ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ウクライナ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ウクライナ」に関する情報が集まったページです。

世界の巨大像、高さを比べてみると…… 圧巻のスケールに驚き
スフィンクスすら低いほうなのか……。(2024/4/14)

Cybersecurity Dive:
なぜ脅威アクターは重要インフラを標的にするのか? 金銭だけではないそのワケ
BlackBerryの調査によると、2023年9〜12月までの間に追跡された全業界のサイバー攻撃のうち、重要インフラプロバイダーが標的となったものは62%だった。なぜ重要インフラプロバイダーは標的になりやすいのか。(2024/4/13)

ラーメン店の倒産が過去最悪に 値上げラッシュで「1000円の壁」が足かせ?
東京商工リサーチが調査結果を発表した。(2024/4/11)

Microsoftが警鐘を鳴らす「生成AI攻撃」【中編】
生成AIの“闇”が広がる――4カ国、5グループによる「生成AI悪用」の実態
国家支援型のサイバー犯罪集団が生成AIツールを利用した攻撃活動を繰り広げている。企業はどの国やサイバー犯罪集団からの、どのような攻撃を警戒すべきなのか。Microsoftの調査を基に説明する。(2024/4/9)

パン店の倒産過去最多 一方、出店が増えたのは?
「パンからおにぎりへ」と食のトレンドのシフトが顕著になっている。(2024/4/6)

材料技術:
東邦チタニウムが成長戦略を発表、2030年度に2022年度比で売上高と利益を倍増へ
東邦チタニウムが2024年度以降の成長戦略や今後の展望などについて説明。足元で需要旺盛な航空機向けの高純度のスポンジチタンを軸に事業拡大を進め、2030年度の業績として2022年度実績の倍増以上となる売上高1700億円、経常利益250億円という目標を掲げた。(2024/4/2)

企業のサステナビリティ戦略、2024年のリスクと機会はどこにある? 4大コンサルファームが指摘
2024年、サステナビリティ経営をめぐる動向はどうなるか? 4大コンサルファームが、企業のサステナビリティ戦略の「リスクと機会」を分析した。(2024/4/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
欧米で警戒されるロシア製ソフト、日本政府が使用していた どんなリスクがあるのか
日本の中央省庁などの公的機関が、欧米で警戒されているロシア製ソフトウェアを使用していることが分かった。日本各地の国土情報や、港湾などの施設情報が国外に漏れる可能性もある。リスクを放置せずにしっかりと対応するべきだ。(2024/3/29)

「エンゲル係数」40年ぶり高水準 国民生活は厳しくなっている?
国民生活が厳しさを増している。日本銀行は今週、賃金と物価がそろって上がる好循環の実現が見込めるとして「マイナス金利政策解除」に踏み切ったが、家計の消費支出に占める食品の割合を示す「エンゲル係数」は2023年、40年ぶりの高水準に達した。世論調査でも物価高での苦境を示す数字が出ている。(2024/3/25)

Computer Weekly日本語版+セレクション
標的型攻撃が外交官を狙う 「BMWの格安中古車」でだます手口とは
ウクライナで働く外交官を標的にしたサイバー攻撃が活発化している。ロシアの攻撃者によるものとみられる攻撃の手口とは。(2024/3/25)

2030年までに“世界第2位”を目指す! Intelが半導体の「受託生産」に乗り出す理由【前編】
Intelの半導体受託生産事業「Intel Foundry」が本格的に始動した。研究/開発から生産まで一貫して行う垂直統合体制だった同社が、ここに来て受託生産(ファウンドリー)事業に注力し始めたのはなぜなのだろうか。この記事では、その動機(モチベーション)について考察していきたい。(2024/3/22)

「英チャールズ国王死去」の偽情報がSNSで拡散 英政府は「フェイク」
トレンドに「チャールズ国王」が入るほど拡散。(2024/3/19)

衛星通信で変わるモバイルの未来
モバイル通信のあれで「スマホを宇宙につなぐ」が“5G並み”に普通になった?
宇宙産業が拡大する中で、衛星通信サービス関連市場の成長に勢いがある。衛星通信でどこからでもモバイル通信ができるようにするには、ある物が必要だ。(2024/3/19)

「店の看板がなくなった」「戻してほしい」 ロシア料理店、30年近く使った看板が行方不明で切実な訴え → 無事発見されて感謝
見つかって良かった……。(2024/3/18)

Cybersecurity Dive:
FBIが主導したbotネット破壊作戦が“効果絶大”も、油断ならないワケ
FBI主導で実行されたbotネットの破壊活動が成果を挙げた。botネットが破壊されるまで脅威グループは、数百台の脆弱なルーターを悪用し、標的に対してスピアフィッシング攻撃やクレデンシャルハーベスティング攻撃を実行していた。(2024/3/10)

産業創出という打ち出の小槌 :
半導体に沸く熊本、高賃金の黒船襲来 給料を上げるには?
JR豊肥線の原水駅(熊本県菊陽町)は、ひなびた無人駅だ。ここから2キロほど離れた丘陵地に半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の第1工場ができた。周囲には田んぼとキャベツやニンジンの畑が広がっている。(2024/3/9)

ハノーバーメッセ 2024:
「AIは競争力ある持続可能な産業の鍵」ハノーバーメッセ 2024の主催者が語る
ドイツ・ハノーバーで開催される世界最大級の産業見本市「ハノーバーメッセ(HANNOVER MESSE) 2024」(2024年4月22〜26日)の開催を前に、主催のドイツメッセが2024年2月下旬、現地で記者説明会を開催した。ドイツメッセCEOのヨッヘン・コックラー氏は、同見本市の開催概要や見どころを語るなかで、生成AIをはじめとしたAI技術の急速な発展が産業界にもたらす可能性を強調していた。(2024/3/8)

「悪い円安論」が聞こえなくなった理由 メディアは「良い円安論」を説き始める
(2024/3/7)

クラウドERP導入の壁とそれを乗り越える方策(1):
PR:基幹系DX基盤としてのクラウドERP
グローバルにビジネスを展開する製造業にとって、デジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性は高まる一方であり、企業が競争力を発揮するためにはDXへの取り組みが不可欠です。本連載では基幹系DX基盤のあるべき姿と、その実現に向けてポイントとなるソリューションを提案します。第1回は、製造業においてDXが必要とされる理由から、企業のDXを実現するIT基盤のあるべき姿を考えます。(2024/3/1)

石野純也のMobile Eye:
Open RANを巡る競争は楽天が一歩リードか ドコモと“協調”する可能性も?
MWC Barcelona 2024では、Open RANをテーマの1つとしてさまざまな事業者が成果を展示していた。このO-RANに早くから力を入れていたのが日本勢で、ドコモや楽天がO-RANのビジネス化も図っている。ドコモと楽天のO-RANを巡る競争の中身、そして協調の可能性を取り上げる。(2024/3/5)

越智岳人の注目スタートアップ(10):
地域や年齢に関係なく自由に移動できる社会を――ホンダ出身スタートアップ「Striemo」
群雄割拠の様相を呈するマイクロモビリティ分野において存在感を放っているのが、ホンダからスピンアウトしたStriemo(ストリーモ)だ。開発のきっかけやこれまでの歩み、今後の展開などについて、創業者の森庸太朗氏に話を聞いた。(2024/2/29)

EE Exclusive:
半導体業界 2024年の注目技術
本稿では、EE Times Japan編集部が注目する、半導体業界の2024年の注目技術/トレンドをまとめる。(2024/2/29)

2020年にサイバー攻撃受けたNTTコムに聞く“当時の教訓” 反省を踏まえ、どう変わったか
2020年にサイバー攻撃を受けたNTTコムに当時の反省とセキュリティ改善の現況を聞く。(2024/2/26)

名古屋港攻撃のランサムウェア集団「LockBit」、主要インフラ無力化 ユーロポールが主導 警察庁も復号ツール開発などで協力
欧州刑事警察機構が、名古屋港への攻撃などで知られるランサムウェア集団「LockBit」のインフラを無効化し、関係者2人を逮捕したと発表した。(2024/2/21)

ウクライナ侵攻で手足失った人に義手・義足を 日本企業、3Dプリンタ使用で安価
ロシアがウクライナに軍事侵攻してから約2年となるが、ウクライナでは多くの人が手足を失っており、その数は1万人以上といわれる。こうした状況を変えようと、日本のベンチャー企業や自治体が支援に乗り出している。(2024/2/19)

なぜ、ウニやカニそっくりの具を使った「海鮮丼」を? ファミマに狙いを聞く セブンやローソンも注力
ファミリーマートは2月6日、ウニやカニといった水産物の代替食品を使用した「だいたい(代替)海鮮丼」(498円)を発売した。その背景とは?(2024/2/17)

OpenAIとMicrosoft、AIを攻撃に悪用するロシアや中国のアカウント停止
MicrosoftとOpenAIは、LLMなどのAIツールがロシアや中国などとつながる脅威アクターに悪用されているという調査結果を発表した。両社はこれらの脅威アクターに関連付けられているすべてのアカウントと資産を無効にしたとしている。(2024/2/15)

ウクライナ軍部、ロシア占領軍によるStarlink使用を報告 マスクCEOは否定
ウクライナの国防情報局は、ロシアの占領軍がSpaceXのStarlink端末を使っていると発表した。イーロン・マスクCEOはこれを「誤報」とし、「われわれの知る限り、Starlinkが直接あるいは間接的にロシアに販売されたことはない」とポストした。(2024/2/13)

ネプコン2024に初出展:
品質管理と国際情報網で「世界につながる窓」を目指す Fusion Worldwide社長
米国半導体商社のFusion Worldwideは、「第38回 ネプコンジャパン -エレクトロニクス開発・実装展-」(2024年1月24〜26日/東京ビッグサイト)に出展した。同社ブースで、社長のTobey Gonnerman氏に、展示会出展の狙いや2024年の世界半導体市場予測を聞いた。(2024/2/14)

森永康平の経済闘論:
景気回復に水差す「ダブル引き締め」が不安 もはや“日本の伝統芸能”
新しい首相が決まると必ず私のもとに寄せられる質問は、「新しい首相の下で日本経済はどうなるのか」「どの企業や産業に追い風が吹くのか」というものだ。2021年10月、岸田文雄氏が首相に就任した際も同様の質問が来たが、私は「財政と金融のダブル引き締めが不安だ」と語った記憶がある。(2024/2/8)

なぜ北海道「人口5000人の町」に23億円の企業版ふるさと納税が集まったのか
のべ23億円以上の企業版ふるさと納税を集めた「人口5000人の町」が北海道にある。理由を町長に聞いた。(2024/2/8)

CODE BLUE 2023レポート:
OTシステムへの攻撃はすぐそこまで来ている マルウェア解析から分かった攻撃者の狙い
サプライチェーン攻撃の激化に伴い、ITシステムだけでなくOTシステムを狙ったサイバー攻撃が本格化する恐れがある。OTを狙ったマルウェアの実態と攻撃者の目的をリサーチャーが語った。(2024/2/8)

テキストを復号するユーティリティツールが、裏でバックドアを構築:
Google、PDFで政府要人を狙うロシアの脅威グループ「COLDRIVER」の手口を報告
Googleは、ロシアの脅威グループであるCOLDRIVERによる最新の手口を報告した。(2024/2/6)

セキュリティニュースアラート:
日本が攻撃者にとって“魅力的な標的”であるワケ CYFIRMA調査レポート
CYFIRMAはAPAC地域における脅威ランドスケープレポートを公開した。地政学的緊張の高まりに伴いサイバー脅威が増加していることが示されており、日本が攻撃者にとって魅力的な標的であることも分かっている。(2024/2/6)

Go AbekawaのGo Global!特別編〜ウクライナの今:
「話題にし続けてください。それが世界を変える」 ウクライナのエンジニアは今も戦っている
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回は特別編として、本連載でも何度かお話を伺っているCyril Samovskiy(キリル・サモフスキー)さんにウクライナの現状について伺う。前回は戦地から命からがら逃げ延びた直後の緊迫した状況で、キリルさんの日常生活や家族、そして仕事について伺った。あれから1年以上たち、キリルさんや周りの人々にはどんな変化があったのか。(2024/3/4)

今日のリサーチ:
ITフリーランスエンジニアの平均月額単価ランキング
DXの進展でIT・テクノロジー領域の人材需要が拡大しているようです。(2024/2/5)

「Creepy Nuts」DJ松永、“世界的大バズ”で「もう一生食える」 「Bling-Bang-Bang-Born」が世界的大ヒット
「Bling-Bang-Bang-Born」が世界的大ヒットを飛ばしています。(2024/2/2)

セキュリティニュースアラート:
IoT接続爆増でサイバーフィジカルシステムは新たなアプローチへ Clarotyが予測
Clarotyは2023年のサイバーセキュリティ業界を振り返るとともに、現状及び2024年の予測を発表した。サイバーフィジカルシステムは新たなアプローチを求められるという。(2024/2/1)

技術、経済、社会、政治情勢に注目:
AI、規制、インフレ――2024年のデジタル動向を左右するマクロ情勢とは? IDCアナリストが解説
IDCのアナリストがブログ記事で、2024年のデジタル動向を左右するとみられるさまざまなマクロ情勢を取り上げ、解説を加えた。(2024/2/1)

製造マネジメントニュース:
アマゾン買収断念で再び苦難に直面するアイロボット 大規模リストラも決行
Amazon.comは家庭用掃除ロボット「ルンバ」を手掛けるiRobotの買収に向けた両社の契約終了に合意したと発表した。EUの規制当局による買収の許可を得られなかったとしている。(2024/1/31)

グローバルなデータセンターの電力消費量が4年で2倍以上に急増、国際エネルギー機関が予測 “AI競争”は電力調達がカギに?
国際的なエネルギー安全保障や経済成長、環境保護などを掲げるIEAが、グローバルなデータセンターの電力消費量は2026年には2022年の2倍以上に急増するとの予測を明らかにしました。(2024/1/30)

日本ハム、マグロそっくりの食品を発売 本物に近い食感・風味を再現 狙いは?
日本ハムが、本物のマグロそっくりなプラントベース(植物由来)の食品を開発した。当面の販売先は外食産業やホテルなどとしているが、今後は一般消費者に提供する可能性もあるとしている。(2024/1/28)

「8億1500万人分の個人情報流出」や「被害額1億ドル」の事例など:
2023年に起きた10大サイバーセキュリティインシデント事例 ESET
ESETは2023年に発生したサイバーセキュリティインシデントの中で、最も影響の大きかった10個の事例を発表した。(2024/1/22)

HANNOVER MESSE 2024:
データ共有やAI、水素など最先端の産業トレンドが一堂に、ハノーバーメッセ2024
ドイツメッセは東京都内で記者会見を開き、ドイツのハノーバーで開催する世界最大級の産業展示会「ハノーバーメッセ(HANNOVER MESSE)2024」の概要や見どころを説明した。(2024/1/22)

外交官を狙った「Cozy Bear」の攻撃【後編】
「一般公開のメールアドレス」が危ない BMWでだます攻撃が広がる実態
サイバー犯罪集団Cozy Bearは、外交官を標的にした攻撃活動を実施している。Cozy Bearはどのようにして標的の狙いを定めているのか。要注意の国とは。(2024/1/22)

「2024年のクラウドインフラ支出見通しは非常に明るい」:
非クラウドインフラ市場に逆風、クラウドインフラ支出は増加も需要は減少
IDCは、2023年第3四半期における世界の企業インフラ支出動向を発表した。クラウドインフラ支出は前年同期比2.9%増、非クラウドインフラ支出は8.2%減となった。(2024/1/19)

エネルギー管理:
「有事への備え」――石油・LPガス備蓄の現状と水素等へのタンク転用
電力インフラのレジリエンスを考える上で、災害時にはエネルギー供給の「最後の砦」と位置付けられている石油。昨今の不安定な国際情勢や脱炭素化の流れを受け、資源エネルギー庁では今後の石油備蓄の在り方についての検討を進めている。(2024/1/18)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
「その工場は本当に建つのか?」 半導体製造への投資ラッシュで見えてきた課題
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウォッチする連載。今回は、2023年を通して相次いだ半導体製造への投資を振り返り、そこから見えてきた2つの大きな課題について考察する。(2024/1/16)

FAメルマガ 編集後記:
ペットを飛行機に乗せた
私の体験談です。(2024/1/16)

セキュリティニュースアラート:
非営利団体はなぜサイバー攻撃者にとって「おいしい」ターゲットなのか
「非営利団体はサイバー攻撃の標的として非常に魅力的」だという意外な指摘が公表された。なぜ大企業ではなく非営利団体が狙われるのだろうか。(2024/1/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。