ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「風刺」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「風刺」に関する情報が集まったページです。

企業SNS「中の人」がいま考えるべきこと:
これからのSNS運用で必要なものがケロッグ、バーガーキングの成功事例から見えてきた
SNSは、今や必要不可欠な存在となっている。企業側も、マーケティング手法の一環として活用するのが当たり前の時代になってきた。消費者との新たな関係性を築ける一方で、いわゆる「中の人」がトラブルになったり反感を買ったりしてしまうケースも。電通メディアイノベーションラボ主任研究員を務め、SNSに詳しい天野彬氏は、これからの企業SNSは「ファスト」になるべきだと解説する。国内外の成功事例をひもときながら、解説する。(2020/1/16)

「パラサイト 半地下の家族」ネタバレなし全力レビュー 可及的速やかに映画館に行ってくださいと懇願するしかない5つの理由
ネタバレ厳禁の大傑作韓国映画「パラサイト 半地下の家族」の面白さがどこにあるのか、全力で解説しよう。(2020/1/10)

Facebook、誤解を招くディープフェイク動画は削除する新ポリシー
Facebookが、プラットフォームへのディープフェイク動画を規制するポリシー強化を発表した。一般人には見分けられないAI技術を使って編集された誤解を招く動画は削除する。ただし、AI以外で編集したものや、パロディなどは対象外だ。(2020/1/8)

連載「オタクの幸せ」:
「シンプソンズファンはプライドを持っている」 名優・大平透が心を許した「シンプソンズファンクラブ」とオリジナル声優たちの12年間
【完全版後編】オリジナル声優にとってファンとはどんな存在なのか。(2019/12/26)

連載「オタクの幸せ」:
署名、公開質問状、調査、そしてオリジナル声優復帰へ “映画版の声優が芸能人問題”を乗り越えた「シンプソンズファンクラブ」12年間の記録
【完全版前編】互いの顔も知らず、映画業界への伝手もなかったファンがなぜ奇跡を起こせたのか。(2019/12/26)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本が狙われる ロシアのドーピング処分で暴れる「クマさん」の危険
ロシアが五輪などの大会から4年間追放される処分が決まった。このことは、私たちと「関係ない」で済まないかもしれない。東京五輪と日本企業が「クマさん」による非常に危険な脅威にさらされる可能性があるからだ。「クマさん」が何をするのかというと……(2019/12/12)

「バンクシー展 天才か反逆者か」、2020年横浜開催 オリジナル作品70点以上が初上陸
多様な作品に込められた思いを紹介する映像も。(2019/11/5)

「トリック・オア・トリート」のトリックがエグい ハロウィーンにこそ読みたい怪奇漫画
エグい描写の中に風刺が香る。(2019/10/31)

「激辛カレーがナーフされて煮物になりました」 大川ぶくぶ、「ポプテピ」で神戸の事件を風刺(?)する
ネタの速さ。(2019/10/21)

「目黒のさんままつり」の由来──落語「目黒のさんま」
(2019/10/17)

過激風刺アニメ「サウスパーク」Netflixで日本配信決定! 中国で検閲されたばかりの旬なタイミング
ひさびさの日本公式展開。(2019/10/9)

「サウスパーク」プーさん絞殺シーンなど含む中国批判エピソードを公開 検閲により中国のネットから消滅
いつものサウスパーク。(2019/10/8)

「そろそろ寿司を食べないと死ぬぜ!」寿司を食べ続けなきゃ爆発するゲームがシンプルなのに意味不明
舞台がファンタジー風なのも気になる。(2019/10/8)

いま、社会で起こっている恐怖 “わたしたち”を描くホラー映画「アス」の本当の怖さ
「ゲット・アウト」の監督最新作。(2019/9/14)

映画「ザ・ハント」が銃乱射事件を受けて公開見送りへ エリートが市民を「狩る」風刺スリラー
トランプ大統領が批判したことで注目を集めていました。(2019/8/13)

ドラマ「ハイロー ザ・ワースト」治安の悪さのインフレが止まらないよ! 「放火棟」「殺人棟」すごいネーミングの“絶望団地”
ハイローお馴染みのトンデモ設定炸裂。(2019/8/7)

「韓国・フェミニズム・日本」特集はなぜ大ヒットしたのか? 『文藝』編集長に聞く、86年ぶり3刷の裏側
「在庫が一瞬でなくなった」異例の大ヒットの裏側。(2019/7/26)

Mocrosoft Focus:
Microsoftに「クールな会社」像は不要――幹部が語る過去からの脱却
7年前のMicrosoftと今のMicrosoftはまったく別の企業だと、チーフストーリーテラーのスティーブ・クレイトン氏は語る。7年前というと、ちょうど、現在の新たなロゴへと変更したタイミングだ。シアトルのMicrosoft本社を訪れてビジネスモデルと企業文化の変化を追った様子を、2回に分けてレポートする。(2019/6/26)

「若者の個性を抑圧しておきながら、社会は個性を求める」 風刺漫画「社会適合者のつくりかた」に反響
周囲に合わせるのではなく、自分の個性に合う場を求める生き方だってあるのですけれど、それはそれで難しかったり。(2019/4/25)

マシーナリーともコラム:
「ホフホフ熱い……」 『美味しんぼ』1〜111巻から海原雄山がかわいいシーンを独断で選ぶ
おじいちゃん、『美味しんぼ』の話はこの間やったでしょ。(2019/3/19)

親「保育園増やして!」→国「子連れ出勤を支援します」 希望と政策のすれ違いを嘆く風刺漫画が話題に
う〜ん……。(2019/2/12)

都内で見つかったバンクシーらしき絵 小池都知事が対応を説明 「贈り物だと思います」「落書きを勧めているわけではない」
小池百合子都知事がTwitterで報告し話題を集めていました。(2019/1/18)

平成最後のコミケ終幕! 熱気あふれまくりのコミックマーケット95コスプレ写真総まとめ(そして新時代へ)
燃え尽きるほどヒート!(2018/12/31)

ディズニーを”聖なるもの”として扱わなくてもいい――風刺やネット文化を詰め込んだ「シュガー・ラッシュ:オンライン」を監督2人が語る
ザンギエフの声を当てたリッチ・ムーア監督「僕のロシアなまりは最悪だろ(笑)」。(2018/12/21)

みんな大好きミュシャがBunkamuraに集結 没後80年記念展示「みんなのミュシャ」
ミュシャに影響を受けたアーティストとして天野喜孝らの絵も展示!(2018/11/30)

横転する軽トラ、散乱するゴミ――ハロウィーンの騒動を忘れぬため、ジオラマ作家が作品で風刺
騒動を放置していると、やがて荒廃して無法地帯になるよ! というメッセージ。(2018/11/3)

人間以上の検出率:
ミシガン大が「フェイクニュース検出システム」開発、言語分析アルゴリズムを利用
ミシガン大学の研究者が、フェイクニュース記事を人間並みに、時には人間以上に正確に見分ける言語分析アルゴリズムベースのシステムを開発した。「うその言語的特徴」を識別することで、人間よりも最大6ポイント高い検出率を実現できたという。(2018/8/27)

一体何に謝っているんだ…… どんな謝罪にも対応できる「全謝罪対応型」謝罪動画の汎用性が無限大
どんな謝罪の記者会見でもこれでいける……?(2018/6/19)

「現実の方がむごい」 “ヤバいマンガ枠”扱いされる“知るかバカうどん×クジラックス”の白熱対談
おお神よ! なぜこの二人を引き合わせてしまったのか!(2018/6/8)

別宅 きょうの横山家:
「元気だったかコラァ」――かわいいけれどヤンキー口調 アバターと中身の落差が壮絶なVTuber漫画
不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまう豪快な動画配信。(2018/6/9)

風刺画「顧客が本当に必要だったもの」がアナログゲームに 顧客や営業の要求通りにカードを並べるカオスなブランコ作り
大事なのは成果物の完成度でなく、「やった感」。(2018/5/13)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
謝れば済む話 しかしネットでは逆効果
ネット炎上対策会社MiTERU代表取締役おおつねまさふみ氏による連載第2回。今回はネット炎上と「人狼ゲーム」の関係について。(2018/5/11)

やりやがった……のか? 電気グルーヴ・石野卓球、ポプテピ思わせるコラボTシャツ公開でファンの期待爆上げ
コラボ希望ゥァア゛ーッ。(2018/2/20)

ふぃぎゅらぼ:
フリー素材「いらすとや」まさかのフィギュア化、味わい深いイラストがカプセルトイになって登場
フリー素材をフィギュア化する暴挙。(2018/2/18)

成金の風刺画「どうだ明るくなったろう」ごっこができる 紙にはさむと光るLEDの工作がナイスアイデア
玄関で「暗くてお靴が分からないわ」と言われたときに役立つ。(2018/1/30)

「少女革命ウテナ」放送終了から20年の日 「ウテナ」「ピンドラ」がAmazonプライムビデオ・Netflixに追加される
最高のクリスマスプレゼント。(2017/12/24)

PR:街で見かける「似顔絵師」ってアレだけで食べていけるの? 気になったので直接聞いてみた
知らなかった世界の話ばかりでした。(2017/12/6)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
日産とスバル 法令順守は日本の敵
完成検査問題で日本の自動車産業が揺れている。問題となっているのは、生産の最終過程において、国土交通省の指定する完成検査が無資格者によって行われていたことである。これは法令順守の問題だ。ただ、そもそもルールの中身についてはどこまで議論がされているのだろうか。(2017/11/6)

NECが「飲める文庫」を開発ってどういうこと!? AIが名作文学の読後感を分析しコーヒーの味わいで表現
「悲しい結末」は「苦み」、「充実感」は「飲みごたえ」にと、文学の読後感を味の要素に置き換えてコーヒー豆をブレンド。(2017/10/24)

働いてる人みんなに「えらいよ」と伝えたい漫画『はぐちさん』 作者のくらっぺ先生、初インタビュー
無理すればな、漫画家にもなれんねん。(2017/9/29)

「君の名は。」ハリウッド実写版に妄想広がる 「彗星シーンでエアロスミス」「NY少年とオクラホマ娘の入替」
大ヒット映画「君の名は。」のハリウッド実写映画化決定に、Twitterでは大喜利が発生。(2017/9/28)

「ありがた迷惑なプレミアムフライデー」「残業を禁止して早朝出勤」 働き方改革を皮肉ったサイボウズの広告に共感の声
事実により近い表現を採用した結果、大胆な内容の広告になったとのこと。(2017/9/15)

年上女性への憧れがここに……! 美人な先輩さんと童貞の後輩君が出会う漫画「シガレット&チェリー」の連載がスタート
喫煙所で始まる恋があってもいいじゃない。(2017/8/29)

トランプ大統領がCNNをボコボコにする動画、元画像の投稿者がCNNに謝罪 「脅迫」と批判するハッシュタグも
CNNは脅迫ではないとしています。(2017/7/7)

桃を拾ったおばあさんに「窃盗だろ」「桃の気持ちを考えたことがあるのか」 SNSの炎上を強烈に風刺したCMが秀逸
美輪明宏さんのナレーションが、「悪意ある言葉が、人の心を傷つけている」と投げかける。(2017/7/4)

まるでディズニーの風刺アニメのよう NY地下鉄でベーグルを奪い合うネズミが目撃される
〜( ̄C・>ベーグル<・S ̄)〜(2017/5/20)

「拡散希望 おまえらこいつ潰そうぜ」 Twitterネタが豊富な弾き語りミュージカル「イキりオタク」が話題に
イキがるオタクを歌と台詞で演じています。(2017/5/10)

男性の自慰行為に罰金100ドル 米テキサス州で法案提出
女性の人工妊娠中絶に対する厳しい規制への風刺として提案されました。(2017/3/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本のお笑い芸人が世界に比べて「終わっている」は本当か
脳科学者の茂木健一郎氏が、「日本のお笑いはつまらない」とツイートして話題になった。一方、米国のトークショーは社会問題などを取り上げていることが多いが、ネタはコメディアンがつくっているのか。米国のテレビ局で働いた経験がある筆者によると……。(2017/3/9)

50代からは「ネット足長おじさん」になったほうがいいかも
口を出さずに金を出す! 星井七億の連載「ネットは1日25時間」。(2017/2/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。