ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Q

  • 関連の記事

「Quantum」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Quantum」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Metaが手掛けるスパコン開発【第2回】
Meta(旧Facebook)の自前スパコン「RSC」は何のハードを使っているのか?
Meta Platformsが開発したスーパーコンピュータ「AI Research SuperCluster」(RSC)は、同社のこれまでのシステムとどう違うのか。どのようなハードウェアで構成されているのか。(2022/5/2)

IETF標準になるか
NATOが量子時代用のセキュアなVPNの確立を目指す切実な理由
Post-QuantumによるセキュアなVPN通信をNATOがテストした。まだIETF標準になってもいない技術を使ってでもセキュアな通信の確立を目指すのはなぜか。(2022/4/28)

「量子コンピュータ」実用化へ【第2回】
「量子コンピュータ」市場で生き残るベンダーの条件とは?
量子コンピュータの実用化が進み、市場が活性化すると、ベンダー間の競争が激しくなる可能性がある。量子コンピュータ市場で生き残るのはどのようなベンダーなのか。(2022/4/22)

「量子コンピュータ」実用化へ【第1回】
「量子コンピュータ」の現状とは IBMとQuantinuumの製品から理解する
量子コンピュータの実用化に向けた取り組みが進んでいる。主要ベンダーであるIBMとQuantinuumが2021年に発表した関連製品や技術から、量子コンピュータの動向を探る。(2022/4/15)

NISQ時代の量子コンピューティング【後編】
量子コンピュータの常温稼働と量産可能性が一歩前進
量子コンピュータ実用化を阻む課題は多い。絶対零度付近まで冷却する必要がなくなれば可能性が大きく広がる。大量の量子ビットの実装には量産性も欠かせない。その分野の研究動向を紹介する。(2022/4/12)

IoTセキュリティ:
ポスト量子暗号に対応、組み込みシステム向けセキュリティライブラリを発表
wolfSSL Japanは、組み込みシステム向けセキュリティライブラリ「wolfSSL 5.2.0」が、ポスト量子暗号に対応したと発表した。ポスト量子暗号によるプロトコルを、簡単に自社製品のネットワーク接続機能へ組み込める。(2022/4/8)

量子コンピュータによる攻撃に対抗:
1ミリ秒AI推論と耐量子暗号技術を備えるメインフレーム「IBM z16」発表
IBMは、Telumプロセッサを採用した「IBM z16」を発表した。トランザクションの実行中にAI推論が可能なオンチップAIアクセラレーターや、大規模な量子コンピュータが実用化された将来の脅威からもデータを保護するという耐量子暗号技術を備える。(2022/4/7)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタを活用し、AIが見立ててデザイナーが具現化した器を展示
ストラタシス・ジャパンとquantumは、AIデザインプロジェクト「mitate」初の展示会を開催する。3Dプリンタを用いて、「mitate AI」が見立ててデザイナーが仕立てた器を造形し、展示する。(2022/4/6)

NISQ時代の量子コンピューティング【前編】
量子コンピュータの「ノイズ問題」を解決する画期的なアイデアとは?
現段階の量子コンピュータには、計算中にノイズが発生するという問題がある。このノイズをいかに除去するか。Algorithmiqは逆転の発想でノイズ問題を解決するという。(2022/4/5)

企業に迫る大容量データの保管問題【前編】
動画データの保存にはまず「テープ」? ただし陥りがちな失敗も
大容量の動画データを保存する場合、どのようなストレージが理想的なのか。動画データの保管において注意すべき点を踏まえつつ、検討すべきストレージのメリットとデメリットを考える。(2022/4/4)

量子コンピュータ:
富岳のプロセッサ活用で高速化、「世界最速級」の36量子ビットシミュレーター
富士通は2022年3月30日、「世界最速レベル」(同社)の量子計算が行える36量子ビットの量子シミュレーターを開発したことを発表した。同社が運用するスーパーコンピュータ「富岳」のプロセッサ「A64FX」の性能を生かしたものとなっている。(2022/3/31)

「富岳」に搭載のCPUを活用:
富士通、36量子ビット量子シミュレーターを開発
富士通は、36量子ビットの量子回路を扱うことができる、並列分散型の「量子コンピュータシミュレーター」を開発した。スーパーコンピュータ「富岳」にも搭載されているCPU「A64FX」を活用するなどして、「世界最速」を実現した。(2022/3/31)

NASAとMicrosoftがDSNで進めるクラウド協業の中身【後編】
NASAが「Azure Quantum」で実現した“爆速計算”の中身 2時間の計算が2分に
NASAのジェット推進研究所(JPL)は、Microsoftの「Azure Quantum」を利用し、通信網「ディープスペースネットワーク」(DSN)に関するスケジュール作成の迅速化に取り組んだ。どのような効果が得られたのか。(2022/3/29)

PQC技術の実用化、まずはVPNに実装:
ソフトバンク、Sandbox AQと共同で量子コンピュータでも破れない暗号化技術の早期実装を目指すと発表
ソフトバンクは2022年3月23日、Sandbox AQと、量子コンピュータの計算速度に耐えうる暗号化技術に関する実証実験を行うためのパートナーシップ契約を締結したことを発表した。(2022/3/28)

NASAとMicrosoftがDSNで進めるクラウド協業の中身【前編】
NASAの「DSN」(ディープスペースネットワーク)とは? 宇宙探査機の通信網
NASAのジェット推進研究所(JPL)は、宇宙探査機の通信網である「ディープスペースネットワーク」(DSN)を運用している。DSNはどのような役割を果たしているのか。(2022/3/25)

2022年第3四半期に提供開始:
NVIDIAがデータセンター向けGPU「NVIDIA H100」を発表 新アーキテクチャ「Hopper」を採用
NVIDIAが、新アーキテクチャのデータセンター向けGPUを発表した。現行のAmpereアーキテクチャから演算能力やデータ点速度を引き上げた他、別売の専用ハードウェア(ラック)を用意することで最大256基のGPUをより高速に連結できる仕組みも用意した。(2022/3/23)

光伝送技術を知る(20) 光伝送技術の新しい潮流(1):
コロナ下の研究停滞がようやく始動、光技術の新潮流が見えてきた
今回から、新シリーズとして、光技術や光モジュール開発の動向をお伝えしていく。コロナの影響で停滞していた研究開発もようやく少しずつ再開されているので、それらの成果発表も随時紹介していきたい。(2022/3/22)

JBL、用途に応じて指向性の切り替えができるゲーミングUSBマイク
ハーマンインターナショナルは、ゲーミングオーディオデバイス「JBL Quantum」シリーズからゲーミングUSBマイク「JBL Quantum STREAM」を発売する。(2022/3/17)

気軽に使える日は来るのか
量子コンピュータの開発段階は「まだ1940年代レベル」
世界中で量子コンピューティングの研究が進められている。クラウド利用も不可能ではなくなった。だが古典コンピュータの開発史に当てはめてみると、まだ1940年代のレベルだという。どういう意味なのか。(2022/3/17)

チップ入手できず開発が滞る:
半導体不足の影響、新興企業にも波及
半導体不足はいまだに続き、解消のメドは立っていない。それどころか、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の収束も見えず、ロシアによるウクライナ侵攻が発生するなど、半導体関連のサプライチェーンが不安定になる要素は増えている。それに伴って、半導体製造の“自国回帰”の動きが進み、半導体への投資は加速している。こうした状況は、ハイテク関連のベンチャー企業にどのような影響を与えているのだろうか。(2022/3/8)

IoTセキュリティ:
量子耐性を備えたPQCアルゴリズムを搭載、インフィニオンがTPMの新製品
インフィニオン テクノロジーズ ジャパンは、同社でマイコンやセキュリティICなどを展開するCSS(コネクテッドセキュアシステムズ)事業の概況を説明するとともに、量子コンピュータ時代に対応する新世代のTPM(Trusted Platform Module)製品「OPTIGA TPM SLB 9672」を発表した。(2022/2/22)

IBM、カナダ・ケベック州に量子コンピュータシステム導入で提携 イノベーションハブ構築を加速
IBMは、イノベーションハブ構築を進めるカナダ・ケベック州に量子コンピュータシステム「IBM Quantum System One」を導入する。量子コンピューティング、AI、HPCなどを活用したエネルギー、ライフサイエンス、サステナビリティ分野の研究・開発を支援する。(2022/2/14)

IonQとHyundaiが協業:
量子コンピュータを活用しEV用電池材料の研究開発へ
IonQとHyundai Motorは、新しい変分量子固有値ソルバー法(VQE:Variational Quantum Eigensolver)を共同で開発すると発表した。バッテリー化学におけるリチウム化合物や化学的相互作用の研究に適用することができるという。(2022/2/8)

「物理的な攻撃を受けても情報漏えいしない」:
「物理的攻撃を使った解読」から耐量子計算機暗号を守る技術を東北大学とNTTが共同開発
東北大学電気通信研究所の環境調和型セキュア情報システム研究室とNTTの社会情報研究所は共同で、ソフトウェアやハードウェアとして「耐量子計算機暗号」を安全に実装する技術を開発した。(2022/2/7)

データの永久保存方法【後編】
ドイツの大学が「テープ」でデータを永久保存 長年蓄積したノウハウとは?
データを永久保存するには、長年にわたって適切にデータを扱わなければならない。貴重なデータを豊富に抱えるゲッティンゲン大学は、どのような方法を採用しているのか。(2022/2/3)

データの永久保存方法【前編】
データを「永久保存」する方法 ドイツの大学が持つ歴史的に貴重なデータとは?
重要なデータの中には、長期保存ではなく永久保存が必要になるものもある。ドイツのある大学が、貴重なデータを永久保存するための方法を模索している。(2022/1/26)

Meta(旧Facebook)、メタバース構築に向けてNVIDIAと共同で高速AIスパコン構築中
Meta(旧Facebook)は「AI Research SuperCluster(RSC)」を発表した。NVIDIAのGPUシステムを採用しており、2022年半ばに完成の見込み。有害コンテンツの特定に役立ち、メタバース構築を支える。(2022/1/25)

野村證券やNICTが検証:
量子暗号通信は金融分野で使えるのか
近年、金融分野ではサイバー攻撃の増加やデジタル化の進展など、システムを取り巻く環境が大きく変わり、セキュリティ対策についてより一層の強化が求められている。特に取引処理の遅延が機会損失の発生につながる株式取引では、膨大な量の取引データ伝送に耐えられ、低遅延な通信方式が必要とされている。野村證券やNICTなど5者は、量子暗号通信がどの程度利用できるのかを検証した。(2022/1/24)

フラッシュ全盛でも「テープ」に根強い需要
「テープ」が使われ続ける納得の理由 ファンなら分かるLTOの利点とは
ストレージベンダーが投入する「LTO-9」準拠のテープ製品がテープ分野を盛り上げている。業界関係者はテープ市場の先行きは明るいと言う。どのような事情があるのか。(2022/1/10)

見直される「テープ」の存在【後編】
「テープ」が大容量化でHDDを置き去りに? 10年で数十倍増も実現か
日々さまざまなデータを扱う中で、企業が保管するデータは増える一方だ。こうした中でデータ保管用のストレージとして進化を続ける「テープ」の注目点を紹介する。(2022/1/13)

AI・機械学習の業界動向:
2022年の「AI/機械学習」はこうなる! 8大予測
2021年は、Transformerを中心に技術が発展し、日本語モデルの利用環境も整ってきた。また、ローコード/ノーコードをうたうAIサービスも登場した。2022年の「AI/機械学習」界わいはどう変わっていくのか? 幾つかの情報源を参考に、8個の予測を行う。(2021/12/27)

4K/144Hzで色鮮やかな画面! ASUSの32型「ROG Swift PG32UQ」は長く使える相棒になれるか試してみた
一度買うと、長く付き合う周辺機器の筆頭格が液晶ディスプレイだ。最近のキーワードであるHDMI 2.1/4K表示/高リフレッシュレート/HDR対応といったポイントを網羅している、ASUS JAPANの「ROG Swift PG32UQ」をチェックした。(2021/12/15)

量子コンピュータ:
量子コンピュータ市場は2027年までに86億ドル市場に成長すると予測
IDC Japanは2021年12月9日、量子コンピュータの市場予測レポートを発表した。量子コンピューティング技術の発展によって、将来的な市場成長が進むとしている。(2021/12/14)

NECが量子コンピューティングクラウドサービスを提供開始 組み合わせ最適化問題を高速に解決
NECは、D-Wave Systemsの量子コンピューティングクラウドサービス「Leap Quantum Cloud Service」の販売を世界で開始する。大規模な組み合わせ最適化問題をいかに高速に解決できるか。(2021/12/8)

NEC、D-Waveのクラウドサービス販売 Webブラウザで量子コンピュータ活用、日本語サポートも
NECがD-Wave Systemsのクラウドサービス「Leap Quantum Cloud Service」をグローバルで販売する。日本向けには日本語による顧客サポートも提供する。(2021/12/7)

IBMが100量子ビット超え量子コンピュータ 1000量子ビット向け次世代システムも23年に予定
米IBMが、127量子ビットの量子コンピューティングプロセッサ「Eagle」を発表し、実用的な大規模量子コンピュータの開発に向けてロードマップ通りの量子ビット数を達成した。さらなる大規模化に向けた次世代システム「IBM Quantum System Two」の計画も明かした。(2021/11/17)

変わるHCIとベンダーの考え【前編】
Nutanix、VMware、Dellを「新HCI」が追う 今後のメインストリームは?
「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)市場に注目すべき変化がある。NutanixやVMwareの動きに加えて、主要ベンダーを追う注目ベンダーの動向をまとめる。(2021/11/8)

テープ市場は拡大の一途【後編】
「LTO-9」を企業が待ち望んだ訳 大容量だけではないテープの進化
テープ規格「LTO-9」の準拠品が登場した。テープユーザーはこれを待ち望んでいた。大容量化だけではない、LTO-9のメリットとは。(2021/10/27)

組み込み開発ニュース:
東芝が量子暗号通信システムの半導体チップ化に成功、工場などへの展開も視野に
東芝が、量子暗号通信システムについて、従来の光学部品による実装に替えて光集積回路化した「量子送信チップ」「量子受信チップ」「量子乱数発生チップ」を開発し、これらを実装した「チップベース量子暗号通信システム」の実証に成功。量子暗号通信を光集積回路ベースで実装したのは「世界初」(同社)だという。(2021/10/22)

QLNP普及に向けた第一歩か:
量子自然言語処理向けツールキット「lambeq」がオープンソースで公開 ケンブリッジ・クオンタム
ケンブリッジ・クオンタムは、量子自然言語処理向けツールキット「lambeq」をオープンソースとして公開した。Python 3.7以上に対応する。文章を量子回路に変換し、量子計算機を活用して自然言語処理アプリケーションを開発できる。(2021/10/21)

テープ市場は拡大の一途【中編】
HDDとSSDにはない「テープ」の強さ 見切りを付けた企業も“使いたくなる”理由
テープに再注目する動きがある。各種のストレージが出回る中で、企業はテープの何にメリットを見いだしているのか。その理由を探る。(2021/10/20)

量子コンピュータへの道
量子コンピューティング実現の障害である環境ノイズを機械学習で解決
環境ノイズは量子コンピューティングにおける課題の一つだった。機械学習を応用することで、量子コンピューティングのエラーに際して環境ノイズとそれ以外の分離が可能になった。その意義とは?(2021/10/15)

テープ市場は拡大の一途【前編】
「テープ」が再び脚光を浴びた理由 普通のストレージにはない“ある利点”
テープはパンデミックによって出荷容量がいったん落ち込んだが、そのパンデミックによって新たな需要も生まれているという。テープが再び脚光を浴びた理由とは。(2021/10/12)

量子暗号通信による大都市圏向けデータ通信サービス、東芝がロンドンで実証実験へ
東芝は、理論上「盗聴が不可能」とされる「量子暗号通信」を用いたデータ通信網の実証実験を、英通信大手BTと共同でロンドンで開始。商業利用に向けた量子暗号通信ネットワークの可能性を検証する。(2021/10/11)

大阪大と富士通、共同研究部門新設:
誤り耐性量子コンピュータの研究開発体制を強化
大阪大学と富士通は、大阪大学の「量子情報・量子生命研究センター(QIQB)」内に、両者の共同研究部門として「富士通量子コンピューティング共同研究部門」を設置した。誤り耐性量子コンピュータの実現に向けて、研究開発体制を強化するのが狙い。(2021/10/5)

制作スタジオを支えるストレージシステム【後編】
メディア企業がNVMeストレージとテープを好んで使う理由 Quantumを選んだ決め手は
映像制作会社のEFDは大量データを扱う将来的な事業拡大を見据え、Quantumのストレージシステムを採用した。どのような仕組みが必要だったのか。(2021/9/28)

量子コンピュータ:
量子コンピュータが普及しても古典コンピュータは駆逐されないーーIBM
IBMは2021年9月21日、量子コンピュータ関連技術が産業界にもたらす影響などをまとめたレポート「The Quantum Decade」の日本語版を公開した。同社は量子コンピュータのビジネスサービス開発部門「Quantum Industry & Technical Services(QI&TS)」も擁する。(2021/9/27)

制作スタジオを支えるストレージシステム【前編】
映像会社がストレージに「StorNext」を使う訳 “他社もまねしたい”仕組みとは
メキシコのある制作スタジオは、NVMe接続ストレージとテープバックアップを使って事業拡大を見据える。これを支えるのはQuantumの「StorNext File System」だ。(2021/9/22)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
DXの次は「QX」の時代、国内の量子関連技術をどう生かすか
技術開発と社会実装を両輪で進めていかなければなりません(2021/9/21)

量子コンピュータ:
日立がシリコン量子ビットの開発に向け前進、超伝導量子ビットを超えるか
日立製作所(以下、日立)が同社の量子コンピューティング技術について説明。古典コンピュータを用いてアニーリング型の量子コンピューティングを行う「CMOSアニーリング」は事業化の段階に入っている。米中で研究開発が進むゲート型についても、シリコン半導体技術をベースとする「シリコン量子ビット」の開発で一定の成果を得ているという。(2021/9/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。