ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「性暴力」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「性暴力」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ホラーは「因果応報」よりも「理不尽」の方が怖い? “こわい話”を解剖する
何を怖いと思うかは、時代によって変わってくる。(2019/8/15)

その漫画はなぜAVの歴史を変えると言われるのか――野々原なずな×クジラックス特別対談
自伝漫画を描く現役セクシー女優が敬愛してやまない漫画家、クジラックスさんを招いて対談。(2019/7/5)

「ストロベリーナイト・サーガ」最終話 二階堂ふみ版“前向きで時に危うい”玲子の「私たちの中には殺意がある」
「知らないでしょ、私のそういう怖いとこ」を目前にした菊田(亀梨和也)。ガンテツの優しさもしみた。(2019/6/21)

度肝を抜かれた2本立て「ストロベリーナイト・サーガ」9話 二階堂ふみ×亀梨和也W主演は原作以上にプラトニック?
斬新な構成は「サザエさん」オマージュ?(2019/6/13)

トイレ革命が世界で進行中 支えるのは日本の技術
自動でふたが開閉し、温水洗浄の温度や強さが選べ、脱臭も…。日本ではそう珍しくなくなった高機能トイレだが、世界に目を向けると、“トイレ革命”途上の国々もある。世界で屋外での排泄(はいせつ)を強いられる人は9億人とされ、トイレは感染症のほか、性暴力の温床にもなっている。そんな国々のトイレ環境改善を日本の技術やノウハウが支えている。(2019/6/7)

トイレ革命が世界で進行中 支えるのは日本の技術
自動でふたが開閉し、温水洗浄の温度や強さが選べ、脱臭も…。日本ではそう珍しくなくなった高機能トイレだが、世界に目を向けると、“トイレ革命”途上の国々もある。そんな国々のトイレ環境改善を日本の技術やノウハウが支えている。(2019/6/7)

悲劇「ストロベリーナイト・サーガ」8話 二階堂ふみ(刑事)と山本耕史(容疑者)の残酷な「ロミオとジュリエット」
泣き出しそうな亀梨和也の表情に胸がぎゅっとなる。(2019/6/6)

「筋肉体操」3人衆を起用したアネッサのCM、公開翌日に非公開に 資生堂広報部「プロモーション期間が終了したため」
5月16日公開、翌17日から非公開に。(2019/5/20)

ヌード、あるいは手術体験告白で 米国で続々成立する中絶禁止法、エマ・ワトソンら海外セレブの抗議投稿相次ぐ
アラバマ州で同法案に賛成したのは25人の白人男性。(2019/5/19)

京大吉田寮のトイレ・シャワー室が「男女別」で分けられていない理由
学生らが目指す、性別問わず安心できる空間。(2019/5/18)

二階堂ふみ「ストロベリーナイト・サーガ」 女子高生とのバトルにシビれた4話「売春して何が悪い、クスリもあげただけ」「あんたも人殺しよ!」
姫川玲子の過去。「必死で抵抗したにしては傷が少ない。本当は合意の上の性交渉だったのでは?」ひどい。(2019/5/9)

寺脇康文の父性に泣いた「ストロベリーナイト・サーガ」3話 「犯人と近い思考回路をもっている」姫川玲子の才能と苦しみ
事件を解決することとは、犯人に共感することなのか、それはやはりタブーなのか。(2019/5/2)

若い女子の処世術的な褒めを「俺に気があるのか」と勘違いしてしまう問題 “クリーンなおっさん”になる方法を誰か教えてくれ
恐怖! 32歳男性、交流会で褒められまくる。(2019/4/26)

テロ映像など暴力的コンテンツ削除しないSNS運営企業に罰金や実刑 豪で法案が可決
年間売上高の最大10%の罰金が科されます。(2019/4/4)

ディズニー、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」監督のクビ撤回 ジェームズ・ガン「心の底から、ありがとう」
異例の撤回。(2019/3/16)

「代表への思いでした」 ムロツヨシ、「また、応援しよう」ツイートの真意を説明し謝罪
親交の深い新井容疑者に向けたものではなかった?(2019/2/4)

週刊SPA!「ヤレる女子大学生RANKING」記事に反対署名1万7000件  「日本の恥さらし」と怒りの声も
2年前にも同様の内容で炎上していました。(2019/1/6)

流行語大賞候補に「eスポーツ」「仮想通貨」「TikTok」
その年に話題になった言葉から選ばれる「ユーキャン新語・流行語大賞」の2018年のノミネート語が発表。IT関連では「eスポーツ」や「TikTok」、「仮想通貨/ダークウェブ」などが入った。(2018/11/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
フェイクニュース対策は「言論統制」に利用されてしまうのか
FacebookなどのSNSを悪用したフェイクニュース対策として、国内の言論統制を強化しようとする国が出てきている。法規制が強まると、言論弾圧につながる可能性もある。表現の自由を保障しながらフェイクニュース拡散を防ぐには、どうしたらいいのか。(2018/10/11)

労働問題弁護士ナビ:
会社を懲戒解雇になり得る6つのケースと、解雇された時の対処法
(2018/9/16)

労働問題弁護士ナビ:
「上司のセクハラ」どうすれば撃退できる? 証拠集めから裁判まで徹底解説
(2018/9/15)

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」監督クビの決定にキャストが共同声明 「(ガン監督を)全面的に支持します」
これを受けてディズニーがどう反応するのか……。(2018/7/31)

「男子クラブ」:
「女性トレーダー求む」、金融業の男社会は変わるか
トレーディングの仕事に就こうとする女性は少ない。業界には「上昇志向の強い男社会」との評価が染み付いている。(2018/6/28)

「現実の方がむごい」 “ヤバいマンガ枠”扱いされる“知るかバカうどん×クジラックス”の白熱対談
おお神よ! なぜこの二人を引き合わせてしまったのか!(2018/6/8)

野田聖子氏らインタビュー:
セクハラ問題、日本で#MeTooは広がるか 識者はこうみる
セクハラ被害を告発する#MeToo運動に、日本でも関心が高まっている。(2018/5/25)

「ちゃんと私たちの夏を終えたい」 真野恵里菜、事件で撮り直しの主演映画公開に思い明かす
「誰かに怒りを感じたりする気持ちもなく」(2018/5/15)

Uber、アプリの緊急ボタンやドライバーの年次適格審査など、多数の安全対策
Uberが、乗客の安全強化のために、アプリからの911(米国の110番)通報や信頼できる人への自動通知機能の追加や、ドライバーの年次適格審査の実施などを発表した。(2018/4/13)

ミステリ好きが早口で語る! ドラマ「アンナチュラル」の面白さ(5〜7話)
ここからがクライマックス。(2018/3/2)

タランティーノ「時速64キロで走れ。できなかったら撮り直しだ」 「キル・ビル」主演女優、パワハラによる交通事故を告白
「やっちまいな!」流行に潜んでいた闇。※追記あり(2018/2/5)

「作中で動物が死ぬかどうか」を教えてくれる検索サイトがパワーアップ 虫やピエロ、びっくり演出の有無まで検索可能に
作中にストレスになりうる要素があるかどうか総合的にチェックできる仕様に。(2018/2/5)

「嫌がらせする自由」を主張するカトリーヌ・ドヌーヴらの寄稿記事、フランス国内で批判相次ぐ
トラウマのある人にはつらい内容だったかも。(2018/1/16)

世界を読み解くニュース・サロン:
「ガキ使」を批判する人が増えれば、トンデモ権力者が生まれる論理
大晦日に放送された「ガキ使」が炎上している。ダウンタウンの浜田氏が黒人俳優エディ・マーフィの真似をして顔を黒くメークしたことに対し、批判が集まっているのだ。黒人メークを否応なしに批判することで、筆者の山田氏は「トンデモ権力者が生まれるかもしれない」という。どういうことかというと……。(2018/1/11)

セクハラ告発「#MeToo」日本でも広がる 加害認め謝罪する著名人も
SNSなどを通じてセクハラ被害を告発する海外発の動き「#MeToo」が日本でも広がっている。はあちゅうさんによる告発がきっかけだ。加害者と名指しされた著名人が謝罪する動きも出ている。(2017/12/20)

電通時代のセクハラを告発された広告クリエイター・岸勇希さん 刻キタルの代表を辞任・退職
ライター・作家のはあちゅうさんからセクハラ・パワハラ行為を告発されていました。(2017/12/19)

異世界転生「JKハル」:
早川書房が「ネット発の官能小説」を書籍化したワケ
早川書房が12月に刊行した『JKハルは異世界で娼婦になった』。ネット発、異世界転生、官能小説という一風変わった小説だ。なぜあの早川書房が『JKハル』を書籍化したのか? 直撃した。(2017/12/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
サンフランシスコ「慰安婦像」の背景に、何があったのか
サンフランシスコで「慰安婦像」が設置された。この事態を受け、大阪市はサンフランシスコとの姉妹都市を解消すると発表したが、設置した関係者と議論することはできなかったのか。(2017/11/30)

手記「Black Box」刊行:
「レイプ被害者の救済システムが必要」伊藤詩織さん会見
10月18日に手記「Black Box」を刊行した伊藤詩織さんが、日本外国特派員協会で記者会見を行った。「特定の誰かやシステムを非難するだけでは何も変わらない」と語る詩織さんの会見を、一部書き起こしで掲載する。(2017/10/24)

Amazon、セクハラ発覚のAmazon Studiosトップを解任
Amazon Studioのトップ、ロイ・プライス氏が突然解任された。Amazonのオリジナルコンテンツの製作総指揮を担う女性がプライス氏にセクハラを受けたと語ったインタビューが公開され、女優のローズ・マッゴーワン氏も同氏の問題を訴えるツイートをジェフ・ベゾスCEO宛に投稿した後のことだ。(2017/10/13)

TwitterのドーシーCEO、アカウント規制について「透明性強化の必要がある」とツイート
Twitterが、大物プロデューサーからのセクハラをカミングアウトした女優のアカウントを一時制限したことが物議を醸した。同社は制限の理由を説明して制限を撤廃し、ジャック・ドーシーCEOはこの件について「行動をもっと透明にする必要がある」とツイートした。(2017/10/13)

インターネットを守る翼竜:
もし「ミニセガサターン」が発売したら収録されていて欲しい名作美少女ゲー10選
今回はセガサターンの名作美少女ゲームたちの話です。(2017/10/5)

世界を読み解くニュース・サロン:
Uberのセクハラ騒動が、私たちに教えてくれたこと
世界的なIT企業が集まるカリフォルニア州のシリコンバレーがざわついている。「セクハラ問題」だ。騒動の発端は……。(2017/8/3)

あれから10年、「ケータイ小説」が急速に廃れた理由とは? 現役女子高生に『恋空』を読んでもらった
何がケータイ小説を“終わらせた”のか。(2017/7/18)

江川達也「大事なことは、子どもに自分で考えさせること」 ジャンプ掲載の作品批判めぐり苛評
「いろんなモノを読むことで人は大人になるのだ」。(2017/7/8)

マストドンつまみ食い日記:
「Twitter後の世界」はあります!
「Twitterに居づらくなった」と考えたら、マストドンへの転居を考えよう。米国に住む女性ポッドキャスターが行動に移して2カ月が経過した。(2017/7/4)

Uber、愛する人のためにリモート配車できる機能スタート
企業イメージ回復に注力するUberが、ユーザーが自分以外の、例えば1人暮らしの母親の通院のためなどに遠隔から配車できる機能を公式アプリに追加した。(2017/6/28)

VRで人道支援を行うハッカソン「Japan XR Hackathon 2017」
パノラプロとNoitomは、VR/AR/MRをテーマとしたハッカソン「Japan XR Hackathon 2017」の開催を発表した。(2017/6/13)

Uber、ドライバーによるレイプ被害者の診断書保持幹部をメディアに発覚後解雇
Uberが弁護士事務所に依頼した社内調査の過程で、2014年にインドで起きたレイプ事件の被害者の診断書をアジア担当責任者が保持していたことが明らかになり、この幹部は退社した。(2017/6/8)

Facebookで差別発言 ハーバード大が10人の入学取り消し
ハーバード大学に入学予定の学生が集まるFacebookグループで、差別発言や性的な画像のやりとりがあったとして、同大が該当学生の入学許可を取り消した。(2017/6/7)

インターネットを守る翼竜:
「カードキャプターさくら」の新シリーズと知世ちゃんの感情について
新鋭・にゃるらの連載。第3回はCCさくら!!(2017/5/14)

Facebook、問題コンテンツ対策強化で3000人増員へ
虚偽ニュース拡散や殺人動画配信が問題となっているFacebookが、報告のあったコンテンツをレビューするチームを向う1年間で3000人増員すると発表した。(2017/5/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。