ニュース
» 2007年07月13日 16時12分 公開

BRAVIAケータイ「SO903iTV」、ソフトウェア更新を開始

NTTドコモは、不具合が確認されていたBRAVIAケータイ「SO903iTV」について、7月13日からソフトウェア更新を開始する。

[ITmedia]

 NTTドコモは、不具合が確認されていたソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のBRAVIAケータイ「SO903iTV」について、7月13日からソフトウェアアップデートを開始すると発表した。更新ソフトの提供期間は7月13日から2008年7月31日まで。SO903iTVユーザーには7月20日から順次、ダイレクトメールで案内を送付する。

Photo BRAVIAの名を冠したワンセグケータイ「SO903iTV」

 SO903iTVは、端末内のアドレス帳やメールなどのデータが消失する不具合があることが分かり、ドコモがデータ保存についてはなるべくmicroSDなどを利用するとともに、データのバックアップを行うよう呼びかけていた。

 ドコモは、一時販売を停止していた店頭販売についても7月14日から順次再開。東海、北陸、関西、四国、九州エリアは7月14日から、北海道、東北、関東・甲信越、中国エリアは7月18日から販売を再開する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10