ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「Rackable」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Rackable」に関する情報が集まったページです。

核心的テクノロジーに注目
2019年注目のストレージスタートアップ“えりすぐりの9社”
ストレージのスタートアップ企業は、成功するよりも失敗に終わる可能性が高い。それでも、意欲のある企業がクラウド、バックアップ、コンバージェンス、フラッシュの革新的テクノロジーに挑んでいる。(2019/3/20)

東京ゲームショウ2016、総来場者数は27万1224人と歴代最多に
PlayStation VRが盛況でした。(2016/9/18)

統計数理研究所、「データ同化スーパーコンピュータシステム」を構築へ
「ビッグデータを活用したデータ中心科学研究」のための新たなスパコンには、SGIのシステムが採用された。(2013/11/18)

日本SGI、コンテナ型データセンターに新モデル――他社のサーバ、ストレージに対応
日本SGIは、同社のコンテナ型モジュラーデータセンター製品を他社サーバ、ストレージに対応させる。アセスメントサービスとあわせ国内初導入を目指す。(2010/7/6)

Architecture for Modular Data Centers:
コンテナ型データセンターは日本に根付くか?
コンテナ型データセンターという日本ではまだなじみが薄いソリューションが持つ可能性について論じてきた本連載も今回で最終回となる。今回は、コンテナ型データセンターの事例を中心に紹介するとともに、その課題について考えます。(2010/1/14)

データセンター最前線:
PR:次の10年、データセンター事業者が共に歩むベストパートナーは?
データセンターのエネルギー効率改善に関しては、既に数多くのアプローチがあるが、米国のデータセンター業界とエネルギー業界で起こっている変化の波は、それらに対して再考を求めている。本稿では、クラウドコンピューティングの基盤プラットフォームとして米Yahoo!やAmazonといった米国の先進的なネット企業から絶大な支持を受ける日本SGIのソリューションを紹介する。(2009/11/24)

SGIのDNAはデータセンターに根付くか
日本SGIは、データセンターサーバ事業への進出を発表。Rackableによる買収を経た新生米SGIが生み出したCloudRackなどを携え、新たな勝負を開始する。(2009/9/16)

Rackable、社名を「SGI」に変更
SGIの資産買収を完了したRackableが、社名をSilicon Graphics Internationalに変更する。(2009/5/13)

新データセンター戦略も:
Sun、「Nehalem-EP」搭載サーバ披露へ
Sun Microsystemsは4月14日開催のイベントにおいて、IntelのXeon 5500番台搭載サーバを披露する。このイベントでは、新データセンター戦略「Open Network Systems」も発表される予定だ。(2009/4/13)

新サーバCPUは効率性を追求:
インテル、Xeon 5500番台で「不況を蹴散らす」
(2009/4/7)

米SGIが破産保護申請、Rackableに資産売却
RackableはSGIの全資産を約2500万ドルで買収する。(2009/4/2)

巨人同士の統合効果は:
Sunの製品を売るのは、SunよりもIBMが上手?
IBMとSun Microsystemsの合併は、両社および両社の投資家にとって非常に良い話だという点で関係者の見方が一致している。要素の1つが、IBMはSunのITインフラ製品をSunよりもうまく販売する必要があるということだ。eWEEKが取材した情報筋の多くは、IBMはそれが可能と考えている。(2009/3/19)

AMD、省電力の新Opteronをリリース
新しい「Quad-Core AMD Opteron HE」はACP 55ワットの省電力設計。HPが搭載機を発売している。(2009/1/27)

HPが「POD Data Center」でモバイルデータセンター分野に進出
HPの「Performance Optimized Data Center」(POD)は、Web 2.0アプリケーションやクラウドコンピューティング用の高密度コンピューティングインフラを構築する企業を支援するとともに、ディザスタリカバリやハイパフォーマンスコンピューティングのための追加キャパシティを提供することを狙った同社の新たな取り組みだ。(2008/7/18)

洞爺湖サミット迫る:
グリーンITを取り巻くさまざまな動き
最終回となる今回は原点に立ち返ってグリーンITの定義を再確認する。その後、大手ベンダーや各種団体の活動内容などについて整理していく。(2008/7/5)

消費電力と闘うCIO:
【第3回】牛ふんもエネルギー資源として活用
エネルギーの資源不足が世界的に深刻化する今、その確保に向けて各社ともしのぎを削っている。中でも特にCIOは、データセンターの省エネ化などに向けてグリーンITの旗振り役として期待される。ユニークなアイデアが登場する一方で、取り組むべき課題も多いという。(2008/6/30)

省エネを推進:
IBM、ポータブルデータセンター製品群を発表
Sun Microsystemsの「Project Blackbox」やMicrosoftおよびRackableのポータブルマシン構想に対抗すべく、IBMが省エネを推進するプロジェクトを打ち出している。(2008/6/18)

新興企業、容量を4倍にする新技術「DDR2 MetaSDRAM」発表
Hynixは、この技術を採用した容量8GバイトのRDIMMモジュールを量産開始した。(2008/2/26)

AMDのクアッドコアOpteronに賭けるRackable
RackableのクアッドコアOpteron採用は、さまざまな技術問題に見舞われたAMDにとって朗報だ。(2008/1/11)

今年最大の関心事は「電力」「冷却」:
氷、コンテナ、液体冷却――エネルギー最適化への果てしない道
データセンターにおけるエネルギーの最適化が叫ばれる中、管理者は日々頭を悩ませている。夜中に氷を作って日中の冷却に用いるなど、各企業のさまざまなアプローチを探る。(2007/12/19)

消費電力と冷却方式が魅力の「動くデータセンター」
Rackable Systemsは、モバイル輸送コンテナに高密度サーバを詰め込んだモバイルデータセンター「Concentro」を発表した。(2007/3/28)

Rackable、省電力クアッドコアXeon搭載サーバ投入へ
(2007/3/14)

Intel、50ワットのクアッドコアXeonを発表へ
クアッドコアプロセッサをAMDに先駆けて投入したIntelは、新製品「Xeon L5320」「同L5310」の発売で攻勢を強める。(2007/3/12)

Green Grid設立、本格稼働へ
大手企業の呼び掛けにより、データセンターの消費電力削減を目指す非営利組織が設立された。(2007/2/27)

2006年のサーバ出荷台数、およそ9%の増加
サーバ売上高も増えたものの、出荷台数ほどには伸びなかった。(2007/2/23)

AMD、HPC専用のストリームプロセッサを発表
AMDがハイパフォーマンスコンピューティング専用の「Stream Processor」を発表した。科学分野などのアプリケーションで大幅に性能が向上するという。(2006/11/14)

AMD、次世代Opteron発表
新しいOpteronは新ソケット「Socket F」を採用し、仮想化技術「AMD Virtualization」を搭載する。(2006/8/15)

エンタープライズ分野でシェアを拡大するAMD
サーバ分野でシェアを伸ばしたAMDは、さらに企業への浸透を促進すべく、ブレードサーバやクライアントPCでも攻勢を強める。(2005/12/14)

混み合うデータセンターをどう冷やすか
サーバの小型化やブレードサーバ導入により、データセンターの高密度化が進んでいる。熱と電力の問題は空調だけでは解決できない段階に達し、各社は対策を迫られている。(IDG)(2004/5/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。