトレーニングを受けるのか
マンツーマンで指導を行うパーソナルトレーニングの流れが、金融教育にも起きてきている。bookeeは、「お金のパーソナルトレーニング」を提供するスタートアップ企業だ。設立メンバーはサイバーエージェント出身者が中心となり、ライザップのトレーナーなども参画している。(2019/9/11)

医療技術ニュース:
生きたままの細胞を精密に分画することに成功
東京大学と京都大学は、人工RNAを細胞に導入することで、細胞内の複数のマイクロRNAを検知し、iPS細胞を含む異なる細胞集団を生きた状態で精密に分画すること、iPS細胞の分化過程を識別することに成功した。(2019/9/11)

圧倒的不審者の工房:
「全て人間の毛で作られています」→ マネキンの髪から「リアルな犬の髪留め」を作る動画が完全に不審者
前回の「爪 婚約指輪」に続く、メンヘラっぽい動画の第2弾です。(2019/9/14)

SNSバレは怖くない:
勝ち残ったのはどちら? ローソンのテスト販売、その舞台裏に迫る
コンビニのテスト販売はどのように行われているのか? ローソンは2種類の新型サンドイッチの売り上げを比較する実験を行った。どちらが勝ち残ったのか。(2019/9/5)

変換効率はほぼ100%:
東大、高分子半導体でイオン交換現象を発見
東京大学大学院新領域創成科学研究科の研究チームは、半導体プラスチック(高分子半導体)でもイオン交換が可能なことを発見した。(2019/9/2)

iPS細胞の生みの親・山中教授が講演 「研究者になったワケ」「ゲノム編集への危機感」など語る
JSYが8月22日に開いた後援会に、京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授が登壇。過去の経験や、科学技術の発展における懸念点などについて語った。山中教授が研究者を志したきっかけは、父親の死だったという。(2019/8/23)

「今のカルピスは飲んだあと白い塊が残らない」と話題に → 実は2002年から改良されていた
昔は一部で「カルタン」などと呼ばれ、擬人化されていたものです。(2019/8/22)

福田昭のデバイス通信(196) 2019年度版実装技術ロードマップ(7):
インフルエンザウイルスを高い感度で検出するバイオセンサー
今回は、「メディカル・ライフサイエンス(医療・生命科学)」から後半部分の概要を報告する。特に、2017年度版ロードマップの読者アンケートで関心が高かった「バイオセンサー」に焦点を当てる。(2019/8/20)

圧倒的不審者の工房:
1年かけて集めた「爪」で婚約指輪を作る → 理解を超えた作品に困惑と「吉良吉影」の声が上がる
圧倒的不審者ッッッ!(閲覧注意)(2019/8/17)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
筋肉の夏、モノづくりの夏
鶏むね肉をおいしく食べたい。(2019/8/15)

医療技術ニュース:
遺伝情報、脂質膜、エネルギー供給を備えた人工細胞を開発
九州大学は、脂質膜の境界を持ち、エネルギーのやり取りをしながら自律的に遺伝子発現するバイオリアクター「オンチップ膜融合型人工細胞」をミネソタ大学と共同で開発した。(2019/8/14)

福田昭のデバイス通信(195) 2019年度版実装技術ロードマップ(6):
電子産業が「医療・生命科学」に期待するもの
今回は、「メディカル・ライフサイエンス(医療・生命科学)」から前半部分の概要を報告する。同分野でのエレクトロニクス技術に対するニーズや、エレクトロニクス技術が貢献できそうな事柄には、どんなものがあるのだろうか。(2019/8/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。