ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「∞プチプチ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「∞プチプチ」に関する情報が集まったページです。

ついやってしまう「プチプチつぶし」、始まったのは1970年代? 老舗メーカーに聞いた気泡緩衝材“プチプチ”の歴史
10年前、夢中になった「∞プチプチ」誕生の秘密も。(2017/11/4)

可能性はあるみたいです:
気持ちを切りかえるスイッチ? 100円で発売
バンダイは、ガシャポン専用の新商品「パチッと切りかえ! ココロスイッチ」を1月14日に発売する。「急げ!/落ち着け!」「怒/まーいっか」など12種類。(2014/1/8)

スイッチの切り替えを半永久的に楽しめるカプセルトイ「パチッと切りかえ! ココロスイッチ」1月発売
視界に入るとなんとなく切り替えたくなるスイッチ、上下にパチパチし放題。(2014/1/8)

3億円が2100円で手に入る ただし1/6サイズです
まさに一生遊んで暮らせる夢の3億円生活をあなたに。3億円でどんな遊びしようかな?(2011/10/5)

App Town ゲーム:
プチプチをつぶして楽しむiPhoneゲーム「Bubble Packing」
「プチプチ」をつぶして萌え絵が見られる無料ゲームアプリ「Bubble Packing」が登場。(2011/8/23)

あの“梶本研究室”に行ってみた(後編):
ゲームと「触覚」は相性がいい? 触覚デバイスがもたらすコミュニケーションの未来像とは
なぜ「触覚デバイス」は普及していないのだろうか。後編となる今回は、学生たちを指導する梶本裕之先生に、触覚デバイスの課題や、触覚研究の可能性についてうかがった。(2011/7/13)

震災でも活躍、なぜかプチプチしたくなる「プチプチ」のハナシ
みんなが知っている「プチプチ」の正式名称は「気泡緩衝シート」。チリの岩盤事故で作業員たちのストレス解消に役立っただけでなく、今回の大震災でも活躍しているのだという。(2011/3/29)

明治製菓とコラボ:
ユーザーのアイデアから生まれた「∞チョコレート」、ホントに発売
バンダイは、キーチェン型玩具「∞(むげん)チョコレート」を発売する。「明治ミルクチョコレート」「明治ハイミルクチョコレート」「明治ホワイトチョコレート」の3種類。(2010/1/15)

ニョリッと出てくる「∞ところてん」
バンダイは、キーチェーン玩具「∞にできるシリーズ」の最新作「∞ところてん」を12月上旬に発売する。(2009/11/12)

商品化決定!?:
最優秀賞は「∞チョコレート」、バンダイの∞アイデアコンテスト
バンダイは、キーチェーン玩具「∞(むげん)にできるシリーズ」のアイデアを募集したコンテストの結果を発表。最優秀賞は「∞チョコレート」。優秀作品には「∞セレブ」「∞桃太郎」「∞布団のふち」の3つが選ばれた。(2009/6/18)

あなたの“∞(むげん)にしたいコト”を商品化、バンダイが公募開始
バンダイは、キーチェーン玩具「∞にできるシリーズ」のアイデアを一般ユーザーから募集する「∞(むげん)アイデアコンテスト」を開催する。最優秀作品に選ばれたアイデアは実際に商品化されるという。(2009/4/30)

“プシュッ!”が無限に楽しめる「∞缶ビール」
でも、飲めません。(2009/3/26)

ねえ、知ってる?:
「∞エダマメ豆しばバージョン」が「パート2」になるんだって
枝豆から納豆。(2009/2/23)

ヒトの本能をつんつん刺激する? 「ツッツキバコ」の正体
バンダイの「ツッツキバコ」は、穴があれば中を探りたくなるという人間の心理を巧みに利用した新タイプの玩具だ。しかし、利用したものはそれだけではなかった。(2008/10/22)

今度はアタリ付き:
プチプチ、エダマメの次は……ペリペリ? バンダイ「∞ペリペリ」登場
バンダイは、キーチェーン玩具「∞ペリペリ」を11月下旬に発売する。あの「∞プチプチ」、「∞エダマメ」に続くシリーズ第3弾。ちなみにペリペリというのは……?(2008/10/2)

ねえ、知ってる?:
「豆しば」が「∞エダマメ」になるんだって
毎日ひとつ。(2008/8/25)

日々是遊戯:
子供にゃもったいない!? 「東京おもちゃショー」で見つけた“オトナ向け”な玩具たち
今回の「東京おもちゃショー」を見てみて感じたのが、意外に“オトナ向け”の玩具が多いということ。今回はそんな「オトナのオモチャ(いかがわしい意味ではなくて)」たちをご紹介。(2008/6/25)

「∞エダマメ」に“珍種”登場
バンダイは、キーチェーン玩具「∞(むげん)エダマメ」の新色として「珍種発見!? ∞エダマメ」を発表した。ほかの野菜や果物とエダマメが結婚したという設定で4色をラインアップ。(2008/6/24)

「東京おもちゃショー2008」直前:
第1回「おもちゃ大賞」にバンダイ「∞にできるシリーズ」など5作品
日本玩具協会は、新たに創設した「第1回日本おもちゃ大賞」の受賞作5作品を表彰した。時代のキーワードをとらえたおもちゃを選出する「トレンディ・トイ」部門では、バンダイの「∞にできるシリーズ」が大賞を受賞。(2008/6/18)

エダマメ無限地獄へようこそ
バンダイの「∞エダマメ」は、「∞プチプチ」に続く癒し系アイテムの第2弾。今度は枝豆をつまんだときに“チュルッ”と豆が飛び出す感触を忠実に再現したらしい。例によって企画・開発を担当したバンダイ高橋氏に詳しい話を聞いた。(2008/4/3)

ビールのお供に:
プチプチの次は“枝豆” バンダイ「∞エダマメ」収穫開始
バンダイは、キーチェーン玩具「∞エダマメ」を4月下旬に発売する。枝豆がさやからでてくるときの“チュルッ”とした感触を完全再現。なぜか顔も描いてある。(2008/4/3)

Wiiウェア「∞プチプチ」ほか、バンダイナムコゲームスからは2タイトル
(2008/3/11)

ケータイでも“プチプチ”が楽しめる?──黒崎工業のiアプリ「KERO PUTI」
黒崎工業は2月6日、川上産業の協力を得て作成したiアプリ「KERO PUTI」を発売した。緩衝材の「プチプチ」を指ではじく感覚を、携帯画面上で実現する。(2008/2/7)

プチプチ無限地獄へいらっしゃいませ、ご主人様
バンダイの「∞プチプチ」は、人間の本能に潜む“ぷちぷちしたい”欲求を満たしてくれる無駄アイテム。そして、3月に登場する第2弾「∞プチプチ ぷち萌え」は、“別の本能”にも訴えかける癒しプチプチに進化してしまった。前回に続き、バンダイ 高橋氏に話を聞いた。(2008/2/7)

おねだりボイス搭載:
「∞プチプチ」第2弾は“ぷち萌え”
バンダイは、「∞プチプチ」の第2弾「∞プチプチ ぷち萌え」を3月8日に発売する。プチプチしていると、50回に1回の割合で「萌えボイス」が聞ける癒し系アイテム。しかも、放置すると“おねだり”してくる。(2008/2/7)

「∞プチプチ」が販売数100万個突破、新色を追加
人間の本能に潜む、飽くなき“ぷちぷちしたい欲求”をトコトン満たしてくれるキーチェーン玩具「∞プチプチ」に新色が加わる。しかも2種類だ。(2007/12/10)

バンダイ、「∞プチプチ」の最終仕様を公開
バンダイは8月27日、エアパッキンを模したキーチェーン玩具「∞プチプチ」の完成披露パーティを催した。双子のお笑いコンビ「ザ・たっち」も登場して∞プチプチにファースト“タッチ”。(2007/8/27)

+D Voice:
玩具の値段、心理的な壁はどこに?
まいどお馴染み、簡単アンケートツール「Quick Poll」。今回のお題は「気になる玩具発見! いくらまで出せる?」というもの。(2007/7/18)

東京おもちゃショー2007:
玩具の“新機軸”に注目
28日に開幕した「東京おもちゃショー2007」。少子化や新型ゲーム機の登場など、玩具業界に逆風が吹く中、メーカー各社は“新機軸”としてユニークな新製品を開発している。今回はインテリア系を見ていこう。(2007/6/29)

プチプチ無限地獄へようこそ
バンダイの「∞プチプチ」(無限ぷちぷち)は、人間の本能に潜む、飽くなき“ぷちぷちしたい”欲求をトコトン満たしてくれる無駄アイテムだ。企画・開発を担当したバンダイ 高橋氏に話を聞いた。(2007/6/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。