ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「風刺」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「風刺」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Facebook、米国で「風刺ページ」などのラベルをテスト 本物のニュースとの混同防ぐ
「公式」「ファンページ」「風刺ページ」のラベルをテスト。(2021/4/11)

Facebook、ページの投稿に「風刺ページ」などのラベルを表示するテスト
Facebookが、風刺ページや政府関係者のページなどによる投稿にラベルをつけるテストを開始した。ユーザーがパロディをホンモノと受け取って混乱するのを防ぐ目的。(2021/4/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
再燃の「キャンセルカルチャー」に、企業はどう対処すべきか
「キャンセルカルチャー」をご存じだろうか。人権問題などを狙って否定し、ボイコット運動などを起こすことだが、米国でこの問題が再燃している。どういうことかというと……。(2021/3/11)

「映画 えんとつ町のプペル」が興行収入20億円、観客動員数150万人突破 リピーター獲得の要因は?
吉本興業は、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さん原作のアニメーション映画「映画 えんとつ町のプペル」が、興行収入20億円、観客動員数150万人を突破したと発表した。(2021/2/19)

「あの受験生、マスクちゃんとしてる?」 “鼻マスク”な時事ネタ4コマ漫画が異次元のオチ
本当にどっちなんだ……。(2021/1/30)

「PUI PUI モルカー」大ヒットの今こそ知るべき「ストップモーションアニメ」の世界 傑作8選+2本を紹介
「PUI PUI モルカー」の大ヒットに合わせ、知る人ぞ知るストップモーションアニメの傑作8選を紹介する。(2021/1/19)

【更新】『藤子・F・不二雄SF短編』『ドラえもん』が50%ポイント還元 “幻の第1話”を収録した『ドラえもん』0巻も対象
『ミノタウロスの皿』がちょっとトラウマです。(更新日:1月6日11時)(2021/1/6)

トランプ激おこの問題作「ザ・ハント」に感じた最高のカタルシス “セレブVS庶民”の人間狩りアクション
米国で公開延期になった「人間狩り」映画を観てきました。(2020/11/2)

ケイティ・ペリー、36歳の誕生日にオーランド・ブルームからサプライズ動画を受け取り「オーマイガー」
なんて粋なプレゼント!(2020/10/26)

昔好きだった漫画がソシャゲに 喜びから一転、期待が裏切られ――ファンとアンチの間で揺れ動く心情描いた漫画に共感集まる
同じような体験をした人から多く反応が寄せられています。(2020/10/2)

クレしん映画の新たな傑作「激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」レビュー 「オトナ帝国」「戦国大合戦」と単純比較するべきではない理由
「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」の素晴らしさをネタバレなしで語る。(2020/9/21)

飲み会でもスタンド使い同士は引かれあう! 「唐揚げにレモンOK」を奇妙に教える4コマが「シュール」「友達になりたい」
こんなスタンド使いと友達になりたい。(2020/6/13)

「夫とはとっくに心もディスタンス」 仙台市根白石に設置された風刺看板が秀逸だと話題、設置者の思いとは
「看板をきっかけに、町のPRが出来て、運転手さんにくすっと笑ってもらえたら最高です」。(2020/6/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道業界に「バーチャル背景」ブーム 外出自粛で薄れる存在感、“つながる”一手に
テレワークの普及で広まったオンライン会議ツール。鉄道各社が相次いで「バーチャル背景」を配布している。外出自粛によって鉄道の存在感が薄れる中、ビジネスパーソン向けコンテンツを発信することで、親しみを持ってもらう狙いがあるようだ。(2020/5/15)

サボりたい一心で自動化を追求する男の行く末は……? 風刺漫画「効率厨が在宅勤務で5000倍能率を上げる話」
世の中には「効率化するための工夫」を「ズル」と捉える人もいまして……。(2020/5/11)

若手が先に退出するのは失礼? ウソか真か「Zoomマナー」がネットに出回る
新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、企業で広がりつつある「Zoom」。真偽のほどは不明だが、「Zoomミーティングは立場が上の人から順に退出する」などのマナーが生まれていると、Twitterなどで紹介されている。コミュニケーションツールが広がると、その使い方が議論の的になるのは日本社会の“あるある”のようだ。(2020/4/2)

ビデオ通話中にスーツ姿を装えるARアプリが開発 リモートワークに便利かも?
たぶんすぐバレて怒られるやつだけど、風刺として面白い。(2020/3/13)

ブロックチェーンを学ぼう→鎖分銅で打ち合う地下格闘を観戦 “ITあるある”漫画シリーズが全部思ってたのと違う
むしろネビュラチェーン的な。(2020/3/10)

喪黒福造がまさかのイケメンに! 「笑ゥせぇるすまん」初の舞台化に期待と困惑の声
演出は舞台「パタリロ!」の小林顕作さん。(2020/2/21)

もはや実写版ラピュタな映画「イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」 高度1万メートルを超えた本当の冒険
“実写版ラピュタ”と言っても過言ではない迫力。(2020/1/18)

企業SNS「中の人」がいま考えるべきこと:
これからのSNS運用で必要なものがケロッグ、バーガーキングの成功事例から見えてきた
SNSは、今や必要不可欠な存在となっている。企業側も、マーケティング手法の一環として活用するのが当たり前の時代になってきた。消費者との新たな関係性を築ける一方で、いわゆる「中の人」がトラブルになったり反感を買ったりしてしまうケースも。電通メディアイノベーションラボ主任研究員を務め、SNSに詳しい天野彬氏は、これからの企業SNSは「ファスト」になるべきだと解説する。国内外の成功事例をひもときながら、解説する。(2020/1/16)

「パラサイト 半地下の家族」ネタバレなし全力レビュー 可及的速やかに映画館に行ってくださいと懇願するしかない5つの理由
ネタバレ厳禁の大傑作韓国映画「パラサイト 半地下の家族」の面白さがどこにあるのか、全力で解説しよう。(2020/1/10)

Facebook、誤解を招くディープフェイク動画は削除する新ポリシー
Facebookが、プラットフォームへのディープフェイク動画を規制するポリシー強化を発表した。一般人には見分けられないAI技術を使って編集された誤解を招く動画は削除する。ただし、AI以外で編集したものや、パロディなどは対象外だ。(2020/1/8)

連載「オタクの幸せ」:
「シンプソンズファンはプライドを持っている」 名優・大平透が心を許した「シンプソンズファンクラブ」とオリジナル声優たちの12年間
【完全版後編】オリジナル声優にとってファンとはどんな存在なのか。(2019/12/26)

連載「オタクの幸せ」:
署名、公開質問状、調査、そしてオリジナル声優復帰へ “映画版の声優が芸能人問題”を乗り越えた「シンプソンズファンクラブ」12年間の記録
【完全版前編】互いの顔も知らず、映画業界への伝手もなかったファンがなぜ奇跡を起こせたのか。(2019/12/26)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本が狙われる ロシアのドーピング処分で暴れる「クマさん」の危険
ロシアが五輪などの大会から4年間追放される処分が決まった。このことは、私たちと「関係ない」で済まないかもしれない。東京五輪と日本企業が「クマさん」による非常に危険な脅威にさらされる可能性があるからだ。「クマさん」が何をするのかというと……(2019/12/12)

「バンクシー展 天才か反逆者か」、2020年横浜開催 オリジナル作品70点以上が初上陸
多様な作品に込められた思いを紹介する映像も。(2019/11/5)

「トリック・オア・トリート」のトリックがエグい ハロウィーンにこそ読みたい怪奇漫画
エグい描写の中に風刺が香る。(2019/10/31)

「激辛カレーがナーフされて煮物になりました」 大川ぶくぶ、「ポプテピ」で神戸の事件を風刺(?)する
ネタの速さ。(2019/10/21)

「目黒のさんままつり」の由来──落語「目黒のさんま」
(2019/10/17)

過激風刺アニメ「サウスパーク」Netflixで日本配信決定! 中国で検閲されたばかりの旬なタイミング
ひさびさの日本公式展開。(2019/10/9)

「サウスパーク」プーさん絞殺シーンなど含む中国批判エピソードを公開 検閲により中国のネットから消滅
いつものサウスパーク。(2019/10/8)

「そろそろ寿司を食べないと死ぬぜ!」寿司を食べ続けなきゃ爆発するゲームがシンプルなのに意味不明
舞台がファンタジー風なのも気になる。(2019/10/8)

いま、社会で起こっている恐怖 “わたしたち”を描くホラー映画「アス」の本当の怖さ
「ゲット・アウト」の監督最新作。(2019/9/14)

映画「ザ・ハント」が銃乱射事件を受けて公開見送りへ エリートが市民を「狩る」風刺スリラー
トランプ大統領が批判したことで注目を集めていました。(2019/8/13)

ドラマ「ハイロー ザ・ワースト」治安の悪さのインフレが止まらないよ! 「放火棟」「殺人棟」すごいネーミングの“絶望団地”
ハイローお馴染みのトンデモ設定炸裂。(2019/8/7)

「韓国・フェミニズム・日本」特集はなぜ大ヒットしたのか? 『文藝』編集長に聞く、86年ぶり3刷の裏側
「在庫が一瞬でなくなった」異例の大ヒットの裏側。(2019/7/26)

Mocrosoft Focus:
Microsoftに「クールな会社」像は不要――幹部が語る過去からの脱却
7年前のMicrosoftと今のMicrosoftはまったく別の企業だと、チーフストーリーテラーのスティーブ・クレイトン氏は語る。7年前というと、ちょうど、現在の新たなロゴへと変更したタイミングだ。シアトルのMicrosoft本社を訪れてビジネスモデルと企業文化の変化を追った様子を、2回に分けてレポートする。(2019/6/26)

「若者の個性を抑圧しておきながら、社会は個性を求める」 風刺漫画「社会適合者のつくりかた」に反響
周囲に合わせるのではなく、自分の個性に合う場を求める生き方だってあるのですけれど、それはそれで難しかったり。(2019/4/25)

マシーナリーともコラム:
「ホフホフ熱い……」 『美味しんぼ』1〜111巻から海原雄山がかわいいシーンを独断で選ぶ
おじいちゃん、『美味しんぼ』の話はこの間やったでしょ。(2019/3/19)

親「保育園増やして!」→国「子連れ出勤を支援します」 希望と政策のすれ違いを嘆く風刺漫画が話題に
う〜ん……。(2019/2/12)

都内で見つかったバンクシーらしき絵 小池都知事が対応を説明 「贈り物だと思います」「落書きを勧めているわけではない」
小池百合子都知事がTwitterで報告し話題を集めていました。(2019/1/18)

平成最後のコミケ終幕! 熱気あふれまくりのコミックマーケット95コスプレ写真総まとめ(そして新時代へ)
燃え尽きるほどヒート!(2018/12/31)

ディズニーを”聖なるもの”として扱わなくてもいい――風刺やネット文化を詰め込んだ「シュガー・ラッシュ:オンライン」を監督2人が語る
ザンギエフの声を当てたリッチ・ムーア監督「僕のロシアなまりは最悪だろ(笑)」。(2018/12/21)

みんな大好きミュシャがBunkamuraに集結 没後80年記念展示「みんなのミュシャ」
ミュシャに影響を受けたアーティストとして天野喜孝らの絵も展示!(2018/11/30)

横転する軽トラ、散乱するゴミ――ハロウィーンの騒動を忘れぬため、ジオラマ作家が作品で風刺
騒動を放置していると、やがて荒廃して無法地帯になるよ! というメッセージ。(2018/11/3)

人間以上の検出率:
ミシガン大が「フェイクニュース検出システム」開発、言語分析アルゴリズムを利用
ミシガン大学の研究者が、フェイクニュース記事を人間並みに、時には人間以上に正確に見分ける言語分析アルゴリズムベースのシステムを開発した。「うその言語的特徴」を識別することで、人間よりも最大6ポイント高い検出率を実現できたという。(2018/8/27)

一体何に謝っているんだ…… どんな謝罪にも対応できる「全謝罪対応型」謝罪動画の汎用性が無限大
どんな謝罪の記者会見でもこれでいける……?(2018/6/19)

「現実の方がむごい」 “ヤバいマンガ枠”扱いされる“知るかバカうどん×クジラックス”の白熱対談
おお神よ! なぜこの二人を引き合わせてしまったのか!(2018/6/8)

別宅 きょうの横山家:
「元気だったかコラァ」――かわいいけれどヤンキー口調 アバターと中身の落差が壮絶なVTuber漫画
不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまう豪快な動画配信。(2018/6/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。