ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SO903iTV」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SO903iTV」に関する情報が集まったページです。

開発者に聞く「SO906i」(前編):
BRAVIAだけじゃ“もったいない”――正統派ケータイの決定版「SO906i」
SO903iTVに続く2代目“BRAVIAケータイ”としてリリースされた「SO906i」は、映像機能はもちろん、ケータイ機能も大きく向上した。そんなこだわりが凝縮されたSO906iの、開発舞台の裏側に迫った。(2008/10/15)

SO903iTV、SO905i、SO906iに複数の連鎖不具合、ソフト更新で対応
NTTドコモはソニー・エリクソン製端末3機種のソフトウェア更新を実施する。特定放送局でワンセグを受信できないなどの不具合を改善する。(2008/8/5)

“BRAVIAケータイ”の絵づくりと録画機能
ソニー・エリクソンの「SO903iTV」は、ソニーの液晶テレビブランド“BRAVIA”を冠したワンセグケータイだ。回転2軸に“軸ずらし”機構を追加した本体をはじめ、映像エンジン「モバイルBRAVIAエンジン」など、テレビの名前を冠した××ケータイの中でも見るところが多い。(2007/8/14)

開発陣に聞く「SO903iTV」:
手のひらに世界初の「BRAVIA」を――“BRAVIAケータイ”「SO903iTV」が生まれるまで
ソニー・エリクソン製の「SO903iTV」は、BRAVIAブランドを冠した初の携帯電話だ。なぜ“BRAVIA”なのか、他社のワンセグケータイとの違いはどこにあるのかを開発陣に聞いた。(2007/8/6)

BRAVIAケータイ「SO903iTV」、ソフトウェア更新を開始
NTTドコモは、不具合が確認されていたBRAVIAケータイ「SO903iTV」について、7月13日からソフトウェア更新を開始する。(2007/7/13)

「SO903iTV」にデータが消去する不具合──緊急バックアップを
ソニー・エリクソン製のワンセグ端末「SO903iTV」に、アドレス帳やメールのデータが消失する不具合が判明し、販売を一時休止した。原因を現在調査中で、対応準備が整うまでmicroSDなどを活用したデータのバックアップを行うよう告知している。(2007/7/4)

「P904i」「W52CA」「912SH」などがモバイルSuicaに対応
JR東日本は、NTTドコモの「P904i」「SO903iTV」、auの「W52CA」「W52SH」「W52P」「W52S」「W53T」、ソフトバンクモバイルの「912SH」をモバイルSuica対応機種に追加した。(2007/6/28)

“BRAVIAケータイ”「SO903iTV」、新規価格は3万円台前半
回転2軸ボディのワンセグ搭載モデル、ソニー・エリクソン製“BRAVIAケータイ”「SO903iTV」が都内家電量販店の店頭に並んだ。新規契約は3万1500円。(2007/6/22)

“BRAVIAケータイ”「SO903iTV」、6月22日発売
NTTドコモは、ソニー・エリクソン製のワンセグ端末「SO903iTV」を6月22日に発売する。3インチワイドQVGA液晶と軸ずらし機構により、TVを視聴しやすい角度で横置きできるNEWワンセグスタイルを実現する。(2007/6/18)

「N904i」「SO903iTV」がJATE通過
ドコモの夏商戦向けモデルと思われる端末が続々JATEを通過している。今回、NEC製の「N904i」とソニー・エリクソン製の「SO903iTV」の2機種がJATEを通過した。(2007/4/16)

「P903iX HIGH-SPEED」「BRAVIAケータイ SO903iTV」をいち早く試せる──ドコモが体験イベント
NTTドコモが、横浜・渋谷・新宿で春モデルの体験イベント「music.tv:DoCoMo」を開催。4月発売の「P903iX HIGH-SPEED」や6月発売の「BRAVIAケータイ SO903iTVをいち早く試せる。(2007/3/15)

「SO903iTV」の“ここ”が知りたい(2):
“BRAVIAケータイ”のNEWワンセグスタイルとは?──「SO903iTV」
“BRAVIAケータイ”「SO903iTV」がうたう「NEWワンセグスタイル」は、どんな操作形態になるのか。また、従来機種が対応していたメモステ Duoが使えるのかをチェックした。(2007/1/30)

「SO903iTV」の“ここ”が知りたい(1):
“BRAVIAケータイ”のカタチを再チェック──「SO903iTV」
ドコモから登場したBRAVIAの名を持つワンセグケータイが「SO903iTV」だ。六角形フォルムと独自の横置き設置機構を再度チェックする。(2007/1/29)

写真で解説する「SO703i」
2.7インチのワイドQVGA液晶を搭載したアロマケータイ「SO703i」。SO903iをベースモデルとしたこの端末は、機能面でSO903iや「BRAVIAケータイ SO903iTV」とどう違うのか。(2007/1/17)

「BRAVIAケータイ」のBRAVIA度
3インチのワイド液晶パネルと「モバイルBRAVIAエンジン」を搭載した「SO903iTV」は、ソニー・エリクソン・モバイルが投入する“BRAVIAケータイ”だ。しかし、一体どこまでBRAVIAに近いのだろうか。ドコモの発表会に潜入して探ってきた。(2007/1/17)

NTTドコモ、最薄にこだわった703iシリーズなど10機種を発表
NTTドコモが703iシリーズやワンセグ端末SO903iTVなど10機種を発表した。携帯電話の基本となる「薄さ」と「軽さ」にこだわった。(2007/1/16)

“BRAVIAケータイ”登場──ソニエリのワンセグケータイ「SO903iTV」
ソニー・エリクソン・モバイルから、ソニー製薄型テレビのブランド名を冠した“BRAVIAケータイ”こと「SO903iTV」が登場。3インチのワイド画面にBRAVIAの技術を採用した「モバイルブラビアエンジン」を搭載するワンセグ携帯だ。(2007/1/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。