ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「シミュレータ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「シミュレータ」に関する情報が集まったページです。

大雨・大雪・浸水を現実世界にAR表示 災害シミュレーターをウェザーニューズが公開
ウェザーニューズが、AR技術を利用して大雨や大雪、浸水の被害を疑似体験できるスマートフォンアプリを無償公開。防災意識の向上につなげる。(2021/1/14)

マギー、自宅にレーシングシミュレーター導入で驚きの声 2020年には国内Aライセンス取得の“ガチ勢”ぶり
マギーさん「たくさん学んで自分が辿り着けるところまで極めたい」。(2021/1/13)

Microsoft Flight Simulatorが最新アップデートでVRに対応
米Microsoftは、同社製フライトシミュレーター「Microsoft Flight Simulator」の最新アップデートを実施した。(2020/12/23)

VR空間でドローンの飛行実験 シミュレーターをVAIO子会社らが開発へ
VAIO子会社のVFRらが、VR空間でドローンの飛行実験ができるシステムを共同開発すると発表した。(2020/12/9)

医療機器ニュース:
小さな切開で細胞シートを心臓に移植できるデバイスを開発
京都大学は、iPS細胞などから作られた細胞シートを、手術負担の少ない内視鏡を用いて心臓表面に移植するためのデバイスを開発した。成人男性の3Dプリントシミュレーターを用いて、確実かつ歪みなく、細胞シートを移植する手技を確立した。(2020/12/9)

南海電鉄のホテルに特別客室「トレインルーム」登場 運転シミュ遊び放題で「眠れそうにない」「楽しそう」
ソファは「特急サザンのクロスシート」、マスコン付きの本格鉄道シミュレーター「やり放題」!(2020/10/29)

IEEE 802.3ch対応のコンプライアンスソフトも:
同時に3対象を模擬するRTS、評価時間とコストを削減
自動運転車の急速な発展とより優れた安全特性への需要の高まりから、感度が高く正確な車載用レーダー技術の必要性は高まっている。今回、こうした高性能のADAS(先進運転支援システム)の開発をサポートする新たな「レーダーマルチターゲットシミュレーター」を開発したキーサイト・テクノロジー(以下、キーサイト)の担当者に話を聞いた。(2020/10/29)

製造IT導入事例:
製鉄会社がMR技術を活用した教育訓練シミュレーターを導入
JFEスチールは、MR技術を活用した教育訓練シミュレーターを同社の西日本製鉄所へ導入した。訓練シミュレーターによってOJT前に訓練することで、従来よりも操業、安全リスクを低減でき、異常事態での判断や措置も迅速に行える。(2020/10/26)

組み込み開発ニュース:
SimulinkのリアルタイムシミュレーターがRCPとHILテスト機能を強化、QNXにも対応
Mathworksは、リアルタイムアプリケーション作成用ソフトウェア「Simulink Real-Time」のアップデートを発表した。RCPおよびHILテスト機能が強化され、同ソフトウェア上で「QNX Neutrino RTOS」が利用可能になった。(2020/10/26)

KDDI、キッザニアに“5G通信エリア設計士” シミュレーターで基地局計画を体験
KDDIが「キッザニア」に「通信会社」のブースを11月19日にオープンする。子どもが5Gの通信エリア設計士になり、街に基地局を設置できるという。(2020/10/22)

ミリ波レーダー搭載機器の機能評価:
視野角度可変ターゲットシミュレーターを発売
東陽テクニカは、ミリ波レーダーセンサーを用いたADAS機能を試験できる、UniqueSec AB製の視野角度可変ターゲットシミュレーター「ASGARD2」を発売する。(2020/10/20)

自動運転技術:
PR:アイシン精機の自動駐車技術を支えるCG技術とは?
アイシン精機とシリコンスタジオがCEDEC2020に登壇。次世代自動運転システムの開発において必要になった「駐車場のシミュレーター」をどのように開発したのか、両社のメンバーが語った。(2020/10/19)

FAニュース:
最高200℃の加熱が可能な産業用高効率高温ヒートポンプの開発に着手
前川製作所は、最高200℃の加熱が可能な産業用高効率高温ヒートポンプの開発に着手した。シミュレーターを使って導入効果を具体的に示すことで、未利用熱の有効活用を推進し、省エネルギー化への貢献を目指す。(2020/10/6)

組み込み開発ニュース:
モデルベース開発向けのリアルタイムシミュレーターを販売開始
PALTEKは、モデルベース開発においてコントローラーの単体テストや統合テストを実施可能なリアルタイムシミュレーター「MODEL CUBE」を開発し、販売を開始した。ユーザーが開発したプラントモデルなどを自由に実装できる。(2020/10/1)

FAニュース:
産業用ヒートポンプの導入効果を定量評価するシミュレーターを開発
新エネルギー・産業技術総合開発機構らは、産業用ヒートポンプの導入効果を定量評価する「産業用ヒートポンプシミュレーター」を開発した。ヒートポンプの導入検討時間とコストを削減する。(2020/9/29)

次期地球シミュレータにNECの「SX-Aurora TSUBASA」採用 処理能力15倍、21年3月から運用
JAMSTECのスーパーコンピュータ「次期地球シミュレータ」にNECの「SX-Aurora TSUBASA」が採用された。処理能力は現行機の15倍。地球シミュレータは現在3代目で、新システムは21年3月に運用を始める。(2020/9/25)

無償で提供、設計の検証を容易に:
TI、PSpiceベースの独自回路シミュレーターを開発
Texas Instruments(TI)の日本法人である日本テキサス・インスツルメンツ(以下、日本TI)は2020年9月16日、新たな回路シミュレーションツール「PSpice for TI」を発表した。Cadence Design Systemの回路シミュレーター「PSpice」カスタムバージョンで、同社製品を使った回路の評価、検証を容易にする。既に同社のWebサイト上で公開中で、ユーザーは無料でダウンロード可能となっている。(2020/9/17)

FPGAにプラントモデルを実装:
PALTEK、リアルタイムシミュレーターを発売
PALTEKは、自動車の開発などで採用が進むモデルベース開発において、コントローラの評価を比較的手軽に行える高速演算リアルタイムシミュレーター「MODEL CUBE」を開発し、販売を始めた。(2020/9/8)

今いる場所がもし浸水したら? 「AR浸水シミュレータ」、ウェザーニューズが公開
ウェザーニューズが、AR技術を活用して集中豪雨による浸水被害を疑似体験できる機能「AR浸水シミュレータ」を「ウェザーニュース」アプリに追加した。今いる場所が実際に浸水したときの様子をシミュレーションして視覚的に表現する。(2020/8/21)

浸水被害をARで疑似体験 au向け「ウェザーニュース」アプリに新機能
ウェザーニューズは、8月20日にau向け「ウェザーニュース」アプリをバージョンアップ。カメラ機能を使用し、目の前の景色が浸水した状況を映し出して浸水被害を疑似体験できる「AR浸水シミュレータ」を公開した。(2020/8/20)

「大洗上空を飛んでみた」「隅田川に着水できた」 マイクロソフトが2ペタバイトのデータを使って開発した超大作フライトシミュレーターがやばい
ディスク10枚組、容量150GB……すでに国内の遊覧飛行を楽しむ人も。(2020/8/19)

これ、ガチのやつだ 六本木に本格フライトシミュレーターを体験できる「六本木フライトシミュレーターサロン」オープン
気分はホンモノのパイロット。(2020/8/14)

六本木に本格フライトシミュレーターサロン登場 娯楽目的もOK、ゲーマー記者もハッスル
ソフトバンク傘下のベンチャー企業らが、六本木でフライトシミュレーターを使って航空機の訓練プログラムの提供をスタート。パイロットに興味がある人に、航空機の操縦を体験できる機会を提供する。(2020/8/14)

3DEXPERIENCE CONFERENCE JAPAN 2020 ONLINE:
操縦者の感性を定量評価、クレーン開発でのタダノのシミュレーション活用
ダッソー・システムズは、オンラインイベント「3DEXPERIENCE CONFERENCE JAPAN 2020 ONLINE」(2020年7月14日〜8月7日)を開催。その中でカテゴリーセッションとしてタダノ 技術研究所 機械創造ユニットの市川浩樹氏が登壇し「新時代に向けた価値創造への挑戦〜感性評価ができるクレーンリアルタイムシミュレーター〜」をテーマに、同社が取り組んだリアルタイムシミュレーターへの取り組みを紹介した。(2020/8/13)

クラウド×ロボットの現在(3):
AWS RoboMakerでロボットの機械学習トレーニングをしてみよう
クラウドを活用してロボットの開発や運用、管理を行うクラウドロボティクス。最終回となる今回は、実際にクラウドシミュレーターを活用して、サンプルアプリケーションを用いながらロボットを機械学習で訓練する手順を紹介する。クラウドシミュレーターにはAWS RoboMakerを使う。(2020/8/19)

車載ソフトウェア:
車載システムソフトウェア開発用シミュレーターの共同開発で業務提携
ユビキタスAIコーポレーションとエー・アンド・デイは、車載システムソフトウェア開発用シミュレーターの共同開発および販売で業務提携した。車載システムのテスト効率改善に向け、PCのみで制御ソフトウェアを検証できるシミュレーターを開発する。(2020/7/30)

クラウド×ロボットの現在(2):
品質確認の時間も短縮、ルンバも使ったクラウドシミュレーターの可能性とは
クラウドを活用してロボットの開発や運用、管理を行うクラウドロボティクス。連載第2回ではAWSのシニアアーキテクトがクラウドシミュレーターの種類や活用方法の紹介を行う。(2020/6/23)

FAニュース:
ロボットシステム立ち上げを短縮する支援ソフト、3Dシミュレーター機能搭載
ヤマハ発動機は、ロボットコントローラー「RCX3」シリーズ用のサポートソフトウェア「RCX-Studio 2020」を発売した。3Dシミュレーター機能などの新機能を搭載し、ロボットシステムの立ち上げ時間短縮や作業者の負荷軽減に貢献する。(2020/6/12)

ETロボコン2020:
2020年のETロボコンはオンライン上で開催!前回大会からの変更点は?
ETロボコン実行委員会は「ETロボコン2020」の全プログラムをオンライン上で開催し、競技形式をシミュレーターを活用したものに切り替えると発表。前回大会からの変更点についてETロボコン実行委員会に話を聞いた。(2020/6/4)

「収入ほぼゼロ」「来館者9割減」 危機に陥っている「航空科学博物館」がクラウドファンディングで支援募集
「ボーイング737 MAX」のフライトシミュレーターを貸し切りにできるコースもあります。(2020/5/16)

産業動向:
建機の自動化開発をAIで支援、シミュレーター「Vortex Studio」を提供
電通国際情報サービスとアラヤは、AIの要素技術である「深層強化学習」や「模倣学習」を用い、建機メーカー向けに建機自動化システムを開発する支援サービスで業務提携を結び、提供を開始した。(2020/4/23)

「自分の休業手当はいくら?」 Zaim、新型コロナの支援金を算出できるシミュレータを公開
家計簿アプリ運営のZaimは、新型コロナウイルス感染症に伴う休業時にもらえる手当や支援金の額を自動で計算できる「手当・支援金シミュレータ」を公開した。(2020/4/6)

新型コロナウイルスに感染したら? 休業したら? 受け取れる可能性がある金額を試算する「手当・支援金シミュレータ」公開
収入や就業状況に応じた金額を試算してくれます。(2020/4/6)

わかりやすい近眼シミュレーター 近視の人が見てる世界を体験できそうなVRアイデアが「かなり現実に近い」と話題に
老眼バージョンもあります。(2020/3/15)

つぶれたアイパターンを再構築:
DDR5向けシミュレーター、オシロとも組み合わせ可能
Keysight Technologies(以下、Keysight)は「embedded world 2020」(2020年2月25〜27日、ドイツ・ニュルンベルク)で、DDR5向けのシミュレーターなどの説明を行った。(2020/3/12)

ピカリング 41-761:
32チャンネルのPXI絶縁型熱電対シミュレーター
ピカリング インタフェースは、熱電対シミュレーション用モジュール「41-761」を発表した。1つのPXIスロットで最大32個の独立絶縁チャンネルに対応し、±20mV、±50mV、±100mVの電圧範囲をカバーする。(2020/3/4)

ロームが無償提供を開始:
パワー素子とICを一括検証できるWebシミュレーター
ロームは2020年2月、Webサイト上で電子回路シミュレーションを実施できる無償ツール「ROHM Solution Simulator」の提供を開始した。提供開始時点で、SiC(炭化ケイ素)パワーデバイスや駆動IC、電源ICなどのローム製半導体製品を使用した44種の回路でシミュレーション検証を実施でき、今後、回路種や対応半導体製品を広げていく。(2020/3/4)

メカ設計ニュース:
ラダープログラムを自動生成する3D制御シミュレーターソフトを提供開始
ラティス・テクノロジーは、3D制御シミュレーターソフトの最新版「XVL Vmech Simulator Ver.11.0」の提供を開始した。三菱電機のPLC上で動作するラダープログラムを自動生成する。(2020/3/3)

VRニュース:
パナソニックが自動車HMI設計にVRシミュレーターを活用、仕様変更件数を3割削減
パナソニック オートモティブ社は、自動車用コックピットのHMI(Human Machine Interface)の検証作業を効率化するために開発したVR(仮想現実)シミュレーターを披露。自動車メーカー向けのHMI設計で仕様変更件数を約30%削減するなどの効果が得られたという。(2020/1/21)

「自動運転車の開発」支える:
トヨタ、ホンダも頼るVR技術会社 「極限の条件」を作り出してきた社長が自動車教習所に商機見いだす理由
自動運転車の開発や安全運転の実現に不可欠で、実用化が見込まれているシミュレーター装置を開発し、トヨタやホンダから重宝されているVR会社がある。建設・土木向けにコンピュータを使ったシミュレーターを開発し、VR技術を培ってきたフォーラムエイトの伊藤裕二社長に今後の展望を聞いた。現状は自動車教習所や病院、海外の交通事故対策などに商機を見いだしている――。(2019/12/28)

携帯料金 A to Z:
料金プラン選びの参考に、3キャリアのシミュレーターを活用しよう
2019年は「分離プラン」として、3キャリアが新たな料金プランを提供した。自身がどのプランに適しているのかを検討するのは重要だ。大手キャリアが用意した料金シミュレーターを活用したい。(2019/12/22)

オープン当初は抽選入場に:
20年1月オープン「京急ミュージアム」の内容は? 運転台と実写映像で“本物”を体験
京浜急行電鉄は、2020年1月21日に横浜市でオープンする「京急ミュージアム」の館内体験コンテンツなどの詳細を発表。京急車両の工作体験や、本物の電車運転台を使った運転シミュレーターなどを展開する。(2019/12/13)

セキュリティインシデントへのプロアクティブな対策:
PR:Office 365 攻撃シミュレーターの使い方――インシデントに強い組織を作る
「Microsoft Office 365」には、さまざまなセキュリティ機能が搭載されています。本稿ではその1つである「Office 365 攻撃シミュレーター」の目的と機能を紹介します。Office 365 攻撃シミュレーターでは、サイバー攻撃のシミュレーションを実行できるので、企業や組織はさまざまなセキュリティ対策や教育を事前に実施し、被害を防ぐことが可能になります。(2019/10/9)

デザインの力:
感覚を数値化した車いすレーサーの開発とその先の未来を見据えるRDSの挑戦
RDSは、東京都内でプロジェクト発表会を開催。ボーダーレスな未来を描く3つの最先端プロダクトとして、アスリート向け車いすレーサー「WF01TR」、最適なシーティングポジションの検討に役立つシミュレーター「SS01」、通信対戦が可能なVRレーサー「CYBER WHEEL X」を発表した。(2019/9/20)

水曜インタビュー劇場(737公演):
えっ、ホテルの部屋にフライトシミュレーター? “機長”になれる企画が面白い
羽田空港第2ターミナル直結の「羽田エクセルホテル東急」に、ちょっとユニークなモノが登場した。パイロットが訓練で実際に使うものと同等の「フライトシミュレーター」だ。客室のベッドをひとつ取り除いて、なぜコックピットを設置したのか。ホテルの総支配人に話を聞いたところ……。(2019/8/21)

AWS DeepRacer入門:
第3回 強化学習を簡単に調整できるDeepRacerのコンソールとシミュレーター
DeepRacerのコンソールとシミュレーション環境の内容について解説。また、コンソール上で設定できる強化学習の各ハイパーパラメーターについても説明する。ディープラーニングや強化学習の初学者にもってこいの学習コンテンツだ。(2019/8/8)

Rakuten Optimism:
OPPOが5Gスマホ「Reno 5G」で下り1.7Gbpsの通信に成功 ARグラスも参考展示
楽天のイベントにOPPOが出展し、「Reno 5G」を使った5G通信を実演。基地局シミュレーターと有線接続し、下り最大1.72Gbpsの速度を出していた。見るだけでさまざまな情報を取得できるARグラスも参考展示している。(2019/7/31)

GT-Rや試作車も再現できちゃうの!? 日産自動車の秘密基地に潜入、世界最高峰のドライブシミュレーターを体験してきた
まるで実車のような挙動を体験してきました。(2019/7/28)

スマートモビリティーで激変する乗り物と移動のかたち:
最新鋭ドライブシミュレータに見たバーチャルとリアルの曖昧な境界
日産の最新型ドライブシミュレータを体験して考えたこと。(2019/7/26)

マジで置いちゃった! 「フライトシミュレーター」がある客室、羽田エクセルホテル東急に爆誕!
これはSUGEEEEEE! 大人も子供も喜ぶやつ。(2019/7/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。