ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SAP R/3」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SAP R/3」に関する情報が集まったページです。

SAPの2025年問題
リスクが多過ぎる、S/4HANAへのアップグレード
ECC6からS/4HANAへのアップグレードが問題になっている。S/4HANAの導入には多くのリスクがあるという。2025年のECC6サポート終了を前に、企業はSAPシステムの意義を見つめ直す必要がある。(2018/10/18)

Salesforce.comとしのぎを削るSAP
SAPの新CRM「C/4HANA」は市場を塗り替えるほどの製品か? SAPの狙いを読み解く
SAPは「2018 SAPPHIRE NOW」で新しいCRM「C/4HANA」を発表した。これは「Salesforce」に対抗する位置付けの製品だが、ユーザーがすぐにも導入しそうな気配はない。SAPがCRM市場の見直しを迫れるかという疑問も残る。(2018/8/7)

専門スキルの人材を確保不要:
PR:基幹システムも“クラウドファースト”の時代、ビジネスを高速化するERP移行方法
昨今、ビジネスのスピード感を向上させようと、フロント系システムと基幹系システムを連携させる試みが始まっている。そこで注目されているのが「SAP S/4HANA」だ。しかし、従来のSAPのERPをS/4HANAに移行するには、専門スキルを持った人材や時間、コストがかかる。その問題を解決する方法を紹介する。(2018/7/11)

移行の決断は容易ではない
「SAP ERP HCM」サポートが2030年まで延長、「S/4HANA」移行問題はどうなる?
SAPは、オンプレミスで導入した人材管理(HCM)システムのサポートを5年間(2030年まで)延長する。だが、こうしたHCMユーザーがSAPのサポートを受けるには、「S/4HANA HCM」へ移行しなければならないだろう。(2018/5/31)

データベースの制約、管理方針など検討事項は多数
今から始めるSAP S/4HANAへの移行準備――SAP ERPの2025年問題に備える
SAPは、同社の「SAP ERP」のサポートを2025年に終了する。顧客はこれに備えて、今から計画に着手すべきだと考えているインフラサービスベンダーもいる。(2018/5/7)

製造ITニュース:
中堅中小製造業も海外展開が必須の時代、背後を支えるシステムに何を求める?
SAPジャパンは中堅中小企業向けの戦略説明会を開催。2017年は大きく導入を伸ばしている状況を紹介し、今後さらに攻勢をかける方針を示した。(2018/4/11)

2025年に迫る「SAP ERP 6.0」の保守終了:
PR:そのまま移行には“ワナ”がある――実務で本領発揮する「SAP S/4HANA」移行の最適解とは
2025年に迫るSAP ERP(SAP ECC 6.0)の保守期限。さまざまな選択肢がある中、ユーザーは何がベストかを見極めようと様子を見ているのが現状だろう。しかし、それでは間に合わないという懸念が出始めている。そのような状況で、1996年からSAPのERP製品でビジネスを展開する三菱ケミカルシステムが行う提案とは、どのようなものなのだろうか。(2018/3/29)

キャリアアップも大切だけど:
PR:もっとユーザーの役に立ちたかった――元グローバルコンサルタントの転身
厳しい職場にあえて身を投じ、SAPのコンサルタントとして活躍していた河西法寿氏 は、ITの進化や自分が理想とする生き方とのギャップを感じて、新たなステージへの転職を決意した。「公」も「私」も充実させたい河西氏が選んだのは――。(2018/3/26)

Computer Weekly製品導入ガイド
それでもS/4HANAに移行しないSAPユーザーの本音
Hillarys Blindsはビジネスプロセス最適化のため、SAP CRMをOracleからHANAプラットフォームへと切り替えた。(2017/8/24)

PR:スピード経営時代、企業が選ぶべきクラウドERPは?
 2016年は、ERP市場が大きく動く年になるかもしれない。これまでオンプレミスが当たり前だったERPのクラウド利用が、いよいよ本格化し始めているからだ。激しいシェア争いを繰り広げるグローバル対応ERPベンダー各社の最新動向を追った。(2016/1/12)

「HANAが必要になることはめったにない」
無駄なアップグレードを勧めるベンダーとの戦い方
大手ソフトウェア会社の中には、顧客に無駄なアップグレードを勧める例があるという。売り手の口車に乗らず、貴重なIT予算を効率的に使うための交渉術を紹介する。(2015/12/24)

ホワイトペーパー:
昭和シェルグループの10年後を見据えた仮想化基盤構築を支えたハードウェア
昭和シェルビジネス&ITソリューションズは、SAPのバージョンアップのタイミングで仮想化基盤への移行を決定。サービス・レベルを維持しつつTCO削減と次世代を見据えた基盤構築を目指す同社の選択したアーキテクチャとは?(2015/10/23)

製造ITニュース:
より速く、より柔軟なビジネス基盤に! SAPがERPを23年ぶりに刷新
SAPジャパンは、次世代のビジネススイートとして「SAP Business Suite 4 SAP HANA(以下、S/4 HANA)」を発表した。データベース基盤を同社のHANAに限定しデータ構造を変革したことで、リアルタイムの情報をベースにタイムラグを抑えた分析や判断を実現するという。(2015/2/6)

最新事例に学ぶHTML5ベースのモバイル化実現方法とは:
PR:業務システムのモバイル対応と既存資産活用、両者を1ソリューションで満たす道
日本ネクサウェブは、2014年4月に行った国内での企業統合後では初めてとなる本格的なセミナーを、11月11日に開催した。東京・市ヶ谷での「日本ネクサウェブ・グランドセミナー2014」がそれである。テーマは「『モバイル対応しろ』と『MOTTAINAI』に同時に応えるには〜最新事例に学ぶHTML5ベースのモバイル化実現方法」。多様なモバイルデバイスの登場で複雑化する企業情報システムの開発運用現場に向けて、同社製品を活用した処方箋を説いた。(2014/11/28)

PR:破壊的なテクノロジー、「HANA」と「Xeon」がビジネスを変革
6月初め、フロリダ州オーランドで行われたSAPPHIRE NOW 2014 Orlandoでは、SAP HANAによるビジネス変革の先進事例が数多く紹介された。これまでのITでは不可能だったことがHANAとXeonプロセッサー E7 v2 ファミリーの組み合わせで可能となる。この破壊的なテクノロジーを使わない手はない。(2014/6/30)

ホワイトペーパー:
高千穂交易のSAP再構築事例に学ぶ、基幹システムの効果的なバックアップ方法
技術商社の高千穂交易は、事業継続計画(BCP)強化を目的基幹システムおよびバックアップシステムの再構築を実施。バックアップ環境のTCO削減をはじめとするさまざまな効果を生んだ同社の取り組みを見ていこう。(2014/6/25)

SAPPHIRE NOW 2014 Orlando Report:
「HANAでイノベーションのジレンマを克服」── SAPのハッソ会長が熱弁
2日目のSAPPHIREでは、共同創設者のハッソ会長が登場、カンファレンスはハイライトを迎えた。今回は「イノベーションのジレンマ」で知られるハーバード大のクリステンセン教授をゲストに迎え、その熱弁にさらに拍車が掛かった。(2014/6/5)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ヒト、モノ、世界をつなぐテクノロジーとして重要になるクラウド
グローバルで戦うためのIT戦略としてクラウド活用が注目されている。ITを駆使した新しいビジネスをシステム部門がリードするためには、新たなチャレンジが必要。(2014/5/2)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
グローバルで戦うためのIT戦略には創造的破壊を進める勇気も必要
ITを駆使した新しいビジネスを、システム部門はリードできているのか。多部門の業務にも果敢に挑み、「とりあえずやってみる」という楽観主義も持ちあわせながら、新しい姿に変えていってほしい。(2014/4/23)

導入事例:
広島大、AWS上にSAP ERPシステムを構築 国立大学初
広島大学は、AWS上で稼働するSAP ERPシステムの運用を始めた。国立大学としては初の取り組みという。(2014/2/17)

1分で分かる SAPジャパンのビジネス戦略
SAPジャパンでは、昨年来、5つの事業戦略分野に注力し、ビジネスの拡大を図っている。(2013/12/16)

製造ITニュース:
13の力を1つの大きな力に――総合力発揮のために旭化成が選んだERPシステム統合
「1つの旭化成」を実現するために13あったERPを1つに統合することを選んだ――。SAPジャパンのユーザーイベント「SAP Forum Tokyo」では、旭化成が現在進行中のERPの統合プロジェクトについて紹介した。(2013/7/10)

インメモリデータベース導入事例
「Exadataより速かった」──中国大手飲料メーカーがSAP HANAを採用したわけ
中国で大きなシェアを持つ飲料メーカーの農夫山泉。インメモリデータベース「SAP HANA」を中心に据えた分析システム構築とモバイル活用により、システムのボトルネック解消と販売高向上を実現した。(2012/5/8)

レポート ビッグデータセミナー:
大量・多種類のデータを、いかに“価値”に還元するか?
@IT情報マネジメント編集部では2012年3月8日、東京・秋葉原の富士ソフト アキバプラザで、第16回 @IT情報マネジメントカンファレンス「大量・多種類のデータを、いかに“価値”に還元するか? ROI最大化、収益向上に寄与するビッグデータの真意と活用の鍵」を開催した。ここではその要点をレポートする。(2012/4/10)

ホワイトペーパーレビュー
ITを使った経営の「見える化」、そのノウハウが分かるホワイトペーパー
さまざまな分野で使われるようになった「見える化」という言葉。しかし、その実践は容易ではない。本稿では、見える化を効率的に行って経営に生かしている事例を説明するホワイトペーパーを取り上げる。(2012/4/3)

事業多角化とグローバル展開を支える分析基盤
SCMモニタリングと顧客分析のために富士フイルムがBIに求めた条件
主力事業の多角化とグローバル展開で業態を大きく変容させた富士フイルム。ヘルスケア事業の強化に向けグローバルでのSCMのモニタリングと顧客分析を実現するために、DWHとBIを積極的に活用している。(2012/3/15)

ERP Now!【第12回】
SAP ERP 6.0を2020年まで使い続けられる理由
ERPは定期的にアップグレードするという常識が変わりつつある。SAP ERPは2020年までの長期間のサポートを提供することで現行バージョンを使い続けられるようにした。その理由を探る。(2011/12/6)

加速するSAP基盤の仮想化、クラウド導入も視野に
【事例】眼鏡のHOYA、グローバル化に向けてSAP基盤を仮想化
クリティカルな基幹システムを仮想化基盤に移行させる企業も増えているようだ。SAPシステムをVMware製品に適用した際のベンチマークテスト結果、VMware vSphereを使った国内企業のSAP基盤仮想化事例を紹介する。(2011/12/5)

SAPPHIRE NOW 2011 Orlando Report:
「もっとエキサイティングに」── 人中心のソフトウェアで時代の要請に応えるSAP
SAPのスナーベ共同CEOは日本プレスのインタビューに応じ、個人の自律的な意思決定に委ねる新たな時代の企業経営を「人中心のソフトウェア」によって支えていくことを明らかにした。(2011/5/23)

その歴史と導入メリットを解説
読めば分かる! ERPの基本
ごく普通に使っている「ERP」という言葉。しかし、その歴史や普及の背景、導入効果などは意外に知られていない。この記事では、ERPをさらに深く理解するための基本的解説をお届けする。(2010/12/16)

ホワイトペーパー:
ワークフローと「SAP R/3」のデータ連携により更なる業務の効率化に成功したロッテ商事
ロッテ商事は、キヤノンソフトウェアのワークフロー製品「Web Plant」を導入し、「SAP R/3」と連携したワークフローシステムを構築。業務の自動化、データの一貫性の保持、決裁スピード向上に成功したその方法とは(提供:キヤノンソフトウェア)。(2010/12/2)

SAPシステムのメンテナンスコストを削減、アビームが新サービス
アビームは、SAPシステムのアップグレードやサポートパッケージ、機能拡張パッケージの導入に伴う作業の手間やコストを削減するためのサービスを開始した。(2010/8/25)

属人的な業務プロセスに目を向けるSAP
SAPジャパンは、パッケージソフトで標準化しにくい「属人的な業務プロセス」のシステム化が企業独自の強みを生み出すとし、BPMに長けたパートナー企業の人材を育成するプログラムの提供を開始した。(2010/7/20)

R/3ユーザーは採用しにくい:
SAPがサポート方針を変更、料率18%の新オプションを提供
独SAPは、新たなサポートモデルの展開を日本を含む世界の顧客企業向けに開始した。(2010/1/18)

流通BMS対応製品紹介
国内最大級の日用品メーカーが鍛えたEDI「EDIPACK Solution」
「EDIPACK Solution」は、花王が自社開発して鍛え上げた電子取引システムを外販したことで注目された。利用者視点でEDIを迅速に導入するためのノウハウが凝縮されている。(2009/10/29)

ここが大変だよiPhone開発(3):
iPhone音楽アプリ「メロディベル」ができるまで
iPhone開発の一通りの流れに沿って、準備するもの、仕様の決め方、実装の仕方の手順を説明。アプリをカタチにする方法がわかる!(2009/8/6)

業務をラクにする! SMBのExcel活用術【第1回】
「脱・Excel」から脱するためのExcel活用
多くの企業で活用される万能ツール、Excel。大手企業を中心に脱・Excelの流れが強まっているが、これまで築いてきた資産をそう簡単には捨てられないはず。コストを掛けずにExcelを生かす方法を考えよう。(2009/7/24)

流通BMS対応製品紹介
社内外一貫のデータ連携を実現する流通BMS対応EDI「ACMS E2X」
流通BMSで企業間のデータ連携が効率化する一方で、業務システムが分断したままの社内では、業務の不連続性が課題となっている。「ACMS E2X」は企業間・企業内を問わないデータ連携を実現するEDIサーバだ。(2009/6/23)

RFIDソリューション:
作りたてと鮮度にこだわり続けるファンケルの物流改革
顧客の不便・不安・不満の解消をビジネスの原点に置くファンケルは、徹底して鮮度にこだわるあまり物流業務が部分最適化していた。そこでERPによる生産業務の見直しとともに、国内の物流8拠点を1カ所に統合。物流費を年間10%削減に成功した。(2009/5/25)

ヤマハ、VMwareで物理サーバの消費電力を90%削減
ヤマハは、部門ごとに整備していた物理サーバを仮想化環境に移行し、サーバの消費電力を年間90%削減した。(2009/4/21)

SMBに効くMSPサービス
中堅・中小企業にとってMSPの活用はどこまで現実的か
ネットワーク越しにシステム運用管理を代行するMSPへの期待が高まっている。ただし、すべての要件に合致したサービスを選ぶのは難しい。MSPを適用すべき、あるいはそうすべきでないシステムの見極め方を示す。(2009/3/27)

BI導入事例:Dr.Sum EA
決算報告作業の劇的な効率化を目指した中外製薬のBI活用
基幹システムの全面刷新に伴いERPパッケージとBIツールを導入した中外製薬。しかしその標準機能が、決算をはじめとする各種報告書や分析リポート作成業務すべてを効率化したわけではなかった。(2009/2/23)

運行の安全性向上も見込む:
JAL、300億円を投じて新整備業務システムを全面稼働
300億円を投じ、3年以上かけた大型システム構築プロジェクトが完了した。日本航空は約100の業務システムを統合した新整備業務システムを本格稼働させた。(2008/11/28)

帳票システムも刷新へ:
四国電力、基幹システムの構築にアシストのBI製品を採用
基幹システム「SAP R/3」の安定稼働を目指し、システムの再構築を検討している四国電力は、情報活用基盤にアシストのBI製品「WebFOCUS」を採用した。(2008/11/19)

NEWS
みずほ銀行がSAPで全国約500拠点を通じた資産・予算管理を一元化
みずほ銀行が同行本部および全国各拠点の資産・予算を一元管理できるシステムを「SAP ERP」で構築。システム構築はみずほ情報総研が「金融業向け会計テンプレート for SAP ERP」を活用して行った。(2008/11/19)

SAP ERPで業務プロセス構築:
みずほ銀行、約500拠点での資産・予算管理を一元化
財務施策を的確に実施するために情報の一元管理を検討していたみずほ銀行は、資産や予算を管理するシステムをSAP ERPで構築した。(2008/11/18)

化学製品企業のデータ分析:
必要なデータごとに抽出する「道具」を変える――日産化学工業
基幹システムからデータを引き出して、自由に分析を加えるということは多くの企業が取り組んでいることだ。しかし、実際にはその作業には手間や時間が必要以上にかかっていることが多い。(2008/10/31)

SAPのアドオン開発は悪か? SOAもハイブリッドが主流に
常に厄介なものとして語られがちなERPパッケージのアドオン開発だが、現場で培ったノウハウを巧みにシステム化してきた日本企業が、それを安易に捨て去っていいのか、競争力を削ぐことになりはしないか、しばしば議論となる。IBMビジネスコンサルティングサービスの安瀬パートナーも、「企業の強みであり、誇りでもあるはずだ」と疑問を投げかける。(2008/7/7)

基幹系アプリ利用に関するアンケート結果リポート
圧倒的な自社開発の現状、基幹アプリに求める自社最適化
TechTargetジャパンではアンケートを通じて基幹系アプリケーションの利用状況を調査。導入状況、現状システムの課題、新規導入検討状況が明らかになった。(2008/7/2)

特権ユーザーの不正を防ぐ:
ベビー用品大手のコンビ、SAPのソフトで内部統制を強化
SAPジャパンはベビー用品大手のコンビと同社の100%子会社であるコンビウィズが、SAPのアクセス管理を自動化、効率化するためのソフトウェアの運用を4月から開始したと発表した。(2008/5/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。