ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「シューズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「シューズ」に関する情報が集まったページです。

Nike、足を撮影するだけでぴったりサイズのスニーカーを選べるAI機能「Nike Fit」
Nikeが、公式アプリに足を撮影することで最適サイズのスニーカーを購入できる機能「Nike Fit」を今夏米国で追加する。NikePlusにデータを登録しておけば、スニーカー購入時に最適なサイズを提示する。(2019/5/10)

靴擦れなんてない方がいい:
「就活の靴はスニーカーもOK」 ばんそうこう売上減のリスクを負っても、ジョンソン・エンド・ジョンソンが“スニ活”を推進する理由
ジョンソン・エンド・ジョンソンが、就職活動でスニーカーの着用を推奨するキャンペーン「#スニ活」を実施している。履き慣れた靴での就活が広まれば「バンドエイド」や「キズパワーパッド」といったばんそうこうの売り上げが減る可能性もあるが、なぜ靴擦れをなくすような取り組みを始めたのか。(2019/4/23)

電子ブックレット(メカ設計):
アディダスが採用した量産向け高速3Dプリンタ/ECCOのカスタマイズシューズ
人気過去連載や特集記事を1冊に再編集して無料ダウンロード提供する「エンジニア電子ブックレット」。今回は2019年1〜3月に公開した3Dプリンタ関係のニュースをぎゅっとまとめた「3Dプリンタニュースまとめ(2019年1〜3月)」をお届けします。(2019/4/22)

CAの制服にスニーカーを採用、なぜ? 新エアライン「ZIPAIR」に意図を聞いてみた
「女性だけスカートとヒール」の時代はもう終わり。(2019/4/16)

スマホからサイズ調整できるシューズ「ナイキ アダプトBB」発売 3万5000円
ナイキは、スマートフォンアプリと連動するバスケットボールシューズ「ナイキ アダプトBB」を発売する。アプリを使うことでユーザーの足のサイズに合わせて調節できる。無料アプリはiPhoneとAndroid両方に対応し、シューズの本体価格は3万5000円(税別)。【訂正】(2019/4/5)

「靴ずれしてでもヒールを履くべき」って、おかしくない? 合わない靴を強制するオフィスマナーに疑問を投げかける「KuToo」はなぜ重要なのか
「就活のパンプス本当に無くして欲しい」という就活生の悲鳴に共感集まる。(2019/4/2)

「雪駄×スニーカー」の新感覚シューズが半日間でクラウドファンディングを達成 雲のようなフワフワ感を実現
「unda-雲駄-」。(2019/2/22)

YOSHIKIが伝える惨劇の瞬間 “プロ並”スケボーでダイナミック転倒する姿が話題に「首が怖い」
よい子は雨上がりのバスケットボールコートでブーツ履いてスケートボードしないように!(2019/2/12)

QUANT-U カスタマイゼーション・プロジェクト:
店頭で自分仕様のミッドソールを3Dプリント、ECCOがシューズの体験型購買を提案
フットウェア/レザーグッズブランドのECCO(エコー)が店頭で足型を3D計測し、シリコン製のミッドソールを3Dプリンタで製造するカスタムシューズ販売サービスを開始。店頭を訪れ、1時間程度で自分の足にぴったりとフィットしたカスタムシューズが手に入る“体験型購買”を提案する。(2019/2/7)

イノベーションのレシピ:
靴にもマスカスタマイゼーションの波、店頭でシューズを作る体験は売れるのか
靴メーカーのECCOは2019年1月29日、顧客個々の足にフィットしたカスタマイズシューズを店頭で製造、販売する日本初(ECCO調べ)のプロジェクト「QUANT-U(クアントゥー)」を発表した。カスタマイズシューズは同年2月20日から伊勢丹 新宿店 メンズ館地下1階 紳士靴売場で提供を開始する。(2019/2/4)

モーター内蔵、フィット感を自動調整するシューズ「ナイキ アダプトBB」発表 スマホ連携も
モーターとギアを内蔵し、フィット感を自動調整するバスケットボールシューズ「ナイキ アダプトBB」発表。ファームウェア更新で、フィットの精度をより高めるなどのアップデートの計画もあるという。3万7800円(税込)。(2019/1/17)

ボールを蹴る衝撃、サッカーシューズ単体で計測可能に ひも状の圧電センサー活用で 関西大
関西大学と帝人フロンティアが、ボールを蹴った時の衝撃を計測できるサーカーシューズを開発。組紐状のセンサーデバイス「圧電組紐」を活用した。(2019/1/16)

ナイキ、自動でぴったりフィットするバスケシューズを開発 足の状態に合わせて締め付け具合を調整
インターバルの間は締め付けを緩めるなど、状況に合わせて設定できます。(2019/1/16)

絶対に離さないワン 歩く男性のサンダルをくわえたまま全身の力を抜いているコーギーちゃんに笑顔
全ての力をお口に。(2018/12/31)

新たな生命体っぽい! ヒールに牙が生えた「hazama」のシューズがかっこよすぎ
本革で素材にもこだわったシューズです。(2018/12/17)

Tumblr、AI誤判定でどう見ても性的要素のない画像にまで違反警告が届く 「かわいい動物のイラスト」「脱ぎ捨てたブーツの写真」など
既に訂正メールも届き始めているようです。(2018/12/5)

組み合わせは3000通り! ヒールを着せ替えできるパンプス「FAMZON」が絶対に楽しいやつ
常設旗艦店も12月19日にオープン!(2018/12/3)

NIKEから「プレイステーション」コラボスニーカー登場 懐かしの灰色デザインで約1万2000円
起動音が頭の中で流れる。(2018/11/25)

小学生の「足が速くなりたい」をアシスト スマホ連携スポーツシューズ、バンダイが発売
バンダイは、スマートフォンと連携して運動能力の向上を支援するスポーツシューズ「UNLIMITIV」(アンリミティブ)を12月に発売する。子どもたちの「足が速くなりたい」気持ちを支援するという。(2018/11/1)

「ささって」は何日後? 「バレーシューズ」を毎日履く? 近畿地方の紛らわしい方言
標準語で使いそうで、使わないやつ。(2018/10/17)

『涼宮ハルヒ』5年ぶりの新作書き下ろし掲載決定 1号かぎり復活の「ザ・スニーカー」特別号で
タイトルは「七不思議オーバータイム」。(2018/9/25)

「チョベリグ」「歴史は繰り返す」 水原希子、ヘソ出し、ミニスカ、ブーツの90年代コギャルファッションを激カワにアレンジ
さすがの着こなし。(2018/9/3)

特選ブックレットガイド:
老舗の地下足袋メーカーが考案したトレーニングシューズ、その開発秘話
老舗地下足袋メーカーの丸五が考案したトレーニングシューズ「hitoe」。“足本来の力を引き出すこと”を目指し開発された同製品の商品化を支えた新製法とデジタル技術について詳しく解説する。(2018/8/23)

くにゃっと曲がるから楽ちん 累計5万足突破のパンプス「くにゃっプス」新シリーズが登場
フェリシモで発売中。(2018/8/22)

“スマートシューズ”で歩行分析 糖尿病や認知症などの早期発見や予防に応用――沖電気らが共同開発
沖電気工業、ZEROBILLBANK JAPAN、no new folk studioは、モーションセンサーと無線通信機能を組み込んだ“スマートシューズ”を活用して歩行時の足の運び方を分析し、適正なフォームへの誘導や病気の早期発見、予防対策などにつなげる仕組みを開発した。(2018/7/30)

TechFactory 人気記事TOP10【2018年6月版】:
モノづくりのノウハウとIoTを融合させたパナソニックの現場カイゼンプロセス
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10。今回は、多品種少量生産拠点としての顔と、先進技術の実証実験場としての顔を併せ持つ、パナソニック佐賀工場の取り組みを紹介した記事が第1位を獲得しました。その他、ある有名な問題を取り上げた組み込みエンジニアの現場力養成ドリルや、地下足袋型トレーニングシューズの開発秘話に注目が集まりました。(2018/7/24)

はけるプレステ? 海外のファンが自作した「プレステスニーカー」がかっこいい
はいてみた過ぎる!(2018/7/19)

軽装化の流れが“お直し業界”にまで:
“革靴離れ”が生んだスニーカー修理サービスは定着するか
「お気に入りのスニーカーを修理して長く使いませんか?」――そんな提案を靴・バッグなどの修理ショップを展開するリフォームスタジオが始める。革靴やブーツを修理して長く使うサービスは以前からあるが、スニーカー向けに同じようなサービスを提供する意図はどこにあるのだろうか。(2018/7/3)

TechFactory通信 編集後記:
3Dデータ中心の製品開発は靴づくりに何をもたらすのか?
地下足袋型トレーニングシューズの開発ストーリー。(2018/6/30)

「難しいからこそ需要がある」 AIが足に合う靴提案するマッチングシステム、開発の理由は?
3Dデータ化した靴の内寸と顧客の足をAIがクラウド上でマッチングし、ぴったりサイズの靴を提案するマッチングシステムをフリックフィットが開発した。ヒールによる傾斜など何かと選ぶのが難しい女性のパンプス向けに開発したというが、その実力は?(2018/6/29)

丸五|3DEXPERIENCE Forum Japan 2018:
地下足袋メーカーが考えたトレーニングシューズ、その製品化と未来の靴づくりを支えるデジタル技術
岡山県倉敷市に本社工場を構える、大正8年創業の地下足袋メーカー丸五。「地下足袋の良さをもっといろいろな人に知ってもらいたい」という思いから考案したのが、地下足袋型トレーニングシューズ「hitoe(ヒトエ)」だ。その開発および製品化には、新たな製法との出会いやデジタル化への挑戦などが欠かせなかったという。(2018/6/21)

つま先がないのに5本指!? 隠れ5本指のオープントゥソックスが支援を募集中
サンダルに合わせてはきたい。(2018/6/14)

素足で履きたいネコ型サンダル「キャットサンダル」が登場 かわいいけれど甘すぎないデザイン
動く黒目がポイントです。(2018/4/25)

はるやま商事、スーツ姿によく似合うフォーマルな「レザースニーカー」発売 営業さんの心強い味方に
長時間歩くビジネスマン向け。(2018/4/5)

鹿児島県肝付町で実証実験を実施:
GPS内蔵のIoTシューズで高齢者を見守り――フジクラなど4社が開発
フジクラなど4社は、位置情報取得機能を備えた靴から利用者の位置を検索する見守りシステムを開発した。GPSモジュールを内蔵しながら、履き心地にも配慮した。(2018/4/2)

コナンの「キック力増強シューズ」が「瞬足」プロデュースで発売 ボールが蹴りたくなるダイヤルギミック付き
サッカーがうまくなりそう。(2018/3/22)

TechFactory通信 編集後記:
足元から感じる製造プロセスの「変革」
スニーカーのミッドソールを3Dプリント技術で大量生産。(2018/2/3)

Nike、ソニーとコラボの「プレイステーション」ロゴ付きシューズを110ドルで発売へ
NikeがNBAのポール・ジョージ選手とのコラボシューズ第二弾として、ゲーム好きのジョージ選手のためにソニーのプレイステーションをフィーチャーしたロゴ付きシューズ「PG 2」を発売する。(2018/1/21)

かっこいい 「機動戦士ガンダムUC」のハイカットスニーカー2種類が誕生
老舗シューズメーカー「ムーンスター」とのコラボです。(2017/12/5)

ふぃぎゅらぼ:
これがナマ足魅惑のマーメイド(ごくり) T.M.Rコラボフィギュア第2弾「島村卯月 HOT LIMITver.」予約開始
ブーツを脱ぎ捨てた生足の「島村卯月 HOT LIMIT Ver.」登場!(2017/11/21)

太田智美がなんかやる:
3カ月待ち“未来の靴屋” 3D計測で自分だけのパンプス作成
伝統と新技術を掛け合わせた「未来の靴屋さん」に行ってきた。(2017/11/21)

足のにおいを測定して着用者に伝えるシューズ、資生堂が開発 においケアのきっかけに
遠回しに「におう」と靴に言われるのもショックな気もしますが、自分のにおいって気づきにくいものですしね。(2017/11/7)

「白とピンク」に見えるか「青緑とグレー」に見えるか スニーカーの色めぐり議論
何色に見えましたか?(2017/10/13)

洋服の青山、見た目は革靴のまま足への負担を軽減する「走れる革靴」発売 靴底にはブリヂストンのタイヤ技術
スポーツ庁による「スニーカー通勤」推奨を受けての新スタイル提案です。(2017/10/5)

とてとてお散歩 ブーツをはいて歩くフラミンゴの赤ちゃんが愛らしい
お散歩楽しいな。(2017/8/27)

3Dプリンタ インタビュー:
「開発期間3分の1」「年産100万足」、アディダスが選んだ3Dプリンタとは
アディダスが発売するユニークな高性能ランニングシューズ「Futurecraft 4D」は、開発段階だけでなく量産にも3Dプリンタを活用する。年産100万足を支える3Dプリンタ技術について、開発したベンチャー企業に聞いた。(2017/8/17)

キーン・ジャパン UNEEKBOT:
KEENがABB製ロボットアームを採用した「世界最小級」の靴工場を限定オープン
キーン・ジャパンは、2本のロボットアームでオープンエアスニーカー「UNEEK」を製造する「The World’s Smallest Shoe Factory of KEEN(世界最小級のシューズ工場)」を期間限定で開業すると発表した。(2017/7/12)

TechFactory通信 編集後記:
3Dプリンタ製シューズを気軽に買える日も近い!?
2020年の東京オリンピック・パラリンピックで一気に花開く?(2017/7/8)

裸足にしか見えないフィット具合 ペタッと足裏に貼るサンダル「Nakefit」が便利そう
ビーチサンダルが痛くて苦手な人は注目。(2017/6/18)

アニメ映画「フェリシーと夢のトウシューズ」のヒロイン声優に土屋太鳳 黒木瞳、夏木マリらと共演
土屋さんもバレエ経験者。(2017/5/30)

PR:靴通販はロコンド.jp 日本最大級の靴通販サイト「ロコンド.jp」



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。