ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Skylight」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Skylight」に関する情報が集まったページです。

AIエンジンの判断基準を改ざんする
Cylanceの検出を回避する手口が判明 「AIセキュリティ」は本当に安全か
研究者が「純粋な人工知能(AI)活用型マルウェア対策製品」に、マルウェアを良性と誤認識させる方法を発見した。発見者は今回検証の対象となったCylance製品に限った話ではないと説明する。(2019/8/20)

製造業の「AR」(拡張現実)活用の利点と課題【前編】
GE、Caterpillar、Boeingが活用 大手製造業は「AR」で何をしているのか?
製造業で拡張現実(AR)の活用が始まっている。実際の活用例を見ると、ARは生産性向上をはじめ、さまざまなメリットをもたらすことが分かる。(2019/4/17)

クラウド普及と共通する点も
今まさにビジネスを変えている「VR/AR」、すぐに手を付けるべきは?
IoT(モノのインターネット)以降の世界をVR/ARがさらに変える準備は整った。ただし、VR/ARを企業や組織に普及させるためには、幾つかの準備が必要だ。(2017/9/19)

従業員は当初、消極的だったというが……
スマートグラス「Recon Jet Pro」を導入した運送会社、業務改善への効果は?
両手の自由を確保できるウェアラブルのスマートグラス。ある企業がIntelのスマートグラス「Recon Jet Pro」を導入して生産性向上を果たした。どのように実践したのか。(2017/8/27)

Microsoft、10月6日に新製品発表イベントを生中継へ 次期SurfaceやLumiaを発表か
Microsoftが10月6日にニューヨークのおしゃれな会場で“Windows 10端末”の発表イベントを開催する。「Surface Pro 4」(仮)や5.2インチおよび5.7インチの新Lumiaが発表されるとみられるこのイベントのライブストリーミングは、日本時間の10月6日午後11時からだ。(2015/9/15)

宇宙開発:
Google月面探査レース参加の日本チーム「HAKUTO」、2016年後半に月面探査機を月へ
国際宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」に参加している日本の民間宇宙探査チーム「HAKUTO」が月面探査機(ローバー)の打ち上げ計画を発表した。(2015/2/24)

スマホと顕微鏡をドッキングさせるアダプタ「Skylight」
顕微鏡の映像をスマートフォンの画面で見たり、写真・動画を撮影することができる。(2012/4/3)

OSはなにを選ぶ?Hybridはどうなる?──レノボ本社のタブレットデバイス責任者に聞く
じつをいうと、レノボは“MID”のころからタブレットデバイスを積極的に取り組んでいる。IdeaPad Tabletシリーズで本格始動した同社の戦略をトップに聞いた。(2011/8/4)

2011 International CES:
レノボのプライベートブースで初公開モデルをチェック
2011 CESでもユニークな製品を多数公開したレノボ。そのプライベートブースで展示されていた初公開モデルをまとめて紹介しよう。(2011/1/11)

乱立する規格への最適な対処法とは?:
無線機能を機器に組み込む
WiMAX、ZigBee、LTEなど、無線通信の世界には、新たな規格が続々と登場している。その一方で、ワイヤレス機器では古い規格も比較的長く使われる傾向にある。そのため、複数の規格をサポートすることや、規格の変更に伴うアップグレードを容易に実現する実装手法が求められている。では、こうした要求に応えるために、実際にはどのような取り組みが行われているのだろうか。(2010/6/1)

何かとうわさの「ThinkPad Edge 13”」を使ってみた
「ユーザーの新しいニーズに応えたい」という新しいシリーズに、ThinkPadを知るユーザーは「ムムッ」とうなった。その実力を「赤いカラバリ」で検証する。(2010/2/23)

Mobile World Congress 2010:
BREW MP、MediaFLO、蝶の羽から発想したディスプレイ技術を披露――Qualcommブース
QualcommはMWCの同社ブースで、DC-HSPA/LTEなどの無線技術やBrew Mobile Platform、MediaFLOなどの技術に加え、蝶の羽から発想したというディスプレイ技術の「Mirasol」を披露した。(2010/2/19)

U1 hybridとSkylightの日本展開は?──レノボ・ジャパンのデイビット氏に聞いてみた
ThinkPadを始めとするレノボ製品の日本市場展開を切り盛りする同社の執行役員を直撃。CESで注目されたあのモデルの日本市場への投入は実現するのか?(2010/2/10)

プロセッサ/マイコン:
携帯型コンピュータのプロセッサ、「2013年にはARMがx86を超える」
(2010/1/25)

今度のThinkPadはなぜ赤い
2010 CESで最も目立っていたPCベンダーを選ぶとしたら、ユニークなノートPCを多数展示していたLenovoは外せない。各製品の担当者にその特徴や狙いを聞いた。(2010/1/22)

2010 International CES:
インテルとAMDが「Netbookとは何ぞや?」で激突!
CESのパネルディスカッションというと“結論ありき”で盛り上がらない。しかし、Intelのエデン氏とAMDのダッソー氏がNetbookで議論するとあっては、平和に終わるわけがない。(2010/1/13)

2010 International CES:
プライベートイベントで「T410」「U1 Hybrid」「Skylight」に肉薄する
CES Unveriledで人気独占のユニークな小型デバイスと、発表されたばかりの新世代ThinkPadをプライベートイベントで発見。その構成や性能をチェックする。(2010/1/7)

ディスプレイを外してタブレットPCにできるノートPC、Lenovoが発表
LenovoのノートPC「IdeaPad U1 Hybrid」は、ベース部分とディスプレイ部分にそれぞれプロセッサとOSを搭載し、ディスプレイを取り外してタブレットマシンとして使うこともできる。(2010/1/7)

2010 International CES:
CES Unveiledで登場した“オモロイ”ノートPCたち
その年の注目製品が集まるUnveiledに登場したのは、未発表チップ搭載の“きょうはまだフライング”ノートと、“いざとなったらARM”になっちゃうCULVノートだ。(2010/1/6)

Lenovo、ARMベースの小型ノートPC「Skylight」発表
「Lenovo Skylight」はQUALCOMMのSnapdragonチップセット、10インチディスプレイを搭載したSmartbookで、1キロを切る軽量マシンだ。(2010/1/5)

-コデラ的-Slow-Life- :
人気がないにもワケがある? OM-10の実写
本体を修理し、レンズも入手したところで早速OM-10での撮影。小型が魅力のOM-10だが、シャッター半押しのAEロックなどなく、全面測光のため露出補正が面倒。さらに自動電源OFF機能が“じっくり撮影”には致命的で……。(2007/12/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。