ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「性犯罪対策」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「性犯罪対策」に関する情報が集まったページです。

世界を読み解くニュース・サロン:
MITメディアラボの失態に見る、スポンサーと研究資金の闇
米マサチューセッツ工科大学のメディアラボ所長が、性犯罪で起訴された富豪から資金を受け取り、隠蔽しようとしたことが暴露された。世界的な研究機関が“怪しい人物”からカネを受け取ってしまったのはなぜか。背景には、研究機関とスポンサーの関係がある。(2019/9/12)

防犯ポスターに「短いスカートが性犯罪を誘発」 批判受け菅公学生服が謝罪
「性犯罪の被害者に責任を負わせている」と批判が集まっていました。(2019/1/15)

性犯罪者の「ポケモンGO」利用、ニューヨーク州で禁止に
ポケモン探しに夢中の子どもが、無意識に性犯罪者へ接近することを懸念しての措置。(2016/8/2)

仮釈放中の性犯罪者による「Pokemon GO」利用禁止──ニューヨーク州知事
ニューヨーク州知事のアンドリュー・クオモ氏は、子どもたちを性犯罪者から守るため、仮釈放中の性犯罪者による「Pokemon GO」の使用を禁じると発表した。開発元のNianticにも協力を求めたとしている。(2016/8/2)

NY州で「ゲームオーバー作戦」、オンラインゲームから性犯罪者の一掃目指す
作戦にはMicrosoft、Apple、ソニーなどが協力。性犯罪の前科がある人物のアカウントを閉鎖させた。(2012/12/28)

性犯罪者のオンライン活動規制法案、NY州5郡の地方検事が支持
性犯罪者をSNSから締め出し、オンライン活動を規制する法案が、成立へとまた一歩近づいた。(2008/2/14)

新作DVD情報:
凶悪な性犯罪を追うサイコ・スリラー――「消えた天使」
香港映画「インファナル・アフェア」シリーズのアンドリュー・ラウ監督が、性犯罪というアブないテーマでハリウッド進出!リチャード・ギアが神経衰弱ギリギリの監査官を熱演!(2007/12/17)

Facebook、ニュージャージー州検事からも召喚状
ニューヨーク州からの召喚状に続くもの。性犯罪者がFacebookに持つアカウント情報の提出に加え、サイトの安全性に関する方針についても説明を求めている。(2007/10/3)

テキサス州、「元MySpaceメンバー」の性犯罪者7人逮捕
MySpaceが5月に性犯罪者のプロファイルを検事当局に提出して以来、「米国初の大規模取り締まり」の結果、テキサス州で7人が逮捕された。(2007/6/16)

MySpace、性犯罪者情報を各州の検事総長に提出へ
MySpaceが、性犯罪者の情報の削除だけでなく、その過程で収集した情報を各州の検事総長に提出すると発表した。(2007/5/22)

人気SNSに性犯罪者が数千人――米州が情報要求
若者に人気のMySpaceに、政府データベースに登録されている性犯罪者が数千人登録しているとして、8州の検事総長がMySpaceに詳しい情報を求めている。(2007/5/15)

MySpaceとSentinel、性犯罪者のデータベース技術を児童保護組織に寄付
MySpaceとSentinel Techが、性犯罪者を識別、ブロックするためのデータベース技術を寄付。オンラインでの児童虐待事件捜査に協力する。(2007/1/30)

「MySpaceで娘が性犯罪被害に」、4家族が訴訟
14〜15歳の少女らがMySpaceで出会った相手に性的暴行を受けたことから、その家族が同社と親会社を訴えた。(2007/1/19)

バージニア州、性犯罪者のメールアドレス届け出法案提出へ
米連邦議会での性犯罪者に対するメールアドレス届け出法案発表に続き、州としては初めて、バージニア州が同様の内容の州法案を提出する。(2006/12/13)

MySpace、性犯罪者のアクセス防ぐ「Sentinel Safe」導入
MySpaceは州や連邦政府のデータベースに登録されている性犯罪者を検索、識別し、同SNSのメンバーを性的被害から守る技術を導入した。(2006/12/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。