ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「たんぱく質」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「たんぱく質」に関する情報が集まったページです。

世界を「数字」で回してみよう(65)番外編:
あの医師がエンジニアに寄せた“なんちゃってコロナウイルスが人類を救う”お話
日本でもいよいよ新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種が始まりました。収束のメドが立たない現状においてワクチンが“希望の光”であることは確かですが、やはり恐怖心はそう簡単に拭い去れるものではありません。あの“轢断のシバタ先生”から、長文のメールが届いたのはそんな時でした。今回も超大作のそれには、現役医師によるワクチンの考察と分析がつづられていたのです。(2021/2/26)

第49回 ホテルレストランショー:
コロナに対する抗ウイルス機能を備えた壁紙、接触から24時間後にウイルス数を95%削減
シンコールインテリアは、新型コロナウイルスやノロウイルスなどに対する抗ウイルス機能を備えた壁紙「トルウイルス S」を2021年2月1日に発売した。(2021/2/18)

医療技術ニュース:
動物由来の成分を使わずにiPS細胞から大量の再生T細胞を培養
京都大学は、動物由来の成分を使用せずに、大量にT細胞を得る方法を開発した。この手法を用いてiPS細胞から作製したT細胞は、がん細胞を攻撃する能力を持っており、がん免疫療法に利用できる。(2021/2/15)

なかやまきんに君、“本業”の筋トレでYouTubeチャンネル登録者数100万人を突破 「アルバイトのお笑いも頑張ります」
ついにYouTuberとしての大台へ。(2021/2/12)

「食の進化は止まらない」 カップ容器でそのまま作れる「日清 お好み焼セット」がボウル要らずで便利と話題、開発経緯を聞いた
洗い物の手間を削減。(2021/2/10)

医療技術ニュース:
微量の匂い分子を検出する、蚊の嗅覚受容体を利用した匂いセンサーを開発
東京大学と神奈川県立産業技術総合研究所は、蚊の触覚に存在する嗅覚受容体を人工の細胞膜上に組み込んだ匂いセンサーを開発し、呼気に混合した微量の腫瘍マーカーを嗅ぎ分けることに成功した。(2021/2/9)

花粉シーズンの換気で室内の花粉を減らす方法 雨の後は要注意
感染予防のために換気が必要とされる中、花粉対策とどう両立させるか。帝京大学大学院の槇村浩一教授が室内の花粉量を抑えながら換気する方法を紹介した。(2021/2/5)

材料技術:
世界が挑む「バイオものづくり」、日本は高機能化学品にチャンス
NEDOが短信レポート「環境・エネルギー分野へ貢献するバイオ産業 ―バイオものづくりの課題と可能性―」について説明。日本政府の「バイオ戦略」や「グリーン成長戦略」の達成に求められる「バイオものづくり」を、日本国内でどう進めるべきかについての分析を報告した。(2021/2/4)

医療機器ニュース:
単一神経細胞レベルの研究に利用できる蛍光ガラス素材を開発
東京大学は、パッチクランプ記録法に使うガラスに蛍光を付与し、GFP標的タンパク質と同時に可視化できる蛍光ガラス電極を開発した。蛍光顕微鏡下での細胞操作の改善が期待される。(2021/1/28)

お米のような大豆食品「ダイズライス」をフジッコが開発 本格販売に先駆けクラウドファンディングを開始
電子レンジで温めるだけで食べられます。(2021/1/27)

大豆なのに、まるでお米「ダイズライス」試作品発売 フジッコが「主食革命」
大豆なのに、まるでお米のように食べられる――フジッコは、大豆を主原料にしたお米状の食品「ダイズライス」を開発し、試作品を完成させた。「CAMPFIRE」を通じて限定販売し、顧客からの意見を集める。(2021/1/27)

事例紹介:
今年ブレイクしそうな「アップサイクル」、どうやって活用しているのか
「アップサイクル」という言葉をご存じだろうか。不要になったモノに新たな付加価値を与え再利用することだが、今年ブレイクしそうな予感が漂っているのだ。アップサイクルを活用している事例を見ると……。(2021/1/26)

国内初“即席オートミール”発売 お湯注いで1分、「ニューノーマルな主食を提案」
旭松食品は、国内初というオートミールの即席カップ食品を発売する。「きのこクリーム」「まろやかチキン」「紀州うめ」の3種類。(2021/1/21)

0.5ppbレベルの匂いを検出:
蚊の嗅覚受容体を用いた匂いセンサーを高精度化
東京大学および、神奈川県立産業技術総合研究所の研究グループは2021年1月、呼気に混合した0.5ppbレベルの微量の匂い物質を検出できる匂いセンサーを開発したと発表した。(2021/1/15)

モノづくり最前線レポート:
目指すところは同じ――「富岳」が導くSociety 5.0の実現と新型コロナへの貢献
理化学研究所 計算科学研究センター長の松岡聡氏は「第13回スーパーコンピューティング技術産業応用シンポジウム」の基調講演に登壇した。本稿では「富岳:『アプリケーション・ファースト』でSociety 5.0を志向して研究開発された世界トップのスパコンとその技術」をテーマに行われた松岡氏の講演内容をレポートする。(2021/1/12)

ワクチンどうなる、治療薬は? コロナとの闘い続く
昨年1月に初めて国内で感染者が確認された新型コロナウイルスは、1年間にわたって猛威をふるい、3度の感染の波を作りながら多くの命を奪ってきた。ただ、ウイルスと闘うための武器もそろい始めてきている。(2021/1/2)

DeepMind、ルールを教えなくても「パックマン」などでハイスコアを出せるAIシステム「MuZero」
Alphabet傘下のDeepMindが、ゲームのルールを教えなくても囲碁や将棋、Atariの「パックマン」などで強さを見せる新しいAIシステム「MuZero」を発表した。新たな動画圧縮技術の開発他、複雑な問題解決に応用していくとしている。(2020/12/24)

宇宙開発:
宇宙空間未達や打ち上げ延期が続くMOMO、エンジンシステムを「根本的に」見直す計画
インターステラは2020年12月21日、同社が開発する低価格かつ量産可能な観測ロケット「MOMO」の改良開発計画について発表した。エンジンシステムに加えて、MOMOのコンポーネントを根本的に見直す方針だ。また、併せて新会社Our starsの設立も発表した。(2020/12/23)

ピンポン玉大の超小型衛星数千個を編隊飛行 ロケットベンチャーが衛星事業に参入
ロケット事業は開発から打ち上げまでに多くの時間と資金が必要となる。より短期で資金回収できる衛星事業との組み合わせで事業基盤の強化を図る。(2020/12/22)

「すごい美人になってる!」「努力の賜物だ……」 ゆうこす、7キロ減の“ビフォーアフター”が別人レベルに垢抜ける
ここまで変わるんだ!(2020/12/16)

CAE最前線:
「富岳」で新型コロナ飛沫の大量計算を実施、感染リスクはどこにある?
理化学研究所のスパコン「富岳」を用い、コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する飛沫の飛散シミュレーションが実施されている。理化学研究所が独自開発する流体シミュレーションソフトウェア「CUBE」による飛散シミュレーションの概要、注目すべき結果などについて、理化学研究所 計算科学研究センター チームリーダー/神戸大学大学院システム情報学研究科 教授の坪倉誠氏に話を聞いた。(2020/12/8)

医療技術ニュース:
新型コロナウイルスの中和製剤開発へ、結合力を100倍高めたACE2
京都府立医科大学と大阪大学は、新型コロナウイルスの受容体であるACE2のウイルス結合力を約100倍高めることに成功した。ヒト細胞への感染を阻害する中和タンパク製剤への応用に期待ができる。(2020/12/7)

人工チキンの販売が世界で初めて許可される クリーンな高級肉として提供へ
安全で栄養が高い食品だと判断されました。(2020/12/4)

Google系列のDeepMind、AIシステム「AlphaFold」で「タンパク質折りたたみ問題」で大飛躍 新薬開発への重要な一歩
Alphabet傘下のDeepMindのAIシステム「AlphaFold」が、世界的なタンパク質構造予測コンペ「CASP」で飛躍的なハイスコアを出した。「解明には宇宙の年齢よりも長い時間がかかる」とされる「タンパク質折りたたみ(フォールディング)問題」の解明への大きな一歩だ。(2020/12/1)

医療技術ニュース:
新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を目的とした新会社を設立
ペプチドリーム、富士通、みずほキャピタル、竹中工務店、キシダ化学の5社は、新型コロナウイルス感染症治療薬を最短で開発するため、共同出資会社「ペプチエイド」を設立した。(2020/11/24)

6年間の引きこもりは「最高だった」 元“世界一即戦力な男”の作家・菊池良さんに聞く普通な生き方、ヘンな生き方
ヘンな人に「普通/ヘン」の考え方を聞くインタビュー企画。(2021/1/22)

「世界4冠」連覇の富岳 コロナ克服へ威力
新型スーパーコンピューター「富岳(ふがく)」がスーパーコンピューターの性能を競う4つの世界ランキングを2期連続で制した。(2020/11/19)

医療技術ニュース:
アレルギー性皮膚炎の新しい発症制御メカニズムを発見
東北大学は、アレルギー性皮膚炎の発症制御に脂肪酸結合タンパク質3型が重要な役割を果たしていることを明らかにした。妊娠期の母体における脂質栄養摂取が、子のアレルギー性疾患発症の可能性に関与することが示唆された。(2020/11/19)

身近な接種困難か:
新型コロナワクチン実用化秒読み、課題は?
新型コロナウイルス感染症に対する「切り札」と期待される予防ワクチンの実用化が秒読み段階に入っている。体制面の課題は……。(2020/11/14)

医療技術ニュース:
人工植物ホルモンによる動物細胞の高感受性タンパク質分解系を確立
名古屋大学は、タンパク質の機能解析に重要となる、人工オーキシンを用いた高感受性タンパク質分解系を確立した。従来の手法より1000倍高い感受性を示し、低毒性の分解系として、タンパク質の機能解析や創薬での利用が期待できる。(2020/11/12)

医療技術ニュース:
息を用いた無侵襲の新型コロナウイルス検査法を開発
東北大学と島津製作所は、自然に吐く息を用いた無侵襲の呼気オミックス解析法による新型コロナウイルス検査法の開発に成功した。(2020/11/5)

あえて「ぬるい温度」:
富士そば、筋トレ好き層に向けた「筋肉もりもりそば」発売 その理由は?
富士そばが筋トレサポートメニュー「筋肉もりもりそば」(税込680円)を11月6日に発売する。コロナ禍で増えた筋トレ好き層に向けた新商品だ。そば店で筋肉……その理由は?(2020/10/29)

今週のセブン-イレブン新商品ピックアップ(10月27日〜) 「ウィーン発祥 ザッハトルテ」が今年もやってきます!
例年話題になるザッハトルテが登場です。もう冬だな〜。(2020/10/28)

前年比17%増:
プロテインパウダーの市場拡大 コロナ太り解消目指し需要高まる
富士経済は、タンパク補給食品の国内市場の状況をまとめた調査結果を発表した。2020年のプロテインパウダーの市場規模は、680億円(前年比17.0%増)まで成長すると見込む。コロナ太りや、運動不足解消のため自宅でトレーニングをする人が増えたことから需要が高まっている」と分析。(2020/10/26)

無印良品の「糖質10g以下のカレー」に新味が出るよ! 「チキンの豆乳クリームカレー」「チーズときのこのカレー」
糖質もカロリーも低めのカレーです。(2020/10/26)

業界初、大豆でできた「代用肉」を提供する焼き肉チェーン登場 「焼肉ライク」で11月1日から
本物と食べ比べたい。(2020/10/24)

宇宙でiPS細胞培養 野口さんISSミッションで
宇宙航空研究開発機構は、11月に国際宇宙ステーションへ向かう野口聡一さんら宇宙飛行士がISSの日本実験棟「きぼう」で、人工多能性幹細胞を使った実験を行うと発表した。(2020/10/21)

「時産家電」市場を狙う:
販売台数は前年比3倍! シャープの水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」開発者に聞く――共働き家庭の必需品に
シャープが2015年に発売した水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」がヒットを続けている。派手な宣伝戦略を取っていないにもかかわらず、2020年の4〜6月の販売台数は前年比3倍まで急増した。開発者に舞台裏を聞いた。(2020/10/20)

今週のセブン-イレブン新商品ピックアップ(10月13日〜) 「トイ・ストーリー」スイーツ3種がかわいい
ハムとエイリアンがカップケーキになりました。(2020/10/14)

医療技術ニュース:
新型コロナウイルスを捕捉、不活性化する人工抗体を4日間で作製
名古屋大学は、新型コロナウイルスを捕捉、不活性化する人工抗体を作製した。独自に開発した人工抗体作製技術を用いて、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質に結合する人工抗体をわずか4日間で同定した。(2020/10/14)

ファミリーマートの「グリルチキン」、商品によって2倍近く内容量違う? 少なすぎると法令を満たさない恐れも
経産省は「仮に誤差下回る商品が存在する場合は法令を満たしていない可能性がある」とコメント。(2020/10/12)

新型コロナ研究のオープンデータを集約したWebサイト NIIなど公開
国立情報学研究所(NII)と国立遺伝学研究所(NIG)が新型コロナに関する研究のオープンデータを集約したWebサイトを開設した。(2020/10/5)

食いしん坊ライター&編集が行く! フードテックの世界:
大豆を“肉”にどう変える? 焼肉やステーキはできる? ファミマと不二製油に聞いた
焼き肉やステーキなど、ごちそうに直結する食材である肉。肉に代わる食材として「大豆ミート」が注目を集め、最近はコンビニでも手に入るようになった。大豆ミートはどのように作られ、なぜ注目されているのか――国内でいち早く開発に取り組んできたファミリーマートと不二製油に聞いた。(2020/9/30)

医療技術 インタビュー:
パンデミック時代における創薬現場の課題にデジタル技術がどう貢献するのか
先進技術を活用し、創薬の負担を低減するために、さまざまな最先端の技術活用や産業連携などを進めているのが、米国スタンフォード大学 医学部 麻酔科 創薬・創医療機器開発機構所長を務める西村俊彦氏である。同氏に創薬の現場における課題と、医療分野におけるデジタル技術の活用、日本と海外での違いなどについてオンラインインタビューで話を聞いた。(2020/9/29)

otomo pack(オトモパック):
「令和版きびだんこ」を目指す カルビー、コロナ時代の”ひとやすみ”に新シリーズ
カルビーは、仕事の休息時などに適量を楽しめる包装を採用した新シリーズ「otomo pack」を発売。同社の調査で、テレワーク中の「ひとやすみ」に飲食をして気分転換を図る人が多いことが判明。「一口で食べられる」「手が汚れない」「コンパクトサイズ」を求める需要に応える。(2020/9/28)

加藤綾菜、夫・加トちゃんへ彩り豊かな“愛妻弁当” 「品数も多いし栄養満点」「本当に良い奥さん」
加トちゃんがうらやましい……!(2020/9/27)

今週のセブン-イレブン新商品ピックアップ(9月22日〜) 「紅茶香るシフォン」「生チョコアイス」「ごろっとフルーツサンド」
生チョコアイスがやってくるぞ!(2020/9/23)

イノベーションは日本を救うのか(37)番外編:
コロナ後の新しい価値観を探る 〜3つのウェルネスとデジタルアクセラレータ
コロナ禍は、新しい価値観を探る機会なのではないか。こうした中、筆者は最近、今後の世界観あるいはフレームワークとして、「3つのウェルネスとデジタルアクセラレータ」を提唱している。今回は番外編として、これらの考え方を紹介したい。(2020/9/16)

今週のセブン-イレブン新商品ピックアップ(9月8日〜) 「5種具材のつるりん豆花」「5種のチーズ肉まん」ほか
(2020/9/9)

90%以上減少:
シャープが実証、プラズマクラスターに空気中の新型コロナウイルス減少効果
シャープは、同社の空気浄化技術「プラズマクラスター」について、空気中に浮遊する新型コロナウイルスの減少効果があることを実証した。長崎大学などと実験を行い、プラズマクラスターイオンの照射によってウイルスが90%以上減少することを確認したという。(2020/9/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。