ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SAP Business One」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SAP Business One」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

製品動向:
NTTドコモとSAPジャパン、中小建設業者向け経営情報の一元化システムの開発に着手
NTTドコモとSAPジャパンは、中小建設企業向けのクラウド統合基幹業務システム「ランドログERP」の共同検討を進めている。今後は、現場での検証に協力してもらえる試験導入企業と、金融や人事など他のシステムも統合するためパートナー企業を募り、2020年度下期の提供開始を目指す。(2020/4/6)

製造IT導入事例:
グローバルでの事業拡大に向けて中堅企業向けERPを導入
SAPの中堅中小企業向けERP「SAP Business One」を、クボタの膜システム部門と国内生産子会社が導入した。クラウドを活用してグローバルで利用できること、各業務機能が財務情報とリアルタイムで統合されていることが採用の決め手となった。(2019/12/17)

高機能な製品は、現場のトレーニングで苦労する場合も
クラウドERP 10製品を徹底比較 辛口ユーザーが語るメリットとデメリット
ERP市場でしのぎを削るクラウドERPベンダーを調査すれば、自社に最適なソフトウェアを決定する複雑なプロセスがほんの少し楽になるだろう。代表的な10社のクラウドERP製品をレビューする。(2019/3/13)

導入にかかる時間がどれだけ短縮できるか
SAP、Infor、Microsoft、Oracleを比較――4大ERPの特徴を導入支援と投資対効果で見る
SAP、Infor、Microsoft、OracleといったベンダーのERPシステムを検討している企業向けに、各ERPベンダーが提供する導入戦略によってERPの投資対効果がどうなるか考察する。(2018/12/20)

大企業向けから中小企業向けまで
いまさら聞けないSAPのERP 5大製品の特徴と最新動向をおさらい
SAPが提供する5つの主要な製品である「SAP ERP」「SAP S/4HANA」「SAP S/4HANA Cloud」「SAP Business One」「SAP Business ByDesign」について、北米の最新事情から製品の概要や特徴を紹介する。(2018/12/18)

製造ITニュース:
中堅中小企業向けERPパッケージに返品依頼伝票機能を追加した最新版
SAPジャパンは、中堅中小企業向けERPパッケージの最新版「SAP Business One 9.3」「SAP Business One,version for SAP HANA 9.3」の提供を開始する。返品依頼伝票などの機能が追加されている。(2018/7/12)

これからのERP選び
SAP、Oracle以外にもまだまだあるERP 8製品を比較
ERP導入の成否は企業に重大な影響を及ぼすため、購入前に十分な下調べが必要だ。現在入手できる主要なERPシステムの概要を見てみよう。(2018/2/9)

他との決定的な違いは何?:
PR:SAP on AWS、ますます充実する稼働環境と支援体制、広がるベストプラクティス
SAP on AWSの勢いが止まらない。主要なクラウドサービスは、どこも同じようにSAPアプリケーションを稼働できるようになったと思われがちだが、環境や支援体制に大きな違いがあるからだ。あらためて、SAPアプリケーションを稼働するプラットフォームとしてのAWSの魅力を探る。(2017/11/30)

Computer Weekly製品導入ガイド
HANAの実装を巡る混乱に翻弄されるSAP顧客
HANAに関する混乱のために、多くの顧客が二の足を踏んでいる。その課題について専門家に解説してもらった。(2017/8/29)

新規参入を強力に支援するパートナー施策
中堅・中小企業向けクラウドERPに賭けるSAPジャパンの“本気度”とは
SAPジャパンは中堅・中小企業向け市場における新たなパートナー戦略を打ち出した。同社にとっては、これまでなかなか存在感を示せずにいた領域へのチャレンジとなる。同社が目指すパートナービジネスの姿とは。(2017/6/28)

アパレルメーカー事例に学ぶ:
PR:中堅・中小企業だからこそ海外展開で業務クラウドが必須な理由
収益を上げるために海外市場に打って出たいが、コストも時間もかけられない……。そんな悩みを抱える中堅・中小企業を支援するクラウドサービスをご存じだろうか。アパレルメーカーの成功事例などを基に紹介する。(2015/10/1)

SAPジャパン、東日本大震災の復興支援に取り組むNPOにERPを無償提供
NPO法人での煩雑な会計処理の効率化支援を目的に、SAP Business Oneを無償提供した。(2014/10/15)

棚番管理などの新機能を追加:
SAPジャパン、中小企業向けERPの最新版を提供
中小企業向けERPの最新版「SAP Business One 9.0」では、棚番管理や固定資産管理、業務プロセス別の数量単位の新機能が追加された。(2013/5/20)

SAPが中小企業向けERPの最新版、管理項目を大幅拡充
「SAP Business One」に棚番管理や固定資産管理、業務プロセス別の数量単位などの新機能が追加された。(2013/5/20)

分析処理と業務処理を組み込み:
SAPジャパン、HANAを利用した中小企業向けERPシステムを提供
SAPジャパンは5月9日、中堅中小企業向け基幹業務システム「SAP Business One, version for SAP HANA」を同日から提供開始すると発表した。システム内全体に対する検索機能なども新たに提供される。(2013/5/9)

SAP、中小企業向けにSAP HANAによるERPシステムを発売
SAPジャパンは、アナリティクス機能と大量のトランザクション処理機能を組み込んだ中堅・中小企業向け基幹業務システムをリリースした。(2013/5/9)

中小企業向けクラウド版ERPの新製品をSAPジャパンなどが発表
SAPジャパン、日立システムズ、サヴィス・コミュニケーションズは、中小規模企業向けERP製品のクラウドサービスを提供開始した。(2013/4/4)

リコーITソリューションズ「グローバル経営情報可視化サービス」
海外拠点で必要となる「軽くて安心」なSAP導入ソリューション
日本企業の海外進出の流れが加速する中、海外拠点のオペレーション管理に頭を悩ませる企業が増えている。そうした課題の解決に有効なのが、海外拠点での運用に最適化したグローバルERPのソリューションだ。(2012/6/27)

SMBにも超高速分析を
SAPが準備中の「中堅・中小企業向けSAP HANA」は受け入れられるか
SAPはインメモリデータベース「SAP HANA」を「SAP Business One」ユーザー企業の中堅・中小企業(SMB)向けに提供予定だ。その狙いは何か、そしてSMBにニーズはあるのか?(2012/4/3)

SAPジャパン、中小企業向けERPパッケージの最新版をリリース
新たに包括契約やマーケティングキャンペーン管理などの機能を追加した。(2012/3/22)

ガラパゴス化するニッポンのERP導入に風穴──業務プロセス視点で顧客のグローバル化を支援する富士通
富士通は、「SAP Partner Globalization Program」をフル活用し、ERPの統合によってグローバルビジネスの見える化を実現したい顧客企業を支援する。「技術だけではシステムはつながらない。業務プロセスに踏み込んで顧客のグローバル化を支援していきたい」と小野民需ビジネス推進本部長代理は話す。(2011/12/12)

ERP NOW!【第3回】
動画で見る、スマートフォン対応ERPの最前線
スマートフォンに対応するERPが増えてきた。現場利用やマネジャーの利用を想定したアプリケーションが多い。どのように利用できるのか。各ベンダーが公開している動画で紹介しよう。(2011/1/12)

ホワイトペーパーレビュー
ERP成功の合言葉「QCD」が分かる3つのホワイトペーパー
ERP導入を成功させるために参考になる3つのホワイトペーパーを紹介する。成功のためのポイントは「QCD」(品質、コスト、納期)の要件を満たすことだ。QCDを満たすために各社が行っていることとは?(2010/12/7)

中堅・中小企業の賢いERPパッケージ選び【第1回】
継続して使う「半製品」――多様化するSMB向けERPの今を読み解く
競争力向上や全体最適化は中堅・中小企業でも重要なテーマ。だが、ERPの次の主力市場では大企業にはない独自のニーズや傾向がある。パッケージの選択眼を養うため、まずはSMB向けERP市場のトレンドを追ってみよう。(2009/6/2)

SAP Tech World 2008 Report:
Googleを凌ぐ急成長のValero、成功のカギは再利用可能なエンタープライズサービス
12月3日、SAP Tech World 2008で米国の大手石油会社、Valeroが、SOAの取り組みを紹介した。「再利用可能なエンタープライズサービスこそが成功のカギだ」と同社は話す。(2008/12/4)

SOAの熱は冷めた? 経営者が価値を納得できるSAPの新プログラム
SOAに慎重な日本企業を後押しすべく、SAPジャパンは、経営やビジネスの視点でSOAに取り組んだ欧米の先進事例を紹介するほか、SOAによる改善領域を発見する新サービス、「SOA Value Discovery」も無償で提供開始している。(2008/12/2)

2010年の2000年問題を回避:
ディップソール、SAP Business Oneで受発注データのズレを解消
金属表面処理剤を製造販売するディップソールは、販売/購買/在庫/生産管理を刷新した。20年使い続けたAS/400ベースのシステムよりも数値のミスが減り、管理業務の負担も大幅に減った。(2008/10/10)

中堅中小企業の経営基盤改革術:
いったん振り返る、ERPってなに?
中堅中小企業を支えるソフトウェアとしてERPの導入が進んでいるが、ERPとはもともとどんなものなのか。血液のように企業の各部門にデータをスムーズに流す仕組みを改めて考えてみる。(2008/6/12)

SAPPHIRE 2008 Berlin:
中堅中小企業を押すSAP、早期導入ユーザーはSaaSに満足
独SAPがドイツ・ベルリンで開催した年次ユーザーカンファレンス「SAPPHIRE 2008 Berlin」では、SMBに大きなスポットが当たった。(2008/5/22)

SAPPHIRE 2008 Berlin:
カガーマンCEO、SOAからビジネスネットワークへ企業の変革を支援する
独SAPは5月19日、本拠地のドイツ・ベルリンで年次カンファレンス「SAPPHIRE 2008 Berlin」を開幕した。欧州ではカガーマン会長兼共同CEOとして最後の講演となる。(2008/5/21)

特権ユーザーの不正を防ぐ:
ベビー用品大手のコンビ、SAPのソフトで内部統制を強化
SAPジャパンはベビー用品大手のコンビと同社の100%子会社であるコンビウィズが、SAPのアクセス管理を自動化、効率化するためのソフトウェアの運用を4月から開始したと発表した。(2008/5/15)

SAPPHIRE 08 Orlando Report:
P&Gらが実践するBusiness Network、これこそ競争優位の源泉
SAPの年次カンファレンス、「SAPPHIRE 08 Orlando」には、成功企業に学ぼうと多くの顧客が足を運んでいる。アポテカ共同CEOの基調講演では、Business Networkを構築することの重要性や、SAPソリューションによってその取り組みに成功した企業が紹介された。(2008/5/8)

SAPPHIRE 08 Orlando Report:
SAP、次の一手は「戦略的アジリティ」
エンタープライズSOAに基づく製品投入に区切りをつけたSAPは、次なる手としてこの「戦略的アジリティ」の実現を掲げる。効率性を追求しながら、戦略と業務執行のギャップをインサイトと柔軟なプロセスの組み替えで埋めることで、企業は業績の最適化を図ることができるという。(2008/5/7)

SAPPHIRE 08 Orlando Report:
SAPはSaaSで出遅れ? カガーマンCEOの答えはノーだ
昨年9月、「Business ByDesign」でSaaS市場に参入したSAPだが、事業の展開が計画より遅れている。この市場では、salesforce.comやNetSuiteなどの新興企業がパイオニアとして存在し、SAPはこのまま後塵を拝するのか?(2008/5/7)

SAPジャパン、「Business One」の最新版を発売
ERPパッケージの最新版「SAP Business One 2007B」の提供を開始した。データの不整合を減らし、使い勝手が向上した。(2008/4/23)

NEWS
SAPがSAP Business Oneの新版、機能と操作性向上で日本の商習慣に対応
ERPパッケージ「SAP Business One 2007B」の提供を開始。SAPアドオンの「XL Reporter」をコア機能に統合した。(2008/4/23)

NEC、SAP Business Oneの短期間低コストでの導入パックを発表
NECは中堅・中小企業向けERPパッケージ「SAP Business One」の「業種別導入支援パック」のラインアップを強化したと発表した。(2008/3/22)

NEWS
NEC、SAP Business One業種別パックに建築/工事、繊維を追加
SAP Business One「業種別導入支援パック」のラインアップに、汎用化のニーズが高い建築/工事業、繊維業の2業種を追加。併せて、Business One搭載サーバの運用代行サービスを開始した。(2008/3/21)

SAPPHIRE '07 Miyazakiレポート:
「イノベーションをもっと簡単に」とSAPのカガーマンCEO
「SAPPHIRE '07 Miyazaki」が10月29日、宮崎のシーガイアで開幕し、お昼過ぎに始まった基調講演には、SAPのカガーマンCEOと「オンリーワン経営」で知られるシャープの町田勝彦会長が登場した。(2007/10/30)

パートナーにSaaSの難問を突き付けるSAPの「Business ByDesign」
SAPの巨大な新ソフトウェアスイートは、安価で使いやすいアプリケーションを提供するかもしれないが、チャネルパートナーにとってはチャレンジとなりそうだ。(2007/10/1)

SAP、中堅企業向けオンデマンドスイート「SAP Business ByDesign」を発表
SAP Business ByDesignは、100人から500人の中堅企業を対象とした製品だ。(2007/9/20)

NECネクサ、SAP Business One導入支援パックを発売
NECネクサソリューションズは、SAPの中小企業向けERPを最短1カ月で導入できる支援パックを発売する。(2007/7/24)

NEWS
NECネクサソリューションズ、SAP Business One向け簡易導入支援パックを発売
セットアップ用のソフトと各種ドキュメント、セットアップ用ヘルプデスク、サーバ、SAP Business One ライセンス、保守サービスがセット(2007/7/24)

SAP、カガーマンCEOの任期を2009年まで延長
SAPの取締役会は米国で2月15日、ヘニング・カガーマン氏が2009年5月31日までCEO職にとどまると発表した。(2007/2/19)

事例から学ぶ「座礁しないERP」:
パッケージ導入の常識を覆す――ボトルネックから突破口を切り拓く!
海外生活サポート事業で順調な成長を続けるラストリゾート。同社は現在ERPシステムを構築中だ。業務の「入り口」から「出口」までを網羅する欲張りなシステムはいかにして発案されたのか。(2006/10/18)

SAPとデルが中堅/中小向けERPで協業、パートナー会も設立へ
SAPジャパンとデルは、中堅/中小企業を対象としたSAPのERP「SAP Business One」の拡販に向けて協業する。(2006/10/4)

マーケットシェアの奪い合いにしのぎを削るSAPとオラクル
SAPがOracleにマーケットシェアを奪われつつあるという説を否定しようとする同社の姿勢は、少々気になるところだ。ERPやSCM、PLMの領域でしのぎを削る両社の動きを分析する。(2006/7/21)

SAP、Praxis Softwareを買収
SAPは米Praxis Software Solutionsの買収を通じ、「SAP Business One」に新しい電子商取引機能とWebベースのCRM機能を導入する。(2006/7/11)

OfficeをSAPプラットフォームに――Duetはどこまで成功するか
MicrosoftとSAPが共同開発した「Duet 1.0」により、ユーザーはOutlookからSAPのERPアプリケーション「mySAP」に自分でアクセスできるようになる。ただし、Duetを拡張したりカスタマイズしたりするためには、パートナー各社は後続のリリースを待つ必要がある。(2006/6/22)

SAPPHIRE '06 Paris Report
ESA戦略は成熟段階へ、自信をのぞかせるSAP
パリで欧州顧客向けの年次カンファレンス、SAPPHIRE '06 Parisが開幕した。会場には、世界72カ国から約8000人の顧客やパートナーが詰め掛けるなど、ソフトウェア欧州最大手の力を見せ付けた。(2006/5/31)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。