ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソーシャルリクルーティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ソーシャルリクルーティング」に関する情報が集まったページです。

冷静な視点を持つ:
「成功しない」を覆す ネット世界を走る開拓者の信念
インターネットの世界で数々のプロジェクトを手掛けてきた、Supership社長の森岡康一さん。Facebook在籍時に日本のユーザー数を増やした経験や、現在取り組んでいるVR事業などは、「成功しない」という既成概念に対する挑戦だ。(2017/11/15)

インタビュー:
ロボットの社会実装は進むか、フラワー・ロボティクスが「Patin」で目指す未来
AIと移動機能を持った“機能拡張型家庭用ロボット”「Patin」(パタン)を手掛ける、フラワー・ロボティクスの松井龍哉氏。ロボットベンチャーを10年以上経営する松井氏の目に、“ロボットブーム”ともいえる現状はどう写るのか。(2015/2/2)

仕事に役立つクラウドサービス、事例とともに学べる――トーマツが中小企業向け勉強会
導入しやすく速効性があるクラウドサービスを探したい――。トーマツが、こんな中小企業のニーズに応える有料の勉強会を立ち上げる。業績アップにつながるサービスをトーマツが厳選して紹介するという。(2014/5/22)

「[en]学生の就職情報」終了へ “ソー活”普及などで「役割に区切り」
「[en]学生の就職情報」が来年3月末で終了へ。就活サイトに頼らない採用手法が拡大したため、「当社の就職情報サイトの果たしてきた役割に区切りをつける」としている。(2014/2/24)

入社試験に受験料、就活生はどう思う? 「意図は理解できる」「ほかの方法があったのでは」
就活に受験料徴収の是非は――就活生を対象にした就職活動に関するアンケートで、さまざまな意見が出た。(2013/12/24)

【連載】シゴトでココロオドル人をふやす:
第7回 「楽しむ」について
私はこれまでの人生で、色々な人と一緒に働いてきました。その中で、伸びる人とそうじゃない人には1つの大きな違いがあります。それは、シゴトを「楽しめる」かどうか。シゴトでココロオドっているかどうかです。(2013/11/19)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/9/24)

“ソー活”をしていた新社会人、わずか8.4%
2013年4月に就職した新社会人は、就活に関する情報をどのように収集していたのだろうか。新社会人に聞いたところ「マイナビやリクナビなどの就職情報サイトを活用」と答えた人が最も多かった。MMD研究所調べ。(2013/6/18)

今年の新入社員の“ソー活”率は1割未満
2013年度の新入社員のうち、ソーシャルメディアを就職活動に活用していたのは全体の1割未満。MMD研究所調べ。(2013/6/17)

“迷探偵”ハギーのテクノロジー裏話:
「SNS」と「ビッグデータ」と「セキュリティ」の方程式を読み解く
今回はFacebookやTwitterなどのSNSにおけるセキュリティ上の問題について考察してみたい。(2013/2/8)

【連載】WebPRの現場レポート:
第1回 PR視点でヤフー・トピックス掲出を目指す
国内最大級のポータルサイトYahoo! JAPANのトップページで注目を集める「ヤフー・トピックス」は、その影響力の大きさから、PRマンにとっては、Webニュース掲載における頂点とも言える存在です。クライアント企業のPRコンサルティング/プランニングを通じ、PR視点でヤフー・トピックス掲載を目指して活動してきた筆者が、“頂点”に近付くための考え方や手法をレポートします。(2013/2/7)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
人事部による採用はもう要らない?――ソー活はなぜ「気持ち悪い」のか
就活や転職といった採用活動を人事部が行う……日本では当たり前ですが、現場が欲しい人材を採る、という視点で見るとベストな解とは限りません。(2013/1/14)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
「ソー活」は本当に効果があるのか――採用担当者の視点
FacebookなどのSNSを利用して人材を採用する「ソー活」を行う企業が増えています。目的は何か、本当に効果があるのか、普段の素行を見るために採用担当者がSNSチェックをするという噂は本当か……そのあたりの事情に迫ります。(2013/1/7)

人気調査データをランキングで紹介:
就活でチェックしたいサイトは「Facebook」(61%)〜調査データランキング〜
「調査のチカラ」で人気がある調査データを紹介します。「クリスマスホームパーティ実態調査」や「女子中高生が選ぶ『ケータイ流行語大賞』」がランクインしました。(2012/12/14)

就活生が知るべき“採用情報”のブラックな内実
2013年度大学卒業生(2014年3月卒業)の就職戦線が幕を開けた。就職情報サイトや企業の採用ページをはじめとしたさまざまな「就職情報」の裏を暴露する一冊を紹介しよう。(2012/12/5)

“ソー活”人気企業は? 採用Facebookページ開設企業、1年で2.5倍に
Facebook上で採用ページを公開している企業は約2500社とこの1年で2.5倍に急増。採用ページの「いいね!」数上位は……(2012/12/3)

「ユーキャン新語・流行語大賞」候補語が発表 「いいね!」「ステマ」「うどん県」も
候補の1つ「ネトウヨ」って今年流行ったんだっけ……?(2012/11/8)

利用しているSNS、大学1年生では「LINE」がトップに
大学生や大学院生に「現在利用しているSNS」を尋ねたところ、「Twitter」や「mixi」が上位。しかし、大学1年生では「LINE」がトップだった。英会話スクールのGaba調べ。(2012/10/2)

これからのことがよく分かるコラム:
ソーシャルリクルーティングを使って、上手に転職する方法
「ソーシャルリクルーティング」という言葉を聞いたことがある人も多いだろう。この1年余りで徐々に広がりを見せているが、具体的にはどのようなことを行っているのだろうか。リクルートの三木拓朗氏が解説する。(2012/8/29)

「Twitterのせいで留年しました」――女子大生が語る“ソーシャル依存”
「わたし、Twitterのせいで留年したんです」。連絡手段や近況報告の場としてTwitterは学生にとってもインフラ化している。反面、“ソーシャル依存”に陥るケースも出てきている。(2012/5/18)

みんな気合い入りすぎ:
【超速報】エイプリルフールネタ合戦まとめ 2012年も盛り上がっていこうぜ!
今年もエイプリルフールがやってきた。ネットの盛り上がりっぷりはいかほどか? ネタ合戦に注目だー!(2012/4/1)

オルタナブログ通信:
Facebook就活はもう古い?
約260人のブロガーが、ITにまつわる時事情報などを日々発信しているビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」。その中から今回は「就活」「都心の雪」「ソーシャルメディア」などを紹介しよう。(2012/2/4)

オルタナブログ通信:
“歩行スマホ”の規制が必要(?)な時代
ITにまつわる時事情報などを、約260人のブロガーが日々発信しているビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」。今回は、その中から「2011年・2012年」「iPad」「スマートフォン」などを紹介しよう。(2011/12/24)

ソーシャルメディアを活用した就職活動とは? テレ東アナウンサーらが解説
テレビ東京系列で放送する番組「大橋未歩のシューカツ魂!」を見ながら、ニコニコ生放送でも楽しむための番組。ソーシャルメディアを活用した就職活動「ソー活」をテーマに、実際の会社説明会との連動や、「ソー活」のメリットとデメリット、利用する際の注意点を説明する。出演者はテレビ東京の相内優香アナウンサーと植田萌子アナウンサー。配信は12月17日16時30分〜。(2011/12/16)

レッツソー活:
ポケモンも上位に食い込んだ! Facebookの「いいね!」数で見る「ソーシャル就職人気企業ランキング」
採用向けFacebookページの「いいね!」数を集計した「ソーシャル就職人気企業ランキング」が登場。(2011/12/5)

転職を検討する若手社員、平均で年収105万円増を希望
「3年で辞める若者たち」と言われるようになって久しい。若手ビジネスパーソンが転職を考える理由のトップは「より高い年収」で、現在の年収から平均105万円アップを望んでいるようだ。イーキャリア調べ。(2011/9/20)

企業の採用担当者と学生が語る「ソーシャルリクルーティング最前線」
ループスコミュニケーションズのUstream番組「ループスTV」で、学生と企業の採用担当者をゲストに招き、ソーシャルリクルーティングの最前線に迫る。出演者はセプテーニ・ホールディングス人事採用マネージャー江崎修平さん、インテリジェンスの三石原士さん、TechSe7enのイイヅカアキラさんなど。配信は8月30日20時0分〜。(2011/8/30)

オルタナブログ通信:
Facebook、mixi、それともGoogle+?――ソーシャルメディア狂想曲
ITにまつわる時事情報などが、約260人のブロガーによって日々、発信されているビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」。今回は、その中から「Facebook」「mixi」「Google+」「聞き上手」などを紹介しよう。(2011/8/13)

ソーシャルブランディングの時代:
インフルエンサーとして活躍するために
すべてのソーシャルメディアで活躍するために必要な能力とはなんでしょうか。今回は、ソーシャルメディアで活動するために意識する必要がある「人間力」を考えます。(2011/8/3)

イマドキの就活で、役立つモノは?
就職活動にソーシャルメディアを活用している人はどのくらいいるのだろうか。現在就職活動をしている大学生に聞いたところ、4割近くの人が「活用している」と回答した。マクロミル調べ。(2011/4/13)

学生の本音は画面に? 2011年の就職トレンドは“ソー活”
長引く不況の影響を受け、就活生が苦しんでいる。明るい材料が見つからない中、新たな動きが出てきているという。就職情報サイト「リクナビ」の編集長を務める岡崎仁美氏に、イマドキの就職事情を聞いた。(2011/1/14)

米国の人事採用に学ぶ“Twitter就活”
SNSを通じて友達と連絡し、ネットで物を買い、YouTubeで映像を見て楽しむ“クラウド化”時代。米国の採用担当者の言葉から、Twitter就活のポイントを探ってみた。(2010/3/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。